2017年06月21日

シカゴ P.D. シーズン2 #5

ボイトは訪ねてきたオリーブに金を渡そうと金庫を開けていると
2人組の強盗に襲われる。
リンジーはボイトが会議を欠席したと聞いて電話するが繋がらないので、
ハルステッドと家に行くと地下室に血痕と壁から金庫が抜き取られていた。

監視カメラの映像からボイトが2人組に連れ去られ、ハルステッドは全署に
知らせようとするのをオリンスキーが止めて、一緒に連れ去られた
オリーブはジャスティンの彼女だと気付く。

犯人の1人はイアン・マークスと判明し、ナディアは携帯会社の子を口説いて、
マークスが電話した時の基地局を聞き出した。

犯人たちはボイトを殴って、金庫の番号を聞き出そうとするが言わないので、
オリーブにビニールを被せて窒息させようとしたので、ボイトは番号を言い、
金庫が開いたのに、犯人はオリーブのビニールを取らないので意識を失う。

そこにチームが到着し、犯人たちは逃走した。
オリーブはボイトが賄賂を貯めてると聞いたと妊娠を知る前に旧友の
ジョージーに話してしまい、イアンはそれを知って、ボイトの家に
侵入させないと赤ん坊を奪うとお腹を切られたとお腹を見せた。

逃走にした車が発見されたが燃やされていて、近くにいた男を捕まえると
女に50ドルで雇われたと言い、ジョージーの写真を見せると頼んだ女だった。

ボイトとオリンスキーはバーにいたジョージーを脅したが吐かないので、
一緒にいたカールの指を折ると、もう1人はルーカス・グレゴリーで
マークスが情報を買って、グレゴリーを誘ったと逃亡先は知らないと。

ジョージたちのことを知ったマークスがビビッて出頭してくれるが、
ボイトはマークスをいつもの空き地に連れ出すと銃を向け、グレゴリーを
連れて来れば助けてやると、オリーブは仲間か?と聞くと違うと答えた。

逮捕したマークスを聴取し、グレゴリーとカネを折半して別れたが
ノーザリー島で会う約束をしてると言うのでおとり捜査に利用するが、
罠だと気付いたグレゴリーはマークスを射殺して観光客を人質にするが、
背後から近づいたハルステッドに銃を突きつけられて逮捕した。

苛立つボイトはオリンスキーに孫が殺されそうになったからと言ってたが、
金庫の中に入ってた袋の中身が重要らしく、袋の中身が入ってないことに激怒し、
グレゴリーを連れて空き地に行き、そしてグレゴリーを連れて署に戻って来た。

オリンスキーは妻が共通の友人と20年も浮気されてたことを知ってしまい、
娘のためにガレージ暮らしをしてたが決断を下す時が来たのかな?

アントニオは副業の護衛で担当しているアッシャーに気に入られる。
アッシャーの妻レイラが誘惑してきても断ったが、嫉妬深いアッシャーに
誘惑したと誤解されたけど大丈夫かな?

リンジーは検事補のスティーブ・コットから連邦捜査官として
チームを率いないか?と誘われた。

ジャスティンが休暇で戻って来て、オリーブは無事で子供は男の子だと
嬉しそうにボイトに報告し、通信隊に入りたいので大学に行くつもりだと
改心したみたいで良かった。

ボイトが取り戻した袋の中身は亡き妻の指輪で、ジャスティンにオリーブと
基地で暮らすならちゃんと結婚することを考えろと指輪を渡した。

袋の中身は表ざたになるとヤバい物かと思ったら指輪だったとは。
突然登場したオリーブを疑ったが、ジャスティンにしてはいい彼女だった。

シカゴ P.D. DVD-BOX -

シカゴ P.D. DVD-BOX
posted by Jasmine at 00:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | シカゴ P.D. | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月14日

シカゴ P.D. シーズン2 #4

副本部長の友人で市会議員のベックスが16歳の娘アリソンと友人ヘイデンが
前夜から帰らないと特捜班に捜査を依頼する。
夜遊びしてたのだろうと思ったら、利用した配車サービスが襲撃されていて、
血痕をたどると草むらで縛り上げられて負傷するドライバーを発見する。

