2013年08月03日

(最終回)Law&Order:クリミナル・インテント シーズン10 #8

「Law&Order:クリミナル・インテント」のグランドフィナーレを迎えました。
ファンとしては寂しいですが、良い形で終えられたと思います。

ダニエルとPJは恋人探しサイト“キズメイト”を立ち上げたが、ギャフニー家の
双子の兄弟パーカーとトーマスにアイデアの盗用で訴えられていた。
そんな中、キズメイトのオフィスでパーカーとトーマスの遺体が発見される。
パーカーは喉を刺され、トーマスはゲーム機のレバーに頭を打ち付けていた。

アプリを開発したダニエルは2年前に落とした財布を拾ってくれた青いニット帽の
PJが名前を言わずに去ったので、アプリで伝言を拡散して、彼と結ばれたので、
そのシステムをウェブサイトに用いて成功を収めていた。

ギャフニー兄弟の父親はキズメイトの企画は息子たちが考えたと、兄弟の
パートナーのサミールもダニエルにシステム開発に依頼をしたと証言するが、
兄弟がキズメイトにいた理由は不明だった。

2日前にパーカーはダニエルとパートナーのレックスに裁判のことで脅していて、
PJはダニエルと一緒にいて、パートナーのレックスはクラブにいたと主張する。

ゴーレンはパーカーがレックスと同じ脇汗をかいてたので、ロジャースの元に行き、
トーマスの汗がパーカーの手に付着し、パーカーは弟の遺体を引きずってたので、
パーカーがキズメイトに侵入し、止めに行ったトーマスとケンカになって、
ゲーム台で頭を殴打し、弟を助けようとしたパーカーを何者かが殺害したと推測。

サミールは最初の打ち合わせでダニエルが取ったメモの次のページを持っていて、
そこには数学的アリゴリズムが書かれていて、その数式がプログラムに使われたと
証明するために、メインコンピュータを調べるために侵入したと推測。

社員のヒルディのIDカードで侵入してたので、彼女を追及するが関与を否定。
ゴーレンたちが調べると、同じ数式がプログラムに使われてると判明して、
ダニエルを追及すると、サミールが一緒にいたとアリバイを証言した。

ダニエルはサミールと和解の話し合いをしてたので、アリバイを偽ったと供述し、
アリバイが証明できないパーカーに防犯カメラを切って、ヒルディと楽しんだ後、
仮眠していて、物音で目が覚めて、パーカーを殺害したのではと追及すると、
防犯カメラの件は潔白を証明できると、カメラが切られると自動的に写真を撮る
仕掛けがあり、そこには青いニット帽が映っていて、ヒルディの相手はPJだった。

PJとヒルディは2カ月前から付き合っていて、ヒルディはPJとのことをバラすと、
パーカーに脅迫され、IDカードを渡したことを供述する。
サミールがパーカーはPJの浮気をトーマスから聞いたのだろうと言うので、
ダニエルを呼び出すメールを送ってもらった。

現れたダニエルにPJの浮気を告げても、ショックを受ける様子もなく、ダニエルは
浮気を知って、トーマスに話したことでパーカーに伝わり、ゴーレンはトーマスの
名を口にする時、ダニエルの声が柔らかくなることに気付き、彼のことが好きで、
サミールに会った後にトーマスに電話し、パーカーの侵入を阻止すると聞いて、
オフィスに駆けつけたが、トーマスが殺されて、パーカーが掴みかかって来たので、
ハサミで彼を刺したと自白した。

ガイソン博士のカウンセリングで、ゴーレンの痩せてた頃の映像が流れる中、
刑事でない自分には価値がないと思い込んでると、誰でもウソをつくというなら、
あなたも同じことで、その判断は信用できないと、あなたは刑事である前に
価値ある人間だと言われ、十二分に仕事をこなせるし、感情抑制のセラピーが
必要だと報告し、セラピストを紹介すると言われたが、また来週と続けるみたい。

そして、外に出るとエイムズが待っていて、強盗事件が発生し、FBIが来るが
先回しすると、車に乗り込んで出発した。
ファイナルシーズン前のゴーレンだったら、ラストは病んでしまいそうだが、
セラピーの効果もあり、エイムズとのコンビは続くって感じで終わって良かった。

