2018年03月05日

クワンティコ シーズン2 #22(終)

やっとシーズンフィナーレとなりました。
特別対策チームはフレッチャーに監視されながら、ロアークに従うフリをして
DISA(統合国内情報機関)の捜査官の採用面接を行い、アイリスを面接した
アレックスは批判される。

バーに集まったチームは見張りがミランダを尾行して出て行ったので
奥のビリヤード場で対策会議を開く。
憲法制定会議に各州から50人の代議員が出席し、ロアークの修正案通過には
38州が必要で賛成の34州は覆せないので、断固反対は12州で残り4州に
反対がでれば修正案は潰れると4州の代議員を脅迫して取り込んだ。

フェリックスは職も永住権も失い、ロシアの諜報員に見張られて
家名を汚すのが嫌でスペインに戻れなかった。
クレイはフェリックスからロアークを倒せと言われ、勝つ方法を聞くと
君らの打つ手は見抜かれてる。彼らはこの計画を何年も練ってきたので
彼らより賢くなろうとせず驚かせろとアドバイスされる。

ビリヤード場に来たクレイはみんなに彼らに聞かれていると言うと、
フレッチャーがその通りだと現れて、店に新しく設置されたテレビ全ての
内臓マイクをピーター・テオが最新ファームウェアで制御していて、
取り込んだ4人はより堅実な代議員と入れ替えたと告げられる。

クレイはまだ終わってない。戦い方を間違えてたと、テオは技術を使って
誰でもいつでも監視できるのでロアークの悪事を握ってるはずと
ウィルとアイリスにテオを誘惑させて、3人で楽しもうと彼の家に行く。

ウィルはテオのシステムに接続して転送し、アレックスとクレイは
フェリックスに同行し、ロシア諜報員とロアーク大統領の修正案の言葉の
変更を提案させる条件でロアークの情報を渡した。

憲法制定会議を前にロアークに呼び出されたクレイは隠しカメラを仕掛けた。
シェルビーは反対の集会を開こうとしていたマキシンから去ったのではなく、
クレイが別れたがったと言われる。

会議が始まるとロアークは修正案の1つで文言の変更の提案を話すと
アレックスがスクリーンを乗っ取り、会議を続ける前に国民は知るべきだと
ロシア諜報員とロアークが修正案の言葉の変更の取引する映像を暴露した。

今の政府の主体は利己的なエリート主義集団で大統領職を盗み、より大きな
目標のため恐怖で国民を支配した。建国の基礎である理想から国を離す力を
得るため、この国の憲法や規範を消し去るためです。大統領の座を保つため
ロアークは何でもすると彼の一味が犯した罪を知る番です。

と言うとウィルはロアークが法律事務所や公民権団体に隠してきた秘密を
リークして、アレックスはアメリカは真実を知る権利があるとロアークの
前に現れて近づくと何者かにアレックスは撃たれた。

撃ったのはミランダで拘束され、ライアンはアレックスに付き添って
救急車に乗るとアイリスとウィルが救命士になりすまし、ライアンの反応で
説得力が出ると撃たれる計画を内緒にしていた。
アレックスはすべての責任を負って飛行場に行き姿を消すことに。

世紀の政治スキャンダルが発覚したロアークは仲間に逃げられて
クレイにここを出たら進む先には警察か報道陣の2つだけで
どっちに行っても地獄だと言われ、ここを出ない道もと拳銃自殺した。
シェルビーはクレイに私じゃダメ、愛しているのはマキシンだ告げる。

2ヶ月後、ニマとレイナは釈放され、クレイはマキシンと結婚した。
ミランダは刑務所にいて厚遇されているが長い服役になるみたい。
オーウェンはCIA副長官になっていて、シェルビーはクワンティコ勤務。

