2017年12月11日

シカゴ P.D. シーズン3 #6

バージェスはローマンが休みなのでプライスとシフトを組むことに。
怪しい人物がいるとの通報で公園に向かうと、車にいる男性が死んでいて、
車が防弾仕様だったのでクルースたちが車のドアを開けた。

車はペレグリン・セキュリティーの名義で社長のビクター・カレンが
被害者とわかり、家宅捜索に向かうと大金に大量の武器があった。
カレンは5年前に警備会社を設立し、その前の職歴は不明だった。
遺体は死後1週間が経っていたが、巡回した警官は前日の夜はなかったと。

カレンの恋人のジェイニー・ソーンダースが弁護士と署にやって来た。
ジェイニーは遺体を遺棄したが、カレンは不整脈なのに治療を拒んで
アスピリンを常用し、家で一緒に夕食を食べてたら心臓発作で倒れた。
ジェイニーは“もしもの時は組織が発見できるよう遺体を遺棄しろ”
とカレンに指示されたので従ったと、カレンはCIAの捜査官だと言う。

マウスの調査で押収した銃に3件の未解決殺人事件の凶器が入っていて、
殺害されたのは罪を逃れた犯罪者だったので、CIAの作戦かと疑うと、
カレンの遺体が盗まれたと連絡が入る。

遺体は覆面姿の3人が盗み、カレンは3台の車を社用車として購入して、
車を取りに来たのが社員のライアン・バーグストロムとわかった。
バーグストロムの住所に行くと、彼はカレンの遺体を解体していて、
俺はCIA捜査官で機密取扱資格を持ってると言う。

バーグストロムは俺たちは“清掃員”で国の安全を脅かす者たちを
始末すると、遺体を解体してたのはチップを除去しろと指示されたと、
任務については話さなかった。

オリンスキーはCIAのビショップにカレンは仲間なのか探ってもらうと、
カレンは過去に在籍はしてたが現場担当でなく、大学卒業後に
情報分析官としてパナマにいたが、精神疾患を隠していたことがバレて
クビになり、捜査官のフリをしてたと判明。

カレンの会社は政府からの資金提供はなく、亡くなった母親の大豆農場を
売却して3000万ドル以上が手元に残り、ここ数年、大金を引き出し続けて
毎週1万5000ドルを社員に払っていた。

リンジーはシカゴ・メッドのチャールズにカレンの病歴を調べてもらうと
心臓病を患ってたのは事実で、さらに妄想性障害と呼ばれる精神疾患に
苦しんでいたと、表面上は普通に生活することが可能で会社もつくり
社員も雇えて、彼にはすべてが現実なので他者も信じてしまうと。

チャールズはバーグストロムに治療を中断した後、会社をつくることで
CIAでの日々追体験していて、すべてが妄想だったと説明する。
仲間を捕まえる手助けをするなら州検事に口添えすると言うと、
カレンはもし自分に何かあればワシントンにいる捜査官のジェイコブスの
指示を仰げと言ってたが、実在しないのでオリンスキーがなりすます。

バーグストロムが残りのジョンとクレイに暗号文を残して、カレンが借りた
部屋に呼ぶが、クレイしか現れず、クレイはオリンスキーが偽物だと気付き、
エレベーター内で発砲し、バーグストロムは撃たれ、オリンスキーは
防弾チョッキで助かり、逃走したクレイが撃って来たのでアントニオが射殺。

カレンの銃の中に盗品の軍用狙撃銃があり、盗んだ予備兵のジョンが
3人目とわかり、自宅から出てきたジョンは尾行に気づいて逃走するが、
車は防弾仕様なのでアトウォーターが借りてきたトラックで体当たりして、
ジョンを逮捕したが、自分がCIAだと信じていた。
こんなことが本当に起こったら怖いな。

ローマンはドナーになるはずだった少年アンドリューの死期が迫ってるので
外出許可をもらい、臨時署長として21分署に連れて行く。
アンドリューは楽しかったみたいで良かった。

プラットはグロウリー代理と警察学校の同期で彼女をかばって謹慎になった
貸しがあるので掛け合ってくれて、ルゼックの調査は取りやめになり、
ルゼックは復帰できることに。

オリンスキーはミシェルとのDNA鑑定結果が届くが、見ないで捨ててしまった。
リンジーとハルステッドは付き合いをオープンにしたけど大丈夫かな?