Final Year [DVD] [Import]

posted by Jasmine at 23:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | Law&Order:CI(終) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月28日

Law&Order:クリミナル・インテント シーズン10 #7

今回は「SEX AND THE CITY」のシンシア・ニクソンのゲスト出演エピソード。
ブロードウェイミュージカル“イカロス”の主役でテレビスターのマークが
プレビュー公演中に宙吊りの吊り具が壊れて落下し、搬送中に死亡した。
装具に細工が見つかり、ゴーレンとエイムズが殺人事件として捜査することに。

マークが自己責任で自分で装置を装着し、舞台関係者なら誰でも細工は可能で、
彼のの楽屋に屋内では不吉とされるクジャクの羽が送られていた。
演出家のアマンダ(シンシア・ニクソン)はマークと家族みたいだったと
ショーを続行しようとする。

フライング担当のドナルドはこれまでにスタントマンや女優が大ケガをしてたが、
問題点は改善したと吊り具に問題ないと主張するが、2度も事故が起きたのに
解雇されずに多額の離婚弁護士料を払ってたことを追及すると、事故で注目を
集めたいプロデューサーのエバンに頼まれたと認めたが、マークの件は否定し、
エバンは関与を否定した。

クジャクの羽を送ったのはマークの代役のブライスとわかり、マークはバカだから
意味は分からないのでジョークで送ったと認め、遅れてきたマークと交代すると
飲みに行ったと従業員が証言し、マークは“俺が出るはずだった、評論家が来るのに”
と言っていて、アマンダが3日前にタイムズ紙のドゥウィットと店で配役変更の
話をしてたとわかった。

ドゥウィットはオフレコでひどく不愉快な俳優で、殺されて彼も幸いだったと、
ブライスを主役にすれば完成してるとアマンダに言われて、プレビューに来ていた。
音楽担当のアダムに反対されて、アマンダは断念したのかと確認に行くが、アダムは
ドゥウィットが来てた理由を知らず、アマンダはマークを外したかったが、エバンに
彼は客を呼ぶからと反対されて、事件の夜は20年の禁酒を破って、酒を飲んでいたと。

マークの追悼式でアマンダは酔ったまま弔辞を読み、前作で失敗したアマンダは
舞台を成功させることに必死だった。
アマンダの助手のロジャーからマークがプレミアクラブで部屋を取ってたと聞き、
部屋を調べると、アダムが吸ってた珍しい銘柄が見つかった。

アダムを追及すると、演技指導で部屋に行ったとわざとらしい答えで、事件前に
一緒にリムジンで劇場に向かったが、運転手が3度も同じブロックを回ったので、
怒鳴りつけて劇場に向かわせたと。

運転手はアマンダからVIP席のチケットと引き換えに、マークを劇場に来させるなと
言われてたが、ロジャーからマークを劇場に連れてくるように言われたと証言するが、
アマンダはロジャーにマークを連れてくるように指示してなかった。

エバンが公演を中止するとわかり、興行中止保険の内容を確認すると、主役が負傷
又は死亡した場合には損失の全額が投資者に支払われることになっていて、事件の
2日前に、エバンは保険会社と電話で話して、不可抗力事項の確認をしていた。

エバンのオフィスにロジャーを呼び、装置に指紋がついてたと告げると、エバンは
ロジャーを見捨て、彼を雇ったのはアマンダだと逃れようとするが、そこに現れた
アマンダはエバンに言われてロジャーを雇ったと証言した。

ロジャーはエバンに侮辱され、エバンに“事故を装え”と頼まれたと自白して、
エバンとの会話を録音したレコーダーを持っていた。
保険として録音してたのではなく、指示を聞き逃さないためだったとはね。

ゴーレンはガイソン博士のセラピーに戻り、怒鳴ったことを謝罪した。
怒りのその奥には恐れがあり、何かが発見されることを恐れていると指摘されるが、
その通りで見透かされるのを恐れてると思った。
次回はグランドフィナーレだけど、どんな展開で終了するのかな?

