2017年06月25日

Law&Order:性犯罪特捜班 シーズン18 #19

教会の活動でインディアナ州からNYに来ていた18歳のアンはNYに引っ越しした
友人のリディアと再会し、ホテルの部屋に入れたが、監督係から消灯時間だと
追い出されたリディアのポケットにアンはカードキーを入れた。
アンはドアがノックされたので監視役だと思ってドアを開けてレイプされ、
部屋に戻って来たリディアが暴行されたアンを発見して通報した。

リディアはアンは同性愛者なので男性と同意なしにセックスしないと言うが、
アンは同性愛は罪だと、犯人を知っているようだが名前を言わない。
病院にやって来たゲイリー牧師は信徒は皆 貞節を守る、婚前交渉は厳禁だと
アンに恋人はいないと言う。

教会仲間のルーカスはレイプじゃない、治療的性交で彼女の魂を救ったと
教会が罪する同性愛をやめさせるためだったと認めた。
牧師はルーカスの弁護士を雇い、治療的性交は修正第1条にある権利だと主張し、
アンや両親もよかれと思っての行為だから告訴しないと言う。

SVUは合意がなければレイプだと、ベンソンはアンに会って、ルーカスは
あなたを救ってなどいない傷つけた。私も神を信じてる。神が私たちにどんな
筋書きを用意したのかわからないがこれは分かる。宗教に関係かなく
ルーカスがしたことは間違ってると話すと、アンは泣きながらそうねと答えた。

アンは法廷でルーカスが部屋に来て、“神に与えられた恵みを思い出させる”
と言われて、必要ないと拒絶したがベッドに押し倒されて、抵抗して押しのけようと
しても彼はやめなかったと証言した。

すると弁護側はアンがゲイリー牧師とルーカスからリディアや警察に詰め寄られ、
襲われたと口走ったと認めさせられ、2人が結ばれたことは素晴らしいことだと
3人で祈りを捧げる映像を証拠として提出した。

ゲイリーは抵抗したのにやめなかったことについて、神とつながるのを
悪魔が拒んでた。ゲイリー牧師の教えどおり、彼女の中の悪魔が抵抗したから
押さえこんだだけと証言する。

ルーカスと牧師の関係を調べると、ルーカスは高校を中退し、1年間の他の若者たちと
一緒にゲイリーのもとで同居して修業をしていた。
ルーカスは牧師に男同士でいるところを見られ、牧師に学校を辞めるように言われ、
アンだけでなく、彼も治療の対象だった。

教会はルーカスや同居してた若者に月200ドルずつ支払っていて、他にも性行為を
強制された者がいれば人身取引となり、資産は没収される。
ゲイリーを連行し、ルーカスにさせたことは人身取引となり、他の若者は他州に
いるのでFBIに連絡し、州をまたいだ人身取引となると教会の資産は残らず
没収されると言われると、信徒たちを守るためにゲイリーは責任を取ると言う。

ルーカスはライカーズ刑務所に収容され、面会したアンは何か正しいかは
自分で決めるべきとルーカスを許すと、人の本質は変えられないと気付いて、
神が私たちをこのように作ったと誰かを愛することが罪になるわけないと話した。
アンは両親がまだ認めてくれないので、デンバーのいとこの家に行くに。

牧師は婚前交渉は厳禁だと言いながら、同性愛をやめさせるために
本人の意思に反してレイプさせるとはひど過ぎる。
アンの両親もそんな牧師や教会を支持して、娘の力になろうとしてないし。

Law & Order: Special Victims Unit - Twelfth Year [DVD] [Import] -

Law & Order: Special Victims Unit - Twelfth Year
posted by Jasmine at 19:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | Law&Order:SVU | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月19日

Law&Order:性犯罪特捜班 シーズン18 #18

アビー・クラークはデクラン・トラスクのヒーリングの集会に参加し、
レイプされたと恋人に付き添われてSVUに訴えた。
ペルーの麻薬アヤワスカを使い、幻覚を引き起こし、人生の本質を見抜くと
されてる“アヤワスカ療法”を受けたと言う。

アビーは怖くなってアヤワスカを飲まなくて、抜け出して1人でいると
デクランがやって来て、水を飲まされると目が回る感じがして、
頭もぼんやりとして、手足が重くなり、彼はずっと話しかけていて、
気付いた時には中に入れられてたと、合意はしてないし、叫びたかったが
声が出なかったと言う。

