2017年02月17日

Law&Order:UK シーズン5 #5

高架橋から飛び降り自殺をしたと思われる女性ランヤ・ハビブの事件を
捜査していたブルックスとホーキンスは自宅にあった予定表がびっしりで
アパートの階段で漂白剤の臭いがして、検視から階段からの転落と判明し、
何者かが死体を運んだ殺人事件として捜査することに。

ランヤは亡くなる前に空港でエジプトから来たエルサイドを出迎えてた。
エルサイドに6000ポンドも支払って、彼の滞在先のホテルの部屋から
爆弾の材料となる薬が見つかり、エルサイドがロンドンブリッジを
観光してたので、テロを疑って観光客を避難させる大騒ぎとなったが、
エルサイドが持ってたのは薬で医師だと言い、アリバイもあった。

息子タリクは失業中で母親に金の無心をしていた。
孫のライラは両親がアラビア語でケンカしていて、父親がエジプトに
行かせたがってたと言い、父親が車で出かける音を聞いたと。

監視カメラから車を運転してたのは妻サフィアとわかり、殺人容疑で逮捕した。
サフィアの犯行動機がわからず、サフィアはライラの心配ばかりしていた。
ホーキンスはエルサイドを調べていて、6000ポンドはFGM(女性器切除)の
報酬だと判明し、それに反対するサフィアは止めようとして殺してしまった。

ソーンは本人が事実を言わないし、検察としては証拠にならないと言うが
パーカーはサフィアが弁護士といる時に、弁護士に話すように説得する。
これにソーンは激怒するが、パーカーは本件から降りると言ったのには
エルサイドを起訴したいからだった。

裁判でサフィアは娘を守りたかったと、激怒したランヤが小突いたり、
責められて事故だったと、サフィアは自分もFGMを受け、つらい思いをしたと
告白したことで、母親の言いなりだったタリクも事態を重く受け止めた。

弁護士の最終弁論中にエジプトから来てたタリクの妹が“お前の汚れた娘を
切除してやる”と言い、サフィアは“私は後悔してない、必要ならまた殺す”
と言い返してしまう。
サフィアは取引して故殺で懲役4年となるが、2年で出られるらしい。

タリクは娘とサフィアを待つつもりだったが、妹がライラにとって危険だと
一緒には暮らせないと言われたのは仕方ない。

パーカーはホーキンスとエルサイドについて証言してくれる人を見つけ、
またロンドンに来たエルサイドをブルックスとホーキンスが逮捕した。

Law & Order UK: Season Two [DVD] [Import] -

Law & Order UK: Season Two
posted by Jasmine at 00:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | Law&Order:UK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月10日

Law&Order:UK シーズン5 #4

休職中のチャンドラー警部補が再登場したが、こんな形での再会とは。

ニール・レスターの撲殺遺体が自宅で発見された。
ノートPCが盗まれていたので、その中にあるデータが狙いだと推測し、
ブルックスたちは職場を訪ねると、9か月前にリストラされていて、
レスターの妻はリストラを知らなかった。

口座に入金された16万ポンドがあり、ニールは振込先の口座を開いて、
エディ・スチュワートから16万ドルが入金された後、口座を閉鎖していた。
同じ銀行でエディは自宅を担保に融資を受け、差し押さえになっていて、
友人のフェリックスを訪ねると、エディはオーストラリアに移住したと。

そして、エディの娘がチャンドラー警部補と判明する。
チャンドラーは父親とは4ヵ月前に会い、30年以上も同じ家に住んでると
家が差し押さえられ競売にかけられたこともニールのことも知らなかった。

ニールのPCをフェリックスが中古店に売ったとわかり、自宅を訪ねると
エディが帰って来たので逮捕した。
ニールのことは知らないと供述するが、凶器からエディの指紋が発見され、
チャンドラーは父親が殺人容疑で送検されたと告げられる。

