2018年01月18日

ブラックリスト リデンプション #6

トムはハワードが恩人だと言うネズにハワードは飛行機に乗ってなくて
生きてるが君の助けが必要だと話す。
スコティーはソロモンとハワードの隠れ家に行くが、室内は燃やされて
残骸をデュモントに分析させることに。

ハワードは病院に入院させられ、スコティーは涙を流してやってくるが、
お前のしたことはわかってる。私を殺そうと。ホワイトホールのこともと
言われたので、ハワードが心を病んでると思っていた。

会社重役のゲーブル・ラングと妻子が運転手と共に誘拐された。
カーセイ保険のバートンからスコティーに救出の依頼が入る。

誘拐したのはブラジルの元諜報員で誘拐ビジネスをするディエゴ・ロチャ。
トムが交渉に行き、大金を払うと言うがロチャの要求はFBIに拘束されてる
息子同然の部下のカンタラを返さないと人質を殺すと言うと、
解放するはずの運転手を射殺した。

トムはネズにハワードがいる病院を突き止めてもらい、トムは職員を倒して
入館証を手に入れて侵入し、ハワードを連れ出そうとするがバレてしまい
ハワードはトムを逃がした。

刑務所長は司法省に聞けとカンタラに会せてくれず、スコティーはツテから
カンタラは囚人でなく情報提供者で足を洗いたくて密告したことを聞く。
名前を変えたカンタラがクイーンズにいるとわかって会いに行く。

カンタラは子供が生まれたので足を洗おうとしていたが、ロチャを殺すと
言われたので妻の勧めもあり、400万ドルと引き換えに協力することに。
トムはカンタラを連れて人質交換に向かうが、ロチャはソロモンとネズが
狙っていると気付いて撤退させた。

人質を交換し、カンタラはロチャの車に乗ると裏切り者だとバレていた。
カンタラの追跡装置が壊されてしまったが、ラングの息子がロチャの
携帯を盗んでいた。

ロチャは組織のボスではなく、保険会社のバートンがボスだった。
ハルシオンではデュモントが携帯の記録からバートンが黒幕と突き止めて
スコティーはバートンに電話して居場所を特定した。

トムたちはカンタラと人質を見つけて救出するが、バートンが後ろから
カンテラを撃とうとしたら、ロチャがバートンを射殺した。
ロチャは銃を捨てて捕まり、カンテラに“息子よ”と言い、息子のように
思っていて、最後は守ってくれたとは。

スコティーはハワードを拷問して仲間を聞き出そうとする。
デュモントに病院の侵入者の映像を解析させるとトムだと判明したので
スコティーはソロモンにトムを殺すように命じた。

ハワードはスコティーから仲間のトムを殺すと聞くとトムが息子だと言い、
スコティーはソロモンに電話して中止を告げた。
息子が生きてると聞いてスコティーは泣き崩れた。
この後は親子として会うの?知らないフリをするのかどっちだろう?

Blacklist: Ssn Four / Blacklist Redemption: Ssn 1 [DVD] [Import] -

Blacklist: Ssn Four / Blacklist Redemption: Ssn 1
posted by Jasmine at 00:30 | Comment(0) | ブラックリスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月17日

クワンティコ シーズン2 #15

クレイはメンバーのことを知っているオーウェンから彼らのことを聞き、
その会話をみんなに聞かせるなんてひどい。クレイはニマをメンバーと
認めてないと言う。

流出した機密情報“キャッシュ”が何者かにアクセスされる。
バージニア州で工場が爆発し、化学薬品が流出したと住民たちが避難する。
関連を調べているとオーウェンは爆発はフェイクニュースだと気付いた。

フェイクニュースを作ったのはトロールでハリーがロシアのトロールに
潜入してたので、アメリカ支部にアクセスするために協力を頼む。

トロールの依頼人は民間軍事会社“グレープール”とわかる。
グレープールは住民が避難していなくなった町で何か探してると推測し、
アレックスたちは緊急対策チームのEPAのフリをして潜入する。