Law & Order: Criminal Intent - The Ninth Year [DVD] [Import]
posted by Jasmine at 10:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | Law&Order:CI(終) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月15日

Law&Order:クリミナル・インテント シーズン10 #6

製薬会社のCEOのラングストンがベッドフォードの優秀な研究員への支援に
ラングストン賞を贈った後に失踪したと妻ローラからの通報で、ゴーレンと
エイムズが捜索を行うことに。

埠頭でラングストンの車が発見されるが、運転席のシート位置が彼の体型と
一致せず、トランクを調べるとホルマリンの臭いがした。
公園で発見された身元不明の死体が防腐処理もされ、死後1年ほど保管されて、
ラングストンのスーツを着せられていた。

身元不明の遺体はベッドフォードで遺族から献体されたジョセフの遺体とわかり、
ジョセフの遺体は火葬予定で葬儀社が引き取ってたので、遺灰を調べると
ラングストンの遺灰だと判明した。

ラングストン賞の受賞者のマヤは候補者だったサムとバーで飲んでたと証言し、
もう1人の候補者のセオは去年、悪ふざけをしてラングストンを怒らせてしまい、
候補者から外されて、今年も受賞出来なかった。

セオにジョークのネタにされたローラは彼のことは怒ってなく、犯人ではないと
彼をかばい、エイムズはラングストンの幼い娘から母親とセオとの関係を聞き出す。
セオは事件の夜にローラと密会したことを認めるが、殺害については否認して、
サムがラングストンと大声で話してたと供述した。

サムはラングストン製薬への抗議デモに参加してたとわかり、参加者からサムは
“母と僕にこんな仕打ちを”と言ってたと聞いていた。
サムの亡き母レジーナはラングストンの元同僚で同じ年に退職し、NYに行った
ラングストンはローラと結婚し、レジーナは9カ月後にサムを産んでいたことで
サムの父親がラングストンだとわかった。

サムは金持ちの父親に息子を奪われたくない母親によって父親を恨むように
育てられていて、ラングストンは息子の存在を知ってたのかローラに確認すると、
彼の関心は遺産相続で息子を切に望んでたので、医者の息子がいると知ったら、
何でも差し出したはずと。

そのことを教えると、サムは受賞式後に息子だと明かすと、抱きしめられて、
僕の研究を最優先で援助すると言われ、彼の手を振り払ったが殺してないと。
マヤに話したので聞いて欲しいと、彼女にバーに誘われたと供述した。

マヤはサムと別れた後に姉が働くバーで飲んでいて、姉によると厳格な母親に
父親と自分は逃げ出し、マヤは母親の厳しさを愛情だと思ってると。
マヤにラングストンとサムの話を聞いてただろうと追及し、完璧な娘は片づけも
きちんとするが、医師として倫理を宣誓した以上、人は殺せないが母親は違うと、
母親が殺し、マヤが遺体を処理したと追及した。

娘を守るために母親は自供したが、ゴーレンは遺体にラングストンの服を
着せたことはミスだとマヤを追及すると、母親はマヤを刑務所に入れさせないと
すべてを正直に話し、控訴もしないと娘を守り切った。

ゴーレンはセラピーでポーラに自分は家庭とか恋愛関係を持てないのかと尋ね、
目標に向けて努力すれば叶えられるはずと、遠まわしに無理だと言われたと思い、
彼女がゴーレンが誘ってると思ったとゴーレンはキレだして、もうやめると
怒って帰ってしまった。
ちゃんとセラピーを受けないと、バッチを取り上げられてしまうのに。

Law & Order: Criminal Intent - The Sixth Year [DVD] [Import]

posted by Jasmine at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | Law&Order:CI(終) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月10日

Law&Order:クリミナル・インテント シーズン10 #5

ビンテージワインの収集家ビングは幻の“シャトー・ドゥ・トゥール”を入手し、
自宅で試飲会を開いた翌日、貯蔵室で倒れてるのを執事のロイに発見される。
ビングは心臓発作亡くなったが、彼が市長のワインアドバイザーだったので、
ゴーレンとエイムズが捜査することに。

貯蔵室にあった金庫は空で、遺体の様子から何者かに閉じ込められたとわかり、
体内から高血圧と狭心症の薬にグラスからバイアグラの成分が検出されて、
ワインに混ぜられて心臓発作を引き起こし、閉じ込められ殺害されたと判明。