2か月前、チャーター機に乗っていたアレックスの元にライアンが現れて、
2人で一緒に逃亡することに。

G20が終わってからの話がイマイチで脱落しそうになったけど、
一応スッキリと終わったので、このまま終わってもいいと思うけど、
シーズン3は全13話で放送予定だそうです。

クワンティコ/FBIアカデミーの真実 シーズン1 コレクターズ BOX Part2 [DVD] -

クワンティコ/FBIアカデミーの真実 シーズン1 コレクターズ BOX Part2



posted by Jasmine at 21:51 | Comment(0) | クワンティコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月25日

クワンティコ シーズン2 #21

ロアークが大統領に就任し、短期間で多くの大統領令に署名した。
最初の大統領令は“ムスリム登録制度”で賛否を呼んでいたが
ロアークは記者に腐敗を一掃することが必要で、グレープール社の元CEOの
アリス・ウィンターを登用し、登録候補者をまとめていることや
CIAはG20でのテロ攻撃を防げず、FBI本部にもテロ事件が起こったと話す。

“キャッシュ”がオンラインから消されて、オーウェンは協力を求めるが
ライアンとレイナに断られ、シェルビーだけなのでアレックスを呼んだ。
アレックスは3人では無理なのでマシュー、ミランダ、ウィルに協力を頼む。
ミランダはウィルにキャッシュがなぜ消されたのか調べて、私たちは
大統領令を分析して最終計画を見極めると指揮する。

細かいことにこだわるウィルは協力者が起こした貨物機の墜落事故で
ケリーが投資して儲けたなら墜落より簡単な方法で株価を上げられるので
別の目的があると墜落の翌日に政府がエンジン工業と契約して航空会社も続いて、
国内線の737型機に搭載されたと言い、アレックスはロアークに街を離れるなと
言われたので、飛行機ハイジャックが浮上する。

ライアンはレイナからアレックスが消えたことじゃなく、誰と消えたかを
怒ってると指摘されて、2人はアレックスたちを手伝うことに。

エンジン工業が開発したシステムに航空機を遠隔操作できる緊急システムがあり、
安全のため地上から通信できず、機内からアクセスするのでテオが開発した
金融系アプリ“ファンド・フレンド”は先週更新され、利用者数は1億9700万人で
アプリを使って乗客をハイジャック犯に仕立てるつもりと推測。

シェルビーはホテルで大麻を吸っているクレイに電話して、ロアークなら誰を
爆撃犯にする?と聞くと、ムスリムがテロを起こせば登録制度の反対者が
賛成に回ると言われ、どの飛行機のどの乗客か特定するためにアレックスは
アリスに接触して彼女を倒して、便名と乗客名を入手した。

飛行機を着陸させるには緊急対応コードが必要でクレイなら入手できるが
電話には出ないのでシェルビーが説得に行きたくてもファームを出たら
FBIに逮捕されるので、レイナがニマに会うためにFBIに投降する隙に
シェルビーたちはファームを脱出する。

ラリってるクレイはシェルビーに大統領の息子じゃなくなったらマキシンに
フラれたと言い、2000人が命を落とすと言われて、やっと正気に戻った。

ミランダ、オーウェン、ウィルは連邦航空局の指令センターへ行き
機長に緊急着陸を命じるが通信を乗っ取られ、偽機長と通信が繋がっていて
ウィルが場所を特定し、ミランダとオーウェンが偽物を倒した。
各便に緊急対応コードを伝えて、自動操縦を無効にして該当者の携帯を
破壊するように命じて、客室乗務員が携帯を破壊してテロを防いだ。

ライアンはマシューから結婚して31年になる諜報員の妻が無事に帰るか
何年も心配してたと、4か月以上家にいたのは息子たちを産んだ時だけで
マシューが子供たちの世話をしてきたと夫婦それぞれ得意なことをすると
運命の相手を見つけたら心配すべきは相手の成功に貢献できるかどうかと
アレックスを成長させるためにライアンをファームに送り込んだと言われる。

