2016年10月09日

シカゴ・ファイア シーズン1 #16

ケイシーは母親から門限を破ったので保護観察官に会いたくないと言われ、
散歩に出かけたと嘘を言わされる。
手に負えなくなったケイシーはクリスティに連絡をする。

シェイとクラリスは弁護士からダニエルが共同親権を拒絶し、単独親権を
求めると言われ、妻が生まれた子を連れて元カノに走り、シェイの仕事は
長時間勤務で極めて危険で、セブライドとの同居が不利になると言われた。

軽量トラス構造の住宅で火災が発生し、はしごで3階から家族を救助すると、
娘が犬がいると言ったのでクルースは危険なのに建物に入って助けたが、
建物が崩れて倒れるとこのまま死んでもいいかのように立ち上がらず
ケイシーとマウチが助けに行き、マウチが軽いやけどを負った。

マウチはケイシーにクルースのことを相談したのに黙ってろと言われたが、
はしご隊をきちんと仕切る気が?と言われ、クルースに死にたいと思うのは
勝手だがマウチを危険にさらしたと、大隊長に辞職すると言わないと
警察に言うと迫った。

クルースはケイシーにバッチを渡すが、それを見てたマウチはクルースから
すべてを聞いて、お前を許すと言い、マウチはケイシーに許されるべきと
ボーデンに話すのを止めてくれた。

爆発物処理班の支援で出動すると、男が車内で頭を撃って自殺したが、
建物からガソリンの臭いがしたので爆弾が仕掛けられてるとわかった。
上の階の床を切ると、下の階に男の元妻が倒れていて、爆発物処理班と
セブライドが降りると刺された元妻は生きてたが爆弾も発見した。
ウェイリーが救命バックを持って応援に来て、爆弾解除の横で処置をして、
元妻を運び出すことに成功した。

セブライドはウェイリーにレネーの具合を尋ねると、3日間の処置入院に
なったが会ってくれないと言われて、レネーに会いに行くが拒絶される。
退院したレネーとセブライドは話して、レネーはウェイリーの元に戻った。

ハーマン、オーチス、ドーソンはバーのオープンに向けて改装してると、
オーチスはケイシーなら壁塗りが上手なのにと仲直りしろと言われて、
ドーソンは他に選択がなかったとケイシーに言うが許してもらえない。
バーの壁裏に金庫を発見して開けると、箱が入っていた。
箱を開けたドーソンは開けなきゃよかったと言ってたが何が入ってたの?

ケイシーはクリスティーと母親と3人で食事して、夜勤の時は母親を
預かってもらうことにしたが、母親はケイシーがクリスティーが
10年前からビーガンと知らなかったことで姉弟の仲を壊したと気付き、
ムショ仲間の元で居候すると出て行ったが大丈夫かな?

シェイはホームレスに使った針を自分に刺してしまった。
ホームレスは採血を嫌がり、肝炎やHIVの可能性もあると検査を受ける。
その後、ホームレスは採血に同意し、すべて陰性で良かった。

シェイはクラリスからダニエルがニューヨークに行くなら共同親権を
認めると妥協案を出したので申し出を受けたと告げられる。
またシェイはクラリスに傷つけられてかわいそう。

シカゴ・ファイア DVD-BOX -

シカゴ・ファイア DVD-BOX

posted by Jasmine at 21:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | シカゴ・ファイア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月05日

シカゴ・ファイア シーズン1 #15

ドーソンは通りかかった救急車を止めて、兄を搬送してもらい、
アントニオは一命を取り留めた。

分署に麻薬課の刑事がやってくるが、ドーソンは何も話さなかった。
アントニオの家族にも危険が及ぶ可能性があり、ドーソンは
服役中のボイトに助けを求めに行く。

ボイトは外のことを知っていて、貸があるT.T.の居場所を教えるが、
1人で行くなと言われたのに、ドーソンは1人で会いに行き、
銃を突きつけられてしまうが、何とか要件を伝えられた。

ボーデンはドーソンにボイトと面会したことを耳に入る前に
ケイシーに話すように忠告し、ドーソンから聞いたケイシーは
勝手にすればいいと激怒する。

そして、T.T.の指示で女性が証言すると署にやって来たことで
アントニオを撃った犯人が判明した。

少年が湖に落ちたとの通報で出動。
セブライドが潜水して少年を救出したが、一緒にいた父親は息子が
溺れてるのに動けなかったと自分を責めてたが、セブライドは
冷たく危険な湖であなたも溺れてたかもと諭した。