広告代理店の重役の妻エイブリーは撮影後に帰宅して、先に寝たと証言し、
試飲会に参加した競売会社のディラハントはワシントンのイニシャル入りの
ワインがあったと言うが、ロイは警備会社が6本運んできたと証言していた。

試飲会に参加したソムリエのバロンには初めてのハイレベルの試飲会で、
もう1人の参加者のケントはディラハントが残りの2本を買ったと証言したが
何かを隠してる様子だった。

ディラハントが支払った35万ドルが金庫から消えていて、貯蔵室に入るのは
ビング以外にロイだけで、盗んだ金を持って逃亡しようとしたロイを逮捕すると、
蔵の鍵は開いていて、帰る時にビングはディラハントに世界的なワイン評論家の
メイズが来なかったことに激怒し、みんな道連れだと言ってたと供述する。

メイズは風邪で鼻が利かなかったと言い、みんな道連れだと言ってたと告げると、
皇帝の幻のコレクションをビングは簡単に発掘して、私にも本物を飲ませて
評価させ、競売でニセ物を売ってたと疑っていた。

“シャトー・ドゥ・トゥール”を調べると偽造品だとわかり、ビングは偽名で
英国軍を不名誉除隊されたアーノルドと判明。
道連れにすると言われたディラハントを疑うが、彼が帰る時にビングは生きていて、
若い男に送られてたエイブリーと会ったと。

エイブリーはモデルのシェーンに送ってもらい、ワインを飲んだと認めたが、
“シャトー・ドゥ・トゥール”は6本あったと証言したことで、ケントの自宅を捜索し、
残りの3本を発見し、試飲会前に仲介料なしで売ると言われて買い取ったと認め、
ビングを刑務所に送るつもりで、会話を録音していて、何ヵ月も監視していた。

監視役が撮影した写真からビングの浮気部屋がわかり、エスコート・サービスの
エミリーによると、ビングは薬には気をつけていて、奥さんも認めたと証言する。
エイブリーは認めるわけないと反論するが、浮気部屋に大きく引き伸ばされた
落書きした結婚写真を飾られてたと見せられると、貯蔵室で浮気してるのを見て、
娼婦が帰った後にワインに硝酸薬を混ぜて、扉に鍵をかけたと自白した。

しかし、ゴーレンはエイブリーは心臓病の薬を混ぜたと言うが、検出されてのは
バイアグラなので自供は嘘で誰かをかばってると推測する。
エイブリーは2カ月前から別の部屋を借りてたとわかり、シェーンの関与を疑って、
彼に会いに行くとエミリーが恋人で部屋からバイアグラが見つかった。

エミリーにシェーンがビングを殺害し、2人でエイブリーに寄生するつもりかと
追及するが、ビングは数日で離婚するはずだったと否認する。
エイブリーは落書きした結婚写真を見せられても驚かなかったので、エイブリーに
シェーンの取調べを見せると、彼はビングに雇われて、エイブリーを誘惑したが
彼女が落ちなかったのに弁護士に寝たと供述していた。

エイブリーは不利な婚前契約をさせられてたが、結婚10年目に無効になって、
対等な立場になるが、エイブリーにだけ貞節が義務付けられていた。
エイブリーがビングからプレゼントされた鍵は彼の浮気部屋で撮影を抜け出して、
その部屋に行ったので、写真を見せられても驚かなったのだ。

ビングはエイブリーが浮気したと10年目の記念日前に離婚届を出そうとしてたが、
エイブリーはシェーンと寝たと、彼を愛してるから自供したと言い張って、
合理的な疑いを持たせようとしたが、ゴーレンは動機は金ではないと見抜いてた。

エイブリーの母親は麻薬と売春の常習犯で、母親のようになりたくなかったが、
婚前契約で彼女への財産は10年で100万ドルで、日割りしたら一晩300ドルになり、
ビングから君のような娼婦には十分だと言われたことが本当の殺害理由だった。

ゴーレンはポーラーのセラピーで人は嘘を付くと言ったが、エイムズのことは
信頼しているし尊敬してると、バカをしても耐えてくれると話したら、
愛してるの?と聞かれて、恋愛感情はないと強調する。
ずっと一人だし、諦めないで恋愛をするのもいいかもね。

Law & Order: Criminal Intent - The Fifth Year [DVD] [Import]
posted by Jasmine at 23:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | Law&Order:CI(終) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月03日

