2017年04月18日

シカゴ・ファイア シーズン2 #19


ジョーンズが自殺して51分署のメンバーはそれぞれに考えさせられる。
ケイシーはドーソンに指輪を贈ろうとシェイに一緒に選んでもらい、
ケリーはレスキュー隊のメンバーとブルームを救おうとする。

ジョーンズのことで署に牧師がやってくるが、ボーデンは過去に牧師が
ミルズの父親のことで失敗したことがあるのでよく思ってなかった。

ドーソンは警官からジョーンズからの手紙を受け取る。
自殺の理由は書いてなく、ドーソンは答えを知りたいと思っていた。

ブルームは12時間で施設を出て行ってしまっていた。
デンバーでの火災で応援部隊に行くなと命じ、仲間の救助に行こうとする
隊員たちと揉みあいになり背中を痛めた。
犠牲者を増やさないためだったが、見殺しにしたと責められたらしい。

ケリーはブルームのためにみんなにカンパしてもらい、仕事の合間に
ブルームのトレーラーに行くが逃げられてしまう。
セブライドはブルームに財布を預かってると伝言を残す。

クラークはいつの間にか25分署に異動していた。
昇進試験に合格し、小隊長に昇進して、もう会えないなんて残念。

クラークはセブライドに25分署からの寄付を届けに来たのだが、
ジョーンズの一番上の兄がもいて、取り乱してると聞いたドーソンは
兄貴たちは父親を責めるべきだと言う。

クラークは兄貴がジョーンズはずっとうつだったと言ってたと、
16歳の時、自殺を試みたことを言うと、ドーソンはそれなのに
苦しめ続けて崖っぷちに追い込んだの?と言うのはひど過ぎる。
自分だってジョーンズのこと嫌ってたのに。

ドーソンはジョーンズの荷物を父親に届けに行き、彼女なら立派な消防士に
なってたはずと言い、ジョーンズ父はストレスに押しつぶされる前に
娘を守りたかったと泣いていた。
ジョーンズは強い女性に思えたが、精神的に弱かったみたい。

ブルームが署にやってきて、牧師が消防士のダミアンとアーロンと現れる。
ダミアンたちはブルームにあなたは正しい決断をしたのにと謝罪する。
セブライドがくれた航空券が全員分あればみんなで来てたと、
生まれた子供の写真を見せた。

プロムに行く学生を乗せたバスが事故に遭い、女子生徒が投げ出された
可能性があり、ボーデンは道路を封鎖しようとするが、封鎖に反対する
巡査と揉めて、手錠をされてしまう。
消防車で道路を封鎖したことで投げらされてた女子生徒が見つかったので、
ケイシーが大ごとにしたいのかと巡査に言い、ボーデンは自由になった。

ジョーンズのロッカーからボウリングでパーフェクトを出した記念リングが
見つかり、ミルズはシフト後にジョーンズを偲んでボウリングを提案するが
乗らないので、彼女に冷たかったと言い、ハーマンは俺たちのせいかと激怒。

ついにミルズとハーマンが衝突し、態度が悪かったのを認めろと言われた
ハーマンは最後に会ったのは俺だ。違うことを言ってればと何度も考えてるよ。
救えたんじゃないかってとぶちまけた。
そして、ミルズが1人でボーリングしてるとハーマンがやって来た。

ケイシーはシェイの協力でドーソンの指輪のサイズを確認したが、ドーソンは
ボーデンから消防士になったら、ケイシーの下では働けないと他の署に
異動することになると言われ、またギクシャクしないといいけど。

ボーデンはドナに会いに行き、君しかいないと言うが会議があるので
今は話せないと言われたが、ドナはボーデンに会いに来て、妊娠を告げられた。
ジョーンズがドーソンに書いた手紙には“どんな障害も乗り越えて”
と書かれていた。

シカゴ・ファイア シーズン2 DVD-BOX -

シカゴ・ファイア シーズン2
posted by Jasmine at 00:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | シカゴ・ファイア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月17日

Major Crimes/重大犯罪課 シーズン5 #3

イスラム国に忠誠を誓う男が男性の頭部を切断する映像がアップされた。
FBIのテロ対策室のリズ・ソト捜査官は映像は本物でバックに移った点は
ロス市警のヘリだったので、重犯課に極秘捜査を依頼する。

重犯課は映像を手掛かりに犯行現場と特定し、遺体と凶器の剣を発見する。
被害者は元兵士のニック・グリーンボーンと判明し、検視をしていると
ソトたちがやって来て、遺体の引き渡しを要求するが、モラレスは
裁判所命令がないと運ばせないと、ここの責任者は僕だと拒否した。

