2015年02月08日

(最終回)FRINGE/フリンジ ファイナル #100

「FRINGE/フリンジ」がグランドフィナーレを迎えました。
きっちり100話で終わり、感動的なフィナーレで気持ちよく終わりました。

フリンジ事件が起こったきっかけとなったウォルターは罪の意識から
みんなを守るために使命を果たしたが、このドラマはSFドラマだけでなく、
家族愛を描いた壮大なドラマだったので、最後まで楽しめました。

セプテンバーは20年の間に装置を起動させるリアクターのコアが劣化したので、
ディセンバーに監視人の世界に取りに行って欲しいと説得する。

マイケルが装置で作ったワームホールで2167年に行き、科学者と会うことで
人類の進化を軌道修正するが、それには案内役が必要だった。

ブロイルズはピーターに荷物をまとめて合流すると車から電話してオフィスへ。
ウィンドマークは装置で通話内容を再現して、ブロイルズの裏切りを疑い、
心を読もうとするが読めないので尾行させる。

ブロイルズは尾行に気づき、オリビアにおとりになるが防ぐのにも限界があると、
計画を勧めて成し遂げろと告げて連絡を断った。

ピーターはアンバーに隠してる残りの機材と共に、注射器とウォルターが
自分宛てに残したビデオテープを見つけた。
ビデオテープはウォルターの遺言テープで、2015年にウォルターはマイケルを
案内するために注射を撃ったが、自分に何かあった時のために予備の注射と
テープを残していた。

ウォルターとマイケルを時空は受け入れず淘汰され、侵略の瞬間に2人は
消えてしまい、2015年以降、存在しないことになり、ウォルターはエッタと
人生を取り戻して欲しいと犠牲になろうとする。

オリビアとアストリッドはディセンバーから部品を受け取りに行くが、
すでに監視人たちに拷問されて死んでいた。
ウィンドマークはワームホールを作って、時間をリセットする計画を知る。

装置はエネルギー不足で作動できず、オリビアはマイケルに次に何をすれば
いいか尋ねると、彼は人差し指を立てて、口元にあてた。
それを見ていたアストリッドは監視人の荷物の出口を乗っ取ることを思い付く。

翌朝、ニューヨークに荷物が届くとわかるが、アニルからブロイルズが
捕まったと連絡が入った。

出発前に、アストリッドはウォルターにアンバーにいるジーンと会わせて、
私たちが勝ったら、何事もなかったようにイチゴのシェイクを飲むのと言うと、
ウォルターはアストリッドはきれいな名前だと、最後にちゃんと呼ぶなんて。

セプテンバーは注射を打ち、ウォルターの代わりに案内役となると、
ウォルターとピーターの親子愛を見て、感情が理解できたと、マイケルの
言葉では伝えられなくても、手を取って導けば、愛は伝えられると、
父親としての愛情が出てきたみたい。

ブロイルズは必死に抵抗したが、ついにウィンドマークにラボにいると
自白するが、その頃、オリビアとピーターはブロイルズがいるビルを襲撃し、
部品を奪い返し、ブロイルズも救出することに成功。

荷物の出口にはウォルターたちが待機していて、オリビアたちも合流し、
アニルたちも協力して作戦が開始される。
銃撃戦の中、ウォルターはセプテンバーは装置でワームホールを作る。

ウィンドマークからマイケルを守ろうとしたオリビアは倒されてしまうが、
エッタの形見の弾を見たオリビアは立ちあがり、マイケルと共感したのか
車を動かして、ウィンドマークは車と車に挟まれて潰された。

セプテンバーはマイケルを手を取って、ワームホールに向かったが、
銃弾に倒れてしまい、マイケルは持ってたオルゴールを鳴らしていると、
ウォルターがマイケルに手を差し出し、ワームホールに入って行く。

2015年、オリビアとピーターは幼いエッタと監視人が襲撃してきた時の
公園で過ごしていて、自宅に戻ったピーターにウォルターから手紙が届き、
中にはチューリップの絵が入っていた。