シカゴ P.D. DVD-BOX -

シカゴ P.D. DVD-BOX

posted by Jasmine at 00:26 | Comment(0) | シカゴ P.D. | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月04日

シカゴ P.D. シーズン3 #5

深夜にルゼックは情報提供者のコンウェイとバーで強盗を企て
運転手を探しているフランク・ハンコックと飲んでいた。
ルゼックはトイレからアントニオに電話すると、勝手に動くなと
言われるが、店を変えると言ったハンコックに自分の車を運転させると、
ハンコックは店に突っ込み、女性や強盗犯を射殺し、横取りして逃走する。

強盗犯は飲食店の裏口から侵入し、店にいた店主の妻ケイトを拘束すると、
壁に穴を開けて隣の宝石店に侵入して強盗したところにフランクが
車で突っ込んで事件が起こった。

宝石店の被害は200万ドル以上で、店内には防犯設備があったが
防犯設備がない事務所を通って犯行を行ったので内部犯の可能性が浮上。

死亡した強盗犯リチャーズ、スピラトロとフランクとの関係は不明で
コンウェイはルゼックの電話を無視しているので、恋人アマンダを訪ね、
母親を逮捕すると脅して、コンウェイの居場所を聞き出して連行した。
コンウェイはフランクと刑務所で知り合ったが連絡先は知らないと言うので
彼にGPSを付けて、フランクと探すように釈放した。

バージェスとローマンは宝石店の付近で聞き込みを行っていると、
ケイトの息子が犯人を捕まえたのか?何もしてないように見えると
キレてたので不審に思って、尾行するとペットショップに入った。

フランクとスピラトロは高校の同級生とわかり、フランクの保護観察官から
反社会的人格障害で複数の治療薬を飲んでることや墓地の夜勤の仕事を
紹介したと聞いて、墓地に行くと現場監督にタイムカードを押すように脅し、
職員に車を譲れと話していたことを聞く。

フランクが手に入れた車のナンバーから居場所を特定すると、
車の近くにコンウェイの死体を発見する。
リチャーズの携帯履歴からケイトの息子が行ったペットショップに
電話してたとわかり、店主を脅してフランクの番号を手に入れた。

フランクがいるモーテルの部屋に行くと外に続く血痕を見つけて追うと
ケイトの息子がフランクに暴行されて、逃走するフランクを捕まえた。
フランクはスピラトロが決別しようとしてると感じたので殺したと。

ケイトの息子は売人に借金を作って脅されたと、店は無人のはずだったのに
母親が出前の準備で早く出勤したのは知らなかったと。父親が気の毒だったな。

ローマンはドナーになる直前に少年が移植を行える状態でないと
医師から延命治療を諦めたと聞かされる。あと少しだったのに残念だな。
リンジーはボイトの家を出ることになり、アトウォーターと新しい部屋に
ソファーを運んで座り心地を確かめるとキスしてヨリが戻るのかな?

フィッシャー署長は異動になり、クロウリー本部長代理がルゼックが
署に報告せずに潜入を行った件を調査することに。

ルゼックはクロウリーから本部長の決定まで警察権は剥奪されると、
特捜班での任務は銃を持たずに続けて、危機管理局の電話番に回しても
よかったけど、父親が警官なので考慮したと告げられる。
クロウリーは特捜班の敵になるのかな?

シカゴ P.D. DVD-BOX -

シカゴ P.D. DVD-BOX
posted by Jasmine at 00:14 | Comment(0) | シカゴ P.D. | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月27日

シカゴ P.D. シーズン3 #4

ボイトが息子家族と乗ろうとした車が爆発したが全員無事だった。
激怒したボイトはすぐにベケットを捕まえると捜査を開始する。
ベケットを一緒に逮捕した元警官ローガンが車の爆発で死亡し、
元警官シュルツにも警告する。

リンジーとハルステッドはベネットの弁護士の秘書に金を渡して、
ベネットの携帯番号を入手した。
携帯の入手先で同じ時間帯に5つの携帯が買われてたことが判明し、
使用中の位置情報からベネットを発見して逮捕した。

ベケットは15年前に逮捕された時、警官が100万ドルを盗んだと言い、
ボイトでないならオリンスキーだと告げる。
弁護士がベケットと訴訟準備をしてたとアリバイ証言して保釈された。

捜査資料にベケットと誰かの会話が盗聴されていて、銃とヘロインと
200万ドルが押収されたと言ってるが、証拠品には100万ドルとなっていて、
ボイトは当時オリンスキーが妻に内緒の投資で失敗してたので疑うが
カネを盗んだことはないと2人は険悪になる。

ベネットの携帯が使われ、通話先はシュルツだった。
ボイトはシュルツが金を盗んだのかと疑うが、ベケットからボイトと
オリンスキーのどっちが金を奪ったのか突き止めないと息子を殺すと
脅されたと、金のことは昨日まで知らなかったと否定する。