失踪届を出した元兵士のミゲルとビンスに彼の婚約者ヘイリーに
ニックの靴を見せて、彼の靴だと確認させた。
失踪前は一緒に食事をして、ニックはビンスとミゲルと飲みに出かけて、
2人はニックを店に残して先に帰っていた。

FBIのモリスに聴取の映像を見せるとオフレコでISISによる犯行か
疑ってるが、ソトは外国で訓練された新入りの線で押そうとしてると、
明日書類を持って証拠を押さえるだろうと言い、レイダーは私たちは
自由に調べられると言うと、ここだけの話、そうすべきだと言われた。

クラブのオーナーは協力的だが息子は中東系だからと敵視するが映像を渡し、
ニックがチップを渡したダンサーのキンバリーの住所を教えた。
映像からミゲルとビンスが帰ってからニックが手を挙げて歩く姿が映ってたが
彼は呼んだ車に乗っていなかった。

FBIは令状を持ってきて、テロに関する証拠を渡すように要求したので、
レイダーは再生できなかったバズ父たちが殺された証拠ビデオも渡した。

キンバリーはチップを曜日ごとに分けて、金庫に保管していて、
ニックから100ドル札8枚をもらったと言い、その8枚は同じ財務長官の名前で
紙幣の番号が連番で、財務省に確認するとイラクで処分された金だった。

国防総省はスンニ派覚醒評議会に数百万を確保したが、今はISISと手を組み、
記録では資金援助の責任者を捕虜にされ、現金60万ドルの焼却が命じられたが、
その紙幣をニックが持っていた。

ビンスが結婚式の業者に渡した現金は焼却したはずの紙幣で、製薬会社の
セールスマンだと言ってるが3年間無職で収入がなかったと、ニックを
テロに見せかけて殺して、彼の金を盗んだと追及するが認めない。

ミゲルに名誉除隊後に奥さんが20万ドルの投資口座を開設したと、
窃盗と職務怠慢で軍法会議にかかり25年の刑になるか、窃盗を認めて
質問に正直に答えて、協力の見返りに7年の禁固刑か、ニック殺害の共犯で
終身刑の選択を迫って、ニックが死んだと初めて知り、凶器を見せられる。

ミゲルはあの金は危険手当としてもらったと言うが、選択を迫られて、
ニックは小さな家を相続し、毎晩のビールが彼にとって成功で金を残してた。
ビンスには美人な妻や高級車の夢があったが能力がなかったと、
剣は死んだイラク兵のをビンスが買ったと認めた。

FBIはビンスをテロリストを名乗り、世界中のアメリカ兵を危険にさらす行為と
テロに関与した容疑で逮捕したが無理やりだね。

ガスはラスティとレイダーに食事を作ってくれて、料理上手な彼はシェフを
目指すのかな?頑固で批判的なラスティに辛抱強く付き合ってくれていい人。

ソトはビデオ映像を復元してくれたのでバズはその映像を約束だからと
ラスティに転送したが見ない方がいいと書かれたので迷ったけど見てしまう。
そこには顔を隠してるが犯人の姿がはっきりと映ってたので今の技術なら
犯人を特定できるかも。

MAJOR CRIMES ~重大犯罪課〈サード〉 セット2(5枚組) [DVD] -

MAJOR CRIMES ~重大犯罪課〈サード〉セット2
posted by Jasmine at 00:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | Major Crimes | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月16日

Law&Order:性犯罪特捜班 シーズン18 #9

アバロン社の社長ローレンス・ヘンドリクスの誕生日パーティーで、
バーテンダーをしていたサラはローレンスの孫エリックに誘われて、
テキーラを飲み、翌日、ソファーで目覚めると服が乱れていて、
レイプされたと思うとSVUにやって来た。

サラは昨夜の記憶がなくて、若い男性に話しかけられたと覚えていて、
エリックに話を聞くと合意の上だったと。
記憶がなかったのはクアールードという薬を盛られてたからで、
エリックの部屋を調べると薬が見つかった。

検査で2人分の精液が検出され、鑑定でエリックと血縁関係があると判明。
エリックの父親ラリーはローレンスとは不仲で慈善団体の運営をしていて、
ローレンスは娘のシンシアに継がせるつもりだった。

ラリーはDNA採取に応じ、ローレンスはあの子と寝たと認めた。
サラはエリックと合意の上だったと思い出すが、もう1人を思い出せず、
70代のローレンスだったと知ってショックを受ける。