ウォルターは犠牲となり、エッタや元の世界を取り戻すことができた。
チューリップの絵を見たピーターがウォルターの存在を感じてくれるといいな。

FRINGE/フリンジ <ファイナル・シーズン> コンプリート・ボックス [DVD] -
FRINGE/フリンジ <ファイナル・シーズン>
posted by Jasmine at 17:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | FRINGE/フリンジ(終) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月02日

FRINGE/フリンジ ファイナル #99

フィナーレ直前となり、気になってたあの人が再登場したのはうれしかった。
オリビアたちはマイケルが連れ去られた場所を探すが見つからない。
ブロイルズは中尉から何とかマイケルがリバティ島の東棟にいると聞き出すが、
そこは厳重に警備されていた。

オリビアは向こうの世界に行き、マイケルがいる同じ場所から戻って来て、
マイケルを連れて、また向こうの世界に行き、こっちに戻って来ると。
ピーターは向こうの世界も監視人に侵略されてるかもと心配すると、
アストリッドは向こうが見える窓で見ることを提案する。

バッテリーパークから窓で向こうの世界を見ると侵略されてなかったので、
アニルに隠れ家と医療器具を用意してもらった。

世界を移動するにはコーテキシファンが必要で、ウォルターは保管してた
コーテキシファンを4回移動するためにオリビアに大量投与する。
制限時間は約3時間で、オリビアは向こうのフリンジ・チームがある場所から
向こうの世界に移動した。

ウィンドマークはマイケルの思考を読もうとするが、自分の言葉が跳ね返って、
何も読めないうえに鼻血が出て、目まで出血し出したので断念して、
マイケルの体を徹底的に調べるように指示する。

ウィンドマークは司令官にマイケルの知性は我々より進化を遂げ、感情に対する
反応は人類のそれを凌駕してるが理由はわからないと報告する。
すると司令官はマイケルを分解して研究しろと命じた。

オリビアはボリビアとリンカーンと再会する。
2人は結婚したらしく、息子と一緒の写真がデスクに飾ってあって幸せそう。
ウォルターネイトは20年前に引退し、90歳になってもハーバードで教えていた。

ボリビアたちに協力してもらい、リバティ島から自分の世界に戻ったが、
離脱症状から失見当識や幻覚が見え始め、監視人に見つかってしまい、
警報装置が作動した。

オリビアはマイケルを見つけると、向こうの世界に戻った。
監視人も追って来たが、ボリビアとリンカーンに助けられ、ピーターたちが
待っているバッテリーパークにマイケルと共に戻った。

ウィンドマークは中尉から重要人物の情報をブロイルズに漏らしたと
自白したことで、ブロイルズに危険が及びそう。

オリビアたちが隠れ家でマイケル救出の計画を進めてる頃、セプテンバーは
誰もいないラボにやって来て、持って来た物を使って、装置を作った。
そして、セプテンバーが貸しがあると協力を求めたのはディセンバーだった。

向こうの世界に残ったリンカーンとボリビアが幸せそうで良かった。
また再会するとは思わなかったし、やっぱりこのドラマは奥が深いね。
次回はグランドフィナーレ、監視人から世界を取り戻して、エッタたちも
生きて戻ってくるといいな。

FRINGE/フリンジ コンプリート・シリーズ [Blu-ray] -
FRINGE/フリンジ コンプリート・シリーズ
posted by Jasmine at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | FRINGE/フリンジ(終) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月26日

FRINGE/フリンジ ファイナル #98

ウォルターはマイケルが見せたのは私の潜在意識なので、タンクに入れば
すべてを思い出し、セプテンバーを見つけられると推測。
そして、タンクに入ったウォルターは髪の毛があるセプテンバーの部屋の
窓から見た景色からウィリアムズバーグ橋の近くにあるアパートだと判明。

ウォルターは脳の一部を取り出すと言ってたのに、マイケルに触れられて、
解放されてようで、ありとあらゆることが理解できて、やる気がみなぎって、
計画は思い出せないが、ピーターへの愛が深まったと2人でハグした。

アパートに着いたウォルターたちがベルを鳴らすと髪の毛のある
セプテンバーが出てきて、ウォルターが生きてたことを喜んでいて、
マイケルと手を合わせて何かを感じたのかな?