ニマはクレイに連中の目的がわかったので電話するが無視されたので
現場にやってきて物じゃなく人を捜してると報告。
シェルビーは保安官に呼び止められるがニマがピンチを救った。

調査が終わった家にEPAが入っていくのを目撃したアレックスとライアンは
後を追っていくと隠れていたマロリー・ヘインズを発見する。

マロリーはベイナート上院議員の元で働いていて、再選させるために
フェイクニュースを書いたがそのせいで犠牲者が出たので、議員側は
つながりを消そうとマロリーを始末しようとしたので実家に逃げたと。

ハリーとダイアナが住民のフリをしてグレープールを引き付けてる隙に
アレックスたちが裏から脱出するが気付かれて、シェルビーたちも
駆けつけて銃撃戦となり、作戦車にいたオーウェンとクレイが
みんなをピックアップする。

ライアンの本名を突き止めたサーシャにライアンはCIAだと気付いて、
狙いを話さないと仲間とパーティにいたことを記事にすると言われる。
マロリーを救出して町を出るときにサーシャに顔を見られた。

ニマが言ったとおりベイナードでなく、下院議長のヘンリー・ロアークが
ベイナードに頼られて、キャッシュにアクセスし、8つの分野の協力者の
“政府”はロアークと判明。

マロリーをファームで保護したが、黒幕を逮捕することはできなかった。
オーウェンとクレイはマロリーに保護はできないと姿を隠すように言い、
メンバーにはマロリーは証人保護を受けると話した。

アレックスとライアンは進展なく友人のままで、ライアンはサーシャに
CIAだとバラされないために匿名でグレゴリーの情報を渡した。
ハリーもチームの仲間となり、クレイはニマのことをメンバーと認めた。

シェルビーはクレイにジャーナリストの恋人がいると嘘をついたことで
レオンに電話するが留守電だった。
その頃、拉致されたレオンはバスタブで自殺したように見せかけられていた。

クワンティコ/FBIアカデミーの真実 シーズン1 コレクターズ BOX Part1 [DVD] -

クワンティコ/FBIアカデミーの真実 シーズン1 コレクターズ BOX Part1

posted by Jasmine at 00:37 | Comment(0) | クワンティコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月16日

ベター・コール・ソウル シーズン1 #5

チャックが近隣から新聞を盗んだ件で警察官が訪ねてきた。
ドアを開けるように言われたチャックはすぐに応じようとしないので
警官が室内のブレーカーはめちゃくちゃで大量の燃料があるのに気づき、
ドアを蹴破って、テーザー銃を使用してチャックは倒れた。

ジミーは依頼人に会いに行くが、アメリカから独立した共和国を作ると
50万の前金を受け取るが共和国の偽札だったり、トイレ・トレーニングに
子供用のしゃべるトイレを開発したと言うがエロトイレだったり、
人形の相続の遺言書と変わった依頼ばかりだった。

ジミーはキムに依頼人のことを話すと、高齢法をやったら?と勧められ、
そこにハワードからキムにチャックが入院したと連絡が入った。
駆けつけたジミーは病室の電子機器や電気を消すように医師に言うと
チャックの意識が戻った。

医師はチャックから電磁波過敏症だと話を聞きながら、こっそり機器の
電源を入れると反応がないことで精神的問題だと、精神科に30日入院が
必要だとランタンで火事が起こしたり、家の中でケガをしたらどうやって
助けを呼ぶのかと言われるが、ジミーは退院させると答える。

そこにハムリンがやってきて、検察と話して入院は必要ないと言うと、
ジミーはチャックが入院して俺が法廷後見人になって持ち分を清算する
と困るからだと入院させると言いながら、チャックを連れて帰った。

ジミーはチャックが新聞を見て体調を崩したと言うと、ジミーは記事と
体調は関係なく、新聞を取りに外に出たせいで悪くなったと言われ、
ただの宣伝で高齢者法を専門にしようかと考えてると話す。

