2017年06月20日

シカゴ・ファイア シーズン3 #5

ケイシーは姉と姪と待ち合わせしているカフェに行くといたのは
姪のバイオレットだけだった。
学校でケンカしたので親に内緒で書類にサインしてほしいと頼まれ、
サインしようとしたら、知らないうちに私立から公立の学校に転校していた。

アパート火災が発生し、上層階の工事で取り残された人がいた。
ケイシーはドーソンと屋上の排気に向かい、はしごを操作していたクルースは
ベランダに逃げ出した男性の救助に自ら向かって無事救助した。

退避が命じられるが、屋上にまで火が燃え広がり、はしごが間に合わないと、
ケイシーとドーソンはロープを使って、緊急脱出を行うが、途中でドーソンが
下降器にケーブルを絡ませるアクシデントがあったが降下できた。

小隊長が排気に向かうことは珍しく、ハーマンはボーデンにドーソンの扱いに
困ってると相談し、事前に相談がなかったと苦情を言うが相手にされない。

ケイシーは姉クリスティに会いに行くと、夫の事業が上手くいなかなくて、
別居してるが大丈夫だから心配しないでと言われる。
力になれたらと義兄ジムに会いに行き、バイオレットの学費を援助するので
元の学校に戻すことを提案するが、離婚調停が終われば大丈夫だと言われ、
ケイシーが驚いてると、そこにジムをベイビーと呼ぶ若い女が入って来た。

事情を察したケイシーはドーソンにアントニオに調べてもらおうと言うと、
アントニオも同じ状況だからダメと言われ、ハルステッドは?と聞くと
ドーソンはルゼックを推薦したのは正解!

ルゼックはジムの事業は順調で、クリスティに資産を取られないために
資産を浮気相手の秘書の名義にして隠していた。
犯罪にはならないらしいが、自分の子供まで苦しめるなんて許せない!

エレベーターが最上階まで急上昇して止まってしまう事故が発生する。
外から扉を開けようとするが少ししか開かないので小柄なハーマンが
隙間から中に入ると、エレベーターが2階下に急降下してしまう。

すぐに下の階に移動するが扉の鍵穴がなく、セブライドは上の階の
鍵穴の位置を図って、ドリルで鍵穴を作って、エレベーター内から
女性とハーマンを救助した。

モリーズの関係者たちはボーデンから署の前に置きっぱなしになってる
フーズトラックのことで注意され、駐禁が2枚を貼られていたので、
マウチはプラットに処理してもらおうとするが160ドルを自腹することに。
そうとは言えずに処理してもらったと話し、さらに駐禁3枚を渡されてるし。

再度、ボーデンからトラックの移動しろと注意され、トイレ掃除1ヶ月で
キャップに修理してもらうことに。

前回、ブレッドはハリソンに会いに行って、そのまま彼と寝てしまう。
ハリソンから一緒に帰ろうと言われてるが今の暮らしがいいみたいだったが、
帰宅したブレッドは玄関の鍵が壊れていて、部屋はめちゃくちゃにされて、
犯人と遭遇しながらも、祖母の指輪を返してとバッドで追い出した。

ハリソンは強盗のことを聞いて、ブレッドに一緒に帰ろうと言うが
いつもの自分を否定する彼に違和感を感じたことを思い出して拒否する。

セブライドは相変わらず毎晩飲み歩いて、誘っても誰も相手にしてくれないので
コニーと飲んでたのにはビックリ。

ボーデンはクルースがアパート火災で活躍したので、運転手に戻れるように
自分の昇進がダメになるのを覚悟して上に戻してくれるなんてすごいな。

ハーマンはドーソンがいつも収納庫の扉を閉め忘れてることにイラついていて、
ケイシーの手前もあり我慢してたが、ドーソンは特別扱いされたくなくて、
わざと開けてたとわかる。

ハーマンは普通の候補生として扱われたいなら他の署の空きを待つべきだったと、
いい消防士になってほしいがこの状況では難しいと言うと、ケイシーでなく
あなたにつかせてと言われる。

モリーズでハーマンはドーソンに“立派な消防士にする”と言うと、
ドーソンもそれを望んでいたとハグした。

ケイシーはクリスティにジムのことを話し、早く終わらせて前に進みたいと
泣いてるクリスティを慰めてると、バイオレットも話を聞いてたみたいで
ケイシーは心配するなとハグした。