デクランはアヤワスカは宗教儀式に限っては使用の免許を持っていると、
アビーが性的暴行と受けたと聞くと、アビーとはセックスしたが誤解だと、
心が通じ合ったと思ったと合意の上だったと、薬は入れてないと否定する。

参加者に話を聞くと、デクランがアビーに夢中になってたとヒーリングを
絶賛する女性や薬の飲んだ男性は吐くハメになったと、シャーマンは
美人の治療を優先すると詐欺師だと言い、別の女性はアビーが泣いていたが
参加者の半分が涙を流す浄化の涙かと思ったと、アビーは帰る時に動揺して
怒ってるようだったと証言する。

アビーは病院で検査したが薬物もアルコールも検出されなかった。
レイチェル・サイクスもデクランにレイプされたと訴えたが取り下げていて、
所在がわからないので弁護士を訪ねると、レイチェルの薬物検査は陰性で
精神的なダメージからうつ状態になり、仕事を辞めてオハイオへ行き、
すい臓がんになり、3ヵ月後に亡くなったと。

弁護士はデクランがまた同じことをしたと聞いて、レイチェルの証言映像を
見せてくれて、水を飲まされると頭がぼんやりして、彼は私の頭をなで
“リラックスしろ。悟りの次元階に導く”と言い、彼が話すごとに体が
フワフワしてきて気持ちよかった。彼は何度も“君は美しい人形だ”と
アビーと同じことを言っていて、抵抗できずにレイプされたと。

その映像を見たバーバは検出不可能な“言葉”を使ったと、催眠術を
かけられたことに気づく。

デクランが通ってた大学の教授から薬物に依存して退学したことを聞き、
更生施設の担当医は催眠術を使って、ヘロインを想像しただけで吐き気を
催すように治療していて、催眠術を使い女性をレイプしたと聞いて、
アヤワスカを使っての商売は麻薬ディーラーと何も変わらないと、
社会に恩返ししたいと言うから催眠術を教えたとおとり捜査に協力した。

おとり捜査でデクランは催眠術を使いセックスしたことを話したので逮捕した。
裁判でデクラン側はアビーが同棲中の恋人のことで悩み、精神的にも性的にも
つながりを感じないと書かされた文章を読まされ、恋人は退出してしまう。
さらにデクランがアビーに睡眠状態で僕とセックスしたいかい?と聞き、
したいと答えた会話を提出する。

カリシがデクランが過去に自動車事故を起こしたことを突き止めた。
逮捕した警部補はデクランが事故を起こした車からヘロインが見つかり、
家で友人とヘロインを使用し、家を捜索すると過剰摂取した友人を発見し、
警部補の腕の中で亡くなったと、デクランが友人を見捨てたと証言した。

この証言で陪審員に利己的で信頼できないと印象付け、有罪判決が下された。
アビーは裁判で勝ったが恋人と仲直りは難しそう。

Law & Order: Special Victims Unit - Eleventh Year [DVD] [Import] -

Law & Order: Special Victims Unit - Eleventh Year
posted by Jasmine at 00:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | Law&Order:SVU | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月12日

Law&Order:性犯罪特捜班 シーズン18 #17

フィンが昇進試験に合格し、巡査部長になったので異動になるのかと思ったら、
順位が622番目でしばらく異動はないらしい。

SVUにPCをハッキングされてメールが流出したボルトン議員がやって来て、
児童買春しているとネットニュースで誹謗されてると相談する。
斡旋業者にされた中国料理店が脅迫されたので店に行って欲しいと言われ、
フィンとカリシが行くと銃を持った読者が乗り込んで来て発砲した。

犯人は地下室に少女がいるとサイトに書いてると図面も見たというが、
店に地下室はなく、男が言うドアは掃除道具入れだった。

サイト管理者のデュカは中華料理店と取引のある卸売業者のオーナーの
フレミングに小児性犯罪の前科があると主張する。
フレミングは中華料理店とは10年以上も前に取引をやめていると前歴も
30年前の話で今は結婚して子供もいると無関係だと言う。

ベンソンは店の前で会見を開き、事実無根だと発表するが、サイトに
本物の児童買春組織の情報を見つけた。
ボルトン議員のPCに児童買春の痕跡が見つかるが、議員が留守の間に
何者かがハッキングして情報を入れたとわかる。

サイト管理者のデュカは情報提供者については何も話さないと言い、
PCの押収に自己弁護で異議申し立てをするが判事は異議を却下した。
デュカは脅しには屈しないと言い、サイトにベンソンとロリンズに
身元不明の父のない子供がいて、性犯罪を見逃す見返りに赤ん坊を
貰ったと写真まで載せられた。