アレックスたち全員は逮捕されると思ったら、ロアーク大統領に呼ばれた。
ロアークは会見でFBIとCIAが協力してテロ攻撃を未然に防いだと
新たな情報機関を作るのではなく統合して新しい組織を作ると言い、
アレックスたちと握手をした。

結局、テロを防いでもFBIとCIAを解体する口実に使われた。
FBIとCIAの統合には憲法の改正が必要になり、賛成する州が増えていく。
バージニア州は反対していたがベイナード上院議員が説得して
フェイクニュースの恩を返した。

アレックスはロアークに味方と思わせる。彼はずっと長期的に考えてきた。
最後のチャンスよ。時期を見計らわないと100日後の憲法制定会議で攻撃よ。
テロリストになる?とみんなに告げた。

クワンティコ/FBIアカデミーの真実 シーズン1 コレクターズ BOX Part1 [DVD] -

クワンティコ/FBIアカデミーの真実 シーズン1 コレクターズ BOX Part1
posted by Jasmine at 22:26 | Comment(0) | クワンティコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月19日

クワンティコ シーズン2 #20

ハース大統領は弾劾裁判に追い込まれる。
ライアンとシェルビーは大統領の腹心と見なされてファームから出れず、
ニマの拘束場所は大統領も知らなかった。

クレイは母親である大統領から私はいいから国を守りなさい。
チームをまとめ、どう反撃するか考えてと言われて、ファームに戻ると、
シェルビーたちと弾劾裁判までにロアークの信用を崩す証拠を探すことに。

アレックスはオーウェンのバックアップで協力者たちに潜入した。
グレープールの本社で協力者たちと会うと、アリスと一緒に元勤務先を訪問し、
ロアークの新生アメリカのメッセージを伝えろと指示を受ける。

アレックスはアリスとCIAのマシューに会いに行くと、CIAの作戦本部長を辞め
私たちが選んだ党に穏やかに権限を移すか現職にとどまってクレアの違法な
チーム結成の役割を暴露されるかの選択を迫るが断られた。

レイナはフェリックスにニマの拘束場所と起訴される場合の罪状を
ロアークから探ってほしいと頼む。
クレイたちはロアークを調べても何も見つけられなかったがレイナが
フェリックスを信用し、ニマのことを調べてもらってることを聞く。

クレイはフェリックスに呼び出されて行くと、ロアークが待っていて
弾劾に協力すれば、チームでの活動は罪に問わないと持ち掛けられ、
外で記者が待ってるので大統領の息子が敵と組んでると報じると言われた。

クレイはフェリックスに裏切られたとシェルビーとレイナを利用して
フェリックスを呼び出し、電話にファイルを転送してロアークがロシアと
手を組んでるように計画するが、フェリックスは罠だと気付いて、
ロアークに辞意を願い出るとクレイとも縁を切った。

アレックスたちは次にFBIに行き、手荷物検査を受けてる時にライアンの
電話が入ったので出ていると警備が水のペットボトルを見つけて回収する。
ライアンはアレックスたちが何か企んでると止めようと携帯から
FBIにいることを突き止めた。

アレックスはアリスとFBIを説得しているいると、ペットボトルをカバンに
入れた覚えがないと気付き、アリスにミランダに呼び出されたと席を外し、
オーウェンにペットボトルのことを電話で伝えた。

毒ガスの運び屋に利用されたかもと回収されたリサイクルがある地階の
廃棄物処理室から空気は大統領特別対策チームの捜査責任者のロウリーの
部屋に行くことがわかる。

アレックスは廃棄物処理室に向かう途中でライアンに遭遇し、手を借りるが
ペットボトルが多すぎて見つけられずオーウェンに電話すると妨害したら
潜入がバレたら戦えなくなるとアリスと合流しろと言われた。