ケイシーはジムが愛人とレストランにいるところに行き、明朝8時に
オフィスに行って帳簿を全部調べると準備しておけと告げた。

シカゴ・ファイア DVD-BOX -

シカゴ・ファイア
posted by Jasmine at 21:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | シカゴ・ファイア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月13日

シカゴ・ファイア シーズン3 #4

セブライドはバーで酒を飲んで、帰宅中に電車が急停止した。
誰かが発砲した!と乗客たちが逃げてきたので、犯人に近づこうとするが
銃を向けられてしまう。
1人は死んでいて、車掌の女性が撃たれて負傷していた。

セブライドは隙をついて犯人を倒して、銃を窓から捨てたが地下なので
携帯が通じず車両の無線で通報した。
後ろの車両にいた犯人の仲間がやって来たので、彼女を連れて線路に降りると、
使われてない駅に逃げ込んで応急処置をする。

車掌はセブライドを医者かと思ったが、消防士で親友が救急隊員だったと話し、
火をつけて警報機を鳴らすが、犯人たちがやって来て、銃口を向けられたが、
バージェスたちが駆け付けて助かった。

ドーソンが候補生として初出勤し、ミルズも救命士として勤務することになり、
クルースは3か月の運転業務禁止となる。

スクラップ工場で男性が車に挟まれた事故で、ドーソンはジャッキの用意を
命じられるが、ハンドルが見つからずに手こずってしまう。
署に戻ったドーソンはケイシーに謝ろうとするがハーマンが何も言うなと止めた。
なのにドーソンはケイシーに謝ってしまい、今からみんなで訓練しろと命じられ、
だから言うなって言ったのに。

セブライドが顔にあざを作って出勤したので、みんなはその理由を賭けてるし。
ボーデンはシカゴ署からセブライドの大活躍を聞くが、遅刻ギリギリで出勤したり、
立ち直れないセブライドに乗り越えるか署を去るかと注意する。

署にブレッドを訪ねて、ハリソンがやってきた。
ハリソンはみんなの前で挙式前に逃げ出したことを謝り、やり直したいと言われ、
逃げ出したのではなく、逃げられたことがバレてしまう。

ブレッドは部屋にお金を置いてたのは、自分の車が修理中だったので彼の車で
シカゴに来たので、返済しようとお金を送ってたからだった。
ハリソンから結婚して一緒に住もうと言われるが、この仕事が気に入ってると告げた。

ビル火災の現場に出動し、大やけどで危険な状態で出てきた女性が地下に15人いると
知らせたことで、違法労働でドアにチェーンがかけられて逃げられなかった人たちが
無事に救助できたが、知らせた女性は亡くなってしまう。
ブレッドは女性を救えなかったことでショックを受けて、ハリソンに会いに行った。

ドーソンはポンプの水がなくなる前に消火栓にホースをセットするように言われるが、
消火栓が壊されてたので、機転を利かして、付近のアパートの消火栓を使ったことで
水を確保できた。

モリーズ2号店の営業許可をもらうために消防局の検査を受けたが、
規定が改訂されてるのを知らなくて、改修に3万ドルはかかるらしい。

ハーマンは小隊長のポストがなかなか決まらず、本部の人間に聞いたら
ヘイル・チーフがハーマンに恨みがあるとわかる。
本部に訪ねて行くが会ってもらえず、葉巻を預けて帰るが送り返されたので
家を訪ねると、ガレージには大量のエナジー水があり、ハーマンに必ず儲かると
言われて大損したからだった。

セブライドは病院に車掌を訪ねるとケンドラに退院したと、シェイがいなくて
悲しいみんな同じ気持ちよと言われる。
車掌が消防署を訪ねて来て、救命退院の友達に会いたいと言われるが、
彼女は亡くなったと言うと、車掌はセブライドの手を握り、彼女はここにいる。
そう感じるわと言われ、セブライドもそろそろ立ち直れそうかな?

シカゴ・ファイア シーズン2 DVD-BOX -

シカゴ・ファイア シーズン2
posted by Jasmine at 21:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | シカゴ・ファイア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月05日

シカゴ・ファイア シーズン3 #3

ボーデンはケイシーにドーソンを51分署に残すことを提案する。
夫婦は一緒に働けないが、付き合ってるだけなら目をつぶるらしく、
ケイシーがドーソンに話すと大喜びで即答する。

ドーソンは後からマズイと気づいたらしく、ケイシーと話し合うと
ケイシーの下で1年働き、他に移動してから結婚すればいいと理解を示す。

ケイシーたちが火災現場に出動すると、ウェルチたちのはしご車が別の通りを
並走してたが、ケイシーは競争しないと彼らと譲るとクルースに運転に集中しろ
と言ったところで、ウェルチたちのはしご車と交差点で衝突する。