罪状認否でチャンドラーは父親が転倒して入院してたので医療記録から
精神状態が不安定だと訴え、精神鑑定を要求して時間稼ぎをした。

ブルックスはチャンドラーとニールの妻を訪ねると、息子が友達の家に
忘れてたニールの別のPCがあるとわかり、そのPCを調べると住所、
カード明細などの400人以上の個人情報を盗んでいた。

銀行の融資担当とのやり取りに使ってた郵便サービスを調べると、
ニールがエディの名義で私書箱を作り、私書箱には銀行からの最後通告、
競売実行の通知が届いていて、ニールに家を盗まれたと判明。

ソーンは事情を考慮して、故殺で取引を提示するがエディは断った。
チャンドラーはブルックスに最後の頼みだと、拘置されてるエディに
面会させると、チャンドラーは父親に思いをぶつけた。

エディはニールからのメールに個人情報を書いて返信してしまい、
突然、執行官がやって来たことで騙されたと知る。

ニールのメールアドレスから自宅を突き止めて、PCにある情報から
詐欺を立証しようとしたが消された後で、バカにされたニールにキレて、
殴ってしまったが、エディは子供から父親を奪った罪から重罪を
受け入れようとしてたが、娘の気持ちを察して、故殺を受け入れた。

チャンドラーとエディがちゃんとコミュニケーションを取ってたら
犯罪を防げたかもと思うと残念だ。

Law & Order UK: Series 1 [DVD] [Import] - Law & Order: UK

Law & Order UK: Series 1
posted by Jasmine at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | Law&Order:UK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月02日

Law&Order:UK シーズン5 #3


ブルックスとホーキンスが麻薬捜査班のおとり捜査に参加する。
逃走した売人をホーキンスが捕まえたが、売人は川にドラッグ入りの
カバンを投げてしまった。
川を捜索中に引き上げた車のトランクから白骨化した死体を発見する。

遺体は80年代に殺害された20代男性とわかり、車の最後の所有者の
ニッキ・キャロルを訪ねると、弟を見つけたのかと泣き出した。

弟のテイラー・ケインはアフリカ系警官で85年に消息不明になり、
ブルックスは情報提供を呼び掛けてた母親を覚えていた。
支援者と団体を作って活動してたが、進展もなく支援者も離れていき、
2年前に母親は亡くなっていた。

古い資料からケインは潜入捜査中だったとわかるが、87年に任務終了と
署長のグリーンやベネットが署名していた。
連絡員のランガムはケインと連絡が途絶えたと、暴動の前夜に警官の
集まるパブの外で会ったのが最後で、ランガムはグレイディと飲んでいたが、
グレイディはケインに見覚えはないと、捜査することに警告する。

ベネットはケインを捜したが見つからなかったので逃げ出したと思い、
グリーンが先に署名してたので事務的に処理したと、グリーンはケインが
殉職した証拠がないので家族に弔慰補償金は支払わなかったと感じ悪い。

科捜研が遺体を調べて、骨に埋まってた木片を発見し、凶器は警棒だと判明。
元パブの店員は暴動の日にグレイディが酔ってケンカしたので車のキーを
取り上げたら、人の車を盗んで猛スピードで去ったと証言した。
暴動翌日にグレイディは警棒を注文してたのでケイン殺害容疑で逮捕した。

ケインの失踪の目撃者の供述書がなくなっていて、状況証拠ばかりだったが、
ソーンはグレイディを謀殺罪で起訴をすると決めた。
グレイディの弁護士に第8項を使って、目撃者の供述書を要求しろと誘導し、
判事が第8項に基づいて令状を発行して、ベネット、グレイディ、グリーン、
ランガムの自宅と職場などが捜索されたが供述書は見つからなかった。

警視総監まで法廷にやって来たが、元パブの店員の証言はやり込められる。
ブルックスはベネットがガンの妻の医療費に大金を支払ってると突き止めて、
報酬を受け取ったのかと追及し、グリーンから金を受け取ったと認めて、
書類はすべて手書きで複写して残ってると。

