2008年02月03日

チャン・ヒビン(張禧嬪) #99〜100(終)

ついに賜薬を命じられたチャン・ヒビン(キム・ヘス)。
持ってこられた賜薬をぶちまけて、世子を殺してから来いと悪態を付く。
ヒビン派から賄賂を貰っている臣人たちも賜薬を要求しないので優柔不断の
スクジョン王(チョン・グァンニョル)はすぐに賜薬を命じないでまた悩み出す。

ヒビンの差し金で再び、ヒビンを殺すなとの上訴が王に届いたところに
チェ淑嬪(パク・イエジン)がスクジョン王にヒジェが牢屋から指示を
出していることや臣人たちが賄賂を貰っていることを報告。
スクジョン王は激怒して賜薬を命じ、王は自らヒビンに賜薬を持っていく。

ヒビンは10日に1度でも王が会いに来てくれたらこんなことはしなかったと
涙を流してすがるが、賜薬を飲まないヒビンの両腕を女官に押さえさせて
障子で体を押さえつけ、棒でヒビンの口を開かせて賜薬を飲ませる。
そしてヒビンはスクジョン王に世子に会わせて欲しいと懇願し
駆けつけた世子の姿を見て、チャン・ヒビンは39歳で生涯を終える。

ヒジェの処罰の前に一緒に捕まえた南人を拷問するが恐ろしい拷問だった。
そしてヒジェも処刑されて、ヒビンを守ろうとした領相大監、賄賂を貰った都承旨
廃世子を企んだ罪でキム・チュンテク(ソン・イルグル)も島流しになった。
そして世子は20代国王 景宗になり、ヒビンの望みが叶えられたところでエンド。

ヒビンが死んだ後を調べてみると、スクジョン王は次の国母を迎えて
世子(景宗)は王になってたった4年で亡くなってしまい、チェ淑嬪の子が
21代国王 英祖となり52年も国王と君臨したらしい。

チャン・ヒビンのお墓が実在するのには驚いた。
罪人でも国母になった人だから作られたけど、仁顕王后(パク・ソニョン )の
お墓に比べると小さかった。
全100話で長かったけど、日本ではちょうど江戸時代なので、正室と側室の争いは
大奥みたいでどこの国も同じようなことをしているなと思った。

張禧嬪[チャン・ヒビン] DVD-BOX10

posted by Jasmine at 11:00 | Comment(8) | TrackBack(0) | チャン・ヒビン(終) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月29日

チャン・ヒビン(張禧嬪) #96〜98

もうこうなったらヒビンに賜薬(毒)を飲ませるしなないのに、かつては寵愛した女性で
世子の生母、1度は国母になったヒビンに賜薬を飲ませることにスクジョン王は躊躇。
ヒジェはヒビンを救おうとする南人の家で捕まってしまい、牢屋でスクチョンと再会。
そしてクォン尚宮、ソリャン、スクチョンも処刑されてしまい、残るはヒビンとヒジェ。

ミン・ジヌたちは賜薬を飲ませろと、領相大監は世子が廃世子にされてしまうと
相変わらずの状態が続いたけど、やっとスクジョン王はヒビンに自決を命じる。
でもヒビンはそれを拒否して、悪態を付く始末。

ヒビンは熱で寝込んでいる世子に対して、席藁待罪(王殿の前で土下座すること)
をさせたりするが、あんな母親でも助けようとする世子は本当にいい子。
見かねたチェ淑嬪はヒビンにこの刀で自決しろと言いに行くが、ヒビンはイ尚宮を使い
世子にチェ淑嬪が刀を振り回して自分を殺そうとしたことにする。

そんな状況でも、訳官(通訳)たちや南人たちはキム・チュンテクを中傷する
匿名書を町中に張ったりと、まだヒビンやヒジェを救おうとしている。
領相大監はヒビンを殺すべきでないと上訴して辞職する。

そして他国との貿易で私服を肥やしている訳官たちは臣人たちに賄賂を渡し
ヒビンを助けようと奮闘する。
しかし、優柔不断なスクジョン王はやっとヒビンに賜薬を命じたけど
はい、わかりましたとヒビンが素直に受けるはずもないだろう。

ヒビンは南人の訳官の娘で国母の時に、訳官たちを助けたことがあるので
彼らは自分たちの地位を守るためにもヒビンを救おうと必死なのに対して
チェ淑嬪は農民の娘でキム・チュンテク以外にバックがいないし
政治を握っている西人たちも老論と元論と派閥があるので1つにならないので
イライラしてくるけど、あと2話で終わりと思うと寂しいな。

張禧嬪[チャン・ヒビン] DVD-BOX8

posted by Jasmine at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | チャン・ヒビン(終) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月24日

チャン・ヒビン(張禧嬪) #91〜95

ヒビンの悪事の証拠探しを命じたチェ淑嬪の元に、内官がヒビンの宝石を
女官にあげたとの情報が入り、内官はチェ淑嬪にヒビンの宝石を
突きつけられて、ついに裏庭に人骨を埋めたことをバレる。