運転手はアリソンたちを乗せて、信号待ちをしてたらマスクを被った2人組に
襲われたと供述する。

ボイトはベックス議員に汚職に関与してないかと聞き、恨みを買ってそうな
人物をすべて書き出せと言う。
リンジーとハルステッドはヘンデンの両親に会うが、犯人に心当たりがないと、
母親はただのお泊まり会だと思って、外泊を許したと自分を責める。

車のGPSからアリソンたちは図書館でなく、大学の寮から車に乗ったとわかり、
アリソンに何度もメールしてた大学生のジョーダンに会いに行くと、
アリソンたちが昨夜来たと認めたが、行方不明になってるとは知らなかった。

奪われた運転手の携帯の在りかが判明して向かうと女性が窓を突き破って
飛び降りてきて、リンジーが救助するとヘイデンだった。
犯人の1人を射殺するが、もう1人はアリソンを車のトランクに入れて逃走する。

ヘイデンを搬送するためにミルズとブレッドがやって来た。
アントニオは搬送を手伝いながら、ミルズに警官になれたのにと言い、
救命士から警官に転職なんてありかもね。

死亡した犯人は2か月前に出所したジェイソン・ウッドリーとわかった。
ヘイデンに写真を見せると父親がウッドリーと数週間前に会ってるのを見てたが、
父親は会ったことを認めるが、共犯者は知らないと言う。

ウッドリーの母親からリード・ドライヤーが仲間だとわかった。
ヘイデン父が10年前にドライヤーを雇って、会社のカネを横領した元部下を
襲わせたが失敗したのでカネを払わず、出所したドライヤーが仕返しをしたと
ヘイデン父に聞くが、弁護士は答える必要はないと帰ろうとするが、
その会話を聞いてた妻とヘイデンが入って来る。

ヘイデンはアリソンを見つけてと言い、妻と娘から警察に話すように言われ、
連中に誰の娘か聞かれたのでベックスの携帯を教えたと言う。
携帯のGPSから廃校にいるとわかり、リンジーとアントニオがベックスと
ドライヤーを確認して踏み込むと、怒ったドライヤーがベックスの肩を撃ち、
リンジーたちはアリソンがいないのでドライヤーを撃てなかった。

アトウォーターが見取り図から叫んでも聞こえない音楽室にいると推測し、
ボイトが音楽室にいたアリソンを保護し、ハルステッドに発砲を許可する。
外からドライヤーを狙っていたハルステッドが発砲して逮捕した。

バージェスとローマンは銃買戻しプログラムを担当することに。
持ち込まれた銃が1か月前の未解決殺人事件の凶器と気付いたローマンは
銃の先についてた消音装置をゴミ箱から回収してプラットに提出するが、
お姉さまはお気に召さない。

アントニオの娘エバが父親に会いたくて、1人で署にやってきた。
1人で来たことにアントニオは怒るが、パパに会いたかったと言われて、
ママとパパは解決策を探ってる最中で、パパはママのことを諦めてないと
何があろうとずっと家族だと話して安心させた。

ローマンは副業で護衛の派遣をしていて、人手が足りずにアントニオを誘う。
アントニオは金持ちの護衛につくが、若い人妻に目を奪われてるし。

ジャスティンと付き合ってたオリーブが署にボイトを訪ねてきた。
友達からジャスティンが海兵隊に入ったと聞き、彼の子供を妊娠したので
伝えてほしいと頼まれる。

ボイトは名刺を渡し、ジャスティンに連絡を取って、オリーブを食事に
招待したり、お金を渡したりと優しくて、やっぱり孫は嬉しいみたい。
でも予告を見ると大変なことが起こるみたい。

シカゴ P.D. DVD-BOX -

シカゴ P.D.


posted by Jasmine at 00:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | シカゴ P.D. | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月06日

シカゴ P.D. シーズン2 #3

ハルステッドが襲撃され、弾が首に当たったバーデンダーのマディは
瀕死の重傷を負って、51分署のブレッドが病院に搬送した。
リンジーが犯人の車に発砲するが逃げられてしまった。

ハルステッドはボイトから捜査を外れろと保護すると言われて、
バージェスとローマンがハルステッドを監視することに。
オリンスキーは懸賞金をかけたオスカーと面会し、保護処置されてる
オスカーに刑務所長は元警官だと脅しをかけるがダメだった。