誰が薬を盛ったのか知るためにサラに協力してもらう。
サラはローレンスを呼び出すとシンシアも付き添ってきて、謝罪を求めると
私に感謝するべきで楽しんでたと言われ、薬のことを言うとささいなことで
騒ぐな“モニカ”と言われ、SVUはローレンスを逮捕した。

シンシアが会社を守るために父親の心神喪失を訴えて認められた。
サラの事件の裁判が始まり、弁護人はローレンスの心神喪失を訴える。
ローレンスの恋人にエリックの部屋から見つかった薬の袋から指紋が
見つかったと言うと、彼女はローレンスの部屋にあった薬をエリックの
部屋に隠したことや薬入りのお酒を飲まされたことを証言した。

ローレンスの証言からエリックとサラと飲んだ時に薬を盛ったとわかり、
エリックは祖父はいい人間だと信じてるが、ラリーはローレンスの逮捕に
協力すると精神状態は正常と証言するが、会社を追放された恨みから
証言してると反論される。

ベンソンはローレンスがサラをモニカと呼び間違えたので何かあると
ラリーの元妻でエリックの母親がモニカだったので、エリックのために
ローレンスがどんな人間なのか真実を告げるべきと言う。

ラリーはエリックに妊娠中の母親がローレンスに特製ドリンクを飲まされ、
襲われたことを打ち明け、祖父の正体を教えたことで、エリックは祖父が
薬入りのお酒を飲ませたことを証言した。
これでローレンスの有罪は確定だな。

Law & Order 性犯罪特捜班 シーズン2 DVD-SET -

Law & Order 性犯罪特捜班 シーズン2
posted by Jasmine at 20:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | Law&Order:SVU | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブラインドスポット シーズン2 #2

ジェーンはシェパートとロマンに記念碑に案内され、任務のことを思い出す。
CIAは極秘の任務を遂行するために“オリオン”を作ったが、元NSAのウィンターが
情報収集の実態を暴露したことでCIAは計画を中止し、痕跡を消したが
唯一残ったのはジェーンで彼らは死んだと思ってると。

ジェーンはカートとナズに思い出した任務のことを話す。
2013年、アフガニスタンで敵のアジトに突入し、ジェーンは外で待機してると、
突然、爆発が起こって、ヘリも爆撃を受けて、ジェーンは倒れてしまう。
それは前回、解読した兵士の姿で倒れてるジェーンの写真のことだった。

ジェーンはシェパードから下腹部にあるコロシアムのタトゥの件を片付けろと言われ、
カートたちに伝えて捜査することに。
タトゥから去年、メキシコシティでの麻薬捜査官の結婚式が襲撃された事件に繋がり、
カルテルの犯行が疑われ、凶器はNYの麻薬取締局が押収した銃で、武器商人に
なりすました捜査官が銃器を闇で売りさばき大物を逮捕するはずが失敗にしていた。

今日、スティンガーミサイルをおとりに使う計画があり、カルテルメンバーが
JFK空港に到着してたので、スティンガーミサイルで事件を起こすと推測。
闇取で消えた銃の担当者がヴァレンタイン捜査官とわかり、彼女の元に向かうと
カルテルが狙ってるところに遭遇し、カルテルを倒した。

ヴァレンタインは関与を否定し、今朝の計画の書類にサインしたことを追及すると、
今日は非番で上司のキングストンがサインしたと言い、襲撃犯の携帯に
キングストンがヴァレンタインを始末しろとメールしていた。

武器庫から車で出てきたキングストンにヴァレンタインが撃たれてしまう。
NSAの協力でキングストンの車を発見し、イーストサイド全域が標的と思われたが
上空に飛行機が飛んでたことで飛行機の発着便が狙える場所だとわかる。

FBIが到着するとキングストンとカルテルがスティンガーミサイルを持って逃走。
上空に政治家と捜査関係者14人の乗った飛行機が到着するとわかり、
阻止しようとするが一発が発射され、カートはキングストンを倒して、
ジェーンはリモコンを操作してミサイルを海に落下させた。

ヴァレンタインが銃の紛失を報告した司法省の知り合いマニングは
サンドストームに計画の情報を流していたとわかった。

リードはフレディに会いに行き、ジョーンズを起訴するために証言を頼むが、
検事補は前科があるフレディには証言させられないと起訴を取り下げた。
そして、リードはフレディからお前は証言しないのかと言われ、ジョーンズと
一緒に地下でビデオを見てたと言われ、もしかして被害者なの?