Law&Order:クリミナル・インテント シーズン10 #4

投資銀行のCEOのデビッドが射殺される事件が発生。
デビッドは高級品を身に着けていたが、腕時計だけは安物で、部屋を捜索すると、
6万ドルの高級時計が見つかった。

デビッドの右腕のスキナーは出張中だったが、事件前にデビッドから彼の顧客と
商談してるのがバレて、お前は終わりだと激怒されたが、次のCEOに任命された。

デビッドは事件直前に結婚相談所で紹介された女性とデートしてたが、元恋人の
ニッキが現れたことでデートは失敗に終わっていたので、ニッキーを訪ねると
恋人のスキナーがアリバイ証人だと告げられる。

スキナーはサルトン食品の買収で、デビッドからインサイダー取引を疑われたが、
たがか7万ドルの取引だったので疑いは晴れたと殺害を否定する。

デビッドは小学校の教師ヴァネッサと付き合ってたが、彼女は自分が平凡すぎて
フラれたと犯行時刻には父親のバーにいたとアリバイが証明された。
そこへ、犯人を目撃したとコネリーが出頭し、彼はニッキーが犯人だと確認する。

ニッキーはアリバイは嘘だと認めるが、デビッド殺害を否定し、ヴァネッサが
犯人だと言い、ゴーレンはニッキーはスキナーと交際することで復讐してるので、
彼女の犯行ではないと、目撃者のコネリーに裏がないか調べることに。

コネリーは証言後に姿を消し、麻薬中毒の弟がヴァネッサが住むインウッドに
住んでいたが行方不明になっていて、ヴァネッサに写真を見せるが知らないと。
コネリーは処刑スタイルで射殺され、おもりの鎖が外れて川から発見された。

コネリーの弟グレッグは複数の事件の容疑者ドリスコルの手下だったので、
ドリスコルを聴取すると、デビッドのことは知らないと、ヴァネッサの父親には
金を貸してたが返済されたと供述するが、サルトン食品のことを持ち出すと
弁護士を要求し、ヴァネッサの父親はドリスコルに7万ドルの借金があると認めた。

ゴーレンはインウッドに住むエイムズの父親からドリスコルのことを聞いて、
サルトン食品の情報源がわかったと。
そして、ヴァネッサの父親が殺害され、ヴァネッサにデビッドがしてた安物の時計を
贈ったことを追及すると、別れの記念だと認めた。

デビッドは父親はゴミ収集業、母親はウエイトレスと貧しい家庭で育ち、子供の頃に
時計を買うために花の種を売り歩いたが、時計は1年後に失くした話を聞いて、
感動したヴァネッサが時計をプレゼントしたのだった。

ヴァネッサは父親がドルスコルから借金してたので、サルトン食品の情報を流して、
借金を返済したが、デビッドが金づるになるとドルスコルが知ってしまったので、
ヴァネッサはデビッドにすべてを打ち明けると、彼は許してくれ反撃した。

そして、デビッドはドルスコルに殺害され、ヴァネッサは証言を申し出た。
ゴーレンたちはヴァネッサから証言を引き出すために、父親が殺害されたことにし、
ヴァネッサは父親と再会するが、証言するのも命がけだろうな。

ゴーレンはポーラのセラピーで兄は酒とギャンブルに溺れ、母親は兄のために
尽くしたが、兄は母に何もしなかったと怒り、父親が別にいる可能性については
話さずに、父親は野球に連れて行くフリをして、ゴーレンを浮気相手の家に
連れて行った話をして、人は必ずウソをつくことを教えられたと、生き抜くために
学んだ教訓だが仕事に役立ってると言うが、ポーラからその考えで親しい人にも
接してきたことを指摘されるが、そうだなと思った。

Law & Order: Criminal Intent - The Fourth Year [DVD] [Import]
posted by Jasmine at 21:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | Law&Order:CI(終) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月25日

Law&Order:クリミナル・インテント シーズン10 #3

ペントハウスの屋上から男性が突き落とされて死亡する事件が発生。
被害者はアスカロン警備保障のイアン・メイスフィールドで、彼の腕には漢字の
タトゥーがあり、屋上にはプレゼントのランジェリーが落ちていて、チョークが付いた
足跡が見つかったことから、犯人は壁を登り、靴のサイズは被害者より小さかった。