2発撃たれた男が病院にいるとの情報から捕まえた運転手のノバクから
主犯のフォースマンの居場所を聞き出して逮捕した。
フォースマンを檻に入れたボイトが脅しをかけたことで犯行を認めた。
そして、オスカーは捕まる前に暗殺リストを準備していたと判明。

オスカーの裁判を担当する州検事補の娘が殺害された。
ルゼックはプラットのツテでラディガン保安官代理にオスカーの通話記録を
入手してもらうがポーランド語だったのにフォースマンに通訳させると、
相手の声は聞いたことがないがリストを受け取り、先に別の殺し屋に
依頼したとJPとか言ってると。

オリンスキーはJPが引退した殺し屋ジョー・プライスだと気付いて、
ボイトと会いに行くと、依頼されたが引退したので断ったと言う。
そこに裁判官の母親が撃たれたと連絡が入り、JPを連行した。

JPに殺し屋の声を聞かせると、息子は運輸保安局で働きたいので司法妨害の
前科を消してほしいと条件を出し、殺し屋がパトリック・ショスタクと判明。
新しいタイプの殺し屋で1人のために1ブロック吹っ飛ばし、親を探すために
子を殺したりと残虐だった。

JPにハルステッドを捕まえたとショスタクに電話させて、指示された場所に
ハルステッドを連れて行かせると、JPの携帯に捕まった息子の写真が
送られてきたことで、JPはハルステッドを連れて逃走してしまう。

JPはショスタクに指定された場所に着くが、ハルステッドが隙をついて
銃を奪ってボイトに連絡する。
ボイトはそこから離れろと言うが、ハルステッドはJPに捕まったように見せて、
赤のマスタングが接近してくるが走り去ってしまい、ボイトたちが追跡する。

カーチェイスの末にショスタクを捕まえ、トランクからJPの息子を発見する。
ボイトはJPに息子の犯罪歴は隠すと約束し、JPは罪を償うために刑務所に入ると、
暴走したから仕方がないだろうけど、巻き込まれたのでちょっと気の毒。

ボイトはチームに俺たちは身を危険にさらし捜査してるが上の連中は知らない。
知られればやりづらくなる、口外するなと言ったら絶対に口を閉ざせと、
今日ハルステッドは市民のために闘ったが誰も知らない。俺たち家族以外は
と彼なりの褒め言葉なんだろうね。

オリンスキーはオスカーと面会し、殺した女の兄が同じ刑務所にいて、
オスカーは雑居房に戻されると告げた。

ナディアはプラットから経歴から警官にはなれないと侮辱された。
プラットはナディアから誕生日カードを渡され、マウチも忘れてるのに
気付いてくれたことに反省し、これでプラットお姉さまを味方にしたね。

ハルステッドはマディが入院する病院に行くと、ブレットがいたけど、
なんだかいい雰囲気なんですが…。

シカゴ P.D. DVD-BOX -

シカゴ P.D. DVD-BOX
posted by Jasmine at 00:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | シカゴ P.D. | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月29日

シカゴ P.D. シーズン2 #2

地元の犯罪組織のメンバー、ファーガンがショットガンで射殺された。
紙幣が胸に固定された遺体を組織犯罪課が発見したとボイトが説明すると、
リンジーはポーカー仲間だから捜査するの?と信頼して何でも話したのに、
内部調査部のことを黙ってたことが許せないらしい。

ボイトの幼なじみニック・マルセロも同じ手口で殺害された。
ニックの妻トリシアからブレント・ノレリの名前が出たのでアジトに突入し、
麻薬を発見し、ノレリは警告したと認めたが殺害を否定し、アリバイもあった。

ルゼックは情報提供者から被害者2人はダミー会社を使って高利貸しをして、
1週間前に滞納を理由にデール・ハンセンのクリーニング店を没収していた。
ボイトはボスのドンに会いに行くが、内務調査部の手下だと知られて
情報をくれず、警官としてなら二度と会いに来るなと言われる。

ハンセンの妻は店を奪われて、大量の精神安定剤を服用して入院していた。
2店目の開く資金を借りたが、返済できず2店舗とも取り上げられたと
ハンセンの顔には殴られた痕が残っていた。

また同様の事件が発生し、車のトランクから閉じ込められた娘を発見する。
娘のコレットは父親のバレオと車を降りたら、パーカー姿の男が現れて、
父親を撃つと銃を向けられたので命乞いをして、トランクに入るように
言われたと犯人の顔を見ていた。