チェ淑嬪は証拠の人骨を掘り出して、スクジョン王に見せた。
クォン尚宮とソリャンは捕らえられて拷問を受けるが、ヒビンを不憫に思い
夫の心を取り戻すために人骨を埋めたとヒビンの関与を否定する。

たしかに人骨を埋めた理由はそうなんだけど、呪いの的にしたインヒョン王后の
似顔絵が出てきてしまう。(そんな大事な証拠は燃やしとこうよ。)
呪いの証拠が出てきたことでマンネとスクチョンも捕まって拷問。
マンネはすぐにヒビン様って言ってしまい、ヒビンの悪行がバレてしまう。

それを立ち聞きしたヒビンは世子を盾に粘るけど、世子を連れて行かれそうになり
世子にしがみ付いたヒビンは世子の急所を掴んで世子は気絶する。
これがあの有名な伝説で、これが原因で跡継ぎが生まれずに早死にしたと言われてる。
あくまでも伝説なので真相は怪しいけど。

スクチョンが巫女を宮廷に入るのに手引きしたのは東平君だと自白したことで
東平君の母は息子の最期は見れないと自殺して、東平君も賜薬を与えられる。
そしてマンネも処刑されて、チュンテクはマンネを殺すために命をかけたのでないと
怒っていて、ミン・ジヌたちも領相大監がヒビン兄妹がまた庇うことに大反対。

ヒビンは謹慎となり、ついに女官もいなくなり独りぼっち。
世子は母 ヒビンを心配していたが、ついにヒビンがインヒョン王后を呪い殺したと知る。
そんな事になっているとは知らずに、ヒジェは役人を買収して済州島から
帰ってくるとはホント間抜けだね。

それにしてもあのヒビンが世子を手放さないシーンはすごかった。
ヒビン役のキム・ヘスの演技力は高いのはわかっていたけど、ぞっとするぐらい怖くて
本当に大熱演でさすが演技大賞を取るだけあるわと感心しました。
あと5話でドラマも終わるけど、キム・へスの悪態ぶりに期待したいです。(笑)

張禧嬪[チャン・ヒビン] DVD-BOX6

posted by Jasmine at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | チャン・ヒビン(終) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月20日

チャン・ヒビン(張禧嬪) #86〜90

ヒビン母がヒビンの腕の中でご臨終。
キム・チュンテクはヒビンが実家に帰っている間に暗殺しようとコッチタンを雇って
ヒビンを襲わせるが、コッチタンはヒビンに圧倒されて逃げ出し失敗に終わる。
チェ淑嬪も祭壇探そうとした所に、ヒビンが帰ってきてしまい一喝されて失敗。

ヒビンはスクジョン王にチュンテクに殺されそうになったと報告したことで
チュンテクは王の尋問を受けるはずが、尋問するとヒビンの悪行がバラされて
世子の立場が悪くなると領相大監から忠告を受け、インヒョン王后も自分が
生きているうちにヒビンを殺せば、世子の生母を殺したと言われると
どこまでもいい人で、チュンテクは尋問なしでそのまま島流しに。

ヒビンはスクジョン王の心を取り戻したいと王の寝衣に人骨を包んで埋めて
ワラ人形に釘を刺したのが良かったのか、インヒョン王后は王の腕の中でご臨終。
マンネは祭壇を片付けて、何とか宮中を抜け出してヒビンの実家に逃げ込む。

インヒョン王后の崩御で放免されたキム・チュンテクはヒビンを賜薬させると誓う。
スクジョン王は自分のせいで、インヒョン王后は病気になって死んだと自責の念から
王は喪服を着ないことになっているのに喪服を着て、インヒョン王后の位牌の側にいた。

ヒビンは兄 ヒジェの放免と再び中宮の座に着こうと目論んでいた。
喪服を脱いで、チェ淑嬪を呼び出すが、インヒョン王后の位牌の側に誰もいないと
スクジョン王は激怒、チェ淑嬪の尚宮からヒビンがチェ淑嬪を呼んだと知った王は
ヒビンの元へ向かう。
それを聞いたヒビンは慌てて喪服に着替えるが、スクジョン王はヒビンが喪服を
脱いでいたことも知っていて大激怒、泣いてすがるが時すでに遅しって感じ。

35歳という短い生涯を終えたインヒョン王后のお墓は現在も残っていて
その映像もドラマの中で流れていた。
ヒビンは中宮に返り咲きたいなら、インヒョン王后の位牌の側にずっといたら
スクジョン王も少しは優しくしてくれるのに、それが出来ないんだよね。

張禧嬪[チャン・ヒビン] DVD-BOX4

posted by Jasmine at 21:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | チャン・ヒビン(終) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月10日

チャン・ヒビン(張禧嬪) #81〜85

チュンテクが人骨の件をスクジョン王に話して欲しいとお願いに行くと
淑安公主は病で床に伏せっていた。
証拠の人骨を渡してくれたら、王に会いに行くと約束してくれたが
ミン・ジヌはヒビンの仕業とは言えないと渡さない。
そして淑安公主はヒビンの最期を見ることなく亡くなってしまう。