そして、ジミーは老人ホームなどで営業をして、マイクにも年寄りの
知り合いがいたら紹介してくれと名刺を渡す。

マイクは娘らしき女性の家の前に行き、車ですれ違いお互いに
気付いたが何も言わない。家に戻ったマイクの元に刑事が訪ねてきた。

ソフトシェル ベター・コール・ソウル SEASON 1 BOX [DVD] -

ソフトシェル ベター・コール・ソウル SEASON 1



posted by Jasmine at 00:48 | Comment(0) | ベター・コール・ソウル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月15日

シカゴ P.D. シーズン3 #10

シカゴシリーズのクロスオーバーの後編。
ガンでもない患者3人が抗がん剤を過剰投与される事件を特捜班が捜査。
シカゴメッドに似た症状の患者が搬送されたのでナタリーは
患者リアの荷物を特捜班に見せる。

荷物の携帯には被害者のジェシカ、ダニー、キャロルの連絡先があり、
4人は知り合いのようで、保険証があったので保険会社に問い合わせると
担当医はディーン・ライボルドと判明する。

ライボルトはボイトの亡き妻カミールの主治医だった。
顔が割れてないリンジーがハルステッドとライボルドに会いに行くと
令状を持って来ればカルテを見せると言う。

検事補は不要な治療を行った証拠が必要でそれまで逮捕するなと言ったのに
令状を持って病院に行くと書類をシュレッダーしていて、ライボルドは
弁護士に守られて、カミールのことを持ち出したのでボイトは逮捕した。

ライボルドの患者たちに話を聞くと、57人中42人の女性患者が同様の
被害者だと判明する。
検事補は被害者たちは裁判が長引いたら闘い続けられないと判事も
州検事も証拠がないと言い、1年の免停で取引すると言い出した。

ボイトはチャールズに力を貸してほしいと頼み、話を聞いたチャールズは
ライボイドは弱者を餌食にする典型的な精神病質者だろうと言い、
搬送された4人の被害者はチャットルームで出会って、治療に疑問を持って
みんなでライボイドに会いに行くが言いくるめられ治療を続行したと推測。

チャールズは法廷で証言するなら直接話して診断する必要があると
偶然を装ってライボルドから話を聞き出した。

検事補は4人が会いに行ってから4人のために注文した抗がん剤の量が
2倍、3倍と増えて、搬送前には7倍の量を自腹で買っていたと気付く。
検事補はライボルドを起訴すると決めて、ボイトはライボイドを逮捕した。

ローマンはリッチーを射殺した件で捜査が終わるまで休むことに。
バージェスはプラットが1人で自由に動いていいと許可してくれたので
キャリーに話を聞くと、リッチーは飲酒運転で捕まったので運転できず、
ここまで弟のデニーに送ってもらっただろうと何か隠してる様子。

バージェスはデニーが銃を持ち去ったと彼を説得するがダメだった。
プラットはバージェスとデニーに会うと警官に偽証して捜査妨害して、
銃を持ってたら凶器隠蔽に兄殺しを手助けしたことで服役になると言うと、
キャリーへの保障はどうなると言うので、ブラットは報奨金を匿名扱いで
小切手で払うことも可能と言うと、デニーは銃を提出した。

ライボルドの裁判は敏腕弁護士に苦戦し、ボイトが証言台に立つ。
被害者たちは亡くなって証言できず、目撃証言もなく、ボイトは6年前に
亡き妻にライボルドが薬を投与したのを目撃したと証言したことで
他の被害者42人のことを質問できて、司法取引しようとした時の
自白調書も証拠として認められ、ライボルドに有罪判決が下った。

女性患者だけを狙った犯行は許せないし、病院もこうなる前に
何もしなかったとは失態だと思う。

シカゴ P.D. シーズン2 DVD-BOX -

シカゴ P.D. シーズン2 DVD-BOX
posted by Jasmine at 00:08 | Comment(0) | シカゴ P.D. | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月14日

シカゴ・ファイア シーズン4 #10

シカゴシリーズのクロスオーバーの前編。続きは「シカゴメッド 5話」へ。
フレディに刺されたハーマンは助けを求めるが誰にも気づかれず、
倉庫に来たドーソンとオーチスが発見し、シカゴメッドに搬送された。