ルゼックはリンジーからコレットと新しいソフトで似顔絵作りを命じられるが、
使いこなせずに巡査にさせてるし。
出来上がった似顔絵を見たハルステッドはハンセンの病室で会った息子だと、
ネイトは陸軍士官学校に在学中で母親が入院した翌日から学校から消えていた。

学校の武器庫から散弾銃と弾が紛失してたので、自宅に行くがいなかった。
父親は殺された3人が家に来たので通報すると言ったら脅されたのを
ネイトが見ていたと、ボスに数回カネを払ったと話す。

ドンの家に行くと、銃声が聞こえたので突入すると、肩を撃たれたドンがいて、
ハルステッドはネイトに散弾銃を向けられて、銃を捨てるとネイトは逃げた。
リンジー、アトウォーターもネイトを追跡するが、線路に逃げ込まれて見失う。

ネイトが散弾銃を持って母親の病室に立てこもり、ハルステッドは丸腰で
第75レンジャー連隊の第3大隊に所属してた。俺には君の気持がよく分かる。
君は教わったとおりに家族を守ろうとしたがもう終わったんだ。
絶対に危害を加えないので銃を降ろすようにと、17歳だから成人として
罪に問われることはないと説得して投降させた。

ネイトの両親は問題児の息子を士官学校に入れたが、結局こうなってしまい、
計画殺人なので成人として裁かれることになるみたい。

リンジーは母親と会うが、もう7ヵ月クスリに手を出してないとやり直したいと
言われたが、何事もなかったかのように振る舞う母親を簡単には許せず、
母親の婚約者に挨拶すると仕事だからと帰ってしまう。

ハルステッドは懸賞金をかけられてるので、パターンを変えて行動していた。
昔、通ってたバーで飲んでると、部屋に押し入られたと連絡が入った。
貴重品は無事で脅しと思われた。

事件が解決し、ハルステッドがバーで飲んでると、リンジーもやってきて、
寝泊まりする場所が必要だと泊めてくれと頼んでると、リンジーは入って来た
男が銃を持ってると気付き、ハルステッドは助かったがバーデンダーが撃たれた。
ついにハルステッドを狙った事件が発生し、どうやって止めるのかな?

シカゴ P.D. DVD-BOX -

シカゴ P.D. DVD-BOX
posted by Jasmine at 00:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | シカゴ P.D. | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月21日

シカゴ P.D. シーズン2 #1

ジンの遺体が発見された場所はボイトが前日に連れ出した場所で、
携帯の履歴から最後に話したのもボイトなので、スティルウェルは
ボイトに容疑をかける。

アントニオは情報提供者のアリッサから付き合ってる暴力的な男から
国道5号線で警備会社の車が襲撃される情報を入手し、ルゼックが
警備員として潜入する。

ルゼックが乗ってる輸送車を尾行してたボイトとアントニオの車が追突され、
運転してた警備員が通報しようとすると、助手席の警備員が運転手を撃ち、
2台目の車が来て銃撃戦となり、警備員を乗せると逃走した。
輸送車には乗せられてたのはたった4万ドルで、他に何かあると推測する。

パージェスは新しい相棒ショーン・ローマンと組むことに。
ローマンは銃撃戦で死んだ強盗犯をジェフ・ギャンブルと知っていて、
相棒は親戚のクリスでバージェスとクリスを捜すことに。

州検事補コットがボイトを訪ねてきた。
オスカー・ベムベネックの起訴を準備中で証拠となる被害者の血が付いた
シャツを輸送車で外部のラボに運んでいたとそれが狙いだと判明。

オスカーと弟ジェイコブは犯罪組織を率いて、自分の手を汚さなかったが
別れ話を持ちかけた女を25回も刺して、血痕が付いたシャツだった。
被害者はオリンスキーが情報提供者にしようとしていたジュディだった。

警備会社の責任者が早退したので自宅に行くと、口封じで殺害されていた。
襲撃に使われた車が改造されてたので、ベムベネックの車をいじってる
フリッツを訪ねると担当者は休みと言われ、その後、フリッツは殺害された。

ハルステッドの元にジンが送ったUSBが届いたことで、ジンが内部調査部と
つながってたとわかり、ハルステッドはリンジーにボイトもかと聞くと、
バカ言わないでと答えたので、ハルステッドはUSBをボイトに渡した。