パイプ爆弾の破片からドミンゲス兄弟の指紋が検出された。
バージェスとローマンは張り込みして、帰宅したドミンゲス兄弟を発見し、
逃走する兄弟を逮捕して、ベケットの写真を見せるが依頼主でないと。

オリンスキーはマウスが導入した特捜班専用の特別ボードを使って、
昔の盗聴記録を見せてもらい、ベケットの手下ウィットコムがベケットに
200万ドル押収されたと言ってたので引退して豪邸に住んでいる
ウィットコムを逮捕する。

オリンスキーの車からパイプ爆弾が発見され、ドミンゲス兄弟の依頼主が
ウィットコムだとわかった。ウイットコムはベネットに復讐すると命令され、
手配をしたことや100万ドルを奪ったことを自白した。

ウイットコムをおとりにして、ベネットに金を奪ったことを電話させて、
とりあえず20万ドル返すと立体駐車場に呼び出させた。
特捜班が張り込んでいると、煙缶で視覚が遮られる間にウィットコムが
上の階に連れ出されるが、ボイトが駆けつけてベケットに銃を突きつけて、
15年前にこうすべきだったと落とそうとするのをオリンスキーが止めた。

オリンスキーは妻メレディスからミシェルと親子鑑定をするように言われ、
アントニオのジムでミシェルのマウスピースを入手した。
DNA鑑定の結果は数週間後らしい。

バージェスはルゼックが2度も婚約解消をしていたと知ってショックを受ける。
ルゼックは20歳の時に勢いで婚約したがすぐに解消したと説明するが、
ローマンから本編より予告が好きな男もいると5回も婚約した独身のいとこの
話を聞いたことで不安になる。

ローマンは挙式を予定より1年先に延期したいと言い、反対しなければ
危険だとアドバイスする。
バージェスはルゼックに延期したいと言うと、反対されなかった。
完璧な式にしたいと言われたら嫌とは言えないだろうが簡単に返事してたし。

シカゴ P.D. DVD-BOX -

シカゴ P.D. DVD-BOX
posted by Jasmine at 00:09 | Comment(0) | シカゴ P.D. | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月20日

シカゴ P.D. シーズン3 #3

ボイトとリンジーは署長からバニーが警察本部に15年前のベケット事件で
ボイトが偽証したと告発したと知らさせる。

署の受付はごった返してプラットは大忙しだった。
18歳の娘が行方不明だと父親がやって来るが法的には大人だと言い、
そこにマウスがカメラを買うので署名が欲しいとプラットに頼んでいると、
父親が娘のサラ・フレージャーが3ヵ月家に戻らないと言うと相手にされず
マウスに銃を突きつけて人質にすると娘の捜索を要求する。

娘に渡したクレジットカードが先週シカゴで使われたのでこの街にいると
ボイトに資料を渡すと部屋に立てこもった。
父親ジェフには前科はなく、サラの失踪から3日後に駐車場で放置されていた
車が発見されていて、先週カードでテレビ5台を購入しているとわかった。

販売店の店員から買った男の住所を聞き出し、男の恋人は駐車していた
車から彼が財布を盗んだと言い、車が駐車していた空き家の花壇に
潜望鏡を見つけて踏み込むと、地下室に監禁されていた女性たちを発見するが
その中にサラはいなかった。

リンジーとバージェスが救出した女性から犯人の名前はトレバーでSNSで出会い、
バスの切符をくれてシカゴに来て、彼の家に行くと何か飲まされたと言い、
サラの写真を見せると知っていた。

SWATを突入させないために救出した女性をジェフに会せて、サラは生きてると
家族で行く丸太小屋の話をして、彼女は屈しなかったと言うと父親はマウスに
銃を突きつけて出てきたので、マウスは隙を見て銃を奪って父親は逮捕された。

被害者3人はSNSを通じてトレバー・ダンにシカゴに呼ばれていた。
アカウントは消えていたが、恋活サイトに登録していたのでハッキングして
レイシーという子を呼び寄せているとわかり、バス停でレイシーを保護して
トレバーを逮捕した。

ボイトは檻に入れたトレバーを拷問して、人身売買で目をつけられていた
スティーブン・ウーリッヒの名前を自白したので、運営する売春宿に行くと
サラはウーリッヒが女の子を引きずり出したので助けようと銃を奪って
ウーリッヒを撃ち、銃を持ったまま電車に乗った。