チェ淑儀はインヒョン王后にヒビンが呪いをかけていることをスクジョン王に
報告しようと言うが、証拠もないことを口にするなと叱られる。
そんな中、ヒビンたちの様子を伺っていたパク尚宮が見つかってしまう。

チェ淑儀はヒビンの離れに祭壇がないか見せて欲しいと言い、ヒビンは
もしなければお前の息子を井戸に投げると言い、離れに祭壇がなかったので
息子を井戸に落とされそうになったチェ淑儀は泣いて謝り、100日間挨拶に来て
毎日、頼みごとを聞き入れると約束させられ、スクジョン王にヒジェの放免を
お願いさせられる。

ソ別将とヤン別将はヒジェ元妻を拉致しようするがチュンテクに阻止される。
そして2人は東平君宅で捕まってしまい、人骨の件を話されるとまずいと
尋問前に牢獄で口封じされて、東平君も捕らえられて島流しに。
東平君は中途半端なままで消えてしまった。

スクジョン王はインヒョン王后の看病をしないチャン・ヒビンとチェ淑儀を叱り
2人に交代で看病することを命じるなんて、ほんとKYなんだから。
でもスクジョン王も祭壇の噂を聞いてるらしくて、ヒビンがいない間に
離れを調べさせるけど、鍵がかかっていて中に入れず、マンネが屏風で
祭壇を隠したので見つからなかった。

ヒビンは毒入りの薬をインヒョン王后に飲ませるけど、死ぬ所か元気になった。
ご満悦のスクジョン王はチェ淑儀をチャン・ヒビンと同じ正一品の嬪に昇格
ヒビンはこれより上の位はないので、褒美をもらうことになり、チェ淑嬪は
チャン・ヒビンと同等になったので態度がデカくなりヒビンは大激怒。

マンネの呪いは標的を外してばかりで、世子の嫁は原因不明の高熱を出すし
ヒビンも胸の痛みが生じて、老病のヒビン母は悪化して危篤になってしまう。
チェ淑嬪はヒビンが実家に帰っている間に祭壇を探すのかな?
チュンテクもヒジェ元妻とのことで弾圧されそうでちょっと面白くなってきた。

張禧嬪[チャン・ヒビン] DVD-BOX1  

posted by Jasmine at 23:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | チャン・ヒビン(終) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月31日

チャン・ヒビン(張禧嬪) #75〜80

チャン・ヒビンは巫女マンネを帰宅させたけど、島流しから脱走した
オプトンがマンネの家で発見されて、マンネ共々、捕らえられる。
オプトンはご主人様 ヒジェの所に行きたかったので脱走したとの言い
領相大監がまた世子を持ち出して、もっと遠い島に島流しで解決。

ヒビンの部屋を探っていたチェ淑儀の女官が見つかって、チャン・ヒビンに
ムチ打ちされてると知ったチェ淑儀は代わりにムチ打ちを受けるが
それを聞いたインヒョン王后が駆けつけて、態度の悪いチャン・ヒビンを
ビンタしたのはビックリしたけどスッキリした。

スクジョン王は病気になり、インヒョン王后は淑安公主の家で治療することを
勧めたと聞いたヒビンは今のうちだとマンネを宮廷に呼んで祭壇を作らせる。
チュンテクも巫女マンネの動きを見張ろうとしたけど、宮廷に行った後だった。

インヒョン王后はヒビンをビンタした事と相談せずに王を淑安公主の元に
行かせた事を土下座して謝ろうとしたけど、そんなの中殿が決めることで
後宮には事後報告でいいのに、そんな気遣いが出来るインヒョン王后はすごいわ。

チュンテクはチェ淑儀を実家に呼び寄せるが、その間にマンネがチェ淑儀の
王子に呪いをかけて、原因不明の高熱を出してしまう。
ヒジェ元妻はチュンテクに言われて、息子 フィと再会して、宮殿にマンネが
いるか調べるように頼まれていたと報告されたスクチョンは宮廷に報告に行き、
ヒビンは呪いを中断してマンネを帰宅させたので王子の熱も下がる。

ヒビンの部屋を調べろとミン・ジヌが命令したと内禁衛将がやって来るが
ヒビンに激怒されて追い返される。
インヒョン王后の部屋に押しかけて、スクジョン王の前で侮辱したので
さすがのスクジョン王もお怒りに、宮廷内の噂もわかっているみたい。

マンネの指示でインヒョン王后の唐衣に乳児の人骨を包んで、インヒョン王后の
実家に埋めようとしたけど、ミン・ジヌに見つかって失敗。
そしてチャン・ヒビンはマンネを再び宮中に呼び寄せて、インヒョン王后に
呪いをかけ始めた。

マンネの呪いってすごい効果があるので、インヒョン王后が心配。
それにしても、キム・チュンテクとヒジェ元妻って親密な関係なのかな?

張禧嬪[チャン・ヒビン] DVD-BOX10

posted by Jasmine at 21:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | チャン・ヒビン(終) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
海外ドラマDiary TOPへ