2階の住民の大量の雑誌などの重みに耐えきれずに住宅が崩壊寸前に。
地下には1階の住民の娘と彼氏がいて、エアマットで持ち上げて、
隙間に角材を入れながら進み、娘たちを救出した。

ウェイリーがセブライドに妹のことで誤解してたことを謝罪する。
そして、レネーに連絡を取ってほしいと電話番号を渡されて、
シェイに後押しされて、クラリスが雇ってる弁護士に頼んで、
レネーの居場所を突き止めた。

レネーは怪しいバーで客相手に働き、セブライドは相手にされず、
エリックにはレネーは元気だと本当のことを言えなかった。
そして、レネーは薬の過剰摂取で運ばれてしまう。

ハーマン、オーチス、ドーソンはバーのもう1人の出資者アーサーから
25%の利益分配を要求される。
検査官が店に問題があり、前オーナーとは暗黙の了解があったと言うが、
後日、アーサーと一緒に来た検査官は許可を出したが足を引きずり、
脅迫されたとすぐにわかった。

ハーマンはレンチを持って1人でアーサーに会い、好きなようにしろ
簡単にはビビらないと、1%を支払うのでバーには関わらないと約束させた。
ハーマンが本気だとわかったのだろうけど、ヒヤヒヤしたわ。

ケイシーは母親に父親を殺した理由を聞くと、母親は逆ギレされた。
仮釈放中なのに出かけてばかりの母親にガマンできなくなり、
ケイシーは2週間で家を出て行ってくれと告げた。

シカゴ・ファイア DVD-BOX -

シカゴ・ファイア DVD-BOX


posted by Jasmine at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | シカゴ・ファイア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月27日

シカゴ・ファイア シーズン1 #14

オペを受けたセブライドは医師から完全復帰の許可が出て51分署に戻る。
セブライドの代わりに同期のウェイリーが応援に来ていたが、
彼はセブライドの元婚約者レネーに兄だったのでピリピリしてるし。

シェイはドーソンにクラリスが嫌いなのは知ってるが、彼女と子育てを
するので助けてほしいと告げると、ミルズと寝ていると打ち明けられる。
ドーソンはミルズから母親に紹介したいと言われたが早いと思っていた。

交通事故で出動すると運転手は逃走し、助手席で閉じ込められた女性の
腕には注射痕があり、過剰摂取の搬送は今週5人目だった。
ドーソンの兄で刑事のアントニオがヘロインの過剰摂取が急増していて、
治療も効かない例が多く、殺人の可能性も含めて捜査してると警告にきた。
ドーソンはアントニオから昨夜のアリバイについて口裏合わせを頼まれる。

ケイシーは仮出所した母親と一緒に暮らすことに。
署にやってきた母親をミルズに紹介してると、ドーソンを見つけた母親が
審問会に来てくれたことやケイシーとお似合いだとか言ったことで、
ドーソンは誤解を解くためにミルズに母親に会うことをメールしたが、
間違えてケイシーに送ってしまった。

ドーソンはミルズのことを本気になってるみたいだけど、
ケイシーも捨てがたいってことかしら、ボーデンのこともあるし、
ミルズのことをオープンにできないんだよね。

ケイシー母は世話になったリックが花束を持って出所するのを
出迎えてくれたりしてたのに、彼とは合わないと用無しになり、
他の男とデートして自由を楽しんでるが問題を起こさないといいけど。

バーの火災に出動すると、クルースは真っ先に店内に入ってしまう。
救出された店主はハーマンに潮時だと店を買わないかと言ったことで、
ハーマンはみんなに一緒に店を買わないかと持ちかける。

何度も失敗してるハーマンの話にオーチスとドーソンが乗ってしまう。
契約するとマフィアみたいな男が現れ、ヤバい店だったみたい。

オーチスが67分署に異動する日が近づき、ケイシーが引き止めても
67分署ならエレベーター係を卒業して機関員になれると決めていた。
しかし、セブライドからここに入った時、やっていけるか賭けをして、
無理なほうに懸けたと言われたことで異動願を取り下げたけど、
誰もそんな賭けをしてなくて引き止めるためのウソだった。