リンジーがサラを説得するが、もう生きていたくないと自殺しようとするので、
ボイトが父親を連れて行き、無事に保護することができた。

マウスはジェフが元軍人だと気付き、自分はレンジャーだと言うと
ジェフは海兵隊で何度もバクダットに行き、最初の任務の後に家を失い、
2度目で妻を失ったが娘は諦めないと言う。
マウスはジェフの銃に入ってた弾を抜いて、弾は入ってなかったと報告し、
罪は軽くなるようで良かった。マウスを見直したな。

オリンスキーはミシェルをアントニオのジムに行かせた。
そして、妻と娘にミシェルのことを打ち明けると妻は今すぐ出て行ってと、
娘レクシーにそばにいて欲しいと頼むが、すぐに理解してもらないだろうね。

ボイトは15年前にバニーを助けるために張り込みを離れたのにバニーは
ベケットの弁護士に証言して、ベケットは釈放されてしまった。
ボイトは息子夫婦と孫と一緒に夕食に出かけようと車のドアに鍵をさすと
変な音がしたので伏せろ!と言い、すぐに車から離れると爆発した。
これはベケットの復讐なんだろうね。

シカゴ P.D. DVD-BOX -

シカゴ P.D. DVD-BOX


posted by Jasmine at 00:11 | Comment(0) | シカゴ P.D. | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月13日

シカゴ P.D. シーズン3 #2


バージェスとローマンは黒人居住区で発砲した男を追跡して逮捕すると、
血痕に気づいたバージェスが冷蔵庫を開け、幼い少年の遺体を発見する。
被害者は8歳のジェレミーで自転車で公園に出かけて行方不明になり、
首を折られ、腹部を3ヵ所刺されて殺害されていた。

近隣住民は結束が固く、地域に問題はないと口が堅かった。
登録性犯罪者を調べると去年引っ越してきたウッドハルが未登録とわかり、
ウッドハルに会いに行くと、登録はしているし首にある傷はボートで
ケガをしたと言うが、ボートハウスで確認するとケガ人は出てないし、
登録も嘘だったのでウッドハルの自宅に行くと用心棒だと言う
ベッシュが銃を向けてきたので逮捕する。

ベッシュ犯罪者でジェレミーのことは知らないと、ウッドハルの
首の傷は僕とケンカしたと救急車を呼んだら一緒に住めなくなると
お互いが必要だと言い、ウッドハルは誰かに連れ去られたと言う。

ホリスターの修理工場にあるウッドハルの車を調べるとトランクから
血痕が見つかった。
ジェレミーの両親を呼ぶと母親だけが来て、ウッドハルが性犯罪者だと
みんな知っていたと言い、夫の居場所を聞き出して駆けつけると
父親リチャードが友人のダミアンとウッドハルを拷問していた。

ダミアンを連行するとダミアンの7歳の息子コナーが行方不明だとわかる。
ウッドハルは拘束されていたので犯人ではないが、車にあった血痕は
2日前のジェレミーのものだとわかり、車は6日前から修理に出されてたので
ホリスターに会いに行くと出かけていて、冷凍された遺体を発見する。

冷凍庫の遺体はレイ・マローンと判明し、リチャードとダミアンの
同級生だったのでダミアンにレイのことを聞くと、リンパ腫で余命2か月で
ガキの頃からつるんでいて、18年前にレイとリチャードがレイの家の裏で
レイの父親の銃を触ってたら暴発し、少年に弾が当たったので2人は
家の床下に少年を移動させ、俺に相談にきたので俺が銃を隠したと、
少年はホリスターの息子だったと自白する。

余命を知ったレイがホリスターに打ち明け、復讐しているとわかった。
バージェスたちがホリスターの車を発見して、コナーを連れたホリスターを
発見して追跡すると、ホリスターはコナーに銃を突きつける。

アントニオがホリスターにダミアンは現場にいなくて、コナーは無関係と説得し、
無事にコナーを保護すると、ホリスターは銃を向けたので射殺された。

オリンスキーはミシェルに会い、80ドル欲しいと言うが断り、明日昼飯でも
食べながら今後の計画を話し合おうと言うと断られる。
しかし、ミシェルはお金を盗まれ、オリンスキーに父親になれるチャンスと
100ドルを要求するが、やっぱり父親の助けが必要みたい。

バージェスはローマンのカバンに注射器があり、足がもたついたり、
よく汗をかいてるのでルゼックにローマンのロッカーをこじ開けてと頼むが
手遅れになる前に話すべきだと言われ、ローマンに注射器を見たと話す。
ローマンは急性骨髄性白血病の少年アンドリューのドナーになるために
準備段階の注射を打っていると打ち明ける。

リンジーはボイトの家で暮らし、薬もやめて、母親からの電話を無視してたが、
何度もかけてくるので、バニーにしばらく距離を置きたいと告げた。
バニーはシカゴ警察本部に行き、ボイトが2001年5月6日に偽証を犯して、
ある男を殺人犯に仕立て上げたと告発した。
このピンチをボイトはどう対処するのかな?