ボイトはスティルウェルに弁護士を雇えと言い、ジンとあんたの会話は
録音されてる。父親の借金をダシに内密に監視させて口外したら殺すと脅した。
心配するな、解決策はあると取引だよと言うと、スティルウェルは逮捕されたら、
君と内部調査部の関係を暴露し、部下は落胆するだろうと君は職を失うと、
自滅の道かお互いに手を引き事件は未解決のままにするかと言われた。

ハルステッドはボイトが動かないのでもみ消すつもりか関与してるのか疑う。
ジンの母親が訪ねて来て、ボイトにジンは警察学校やこれまでの部署で
苦労してたが、ボイトのチームに入り、初めて受け入れられ、少なくとも
夢をかなえて死んだとボイトに感謝する。

そして、ボイトは署長にスティルウェルが犯人だと証拠を提出したことで
スティルウェルはジン殺害容疑で逮捕された。
ボイトはその様子を見届けると、チームに復職のために内務調査部と取引し、
悪徳警官のフリをして重犯罪者を逮捕し、警官についての報告は約束してないと
打ち明けたが、リンジーはショックを受けてたが前から悪徳警官だったのでは。

バージェスはローマンが女の相棒を嫌がるのは性差別かと思ったら、
ローマンは前の女性相棒を好きになったので異動して用心していると。
クリスの大叔母の家でクリスを発見して逃走した彼を捕まえた。

クリスは警察がいるなんて聞いてなかったと、オスカーと弟ジェイコブに
20万ドル寄こさないと証拠品のシャツを警察に渡すと取引し、仲間が
持っていく予定だと自供した。

取引現場でクリスの仲間がシャツを渡すと、ベムベネックは手下に始末を命じ、
そこに特捜班が突入し、逃走しようとしたベムベネック兄弟の車を停めると、
車を降りたジェイコブは隠し持ってた銃を出してのでハルステッドが射殺し、
オスカーは逮捕された。

アントニオはアリッサを署に呼び、今日の逮捕で20万ドルを取り戻したので
情報提供者として10%が与えられると、プラットを証人にして手続きした。
2万ドルを貰ったアリッサは泣いて喜び、カンザスシティに行くことに。

ボイトは署長に呼び出され、ティム・オリーリーを同席させてくれと頼んだ。
スティルウェルがボイトに不利な主張をして、賄賂を渡した録音もあると
銃とバッジを預かると言われると、オリーリー本部長と2人で話したいと言う。
ボイトはジンが自衛策としてすべて記録してたと、オリーリーの脅迫ネタが
あったみたいで停職を逃れた。

リンジーはバニーからの電話を居留守を使って逃げてたが、バニーが働く
バーを訪ねると、バニーは母親で署に電話しないでとメアドを渡す。
結婚する言われても、そう、メールしてと自分を捨てた母親は許せないみたい。

オリンスキーは情報屋から呼び出され、オスカーがハルステッドの首に
10万ドルの懸賞金を出したと言われた。
ボイトは金庫にUSBを隠して、札束を取り出すと、ジンの父親に借金を返せと、
奥さんを大事にと金を渡した。

スティルウェルが消えたと思ったら、ハルステッドの命が狙われてると
問題は次々と起こるね。

シカゴ P.D. DVD-BOX -

シカゴ P.D. DVD-BOX
posted by Jasmine at 21:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | シカゴ P.D. | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月14日

シカゴ P.D. シーズン1 #15(終)

シーズンフィナーレは本当にショックでした!
リンジーがアニーの家に駆けつけると息子のことを連絡できたはずだろと
チャーリーが激怒していた。止めに入ったリンジーはサンドバルの件を
持ち出されて、要求を書いたメモを渡される。

アトウォーターは特捜班に初出勤し、アントニオは退院して復帰するが、
ボイトから数日は事務仕事をしろと命じられる。
アントニオは電話番にエリンから施設を出るナディアのお迎えまで頼まれる。

建設現場で警備員が殺害され、岩盤を破壊する含水爆弾が盗まれた。
ハルステッドは情報屋のマウスから爆弾を探してたヤツがいると聞いて、
雷管と導爆線を売ると言って会せるようにセッティングさせるが
相手はチャーリーで刑事だとバレてしまう。