ベンソンとロリンズの子供たちをシッターのルーシーの実家で保護する。
バカな読者が信じて、母親から子を奪いDNA鑑定するべきだと脅迫したので、
デュカをストーカーと誘拐を扇動したと逮捕した。

デュカのPCから情報提供者が判明し、逮捕されたラジは闇サイトから
連絡が来た者にボルトン議員を本物の児童買春と結びつけろと頼まれて、
PCに仕込んだことを認めたが、中華料理店の作り話はデュカが始めたと。

本物のサイトはデュカのサイトに載ってたフレミングのPCをハッキングして
見つけたと言うので、フレミングのPCから児童買春している証拠が見つかった。
フレミングに協力させて、少女が車で店までやってきたが、フレミングが
ビビッて拳銃自殺しようと発砲したことで男は少女を乗せたまま逃走する。

SVUが追跡して、男を逮捕して少女を保護した。
男はただの運転手と主張するが、サルバドル出身の少女マリアンはボスは
ジェリーで何度も運転手とは会ってると言い、家には他の少女4人もいるが、
運転手はボスも家も知らなかった。

家から車で5分ほどの所で乗り換えていて、途中に消防署があると聞き、
周辺のストリートビューを見せて場所を絞り、マリアンを現地に連れて行って
家を特定して突入し、ジェリーを逮捕して少女たちを保護した。

ベンソンはデュカにロリンズの娘や私の息子について、ひと言でも書けば
容赦しないと児童買春容疑で逮捕すると警告した。
今日中にすべての投稿を削除しなければ、児童ポルノで逮捕して、
あらゆる力を使い、あなたを有罪にすると脅したが大丈夫かな?

ノアたちも戻って来て、終わりかと思ったら、ボルトン議員が中華料理店に
迷惑をかけたからと安全だと宣伝するために娘と食事に来たが、銃を持った男が
勘違いをしてボルトン議員を射殺した。
ボルトン議員はいい人だったのに、嘘で扇動したデュカは逮捕できないのかな?

Law & Order: Special Victims Unit - Tenth Year [DVD] [Import] -

Law & Order: Special Victims Unit - Tenth Year

posted by Jasmine at 00:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | Law&Order:SVU | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月04日

Law&Order:性犯罪特捜班 シーズン18 #16

ラブシーンの撮影中に共演者にレイプされたと告白した女優ダビーナが
テレビ出演し、ベンソンはSVUの捜査官として番組に出演することに。
女性キャスターのハイディ・ソレンソンの発言からレイプ被害者だと思った
ベンソンが尋ねると、局の社長ハロルド・コイルにレイプされたと言う。
その後、ハイディは発言を撤回し、電話にも出てくれなくなる。

SVUにテレビを見て、ハイディの話はコイルのことだろうと妻のエイミーも
襲われたと夫がやってきた。
局の広報だったエイミーはコイルに迫られ、既婚者だと断ると襲われたと
妻に通報を勧めたが、“合意”を演出するために撮影されて、通報したら
公開すると脅され、妻はうつ状態となり半年後に命を絶った。
脅迫したのはプロデューサーのターナーだったと。

ハイディは契約の交渉中なので訴えようとしないが、ドッズ警視正から
局は頻繁に捜査機関を訴え、SNSで中傷するので捜査を後押しする。
ハイディの後任にマージョリーが決まり、ハイディはコイルに謝罪した時、
ひざまずかせて、態度で示せと言われたと訴えることを決意する。

コイルのセクハラは面接から始って数年間に及ぶと、放送前に私的な
ファッションショーをやると撮影してたと、1月に視聴率が良かったので
局内で昇進させてほしいと頼んだら、ソファーに押し倒されてレイプされ、
不平を言うならビデオを公開し、番組が不満ならマージョリーに代えると。

ハイディは警告したくてマージョリーにだけ話したと言うが、マージョリーは
覚えてないと、ハロルドはいい人だと言う。
共演者のジョージはエイミーの件は察しがついてたと、ハイディのことも
何もなかったとは思えんと、ここ数か月、情緒不安定だったと言うが、
仕事は失えないと証言を拒否する。

ベンソンはドッズとコイルに会いに行くが、犯行を否定されただけでなく、
息子マイクの死の真相を探し出せると脅してきた。

10年前にキャスターをしてたグウェンドリンもコイルに襲われたと名乗り出て、
他にもセクハラを訴える元社員2人が現れたが、申し立て期限を過ぎていた。
20歳のアラナはレイプ未遂の被害直後に退職し、ジョージの助手だったので
娘がいるジョージに証言するように説得する。