ランガムの供述書が見つかり、ランガムはパブの裏でケインと会った時、
グレイディが外の空気を吸っていて、10分後に様子を見に行くと倒れてる
ケインに怒鳴っていて、ケインは這って姿を消したと、供述したことを知った
グリーンから“二度と口外するな”と言われ、ベネットにグリーンのことを話すと
“言われた通りにしろ”と言われたと証言した。

グレイディとランガムがまだ現役として働いてたのが怖い。
80年代は今よりも少数派の警官は大変だったのだろうな。

Law & Order UK: Series 5 [DVD] [Import] - Law & Order: UK

Law & Order UK: Series 5

posted by Jasmine at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | Law&Order:UK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月27日

Law&Order:UK シーズン5 #2

児童精神科医のフィリップ・ガードナーがオフィスで刺殺された。
オフィスに隠し部屋が見つかり、ベッドも置かれていた。
ガードナーの妻アリソンは夫がオフィスに泊まることがあったと言うが
隠し部屋のことは知らない様子。

ホーキンスは隠し部屋にあった200ポンドのフェイスクリームに
スケボーのワックスから金持ちの女の子の持ち物だと推測し、
スケートパークに向かい、ブルックスはアンナのことを聞きだし、
名前を呼ばれたアンナが逃げ出すと、ホーキンスが追いかけると
良い役割分担になってるし。

アンナは母親と不仲でオフィスに泊めてもらったが何もないと、
主治医が亡くなったことにショックを受け、患者が学校にナイフを
持ち込もうとしてたが解決したことを話す。

ポールを訪ねるが部屋に鍵をかけて閉じこもり、ライブ配信をして
ガードナーが殺されて動揺し、ナイフで首を切って後追い自殺をして、
ホーキンスがドアを壊して救助した。

ポールは一命を取り留め、精神科病院に入院することに。
ナイフはガードナーが持ってると言ったのでオフィスを調べ直すと、
隠し引き出しから患者クレアとの関係を話すテープが見つかる。

ガードナーの子供たちを聴取すると、息子は母親に言われた通りに話すが、
娘リサは深夜に母親が自宅にいなかったことを話した。

アリソンを聴取するがクレアやテープのことは知らないと言い、
テープを聞かせるとキレて、“私は混乱の海にいる岩”とポールが
ガードナーから教えられた言葉を唱え始めたので夫の元患者とわかり、
アリソンを夫の殺人容疑で逮捕した。

リサは供述を変えたがソーンは弟を証言台に呼ぶことになると告げると、
父親のオフィスでテープを見つけて、母親に話したことを供述する。
アリソンが事件後に母親に電話した留守電から電話した場所を特定し、
川を捜索すると凶器のナイフが見つかった。

アリソンは15歳の時にレイプされ、また繰り返す気だと知って恐ろしく、
衝動的になって刺したと自白した。
しかし、ソーンはアリソンが何度も刺し、血が付着した衣類や凶器を
処分する冷静さがあったので意図的にやったと謀殺罪で起訴する。

エマが証言台に立つと、アリソンは娘に話しかけたり陪審の同情を得る。
弁護側は児童精神科医のキャリー医師を証人に呼び、児童虐待の
トラウマの影響を強調するつもりで軽い故殺罪になる可能性が出た。

シャープ首席検事はキャリーが弁護士の患者と性的関係を持った過去を
切り札として出すが、その弁護士とはシャープだったとはね。

アリソンの証言を聞いたブルックスとパーカーは何かに気づいて
証言中に退出し、ガードナーのテープを確かめるとアリソンの証言と同じで
クレアとは2人が行った町の名前で、ガードナーはアリソンとの関係を
回想録としてテープに残していただけで浮気などしてなかった。