パターソンはボーデンから食事に誘われ、ナズはボーデンとジェーンの
カウンセリングの内容を聞いてたが狙いは何だろう。
カートは元カノのアリソンから妊娠したと告げられ、ヨリを戻すつもりはないが
父親として関わりたいかと言われたが自信がないらしい。

ロマンはジェーンがケイドに狙われるのではと心配してたが、シェパードの
仲間がケイドを発見して、ロマンは記念碑にいたジェーンに注射した。
ジェーンがケイドに監禁されてたウソがバレてしまうかも。

ブラインドスポット〈ファースト・シーズン〉 コンプリート・ボックス [Blu-ray] -

ブラインドスポット〈ファースト・シーズン〉 [Blu-ray]
posted by Jasmine at 00:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | ブラインドスポット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月15日

24:レガシー #9・10

8:00PM-9:00PM

ナセリはビンハリードの懐刀で通訳としてエリックの隊に潜入して、
ビンハリード捜索の情報提供者を突き止め、家族を殺し子供の首を切った。
その惨劇の発見者はエリックだった。

ジャダラはCTUに連行され、マリンズはアンディのアクセス権を戻した。
CTUの警備主任のスティーブンに愛人ジェニファーに爆弾ベストを着せて
人質にしたとナセリから電話が入り、ジャダラを逃がすように脅迫される。

レベッカはジャダラを尋問するが、ナセリのことは知らないと言い、
写真を見せると自分が雇った兵士のハメッドだとウソではないみたい。

逃走したナセリが現場から通話した民家がわかり、エリックは特殊部隊と
民家に行くと、住民のフリをした女が襲ってきたので、エリックは女を射殺し、
地下室から爆弾ベストを着たジェニファーを発見する。

ジョンはレベッカの裏の顔を知って、彼女の電話に出ようとしない。
父親に大統領出馬を取りやめることを告げると、証拠は隠ぺいしたと
出馬を取りやめるなと言われ、父親が嘘を言ってたことを知る。
ジョンはレベッカが正しかったと知り、君を失いたくないと電話し、
レベッカに会うためにCTUに向かう。

エリックはCTUと協力して、ジェニファーに向けられたカメラの映像を
ループ映像にして、爆弾の解除を試みるが、ジェニファーがパニックになり、
振動センサーが作動し、急いでベストを脱がせて投げたことで助かった。

エリックはジェニファーから恋人がスティーブンだと聞き出したが、
その時、スティーブンはナセリの車をCTUに入れ、ジャダラをナセリの元に
連れて行こうとしていた。

マリンズは警報を鳴らし、レベッカがジャダラを連れたスティーブンを発見し、
ジェニファーは無事だと説得して銃を降ろしたが、ナセリたちが現れ、
スティーブンを射殺してレベッカに発砲してる隙にジャダラを連れ去られた。
タイミング悪く、レベッカに会いに来たジョンも拉致されてしまった。

10:00PM-11:00PM

ナセリたちの足取りは掴めず、レベッカはヘンリーにジョンが拉致されたと
情報があるなら教えてくれと訴え、ルイスが繋がってると教えた。
ヘンリーはルイスに情報を渡せと言うが、捕まりたくないルイスは
ヘンリーを殴って逃げてしまう。

ナセリたちは合流に到着し、ジャダラは死んだはずの父親ビンハリードと再会。
ビンハリードは顔などに大やけどの痕があり、車イスに乗っていた。
ナセリは身分を隠して、ジャダラの元で働き、ビンハリードに報告していた。
ビンハリードはジャダラを副官にしてレベッカに復讐すると。

ジャダラはレベッカに電話し、ジョンを公開処刑にすると、レベッカが
罪を償うならジョンを助けると告げた。
レベッカはジョンを助けるためにCTUに報告せず、エリックに自分が投降し、
囮となってる隙にジャダラたちを始末させようと計画する。

マリンズはレベッカたちが消えたので、トニーに連絡を取る。
トニーはシドラと次の仕事のために国外に出発しようとしていたが、
レベッカがジョンを拉致され、身代わりに投降する気だと聞いて、
シドラが止めるのを制止し、レベッカ捜索に協力する。

トニーの協力でレベッカのGPSを特定し、マリンズは警察に車を停止させるが、
エリックは警官たちを拘束し、敵に怪しまれないように別々に向かう。

アンディはジェニファーからナセリたちの会話に“イースト・ジュライ”の
英単語が聞こえたと聞いて調べると、国家情報長官のサーバーにある
フォルダーの副題だった。

レベッカは指定されたスタジアムでジャダラから中央に来るように言われるが、
ジョンを解放しないなら立ち去ると言い、ビンハリードはジョンを解放する。
レベッカはジョンが解放された動画を見て、スタジアムの中央に向かうと、
ガソリンがまかれていた。