判事はハイディ以外の被害者の証言は偏見を招きかねないと却下した。
ハイディは法廷で証言したが、ジョージは娘の薬物の前歴を調べ上げて、
バラすと脅されたので証言をドタキャンする。

マージョリーはコイルを擁護する証言をして、コイルの自宅を訪ねると
有利な証言をしたのでビデオを返してと言うが服を脱いでひざまづけと襲われ、
なんとか逃げた様子を隠しカメラで撮影して、SVUに提出した。

マージョリーは偽証を認め、もう一度証言すると謝罪した。
映像が決定的となり、コイルは18ヵ月の実刑となり、ハイディは局と和解して
もらった数百万ドルで10代の少女を支援するオフィスを開くことに。

ドッズはSVUに来るとマイクがいるように思えると避けていたらしいが、
今回の事件で彼も少しは立ち直れるといいのに。

Law & Order: Special Victims Unit - Ninth Year [DVD] [Import] -

Law & Order: Special Victims Unit - Ninth Year
posted by Jasmine at 21:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | Law&Order:SVU | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月30日

Law&Order:性犯罪特捜班 シーズン18 #15

SVUは殺人課と“2番街の絞殺魔”と呼ばれる連続レイプ殺人犯を合同捜査する。
2週間ごとに3人の女性が殺害され、被害者は酔って帰る途中に襲われて、
手首をロープで縛られ、首元の髪を剃られていた。

前の事件から1週間経ってないのに似た手口の殺人事件が発生する。
被害者はアプリ開発のアテンション社に勤務するジェニファーと判明。
前夜に会った妹ローラからジェニファーは家に帰って上司で恋人のウィラードに
別れ話をする気だったと言い、“2番街の絞殺魔”の被害者だと思うと言われ、
姉は父と私が依存症だったので、一滴も飲まないと否定する。

ウィラードに会いに行くと、ジェニファーが殺されたと聞いて驚き、
別れることにしたが、ローラには妄想癖があり、男に不信感を持ってて
大酒飲みで男でつまずき、また飲み出したので姉を呼び出したのだろうと。

ジェニファーは昨夜6時以降、携帯を使ってなく、ローラとも連絡は取ってない。
他の被害者に付着してた繊維が今回はなく、そこに容疑者を現行犯で逮捕したと
所轄から連絡が入った。
被害者は犯人の車に乗ったが似顔絵の男だと気付き、ホットラインにメールして
現行犯逮捕となり、車には犯行道具に血痕も見つかった。

犯人は自慢げに犯行を認めたが、ベンソンはジェニファーの写真だけ反応が違い、
アルコールも出なくて、採取されたDNAも犯人と一致しなかったので、
殺人課は事件解決だと言うが、模倣犯の可能性もあると捜査を続ける。

ローラはウィラードが円満に別れたと言ってると聞いて、支配欲が強くて、
キレやすいので信じられないと、飲んでることを指摘されると、ウィラードに
監視されてたと、姉も見張られてると言ってたと、禁酒をやめたことは
秘密だったと、携帯をハッキングして盗聴されたと言い出した。

ジェニファーの部屋を調べると、誰かが掃除したのか指紋がなく、溝に薄まった
血液を見つけ、PCのレンズが覆われて、監視を恐れてた様子があり、
シンク下の工具箱に切り口が新しいロープが見つかった。

ロープの専門家ベネットに調べてもらうと、最初の3件のロープは同じものだが、
ジェニファーのロープだけは違うとわかった。
ウィラードを取り調べるが犯行を否認し、証拠もないので逮捕できなかった。

ベネットが手違いがあり、ジェニファーのロープは最初の3件と同じだと言い出し、
彼が間違えるなんて考えれないし、ウィラードに脅されたのかもと疑う。
ローラのメールアカウント、NY市警のシステム、ベネットのメールアカウントに
侵入の痕跡が見つかり、ウィラードが侵入したと思われたが証拠がなかった。

フィンとロリンズがベネットの携帯を追跡して会いに行くと、彼は雪の中を
ベンチで銃を持って座っていて、プリペイド携帯からロープに関する調査結果を
覆して、サンプルを処分しないと秘密をバラすと脅迫されたと打ち明けて、
フィンは自殺しようとするベネットを止めた。