セプテンバーは捕まって、罰として装置を外されて、力を失っていて、
人間と同じように暮らしていて、ドナルドと名付けたのは最初に見た映画が
“雨に唄えば”で出演してた俳優の名前からだった。

マイケルは何百年も先の未来でセプテンバーと同じようにラボでドナーの
遺伝物質による人工授精で生まれていた。
そのシステムのきっかけは2167年2月20日にオスロの科学者による人間の
知性を高める発見からで、人間の脳にある嫉妬を引き起こす部分を操作して、
認知機能が高まり、感情を捨て、知性を得て、監視人が生まれたのだった。

ウィンドマークは2609年のマンハッタンに移動し、司令官に変異体が
2036年に隠されてたと、変異体を隠したのには理由があると報告する。
変異体を調べると、成長が止まっていて、ドナーはセプテンバーだと判明。
やっぱりセプテンバーとマイケルは関係があったんだ。

感情をなくして、機械のようになり、繁殖法も変わり、成長の初期段階で
科学者たちは特異な脳の発達に気づいて、変異体は欠陥品とみなされたが、
セプテンバーは親子の愛に心を動かされて、マイケルを連れ去ったのだった。

セプテンバーはマイケルは変異体だが優れていると共感能力だけでなく、
知性は我々の理解を超えるレベルに達していると、思いやりや共感性の
感情があるので、ハイブリッドだと、2167年2月20日の科学者の元に
マイケルを送って、違ったすばらしい形があることを証明しようとしていた。

証明されたら進化は軌道修正され、監視人は存在せず侵略も起きないと、
ウォルターとセプテンバーは計画したのだった。
もしそれが成功したら時間がリセットされて、エッタと会える可能性が出た。

セプテンバーは装置を外されて、時を移動できないので、マイケルを未来に
送るために部品を集めていたのだった。

ウィンドマークはセプテンバーの部屋に行くが、埋め込んだチップを外して、
オリビアたちと装置を取りに出て、他の必要な物を取って来ると別れた。

検問だらけでオリビアたちは囲まれてしまい、アストリッドからモノレールで
逃げるしかないと言われ、オリビアは先にマイケルとモノレールに乗り込んで、
遅れてピーターとウォルターも別の車両に乗り込んだが、扉が閉まる瞬間に
マイケルは降りて、捕まってしまう。

マイケルが自分から降りたのにはオリビアたちを助けるためなのか
別の理由があるのかな?

FRINGE/フリンジ 〈シーズン1-5〉 コンプリートDVD BOX Soft Shell(初回限定生産/50枚組) -
FRINGE/フリンジ 〈シーズン1-5〉
posted by Jasmine at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | FRINGE/フリンジ(終) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月19日

FRINGE/フリンジ ファイナル #97

マイケルを調べると監視人の装置は入ってなかったが、前はオリビアとは
意志疎通ができてたのにできなくなっていた。
オリビアはニーナに電話して、マイケルのことで助けを求めた。

ウィンドマークはオリビアたちが使った昇華装置が科学省のもとだと知り、
ニーナのオフィスに行くが留守で、ロイヤリストの秘書から電話が来て、
早めのランチに出かけた知り、LQ7という装置を使って、ニーナの会話を
再生して“子供の監視人”と言ってたとわかった。

オリビアたちはニーナと合流し、ニーナがレジスタンスに使わせてる
秘密のラボに行くと、そこでは監視人の人体実験が行われていた。
電気信号認識変換器を使ったが、マイケルとは意志疎通はできなかった。

ニーナはオリビアの望みを共感能力で感じてたが、今はできないのではと、
ソフトを改良することになり、マイケルとラボに残り、オリビアたちは
科学省の協力者ヘイスティングからもう1人分の装置と神経アダプターを
借りようと科学省の倉庫に向かった。

ウィンドマークは科学省の倉庫から昇華装置を持ち出した人物を捜そうと
倉庫にいる人物を1人ずつ思考に入り、ヘイスティングが協力したとバレた。
オリビアたちはヘイスティングと電話が繋がらず、アストリッドの協力で
倉庫に入って、装置を盗み出してると、ウィンドマークに拷問されてる
ヘイスティングを見つけた。