ライアンは火災報知機を鳴らすと言うのでアレックスはライアンを殴って
気絶させると配管を壊して、何もなかったかのようにアリスと帰った。

FBIでテロ攻撃があったことが報道され、ハース大統領は黒幕とされて
チームは解散となり、クレイはみんなを集めて、オーウェンが率いるべき
作戦だったと自分を過信したと話す。

FBIでのテロは6人が毒ガスを吸ったが死者は出なかったことが幸いだった。
ハース大統領は辞任することになり、そのスピーチはとても素晴らしかった。
アレックスはスピーチ前に大領領に私のせいだと謝罪すると大領領は
最後には勝つようにアレックスに頼んだ。

ついにロアークが大統領に就任するが、アレックスとオーウェンだけで
ロアークたちを倒すことはできるのかな?

クワンティコ/FBIアカデミーの真実 シーズン1 コレクターズ BOX Part2 [DVD] -

クワンティコ/FBIアカデミーの真実 シーズン1 コレクターズ BOX Part2
posted by Jasmine at 22:23 | Comment(0) | クワンティコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月13日

クワンティコ シーズン2 #19

ライアンはサーシャが殺されたので彼女の部屋から資料などを盗み出した。
チームは協力者の家に盗聴器を仕掛けて、弱点を探ろうとするが失敗する。

クレイのメールに不正アクセスがあり、マキシンによるとフェリックスが
酔って自宅まで帰れないと来たと、ロアークの差し金でハッキング目的で
訪ねてきたとわかり、ロアークはニマの移送願も出していた。

マグレガー・ワイアット社の株をジェネロン社が買い占めて乗っ取りを計画し、
経営者はピーター・テオだった。
ライアンはサーシャがテオに探りを入れて殺されたので捜査を続ければ
俺たち全員殺されるかもと言い、個別でなく一網打尽にするしかないと
1ヵ所に集めるためにクレイとマキシンの婚約パーティを開いて
協力者6人を招待し、それぞれ説得することに。

シェルビーとケイレブはクレイとマキシンのパーティの準備を手伝う。
協力者たちをバラバラに席に座らせて、エサを用意して寝返らせることに。

大統領がロアークを引きとめてる間にそれぞれ協力者を説得するが失敗し、
アレックスはフレッチャーに私を待ってたんだろうとダンスに誘われ、
新たな政権が誕生し、旧体制は処刑台へ送られる。我々もその変化を
避けられない。再生を導くにはふさわしい人々が必要だ。私や君のように
と言われたが、アレックスは国を裏切るつもりはないと断った。

ライアンはアリス・ウィンターに接触するが相手にされず、盗聴器を見せて
味方だと信用させて、ファームの図面を書いて安心させるとアリスがレオンと
サーシャを殺したと認めた会話を録音し、全面的協力と引き換えに
免責の書類を渡すと、アリスは時間をくれれば2人引き込むと言う。

クレイはシェルビーに惹かれ始めていて、パーティ後にマキシンに今すぐ
結婚しようと言うが、マキシンはクレイが結婚を急ぐのは私から
引き離されないためだと見抜いていて、私があなたの人生で最高の存在
だから結婚するの。不安だからじゃないと言われてしまう。

クレイはシェルビーに絶対に僕を受け止めないと約束してほしいと言い、
シェルビーはケイレブと寝たフリをして、ケイレブはロースクールに戻った。

ライアンはチームにアリスのことを報告するとアレックスはワナを疑うが
みんな試してみるべきと賛成するが、ライアンがアリスに会いに行くと
新聞記者がいて、CIAが国内で活動していると情報があったとワナだった。
ライアンのことが報道されて、ハース大統領は弾劾されることに。

アレックスはオーウェンからもう1つ勝つ方法があるがリスクは大きいと言われ
オーウェンはチームにある全ての情報を盗んだ。
その情報を持ったアレックスはフレッチャーに会いに行く。
敵に飛び込んでスパイとなり、内から叩き潰す作戦かな?