リンジーはジンに都市計画委員会のサーバーに侵入し、宝石店の設計図を
内密に入手してもらう。
ハルステッドからチャーリーが事件に関与してると聞いたリンジーは
ボイトに話すのを待ってもらい、任せてほしいと頼む。

ジンはスティルウェルから呼び出され、リンジーが宝石店の設計図を入手したと
報告するが詳細を報告しないと、入国管理局を巻き込んでもいいぞと脅される。
その様子をボイトに見られたジンはドライブしようと連れ出される。

ボイトはジンがパソコンをいじり、内務調査官と密会してた理由を問いただすと、
父が闇カジノに借金をしてた件で脅されたと白状し、“皆、圧力をかけられてる。
俺の規則を破ったなとお前のボスは?”と脅すとジンは“あなたです”と答えた。

リンジーはボイトに父が刑務所に行き、母が家を出た後、チャーリーが養ってくれ、
まだ16歳だったリンジーは薬漬けにされたが愛していたと。親友のアニーも
彼と出会って、いろいろ巻き込まれ、2人は自由を奪われたと打ち明ける。
そして、リンジーはチャーリーに設計図を渡すと、ハンコックに狙撃手を呼んで
注目を集めろと要求される。

アトウォーターは現場が地元でツー・エイツのシマなので知り合いに
ブリッグスに会わせろと話をつけさせると、ハルステッドとルゼック共に
儲け話を持ち掛けるが乗らないので、ハルステッドば警官だとバッジを出して、
情報屋だと思わせるぞと脅し、レッド・ラドナーから建設現場のゲートを
見張れと大金を出したことを聞き出した。

ラドナーが強盗の黒幕でチャーリーは仲間で宝石強盗が狙いだと判明。
宝石店に現れたチャーリーを逮捕すると、リッキー・サンドバルを殺した奴と
遺体遺棄の共犯者を知ってると言い出した。

リンジーはチャーリーにサンドバルはアニーにひどいことをしたと、
公にしてもいいけど、トラビスのために私が殺したと言うと告げると、
チャーリーはお前とボイトで俺を町から丸腰で追放したと言われるが、
リンジーは湖に沈められるはずだったのを私が命乞いしたので感謝してと、
協力したら1年で外に出られると説得した。

チャーリーは警備員を殺したのはレッドで“BY”の倉庫にいると聞いたと。
BYはどこかわからなかったが、リンジーを待ってたナディアが昔の仕事で
家畜飼育場の跡地(バック・オブ・ザ・ヤード)に呼ばれ、通称“BY”だと
知ってたことでBYに向かうと、警察に気づいて銃撃してきた。

銃撃戦に紛れて、バンが倉庫から逃走したので、ハルステッドとリンジーが
追跡して、リンジーが撃った弾がタイヤに命中して事件解決。

バージェスはベテランのディレーニーと組むが、彼はパトロールをサボって寝た。
お休み中に警報機が作動したと呼び出しが入ったので店に向かったら、
店員が誤報だと言うのをディレーニーは信じて、サンドイッチを注文する。

しかし、店を出たバージェスは強盗を確認したと応援を呼び、カメラのレンズに
スプレーがかけられ、レジの引き出しもないことに気づいていた。
店に戻ったバージェスは強盗を捕まえた。
プラットから明日の相棒は若いけど優秀なゴーガンだと言われた。

ルゼックはバージェスの部屋を訪ねて、昇進できなかったことを謝り、
君が好きだ。会いたかったと言うとそのままベッドに。

アントニオが帰宅すると、妻子は自宅にいなかった。
妻ローラは復帰に反対して、ここを離れて田舎で保安官をしろと言ってるが、
アントニオには無理だろう。

ボイトはスティルウェルに約束の5000ドルを渡した。
ジンは父親に荷物をまとめてシカゴを出るように電話し、USBを封筒に入れて
誰かに渡すのか宛名を書いていた。
翌朝、ボイトが現場に行くと、スティルウェルがいて、ジンが殺害されていた。

アーチー・カオがここで消えてしまうとは残念!
この後、アーチーは中国の有名女優ジョウ・シュンと結婚したそうです。

シカゴ P.D. DVD-BOX -

シカゴ P.D. DVD-BOX

posted by Jasmine at 22:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | シカゴ P.D. | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
海外ドラマDiary TOPへ