ニーナはオリビアに電話しようと外に出て、監視人たちに居場所がバレて、
オリビアからヘイスティングのことを聞き、協力してることがバレた。

ウィンドマークが消えたので、オリビアたちはヘイスティングを助けるが、
ニーナの居所を知られたと知る。

ラボに戻ったニーナはマイケルに動揺しながらも何も心配いらないと言うと、
マイケルはニーナの頬に手をあてて、何かを伝えたみたい。

そして、ウィンドマークがラボにやって来ると、ニーナは1人でいた。
思考を読まれないように抵抗し、子供の監視人のことを聞かれたので心配かと
聞き返すと、子供ではなく、染色体異常によって生まれた変異体で、
ナンバーXB6783746で破棄されるはずだったのに消えてしまったと。

ウィンドマークはニーナになぜ恐れない?と聞くと、監視人が首を傾けるのは
生理的なもので音波を受ける鼓膜の角度を変えて、刺激を強くするのは
トカゲと同じで、トカゲの脳は3億2000万年も進化したがお互いの間に絆は
生まれてなく、愛情もなく、美しさや自分より偉大な存在も分からないのは
あなたたちと同じで、進化を遂げる中で原始的な本能を呼び覚ましていたが、
私たちは遠い昔に克服したから、実際にケダモノはあなたたちと告げた。

拘束されそうになったニーナは銃を取り出して、自分を撃った。
オリビアたちが戻って来ると、ウィンドマークたちは去っていて、
ニーナの遺体が残されていた。

監視映像を調べると、マイケルは連れ去られてないとわかり、ラボを捜すと、
カプセルにいた監視人の下にマイケルが隠れていた。
マイケルはニーナが亡くなったとわかって、涙を流した。

ウォルターのラボに戻り、マイケルとウォルターを装置で繋いで、
なぜ君は計画に必要なのかと尋ねると、マイケルは装置を外して、
ウォルターの頬に触れると、ウォルターのこれまでの人生が
走馬灯のように蘇り、最後に髪の毛があるセプテンバーが微笑んでいた。

そして、ウォルターはドナルドはセプテンバーだと告げた。
シーズン1でマイケルがセプテンバーとすれ違った時に何か感じてる
と思ったので、やっぱり関係があるってことなのかな?

FRINGE/フリンジ <ファイナル・シーズン> コンプリート・ボックス [DVD] -
FRINGE/フリンジ <ファイナル・シーズン>
posted by Jasmine at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | FRINGE/フリンジ(終) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月12日

FRINGE/フリンジ ファイナル #96

深夜にドナルドが残したラジオが突然、信号を受信し始めた。
オリビアたちはウォルターに信号の意味を尋ねるが、ラリってて答えられず、
死んだ助手カーラ・ウォーレンと妖精の幻覚を見ていた。

オリビアは発信源に行けば答えは分かるかもと、アニルに発信源を割り出す
装置を持ってきてもらい、コネティカット州ウィリントンの森に向かった。

森の中で銃撃戦で死んだ監視人とロイヤリストたちの白骨遺体を発見し、
遺体の1つはドナルドかと思ったら、遺留品からサム・ワイスと判明。
森は発信源ではなく、中継点でそれを守ろうとしてサムは死んだと推測。

ウォルターはカーラに導かれて、オフィスの床下に隠した実験ノートを
見つけて、タクシーでマンハッタンに出かけたがそれは幻覚で、
本当はアストリッドとピーターたちと合流するために移動していた。

オリビアたちは発信源の島に行くためにボートを借りたが、ロイヤリストと
遭遇して、銃撃戦となるがなんとか島に到着した。
発信源の家に到着するとリチャードに銃口を向けられるが、子供の監視人と
キャロリンも出てきて、ドナルドを捜してると信号を聞いてここに来たと
事情を話すと、リチャードからパスワードを答えろと要求された。

ウォルターのコミック画面に切り替わり、そして、ウォルターは黒い傘と
答えたことで信用してもらえた。

リチャードたちはレジスタンスとして、食料や物資提供の協力をしていて、
ドナルドから侵略者に追われてると、子供の監視人を託されていた。
侵略者を倒すのに必要な子だと言われて、ドナルドは噂で死んだと聞いたと。