51分署のはしご車が横転し、後ろを走ってたセブライドは本部に事故を知らせ、
救助活動に入り、前を走ってたドーソンも本部の指示で現場に引き返す。
51分署の方はマウチが目に異物が入って出血したが、他の隊員たちは無事で、
オースティン署の方はウェルチは軽傷で1人が腕の骨折とパリッシュが脚の骨が
飛び出て、運転してたモリーナは意識不明の重体で、セブライドたちが救助する。

クルースは警官に飲酒や薬物の服用がないか検査され、信号が青なのか覚えてなく、
ケイシーも信号を見てなかったが赤なら徐行してたはずとクルースを擁護する。
しかし、監視カメラで衝突の30秒前に赤信号を突っ切り、30キロは出てたとわかり、
クルースはモリーナが助からないと過失致死罪に問われると弁護士を雇えと言われる。

救助中に消防車の屋根に上がってたミルズが意識を失って転落した。
セブライドは崩落事故からめまいがあると聞いて、医者に診せるように命令する。
ミルズは医者から眼振と診断され、右耳内の前庭器官を爆破で損傷したのを
脚のケガで見逃したようだと、消防の仕事には戻ることはできないと告げられる。

ボーデンはミルズが父方の家族に会ったと母親から聞いて、親父さんはよく家族の
話をしてたし和解したがってたと、子供たちにルーツを教えたがってたと話す。
ミルズは末期のガンで施設にいる祖父のレオナルドを訪ねた。
祖父は会えてうれしいと泣いて喜んだ。

モリーナのオペは終わったが脳が腫れていて危険な状態だった。
クルースがウェルチに話に行くと突っかかって来たので、ハーマンはモリーナと
家族のためにモリーズで支援金を集めようと提案した。
プラットの命令でアトウォータも駆り出される。

クルースとマウチはモリーズ2号店のフードトラックを探していた。
ニューハウスがフードトラックを調達し、共同経営者になりたいと申し出た。

モリーナの意識が戻ったと連絡が入り、ケイシーたちが支援金を届けに行くと、
ウェルチがうなずいたので、何が何でも81より先に到着しろと受け取ったと
モリーナが打ち明け、ウェルチとモリーナの責任とクルースの疑いは晴れた。

ケイシーはタイバーグ・チーフにドーソンを81小隊に迎えたいと了承を得た。
ドーソンがはしご隊に行くなら、ミルズは救命士として働けるみたい。

シカゴ・ファイア DVD-BOX -

シカゴ・ファイア
posted by Jasmine at 00:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | シカゴ・ファイア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月28日

シカゴ・ファイア シーズン3 #2


セブライドが51分署に復帰し、ケイシーとドーソンが引っ越しした新居に
しばらく居候することに。
ブロンドのブレットの姿がシェイを思い出すので、彼女を避けてしまう。

セブライドはリンジーに戻って来たと挨拶に行き、時々会えるかな?と言うと、
今夜飲みに行こうと言われるがキャップたちと約束してると言ったのに、
1人でバーで飲み、ケイシーの家にも戻らなかった。
モリーズで酔っ払ったセブライドはブレットに絡んだりと様子が変で、
ハーマンはケイシーに署で寝泊まりしてると話す。

ドーソンはビールの差し入れを持って、異動する105分署に挨拶に行くが
ウェルチたちは歓迎してくれない。
ドーソンはケイシーと訓練をして、階段を登った先に婚約指輪が置いてあり、
ケイシーはプロポーズすると、ドーソンはもちろんと答えた。

ケイシーはセブライドに、ドーソンはブレッドに婚約したことを話したが、
夫婦は同じ所に勤務できないので、他のみんなに内緒にすることに。

ドーソンはブレットと出動した場所がブレットの家の近所だったので、
帰りに彼女の家に寄るが、物騒な地域でまだ口座を開いてないと
現金を家に置きっぱなしで、誰かに居場所を知られたくないようだね。

地下の点検口内に負傷者の出動で現場に到着すると、ガスで意識を失ってる
作業員2名を発見し、スペースが狭いのでマスクをつけたミルズを逆さに
吊り下げて救出する。

最後にミルズを引き上げようとしたら引っ掛かり、ミルズは意識を失った。
みんなで協力してミルズを救助して意識が戻ったが、ボーデンはキャップに
装備の点検を指示するが、何も問題がなかったと言うが気になるな。