コナーはナイフは肝臓から肺まで達して、この数時間が山場だと
シンディたちに説明する。
セブライドはフレディを署に招いたクルースを責めて、彼も責任を感じる。

ドーソンとマウチがハーマンと面会するが、マウチは指輪のケースを
落としたことでプラットにプロポーズすることがバレてしまう。
シフトの時間でオルロフスキー牧師が病院に残り、みんなは署に行き、
ボーデンはセブライドにクルースを責めないように頼む。

アパート火災に出動し、セブライドとクルースが救助に入ると男性を発見。
階段から女性が降りてきてガス臭くて倒れてた管理人に調べてもらったら
爆発したと、意識が戻った管理人は息子が中にいると言い、無事に救助した。

ケイシーとドーソンはガス栓を止めようと地下室に行き倒れてる女性を発見。
女性はビニールを被り、ガス自殺した様子で爆発が発生し、ボーデンたちは
地下に向かって、全員無事に脱出した。

自殺未遂の住人のジェシカをブレットとチリはシカゴメッドに搬送し、
咳き込んでいるクルースも一緒に病院に行くことに。
バージェスがジェシカに事件性がないか調べに行くが意識不明のままだった。

チョイはジェシカの意識が戻らないので鎮静剤を与えてないか
ブレットたちに確認するとチリが過剰反応する。
ハーマンが搬送されても病院に来ないし、チリはどうしちゃったの?

クルースは1人でフレディを捜しにギャングのたまり場に行くが
銃を突きつけられたところにセブライドたちが消防車で探しに来て
クルースは無事だった。

ハーマンの容体が急変し、輸血関連急性肺障害になり、出血が止まるのを
待つしかないとコナーは説明するが、ドーソンは何かしろと迫る。

特捜班がフレディを捜索してくれてるが手掛かりがなかった。
人が立ち往生しているとの通報で出動すると、逃走中のフレディが
非常階段が外れて落ちそうになっていて、クルースが俺に行かせてくれと
ボーデンに頼み、ハシゴを登ってフレディに近づく。

フレディは銃を持った警官がいるので俺を殺す気だと言い、クルースは
説得して、落ちそうになってたフレディを救出した。
連行されるフレディはクルースにハーマンを刺す気はなかった。
事故だと言うがクルースはお前がやったんだと告げた。

マウチはハーマンを心配して51分署にやってきたプラットにハーマンが
喜んでくれるとプロポーズするが、ロマンティックでないと断られる。
プラットは謝るマウチに逆プロポーズしてキスをする。

ハーマンはクルースと面会するとフレディのことはまだ許せないが
お前を責める気は全然ないと言うとハーマンの容体が急変して
オペ室に運ばれた。

やっとシカゴメッドとのつじつまが合って、この後どうなるか知ってるので
少しスッキリしたけど、ジェシカに何かたった感じで気になる。
チリは父親のように思ってるハーマンまでと思って、苛立ってるのかな?
その前からチリの行動は変だったけど。

シカゴ・ファイア バリューパック [DVD] -

シカゴ・ファイア バリューパック
posted by Jasmine at 16:37 | Comment(0) | シカゴ・ファイア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月13日

MURDER IN THE FIRST シーズン1 #10(終)

シーズンフィナーレ。
ブラントはハーツバーグと共に祖母に自殺した祖父が50万ドルが入った
口座を残したことを話す。これはナイヤーズ殺害の報酬らしい。

ヒルディとテリーは弾道検査室で凶器の銃について説明を受ける。
銃は未登録で分解するとグリップの内側に“1970”と書いてあって、
製造開始が1975年なのでヒルディは警官だった父親が同じ銃を持ってて
バッジ番号を彫ってたと言い、ベテラン鑑識官は登録開始は1980年からだと
登録開始前の銃の可能性が浮上する。