ドナルドから5日おきに同じ時間にメッセージを送れと頼まれて発信して、
あなたたちが聞けば少年を迎えに来ると言われて、20年経ったが、
マイケルと名付けた子供の監視人は成長せず、すっかり情が移ってたが、
重要な役割があるとリチャードたちはマイケルをオリビアたちに託した。

マイケルは別の時間軸でオリビアと会ったことを覚えていて、
時間の経験の仕方が人間と違うらしい。
マイケルを見つけたことで、監視人打倒計画が少し前進したかな?

FRINGE / フリンジ 〈フォース・シーズン〉 コンプリート・ボックス [DVD]
posted by Jasmine at 21:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | FRINGE/フリンジ(終) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月07日

FRINGE/フリンジ ファイナル #95

オリビアはアニルからピーターが埋め込んだ物と同じ監視人の装置を入手する。
その頃、ピーターはエッタの部屋でウィンドマークの行動を読んでたが、
ウィンドマークがここに来ると察して逃げた。

オリビアはウォルターに装置を見せて、ピーターがそれを埋め込んだので、
装置の影響や停止方法を調べて欲しいと頼んだ。
そこへ、ニューヨークにいるピーターから電話が入り、ウォルターはすぐに
戻ってこいと言うが、ピーターは聞き入れなかった。

ラボではウォルターとアストリッドがテープ8を回収し、フィッチバークの
くず鉄回収場で工業用サイズの電磁石を入手しろと指示された。

くず鉄回収場に着いたオリビアがカルロスに電磁石が欲しいと告げると、
彼は驚いた様子で中に入って行き、シモーンに彼女が来たと伝えた。
シモーンはオリビアにあなたを待ってたのと、21年前からトラックの荷台に
電磁石を用意していたと見せた。

侵略のすぐ後に男が来て、シモーン母に“世界を救うために巨大な磁石が必要だ”
と用意を頼み、母親が亡くなる時にシモーンに託し、生活が困った時にも
売らずに守ってくれていた。

シモーンは燃料を取りに行ってるので、日が暮れてから移動したいでしょう?
とオリビアの考えを読んでいて、ポケットに銃弾を入れてることもわかり、
特殊能力の持ち主だった。

オリビアは少女ダービーからみんながあなたは賞金付きの逃亡者だって知ってる
と言われて、燃料が届くのが遅いし、不安になってシモーンが差し出した水に
何か入ってると思って銃口を向けるが、シモーンは自らその水を飲んで、
オリビアが娘を2度も亡くしたことを言い当てたところに燃料が届いた。

ピーターはウィンドマークの行動を予測し、町を歩いてる彼を足止めするが、
ウィンドマークにも未来を操れる能力があり、ピーターの居場所に現れて、
争ってピーターを捕まえるとエッタが最後に思い浮かべた子供の頃の思い出を
見せられるが、ピーターは反撃して逃げた。

オリビアは電磁石を搬送中に強盗に襲われた。
犯人たちはオリビアが第一級逃亡者だとわかると、懸賞金を手に入れようと
ホットラインに電話するが、オリビアはエッタの弾頭を使って反撃して、
犯人を殺害し、彼らのアジトにトラックと電磁石を隠すことに。

オリビアはウォルターからピーターがラボに戻ったが説得を振り切って
出て行ったと聞き、ウィンドマークを倒そうと待機してたピーターの元に行き、
このままだと感情を失ってしまうと、エッタは奪われてない今もそばにいると
今日、あの弾頭が助けてくれたと、感情は奴らにはないから強みだと説得し、
ピーターは自ら装置を取り出した。

装置を受け取ったオリビアはピーターにエッタの弾頭を握らせた。
ピーターが説得を受け入れてくれて良かった。
憎しみより思い出や愛情の方が勝ったってことかな。

FRINGE/フリンジ〈サード・シーズン〉 コンプリート・セット [Blu-ray]
posted by Jasmine at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | FRINGE/フリンジ(終) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
海外ドラマDiary TOPへ