ライアンは記者に見つかったのにクレイたちにすぐに報告しないのは変だと思う。
すぐに対応してたら、ここまで大事にならなかったのでは?
敵に情報が筒抜けなのでどっちにしてもダメだったかな。

クワンティコ/FBIアカデミーの真実 シーズン1 コレクターズ BOX Part1 [DVD] -

クワンティコ/FBIアカデミーの真実 シーズン1 コレクターズ BOX Part1
posted by Jasmine at 00:12 | Comment(0) | クワンティコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月07日

クワンティコ シーズン2 #18

アレックスはオーウェンが現場に出れるようにFBI方式の訓練をする。
いくら元CIA諜報員とは言え、50代と思われるオーウェンには過酷だろう。

“キャッシュ”に5回もアクセスがあり、5都市で暴動発生を想定する。
クレイは打つ手はないと、チームは失敗続きで引き際だと解散すると言い、
母であるハース大統領に会いに行くと、ケイレブが戻ってきていた。

クレイは協力者を阻止できないので諦めて、対策を練るべきと言うが
ケイレブと大統領に戦うべきと言われて、クレイはチームに戻ることに。

一方、チームはアレックスが中心となり、諦めずに敵の狙いを探っていた。
クリーブランドで殺人事件の裁判で3日間評決に至らないのに判事が
審理無効を認めなかった。

事件は浮浪者が押し入り女性を暴行して殺害し、そこへ夫が帰宅し
犯人を射殺したが銃は未登録で刑事責任を問われ、有罪なら子供たちは
施設へ送られる。ハース大統領が推進した大統領令に関係する裁判で
有罪になれば大統領に非難が集中することが狙いと推測。

アレックス、シェルビー、ニマ(レイナ)はFBIとしてクリーブランドに行くと
責任者としていたのはミランダだった。
ミランダはアレックスたちも気づかなかったのレイナだと気付くとはさすがだわ。

陪審員の情報を入手し、協力者の手先がいないか調べると、陪審員から
判事が評議の期限を決めて、さりげなく誘導に導いていると言われる。
アレックスたちはミランダを説得し、賄賂をもらってるカプラン判事に会うと
有罪にしないと告発すると脅されてると言うが陪審員の評決が出てしまう。

有罪判決が下り、裁判所前では暴動が今にも起こりそうだった。
ロアークはハース大統領を弾劾するスピーチをして脚光を浴びるつもりだったが
そこにハース大統領がやってきて、今回の判決は自分に責任があると認める
素晴らしいスピーチを行った。

オーウェンはファームで留守番していると情報を盗みに入った男と争うと
セバスチャンだった。セバスチャンも協力者のことを調べていて
ロスを尾行してたが狙撃は否定し、危険だとハリーに手を引かせたと。
セバスチャンから“防衛”はアリス・ウィンター、“技術”はピーター・テオ、
“イデオロギー”はマックスウェル・フレッチャー、“メディア”は
ウォーレン・シェパードと教えてもらい、協力者の8人全員が判明した。

クレイはフェリックスにロアークと会わせてもらったことでスピーチを
阻止することができたが、フェリックスはロアークからクレイの企みを
突き止めないと永住権をはく奪し強制送還すると脅された。

ライアンはサーシャを疑っていて、盗聴器を部屋に仕掛けたが
逆に盗聴器を仕込まれて、シャーマン、ロアークの名前を知られる。
サーシャは独自に調べていて、ピーター・テオにたどり着いて探りを入れる。

ライアンはサーシャに会いに行くと、味方だと言ったサーシャが車に乗ると
爆発してしまった。
サーシャは協力者に探りを入れたことで殺されたのだろうな。

クワンティコ/FBIアカデミーの真実 シーズン1 コレクターズ BOX Part2 [DVD] -

クワンティコ/FBIアカデミーの真実 シーズン1 コレクターズ BOX Part2
posted by Jasmine at 22:09 | Comment(0) | クワンティコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月30日