シカゴ P.D. DVD-BOX -
posted by Jasmine at 00:22 | Comment(0) | シカゴ P.D. | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月05日

シカゴ P.D. シーズン3 #1

アントニオは情報屋のビアンカが警察に連絡して恋人ベンジーに捨てられたと
ビルの屋上から飛び降りようとしてたので、浮気した男なんて忘れろ。
俺が助けるとベンジーと兄が捕まれば再出発できると説得する。

ビアンカから兄デレクの下でギャングを仕切ってるベンジーの居場所を聞き出す。
デレクは最重要指名手配者でヘロインの大半が奴から流れてるが麻薬捜査課は
尻尾をつかめないので特捜班が乗り出すことに。
秘密裏にベンジーと新しい彼氏のアーロンを拉致して、兄貴を出し出せば
アーロンと共に釈放すると取引する。

ボイトは辞職すると言ったリンジーに3週間の休暇を与えたが、リンジーは酒と
ドラッグに溺れる生活を送っていて、ハルステッドはリンジーに会いに行くが、
特捜班に戻る気はなかった。

ベンジーは空港内でハルスステッドをデレクに売人として紹介するが、
デレクはベンジーが靴も履かずに数時間行方不明だったとベンジーを射殺し、
隠しカメラで監視していたボイトたちが駆けつけるがハルステッドは拉致された。

署にデレクに使いを頼まれた少年がボイトに携帯とハルステッドを拷問する
映像を届けに来て、デレクから情報提供者全員のファイルと部下を交換すると
女性警官が1人で丸腰で持ってくるように電話が入る。

ボイトは刑務所にいるエディと面会し、デレクに部下を拉致されたので捜してると
塀の中でも外でも構わないので関係者を探ってほしいと頼むと、エディは
数か月後に出所だが、俺たちが話したことは有効か?と聞かれて、
ボイトはもちろんと答えたがヤバいことなんだろうな?

ボイトはマウスが作った偽ファイルをバージェスに持って行かせようとするが
ルゼックが反対して揉めていると、オリンスキーからハルステッドが拉致された
と聞いたリンジーが志願し、ボイトは復帰を認めてない今日だけとバッジを渡す。

リンジーはハルステッドがいないので、デレクに彼と交換の約束だと言い、
車に乗り込んだが、車が高架に入って見失ってしまう。
ボイトはエディからデレクの下のタイレルが殺人罪で終身刑で刑務所にいて、
デレクの手下が面会に来ていて、奴の口座に謝礼金を振り込んでいると聞く。

タイレルに面会に来ていたいとこのクリスの母親が200万ドルの豪邸を
所有していたことからリンジーたちの居場所が判明する。
その頃、豪邸では偽ファイルとバレて、リンジーとハルステッドは抵抗し、
リンジーは手下を倒して、奪った銃でデレクを射殺した。

オリンスキーはプラットから少年鑑別所のミシェルから電話攻撃を受けたと
苦情を言われて、昔 潜入捜査中に女と寝て、ミシェルは俺の娘だと言われた
プラットはビックリし、母親はこれから4年服役するのでどうしたらいい?
少年鑑別所にいる知人に連絡してもらう。

オリンスキーは鑑別所から出たミシェルを迎えに行き、母親が服役するので
泊まる場所を用意したと言うと、男が迎えに来ていて40ドル渡すと消えた。
オリンスキーは家族にミシェルのことを話してないだろうし、ミシェルは
何か問題を起こしそうな気がするな。

ルゼックと婚約したバージェスはプラットからウェディングプランナーを
やると言われて、彼女が昔婚約してた時のウェディングノートを渡される。
プラットの夢をバージェスがどう活かしてくれるのか見物だな。

リンジーはボイトにバッチを持っていたいと言うと、ボイトの家に住み、
毎週薬物検査を受けて、母親と完全に縁を切れと条件を出された。
親と縁を切るのはつらいだろうけど、仕方ないよね。

これで元の特捜班に戻ったのかと思ったら、バージェスは落ちたローマンの
カバンから注射器を見つけてしまう。問題ないといいけど。

シカゴ P.D. DVD-BOX -

シカゴ P.D. DVD-BOX
posted by Jasmine at 15:36 | Comment(0) | シカゴ P.D. | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
海外ドラマDiary TOPへ