ウェイリーは挙式2日前に妹を捨てたとセブライドに怒っていて、
セブライドは謝ったが、レネーはその後飲酒運転で事故を起こして
3ヶ月昏睡状態になったとケンカ騒ぎになり、シェイはレネーが
元カレと浮気したので婚約破棄したと真相を明らかにした。

プレイボーイのセブライドにそんな過去があったとはね。
レネーは家族との連絡を経ち、消息不明となってると聞いて、
セブライドは電話するが、使われてなかった。

クラリスが破水してシェイとセブライドは病院に駆けつけて、
無事に男の子が産まれた。
病室にクラリスの元夫ダニエルが子供の顔を見て抱っこして帰ると、
クラリスとシェイに単独親権の申し立ての書類が届けられた。

ホテルで売春婦2人が薬物の過剰摂取で発見され、1人の死亡を確認し、
1人を処置して病院に搬送すると、死んだ売春婦はアントニオの情報屋で
搬送した売春婦も病院から逃げてしまい、アントニオは捜査に追い込まれ
休むように言うドーソンを振り切って去ると、アントニオが撃たれた。
ドーソンは兄の元に駆け寄り、助けを求めた。

Chicago Fire: Season Two [DVD] [Import] -

Chicago Fire: Season Two
posted by Jasmine at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | シカゴ・ファイア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月20日

シカゴ・ファイア シーズン1 #13

セブライドはレネーとマドリードに移住するので署を辞めると決めた。
ボーデンはセブライドと父親の功績を考慮して放火調査や消防学校の
勤務を提案するが断った。

消防署に少年が子犬をもらってほしいとやってきた。
噛まれたことがあるマウチは反対するが、父親が川に捨てると言うので、
ミルズは里親を探してみると、ボーデンに署で飼いたいと頼むがダメだった。

アーニーがボーデンに電話を掛けてきて、困ってる様子だったが切れた。
その後、金物店から火災が発生し、火元はゴミ箱だとわかった。
またアーニーから電話が入り、叔父さんに強要されたと打ち明けたので、
居場所を聞き出して向かったがアーニーの姿はなかった。

セブライドはレネーから画期的な脊椎手術をしてる医者がいると聞いて
一緒に会いに行くことに。
成功すれば1年でなく、4週間で回復すると言われたが、保険がきかない
臨床手術でマヒが残るリスクもあると告げられた。

シカゴいち暇な67分署からシフトの応援要請があり、オーチスが志願する。
みんなにバカにされて送り出されるが、67分署でいつものように話してると
みんな笑ってくれて、ポッドキャストも聞いてくれてて、消防車の運転も
させてもらえて、正式な隊員を募集してると異動を勧められた。

アーニーの家が火事だと通報が入り、ボーデンは真っ先に家に飛び込んで
2階のクローゼットから火傷を負って意識がないアーニーを運び出した。
ドーソンたちが心肺蘇生をするが手遅れだった。

みんな落ち込んで署に戻ると、ミルズが隠してた子犬の声が聞こえてきて、
甘えてくる子犬にマウチも降参して、子犬はパウチと名付けられた。

ボーデンは逃走するアーニーの叔父を追いかけて、カーチェイスして
捕まえた叔父を殴ってると警察がやって来た。
弁護士はボーデンと局を暴行罪で告訴すると言い、ボーデンは襟章を外し、
上司にまた着けるべきかは休暇の後に言ってくれと立ち去った。

ケイシーは母親の仮釈放審問で発言すると打ち明け、ドーソンも付き添った。
これまでクリスティは反対の発言をしていて、ケイシーは初めて発言し、
子供の頃の思い出話をして、人生の15年を捧げて償いをしたと言うと、
今回はクリスティは発言せず、母親の仮釈放が決まった。
しかし、安定した家庭で暮らすのが条件でケイシーの家に来るみたい。