イアンはアスカロンのサイバー部にいて、政府から2年間で10億ドルの受注があり、
背景には利権が絡んでる可能性を疑う。

アスカロンのテレンスはイアンの顔も覚えてなく、勤務先から聞いた住所は友人の
マット実家で、母親のエリーズは郵便物の宛先にしてるだけとマットを捜すことに。
マットの自宅を捜索すると彼はハッカーで、写真からマットがイアンだとわかり、
エリーズは息子の訃報を聞いても平然としていて、再び自宅を訪れると逃げていた。

マットが偽名を使って、アスカロンに勤務した理由は不明で、サンテック社が事件の
ビルの一部屋を所有していて、マットは1カ月前までそこに勤めていたと判明して、
サンテック社のナオミはマットがアスカロンに送ったスパイだと認めた。
テレンスはイアンがサンテックのスパイだとは知らなかったと、自分には
アリバイがあるので殺してないと主張する。

マットがランジェリーを買った店員は彼がボディガード付きで買い物をしたが、
後から電話で注文が来て、別の商品も届けたと証言した。
マットから商品を届けられたレベッカはイスラエル出身で、部屋にエジプトと
ワシントンの外交電報があり、彼女の腕にも漢字のタトゥーがあったので連行する。

レベッカはイスラエルの特殊部隊にいたので、ビルもよじ登れたはずと追及すると、
マットとはアスカロン、サンテック、ブラックウォーターの戦争を商売にする企業を
潰すという同じ目的を持ち、企業日に秘密を狙ってたと主張する。

マットはサンテックのスパイとして、アスカロンに潜入し、両社ともまとめて
倒そうとしてたので、ゴーレンはテレンスから盗んだ情報が動機だと疑って、
サンテックを家宅捜索すると、ナオミは盗んだデーターにはテレンスの防衛策の
“毒薬”が入ってたと証言する。

テレンスの車が爆発される事件が発生し、70年代のスタイルの手製爆弾だった。
ナオミの亡き夫はCIAのカブール支局長だったが、アスカロンの警備する支局が
自爆テロに遭って、命を落としてたのでナオミには動機があった。
ナオミはマットがハッカーだと知ったのではと追及すると、マットを殺す気なら
彼に用心棒をつけないと主張する。

マットとレベッカのタトゥーから70年代にウォール街を爆破しようとした
連中との繋がりが見つかり、当時の手配写真からエリーズを発見する。
エリーズはテレンスがマットを殺したと復讐したと認め、ナオミはマットの
恋人だったので殺してないと供述する。

レベッカの部屋に犯人と同じサイズのクライミング用シューズが見つかるが、
訓練を受けてるので自白は取れないので、ゴーレンはエリーズに息子のために
戦争屋を倒したいなら警察に協力するように持ちかけた。

テレンスとナオミを呼び、ナオミから預かったテレンスのファイルは彼が渡したと、
マットは盗んだ情報をレベッカに渡してたと、ゴーレンはテレンスとナオミが
グルだと指摘すると、エリーズの供述ビデオを見せた。

エリーズのチームは彼女とマットにレベッカと彼女の夫の4人で、レベッカ夫の
名前は教えないと、マットはレベッカと肉体関係はなく、ナオミを愛してたと、
ランジェリーショップに電話で宅配を頼んだのはテレンスの策略だった。
ナオミはテレンスからマットが浮気してると言われ、用心棒を返したと認め、
共謀罪で逮捕された。

レベッカはテレンスから12歳の従姉妹がひき逃げで殺されたと言われて、
彼の命令を聞くしかなく、ナオミのフリをして、マットを呼び出して襲ったと。
レベッカを暗殺者にするために12歳の子供を殺すなんて許せない。

ゴーレンはDr.ポーラのセラピーで母親が統合失調症だったと打ち明けると、
取調室で宿敵のニコールに母親のことを話したことを思い出し、自供を取るために
家族の情報を売ったと落ち込み、そのことも自分を傷つけた原因でもあるみたい。

Law & Order: Criminal Intent - The Third Year [DVD] [Import]
posted by Jasmine at 22:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | Law&Order:CI(終) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
海外ドラマDiary TOPへ