ハーマンはクルースとマウチにモリーズ2号店の経営参加させてやると、
その代わりに繁盛させるアイデアを出せと言う。
クルースはフードトラックを提案し、初期費用も少ないし、どこへでも移動でき、
モリーズの宣伝にもなると完璧なプレゼンにハーマンは気に入ってくれた。
ハーマンよりクルースの方が商才があるのかも。

ボーデンはドナの検診に立ち会い、なぜ妊娠がハイリスクなのか質問してるし。
消防隊長なのに高齢出産を知らないの?赤ちゃんは元気で順調みたいで良かったね。
ニューハウスの娘ナオミが学校が休みなので署にやってくるが、何かと父親を
心配するのはなぜだろう?

ミルズは父方の親戚の家を訪ねて、祖父レオナルドと話したいと言うが、
ここにはいないと言われてしまう。
ミルズ母が署にやってきて、ミルズが父方の親戚に会いに行ったこと責め、
会わない方がいい人たちで、父親も縁を切ってたと言われる。

父親は白人で黒人の母親と結婚すると知って、父方の親族はミルズ母に
酷いことを言ったらしい。
署にミルズの親戚がやって来て、祖父レオナルドが会うと言ってる言うが、
あんたの一族はくそくらえと言っておいてくれたと告げた。

ドーソンはダイバーグ・チーフから呼ばれ、候補生の空きが埋まったので
105分署への異動がなくなったと言われる。空きを探すが時間がかかるかもと
夫婦は同じ所に勤務できない規則になってるし、どうなるのかな?

リンジーは酔っ払って約束に遅れたセブライドに似た者同士だから、
どんなにツラくてもがいてることもわかると、友達としていつでも力になるが、
独りで待ちぼうけする女にはならないと言われ、彼女は親友だったと打ち明ける。

シカゴ・ファイア DVD-BOX -

シカゴ・ファイア DVD-BOX

posted by Jasmine at 18:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | シカゴ・ファイア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月21日

シカゴ・ファイア シーズン3 #1

隊員たちが入った現場のビルで爆発が起こった。
不法侵入者が料理をしててガスボンベに引火したことで天井が崩落し、
セブライドやケイシーたちも無事だが、瓦礫の下敷きになったミルズは
足を骨折していて、シェイは重症でドーソンが蘇生処置をしていた。
セブライドも蘇生処置するが、ケイシーが止めて病院に搬送した。

6週間後、ミルズは足の負傷から回復して復帰する。
シェイは殉職し、隊員たちは徐々に乗り越えようとしていたが、
ドーソンとセブライドはまだ立ち直れない。

シェイの後任にシルビー・ブレッドが配属された。
ドーソンは51分署が落ち着くまで、救命士として残ってたがボーデンは
消防士として前に進めさせようとしていた。

スタンドでケイシーたちはウェルチの隊に会うと、住宅火災の要請が入り、
早く着いた方が指揮すると競争し、先に到着したケイシーが指揮することに。
ケイシーは地下にいる巨漢の住人を助けに行くが、階段が焼け落ちて
地下室に取り残されてしまう。
ウェルチの助けで、ケイシーは救出できたが、ドーソンのことで現場で
ケンカになりそうになり、ボーデンに止められた。

ドーソンはブレッドと出動するが、シェイのことを思い出してばかりで
そんなドーソンにブレッドは“彼女に代わりになろうと思ってない”と言う。
ブレッドはインディアナ中部で一番の芝生の販売人のハリソンと婚約してたが、
幼なじみで家族ぐるみの付き合いで、どんなに深く考えても思い切れなくて、
式の数週間前に怖じ気づいてシカゴに逃げてきたらしい。

セブライドはシェイが殉職してから欠勤し、ついに無断欠勤になったので、
ケイシーが山小屋にいるセブライドに会いに行く。
セブライドは消防士をやめると言い、ケーシーは止めようとせずに
ボーデンの出動日記をセブライドに渡した。

出動日記には毎回救出された人の人数が書かれていて、ケイシーは
警察学校に飾られたアンディやシェイたちのバッジは“死”ではなく、
“救った命”の象徴だと言うと去った。

車が消火栓にぶつかる事故が発生する。
運転手の男性は無事だったが、消火栓から噴き出した水が車内に溜まり、
助手席の女性が意識を失って水に沈んでいた。

すぐにガラスを割って救出し、ドーソンは穿刺セットがないことに気付くと
ブレッドが機転を利かせて処置し、初めて見る方法だったドーソンは
やっと彼女のことを認めた。

ボーデンはドナとマウチの恋人プラットとダブルデートをすることに。
レッド・ツェッペリンのコピーバンドのライブを見に行くことになるが、
乗り気でないボーデンはすっぽかそうとするがドナに説得されて行くことに。