ジャダラはレベッカに声明文を読むように要求し、火を見せて脅すと、
エリックがジャダラを射殺した。ビンハリードはそれを見て泣き叫ぶ。
ジャダラが倒れた時に火がガソリンに引火し、レベッカは逃げる途中で
転倒してしまい、エリックは助けに行くがレベッカは見つからない。

エリックはCTUに連絡して座標を送ると、CTUにレベッカの通信が入り、
ビンハリードが生きてる!とレベッカの声が聞こえた。

次々と人質にされて、エリックは大変だね。
ニコールはエリックが闘うことを望んでると、自分との未来が違うと感じ、
アイザックはそんなニコールに自分のところに戻ってこいと言ってるし。

24 -TWENTY FOUR- リブ・アナザー・デイ(SEASONSコンパクト・ボックス) [DVD] -

24 -TWENTY FOUR- リブ・アナザー・デイ(SEASONSコンパクト・ボックス)
posted by Jasmine at 20:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 24 -TWENTY FOUR-(終) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月14日

シカゴ・メッド シーズン1 #2

ERに近くで倒れていたという血まみれの少女が運ばれてきた。
少女を調べると出産直後でへその緒があり、赤ちゃんがどこなのか聞いても
答えないので、コナーは運んできた男性に発見した場所に案内してもらい、
リュックの中に置き去りにされた赤ちゃんを発見した。
コナーは赤ちゃんを蘇生させてNICUに運んだ。

ナタリーは赤ちゃんの診察があり、産科は分娩中だったのでチョイが
経験があるからと少女の胎盤を剥がす処置をする。

少女はエリカと名乗り、ナタリーに14歳で母親は刑務所で父親は
どこか行ったと話し、誰かに連絡して欲しいかと尋ねると離れて暮らしてる
姉に連絡してほしいと。

ナタリーはまだ子供のエリカが怖くなり、どうしていいかわからなかったと
かばうが、チョイは無責任だと怒り、コナーは患者には感情を切り離すと
言いながらも病院に置いていくこともできたと言う。

チョイが胎盤剥離をするが取り切れてなく、エリカは大量出血を起こし、
緊急オペをすることなり、子宮摘出の可能性もあり、コナーはチョイが
エリカを嫌ってたので判断ミスをしたと責める。

グッドウィンは児童保護局と話をすると、エリカは養護施設を出入りして、
里親の追い出されたり逃げ出したりしていて、アルコールに薬物の疑いがあり、
売春関与で逮捕されたことがあり、赤ちゃんの父親は不明だった。
ナタリーは姉カーラが引き取り、家族で暮らせると信じていた。

カーラは病院にやって来たが、昇進して彼氏と一緒に暮らす話もあるので
エリカを引き取ることを拒否する。
警察が来ると聞いたナタリーはチョイにさぞ満足でしょうと怒るが、
チョイはエリカに病院まで2ブロックだと知ってた、赤ちゃんを生かすために
へその緒を止めたと言うように話す。
そして、シカゴ署のバージェスがやって来るがエリカは逃げてしまっていた。

ウィルは心筋梗塞の疑いのあるダグを担当。
付き添ってる妻のジェナは頼みごとをするといつも具合が悪くなると言い、
検査で問題はなく、胃液の逆流やストレスなども関係あると、後日 ストレス
負荷テストをすることにして帰したが、心筋梗塞を起こして病院に戻った。

ウィルは普通なら諦めてるのに蘇生処置を続け、一命を取り留めたが
後遺症が残り、ジェナは子供が3人にその日暮らしなのにとウィルを責める。

サラは手首を痛めたキャロルを任されるが対応できず、チャールズに
助けを求めると、彼女は認知症で腕に連絡先のプレートがあった。
夫トムが迎えに来るが、キャロルは認知症なのにケガをした時の状況を
覚えていたので、検査すると認知症ではなく、水頭症だとわかった。
応急処置を終えたキャロルはトムのことを認識できた。

ウィルは新薬の売り込みに来てる製薬会社のゾーイと食事の約束をするが、
ダグの診察で何か見落としがないと調べ直していて、すっかり忘れてしまい、
ゾーイはずっと外で待ったのに。

マギーはナタリーをモリーズでの女子会に誘うが、実は義母のヘレンが
出産前祝を計画してたとナタリーにバレてしまう。
でもみんなにお祝いされて、ナタリーは幸せそうだった。

コナーは父親からの連絡を無視すると、病院まで父親が会いに来た。
金持ちの父親と確執があるみたいで、理由は次回でわかるのかな?

Chicago Med: Season One [DVD] [Import] -

Chicago Med: Season One
posted by Jasmine at 00:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | シカゴ・メッド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
海外ドラマDiary TOPへ