シェイの元に出産間近のクラリスが家を出て実家に戻ったと現れた。
セブライドがマドリードに行くので、クラリスに一緒に暮らそうと言い、
愛してるとキスをした。

ボーデンは元妻ションダに息子ジミーに会せてほしいと訪ねた。
ジミーはションダの連れ子で3歳から一緒に育てたので会いたいと頼み、
犬のラルフィはボーデンを覚えてて、階段を駆け下りてきて、
ジミーもボーデンと会えて嬉しそうに抱き合っていた。

セブライドは元消防士で今は狩りをして生活してる父親ベニーに会いに行く。
消防局を辞めて、レネーとマドリードに行くと話すが、辞めたくないから
恐れてると誰を裏切ってもいいが自分だけは裏切るなとアドバイスされ、
レネーと別れて、手術を受けることを決意する。手術が成功するといいな。

Chicago Fire: Season One [DVD] [Import] -

Chicago Fire: Season One
posted by Jasmine at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | シカゴ・ファイア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月13日

シカゴ・ファイア シーズン1 #12

ドーソンはミルズと一夜を共にして、少し後悔しながら起きていくと
朝食を作ってたミルズはそれを察し、僕らだけの秘密と言ってくれた。

放置トラックから異臭がして鍵がかかってると警察からの要請で出動すると、
中から音がしたので開けてみると不法移民が置き去りにされていて、
16歳の少女ローサだけ生き残っていた。
ドーソンが通訳して病院に搬送すると、おじの連絡先のメモを渡された。

セスナ機が道路に墜落する事故が発生。
85歳の操縦士は軽傷で管制塔の指示が間違ってたと言い訳するが、
滑走路は離れてるし、自分が大変なことをしたと気付く。

車が何台も巻き込まれて死者が出て、車が突っ込んだ電柱にいた作業員は
飛ばされて付近の家の窓に突っ込んだで腹部から内臓が出てたりと
大変なことになっていた。

シェイが復帰して出勤すると、みんなからヘルメットをプレゼントされた。
セブライドはシェイにボーデンに話すと言ったが言い出せずにいて、
またシェイを怒らせてしまい、やっとボーデンに頸椎骨折を報告した。

セブライドは消防署の医師の診断が出るまで休職を命じられた。
診察の結果を聞きに行くと、ロイスもやって来て付き添ってくれた。
前に検査した時より、状態は悪くなっていて、すぐに手術が必要で
現場復帰も1年はかかるが、完全復帰した人はいないと言われてしまう。

クルーズは仕事を休み、リンゴを切ってたナイフで自分の手を切った。
そこに帰って来たレオンから大学で履修登録したと報告されて、
クルーズは出勤したがまだ闇から抜け出せない。

ケイシーはクリスティから弁護士らしいリックに裁判や家の鍵のことを
聞かれたと知らされて、母親に面会に行く。
同席したリックは弁護士ではなく助言者で、ケイシーが事件の日に父親の
家の鍵を故意に置いたと証言させようとするのでケイシーは怒って帰る。

バスケットのコーチが胸部痛を訴えて、ドーソンとシェイは意識はあるが
心室頻拍なので、心拍を元通りにするためにAEDを使い、嫌がるコーチに
安定するまで何度も使用し、見ていた生徒はやめろと騒ぐ中、
コーチは心肺停止に陥ったがAEDのお陰で助かった。

ドーソンはカードがない花束を受け取ったところをケイシーに見られ、
ミルズを責めるがミルズは花束なんて送ってないと否定する。
後で落ちてたカードを渡され、送り主は前回搬送した犬の飼ってる
飼い主のからだった。

ドーソンはミルズに謝罪するが、その様子を見たボーデンはミルズを呼び、
プレイボーイのセブライドも2年間の見習い期間中は決して同僚の女性に
気を取られなかったと、恋愛より訓練に集中しろと注意されるが、
ミルズは納得せず、ドーソンに本気になってるみたい。

ドーソンはローサのおじに連絡を取ったが、彼女の両親はトラックで
亡くなっていて、15歳なら難民認定されるが16歳なので強制送還なると
無事に帰れるようにローサに渡してくれと現金を預かる。

ドーソンはローサの病室に行き、年齢はドーソンにしか教えてないと確認し、
ケイシーに協力してもらい、ドーソンはもうすぐ16歳になると聞いたのに
病院で16歳と言ってしまったとケイシーに証人となってもらいボーデンに
報告したことで、ローサはおじに引き取られることになって良かった。