ソルターの銃かと思ったがバッジ番号は“1900”だったので一致せず、
“1970”は飲酒問題でクビになった元警官トゥーミーだった。
トゥーミーは更生して社会復帰施設のカウンセラーをしていた。
凶器の銃は当時持っていた銃とは違うと、バッジ番号は父親の番号を
交換して手に入れたと、お気に入りの番号“1900”を彼に渡したと
ソルターとバッチ番号を交換していた。

ソルターに銃のことを聞くとやっぱり彼の銃で心当たりがある様子だった。
そして、ソルターはブラントに辞めると告げて、渡した銃のことを聞くと
銃なんてもらってないとブラントはソルターが盗聴器をつけてると疑う。

ブラント祖父の遺書の筆圧痕を調べてもらうと、遺書の前に書かれた内容が
“これを読んだらハーツバーグ氏に連絡を。すべて彼に任せてある”
と妻に書いていた。

ヒルディとテリーはブラント祖母に会いに行くと防犯システムを設置中で
警察と話すなと弁護士に言われてると言われたが、令状を持ってくると言い、
家に入れてもらい、ジェームズが自殺に使った銃がナイヤーズ殺しの銃と
一致したことを話すと夫が50万ドルのお金を残してくれたと書類を見せる。

ジェームズは50万ドルの口座から1300ドルを引き出してたのでテリーは
ウォルトンに会いに行くと、家族がいるサクラメントでやり直すと言い、
ナイヤーズから薬代の前払いに1300ドルをもらったことを聞く。

証拠が揃ったがペレスとシレッティはブラント逮捕に確実な証拠がいると
確実に勝てると分かるまで起訴しないと言う。

ブラント祖父は予定表を残していて、口座開設の日にドルマークがあり、
祖母は睡眠薬を飲んで寝るので夫が家を抜け出しても気づかないと言う。
ナイヤース事件の1週間前に夫が留守の時に赤いスポーツカーに乗った
生命保険のセールスマンが訪ねてきたと聞いて、それはビルだと気付く。

ビルはブラントに警察が祖父にソルターの銃を届けたと知ってると言うと
ブラントはビルが盗聴器を付けてると疑って素っ裸にさせて、
自分がプレゼントした時計を潰すと中から盗聴器が出てきた。

ブラントは裏切ったと怒るとビルは俺に何をしてくれた?シンディを奪い、
妻に動画を送り付け結婚を破綻させた。あんたが仕組んだ殺人に共犯として
巻き込んだ。俺とシンディは新しい人生を始める予定だったと言うと、
ブラントは愚かな夢だな。僕が彼女を殺して正解だった。堕ろせと言ったが
拒否されたと雑だったわりにはうまくいった。父を殺した時は完璧だった。
直接的な証拠はまったく残してないと言う。

ブラントは父の死の真相を昨夜知ったと署に1人でやってきた。
ソルターとビルがナイヤースが会社の上場を脅かしてると知って
邪魔者を排除したと言う。

ヒルディとテリーはNSAは遠隔操作で会話をスマホに録音させることが
できるかと尋ねると令状があればできるとブラントが答えたので
逮捕令状を見せて、録音したビルとの会話を聞かせて逮捕した。

ブラントが逮捕されて会社の株価は暴落し、ハーツバーグはダニエルズに
弁護を頼むが一文無しだと拒否されて、ダニエルズはウソ発見器で
ブラントがシンディを殺害したと知ってたと告げる。

ハーツバーグはブラントと面会するとダニエルズに弁護を断られたと聞き、
ブラントはハーツバーグに弁護しろと言うが彼は辞めると告げた。
一文無しとなり皆に見捨てられたブラントは監房で首つり自殺した。

ジワジワと展開するドラマだったがスッキリと終わってくれて面白かった。
次週からシーズン2が始まるのでこのまま一気にファイナルまで放送かな?

Murder in the First: Complete First Season [DVD] [Import] -

Murder in the First: Complete First Season
posted by Jasmine at 22:32 | Comment(0) | MURDER IN THE FIRST | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
海外ドラマDiary TOPへ