クワンティコ シーズン2 #17

“キャッシュ”にアクセスがないのでチームは元の生活に戻ることに。
アレックスはニマと待ち合わせした店に行くと、ニマからレイナの部屋が
テロリスト部屋になってると連絡が入り、目の前にいるのはレイナだった。

レイナは何者かに拉致されそうになり逃げだしてきたと話していると
ショッピングモールでテロ事件が発生したと報道され、アレックスは
チームを招集して、レイナをファームで保護した。

クレイはイスラム圏出身の人々を監視するための出入国登録制度の法案が
下院で決議にかけられてるのが関係してると法案を阻止するために
クレイたちはワシントンに向かった。

レイナはアレックスにAICを追っていて、G20にいた人から話を聞いていて、
レオンも同じことをしていて待ち合わせに来なかったと話す。
アレックスに警察からレオンの遺体が発見されたと連絡が入った。

アレックスはみんなを動揺させないためにオーウェンだけレオンのことを話し、
オーウェンとレイナを拉致した犯人から手掛かりを追うことに。
レイナの拉致犯は元軍人のジニー・カーンズとトニー・ヴィンセントと判明し、
2人は除隊後にプロの殺し屋になっていた。

クレイは友人のフェリックスが議長のヘンリー・ロアークの秘書で
ムスリムなので協力を頼み、浮動票の議員の名前を教えてもらい、
シェルビーたちと手分けをして説得するが、フェリックスに騙されて、
賛成派の票を固めてしまった。

フェリックスはムスリムなのに可決させたのにはアルカイダの列車爆破テロで
姉が亡くなったことが原因だった。

アレックスとオーウェンは電気が通ってるヴィンセント名義の土地で
待ち伏せしてヴィンセントを捕まえた。
ヴィンセントに雇い主を聞くと、レイナの死体をモールに残すはずが失敗し
雇い主が殺しに来るので、ここから逃してくれたら雇い主も次の標的も
話すと言うと襲撃を受けて、ヴィンセントは死んでしまった。

アレックスとオーウェンはヴィンセントの拘束を解いて銃を握らせて
地下に隠れて助かったが、オーウェンは久々の現場での銃撃戦で
動けなかったのはショックだな。

ライアンはサーシャが議会で取材できるように入場許可を手配させて、
票読みを手伝ってもらうが、サーシャはロシア連邦保安庁の関係者だと
FBIが疑ってることがわかる。

ライアンはサーシャにロシア連邦保安庁の関係者か?何者だ?と聞くと
ロシアのやり方が嫌で逃げ出したが両親はまだロシアにいるので
時々情報を渡すだけで両親の安全が守られると、ライアンのことは
言ってないと言い、ライアンはサーシャに信じるとベットインして
彼女のPCからファイルをコピーした。

レイナはテロ事件の犯人として指名手配された。
今は無実を証明できないので、ニマがレイナと入れ替わって刑務所に行くことに。
レイナよりニマの方が耐えられそうだけど、レイナがいないと戦力が落ちそう。

法案は可決されてしまい、ハース大統領は拒否権を行使させた。
協力者の狙いは拒否権を行使させて、大統領辞任に追い込むことだった。
副大統領はまだ任命されてないので大統領が辞任したら下院議長の
ロアークが大統領になることが狙いみたい。

事件は政治絡みになってきて、ちょっと意味不明になってきた。
シェルビーはケイレブに家族があなたを必要としてると留守電を入れた。
アレックスとオーウェンが飲んでいて帰ろうと車に乗り込むのを
セバスチャンが見ていたが、彼もAICを追ってるのかな?

クワンティコ/FBIアカデミーの真実 シーズン1 コレクターズ BOX Part1 [DVD] -

クワンティコ/FBIアカデミーの真実 シーズン1 コレクターズ BOX Part1
posted by Jasmine at 00:27 | Comment(0) | クワンティコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
海外ドラマDiary TOPへ