ハーマンはリムジン事業を諦めて、買ったリムジンを売却しようと思ったら、
エンジンがダメになり使えなくなってしまう。

スクラップに200ドルで売ると聞いて、ボーデンは救出訓練用の車が必要で
予算が800ドルあるとリムジンを買って、救助訓練に使うことにした。
ハーマンは半年ぶりに女房とヤッたら、また妊娠したと荒れていて、
リムジンを壊してるし。

ケイシーはセブライドに手術後ははしご隊に移ればいいと勧めるが、
マドリードに転勤するロイスから向こうにいいリハビリ施設があると
引っ越すと答えたけど、消防士を諦めることなんてできないだろうな。

Chicago Fire: Season Four [DVD] [Import] -

Chicago Fire: Season Four

posted by Jasmine at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | シカゴ・ファイア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月06日

シカゴ・ファイア シーズン1 #11

ドーソンとシェイが乗っていた救急車がトラックに追突された。
軽傷だったドーソンはシェイの元に行くと、頭を打って意識がなく
病院に搬送された。

事故を聞いてみんなは病院に駆けつけるが、セブライドはシェイが
心配でかなり動揺し、シェイは脳挫傷と診断されて入院することに。

新聞にアパート火災で死亡したのはフラコだと記事が出た。
レオンは署にまで新聞記事を見せにくるが、クルーズの反応から
自分のためにクルーズがしてくれたことを察して感謝する。

しかし、クルーズはケイシーに打ち明けようとするが何を言いたいのか
察したケイシーは一晩考えて、俺と警察に行くか、仕事に戻るか
選ぶように告げた。
クルーズはこの件を簡単には吹っ切ることはできないだろうな。

突然、道路が陥没し、郵便配達の女性が下に落ちてしまった。
周りの土が崩れるので板を使って防ごうとするが板が足りなくなり、
近所の木のフェンスを切ったけど、後で補償してくれるのかな?
腰まで土に埋もれた女性を無事に救助できて良かったけど。

車が歩道を暴走し、人を撥ねて負傷者が出た。
通行人たちは飲酒運転の事故だと激怒して、一触触発の状態に。
ドーソンは運転手は脳卒中だと判断し、搬送しようとするが
男が前を塞いで行かそうとせず、ケイシーは男に手伝いをさせて
落ち着かせるなんて、冷静に判断してすごいなって思った。

母親と面会したケイシーはハリーと別れたと言うと嫌いだったと言われ、
仮釈放審問会でクリスティにも証言をしてほしいと頼まれる。
やっぱり母親がDV父親を殺害して15年も服役してるようで、クリスティも
証言すると言ったが、ケイシーが母親の味方をすると聞いて、ディナーに
招待したのに追い帰したので、仮釈放に反対の証言をするみたい。

ドーソンはセブライドがハイになってることに気付く。
セブライドはシェイが事故に遭っても薬をやめようとせず、
ロイスからマドリードに転勤になったと告げられて、ひとりぼっちに。

このまま薬から抜け出せなくなるかと思ったら、セブライドは
治療を受けることを決意し、ドーソンに助けを求めた。
退院したシェイはドーソンの家に行くつもりだったけど、セブライドとの
ルームシェアに戻ることに。

ハーマンは妻の実家を出て、マイホームを持つためにリムジン運転手の
事業を始めることに。
投資してくれる顧客を見つけたが、顧客はホテル代わりにリムジンを
利用するとわかり、ハーマンは耐えきれず、奥さんは家にいてほしいから
賃貸に空きが出ると提案し、いい奥さんだよな。

シェイが入院中なので、ドーソンはミルズとコンビを組むことに。
自宅で人が倒れてたので中に入ると番犬が現れたが、ミルズは機転を利かせ、
薬を入りのお菓子を犬に与えて、眠ってる隙に飼い主を搬送した。

シェイのために作った料理を無駄にしたくないと、ドーソンはミルズを
食事に誘い、いい雰囲気になりキスして寝ちゃったみたいだけど、
ケイシーから電話が入ってるし。

Chicago Fire: Season Three [DVD] [Import] -

Chicago Fire: Season Three
posted by Jasmine at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | シカゴ・ファイア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
海外ドラマDiary TOPへ