ベンソンは証拠隠滅される前に令状を出してとバーバに頼んだが電話が入り、
SVUがアテンション社に行くがバーバーがこの件を降りてしまった。
ベンソンは手書きの令状を持って、アテンション社に行き、PCなどを押収する。
ウィラードがベンソンにお友達のバーバと言ったので、彼も脅迫されたと推測。

ウィラードの家の近くにプリペイド携帯の発信記録が見つかり、ベネットと
バーバにブロンクスのアシュトンジャ・アブレイユにもかけてたので、
アシュトンジャを訪ねると、もう刑事と話したと言い、偽警官が訪ねたとわかる。

ベンソンはバーバにアシュトンジャと寝てるの?と聞くと、アシュトンジャの
母親は薬物依存症で2人の女性をレイプして殺した男の裁判で唯一の証人で
公判当日も薬物の症状があったが休廷にならず、彼女に金を求められて渡し、
証言のおかげで犯人は終身刑になったが、8時間後、彼女は過剰摂取で死んだ。
責任を感じたバーバは残された娘に送金してたと打ち明ける。

ローラから姉が“保険”を用意してると言ってたと聞いて、身を守るために
盗み撮りしてたと推測し、技術支援部に部屋を調べさせると、テレビで録画ができ、
動画が保存されてたので見ると、ジェニファーはウィラードと口論になり、
引っ叩いたら殴り倒されて、頭を殴打して死んだ映像が映っていた。

ウィラードを逮捕し、法廷で殺す気はなかったと主張するが実刑にしてほしい。
バーバの今後は地区検事との面談で決まるらしい。

Law & Order: Special Victims Unit - Eighth Year [DVD] [Import] -

Law & Order: Special Victims Unit - Eighth Year


posted by Jasmine at 00:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | Law&Order:SVU | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月22日

Law&Order:性犯罪特捜班 シーズン18 #14

投資銀行の社員ゾーイ・ホワイトがクライアントで“ウォール街のキング”
と呼ばれるイーライ・コルトンにレイプされたと訴えた。
コルトンの自宅パーティの後、高級時計を見せると寝室に連れて行かれ、
キスしたが服を脱がされそうになり拒否すると、押さえつけてレイプしたと。

ゾーイは上司のロジャー・リトレルに訴えたがよく考えろと言われたと、
ロジャーはゾーイからレイプされたと聞いてないと言う。
CEOのヒューイットは全面的に協力すると言いながら、弁護士に相談すると。

参加者のモデルはイーライの女好きは有名でゾーイとイーライは手を繋いで
寝室に入ったので安心したと言い、ロジャーから2万ドルでイーライと
相手をしてほしいと頼まれたが寝なくて済んでよかったと。
他の参加者からも有力な証言は得られなかった。

イーライは合意の上だと主張し、翌日ゾーイから楽しかったとメールが
届いたと提出するが、ゾーイは送ってないと、誰かが会社のPCから
送った可能性が浮上する。

招待客からイーライはコカインでハイだったと聞いて、過去を調べると
レイプした噂が流れたと聞いて、通報したケイトに話を聞くことに。
ケイトは申し立ては取り消したと、イーライからキャリアや人生をつぶすと
脅されて、お金で解決していた。
ケイトはロジャーの元部下でまた部下が暴行され、隠ぺいに加担したと推測。

イーライの部屋に裏口から業務用エレベーターを使って入れるとわかり、
エレベーターの映像から薬物の売人ハリー・イングラムが寝室に入り、
事件を目撃したとわかり、おとり捜査で逮捕した。

ハリーはイーライが女の上に馬乗りになり、彼女は抵抗し、やめて放してと
言ってたがその場を去ったと証言する。
売人を証人にできないので、ハリーをおとりにして、イーライに黙っとくから
50万ドルをくれと言うと、イーライは100万なら?と上手くかわしていた。

ベンソンはヒューイットにイーライを逮捕するので、会社も損害を受けると
話すとロジャーはクビにすると、該当する映像を提出したことで、
ゾーイとロジャーの会話に彼がメールする姿も確認できて、イーライを逮捕。

ゾーイは会社の代表からブリュッセルへの転勤を勧められ、他社からも
口を閉じる条件で引き抜きの話があると証言を拒む。
裏でイーライが他社に手を回していた。
ベンソンはゾーイにケイトと会わせ、法廷で証言することになった。
これでイーライは有罪になるだろう。

Law & Order: Special Victims Unit - Seventh Year [DVD] [Import] -

Law & Order: Special Victims Unit - Seventh Year
posted by Jasmine at 00:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | Law&Order:SVU | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
海外ドラマDiary TOPへ