ミルズは父方の家族捜しを頼んでたニューハウスから父方のおじいさんが
シカゴ郊外にいると家系図を渡された。
母親からシアトルにいると聞いてたらしく、隠したのには何かありそうだな。

ドーソンは爆発事故からカウンセリングに通っていたが、何も話さないので
牧師に話すまで待つと言われると、ついに話し始めた。
ドーソンはシェイを独り立ちさせようと爆発前にケガ人を処置しようとして、
いつもは自分がするのにシェイと立ち位置を交代し、爆発が起きてシェイは
頭に重傷を負ったと、泣きながら自分を責める。

セブライドは署に復帰すると決め、シェイと住んでた部屋を出ることになり、
ケイシーは好きなだけうちにいればいいと。
部屋を片づけてたセブライドはシェイと暮らし始めた時、2人で契約した
録画映像を見つけ、それを見ながら涙する。

シーズン3の集合写真にシェイがいないなと思ったら殉職だなんてショック!
シェイは好きなキャラだし、セブライドの関係が好きだったのに。

シカゴ・ファイア シーズン2 DVD-BOX -

シカゴ・ファイア シーズン2
posted by Jasmine at 16:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | シカゴ・ファイア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月07日

シカゴ・ファイア シーズン2 #22(終)

シーズンフィナーレはショックな結末でビックリ!
次が見たいと思ったら、BSスカパーで無料先行放送を録画中だったので
続きを見たけど…。

ドーソンは消防士の試験に合格し、51分署のみんなから祝福される。
正式にオースティン105分署に配属が決まり、ウェルチが小隊長なので
ケイシーはウェルチにドーソンと付き合ってるので敬意をもって
接してほしいと頼むがダメだった。

出動指令で向かうとそこは聖メアリーズの寄宿学校だった。
火災は建物全体に広がっていて、まだ中に残っていた生徒たちを救出し、
ボーデンはあと1分で退避を命じ、セブライドとミルズは最後の部屋で
割れた窓で腹部を切った生徒を発見して救出した。

消火作業が終わって建物を確認してるとニューハウスはベッド下から
まだ意識がある全身大やけどの少年を発見した。
セブライドは少年を見逃したことにショックを受ける。

セブライドはボロボロのバイクを買ったので、その修理に没頭していた。
病院に少年の様子を見に行くと、重体で危険だと看護師から聞く。

シェイは部屋が見つかるまでとデボンを泊めた。
セブライドはデボンを泊めることに反対で、仕事のイライラもあって、
デボンと衝突してしまう。
家を出て行ったセブライドはシカゴ署のリンジーを訪ねて、少年のことを
聞いてもらい慰めてもらう。

修理したバイクに乗ってセブライドは再び病院に行くと、看護師から
少年が持ち直したと告げられた。
ミルズはニューハウスに父方の家族を知らないので調べてほしいと頼む。

ドーソンはシャワー中のケイシーに要件を聞いてくれと言われて電話に出て、
指輪のことを知ってしまう。
ケイシーは87分署に空きがあると聞いて、ドーソンに行かせようとするが
ドーソンは特別扱いはイヤだと断った。

ボーデンはハーマンに土曜日にドナと結婚するので付添人を頼むと、
挙式の場所が決まってないと聞いたハーマンは通ってる教会を勧めたが
神父から許可が下りなかった。
困ったハーマンはマウチからシンディの知恵を仰げとアドバイスされる。

挙式当日、ボーデンはハーマンから教会はダメだったと聞いて激怒し、
ドナから51分署にいると電話が入って向かうと挙式会場となっていた。
ミルズがネットと資格を取って、式を執り行った。

パーティでマウチはプラットと出会った。
ケイシーはドーソンにプロポーズしたところで出動指令が入ったので
答えはお預けとなり、ボーデンも一緒に出動する。

煙が出てる建物に入る前にセブライドはシェイと仲直りした。
負傷者がいると無線が入り、ドーソンとシェイは建物に入るが、
隊員たちの無線連絡が聞こえなくなり、大爆発が起こった。

シカゴ・ファイア DVD-BOX -

シカゴ・ファイア

posted by Jasmine at 20:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | シカゴ・ファイア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
海外ドラマDiary TOPへ