アリソンとガードナーの関係は最初は倫理に反してたと思うが、
子供も生まれて幸せだったのに殺す前に話をすればよかったのに。

Law and Order UK: Series 4 [DVD] [2011] by Bradley Walsh -

Law and Order UK: Series 4
posted by Jasmine at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | Law&Order:UK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月19日

Law&Order:UK シーズン5 #1

ファイナルシーズンがスタート。
ケイシーがいなくなった理由は不明で後任として、児童保護課から
ジョー・ホーキンスが異動したきた。

パトカーが交通違反の車を追跡中、車がトラックと衝突事故を起こして、
運転手のビリーは死亡し、トランクから60代男性の遺体が発見された。
遺体は両手と歯がなかったが、透析治療を受けた跡から宝石商の
ハリー・バーンスタインと判明する。

屋上駐車場でハリーの歯が見つかり、監視カメラから壁に落書きしてた
少年ダニーが事件を目撃してるとわかったが、強いショックから
記憶を思い出せず何も話さない。

ブルックスはホーガン事件の裁判に備えて、ソーンたちと証言練習をする。
ホーガンは麻薬密売人で勢力争いをしていたベイラーだけでなく、
泊りに来ていた8歳の娘セリーナが犠牲となった。

裁判は2回も流れ、検察は今度こそ裁判を進めたかったが、陪審員の女性が
ハリーの妹で兄の切断された手が届いたと陪審員をできなくなってしまう。
ソーンはこのまま裁判を続行させるために陪審員なしの裁判を主張し、
判事もそれを認めたが、ホーガンの弁護士は判事の交代を要求する。

次の判事は検察は立証責任を満たしてなく、合理的な疑いが存在すると
ホーガンに無罪判決を下した。
釈放されたホーガンはブルックスに引き金を引く仕草をした。

ビリーの共犯者だったクリスがホーガンと刑務所で面会してたと判明。
ホーガンの指示でビリーとハリーを殺したと追及するが否認する。

児童保護課にいたホーキンスがダニーの心を開き、殺害に現場に連れて行き、
犯行の様子を思い出させ、2人組の男に泣きながら命乞いをした男がいて、
2人組の1人が着けてた金の鎖を引っ張ったことを思い出す。

証拠にあった金のネックレスがDNA鑑定でクリスの物だと証明できると言うと、
クリスは命令した男の名前を自白し、ブルックスたちがホーガンを逮捕した。
今度こそ有罪を勝ち取ってほしい。

Law & Order UK: Series 3 [Import anglais] -

Law & Order UK: Series 3

posted by Jasmine at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | Law&Order:UK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月14日

Law&Order:UK シーズン4 #6(終)

リチャード・ピーターズの遺体がアパートの外で発見される。
近くにベビーカーが見つかり、リチャードはパートナーのウィルクスと
養子のレオを育てていたので殺人誘拐事件として捜査する。

レオは麻薬常習者の母親から産まれた影響でてんかんの薬が必要だった。
殺害時刻にバンが出て行き、前科のある所有者を連行するが無関係で、
若い男女がアパートの前にいたことがわかった。

女性はレオの実母ルースと判明し、友人の家でルースを発見して連行する。
ルースの弁護士からレオの父親がニールだと聞き出すが、ルースはニールの
居場所を言わなかったが、レオには1日2回の投薬が必要と説得され、
ニールの家にいたレオを保護する。

ニールはリチャードが子供を取り返そうと腕を掴んだので押したが
蹴ったことを否認し、ルースはニールが押した後にリチャードの
頭を蹴ったと供述した。

ソーンはルースも同罪と2人を謀殺罪で起訴すると、シャープも支持するが、
パーカーはそれに反対で、ルースの弁護人が友人で手の内を明かしてしまい、
戦法を台無しにされたソーンは激怒する。

パーカーは挽回しようと資料を見直してると、事情を知ったブルックスが
やって来て、パーカーが妹の捜索願を出してることが関係してるのか尋ねた。

パーカーの妹はルースと同じように薬物常習者で子供を養子に出していて、
ルースに同情的だったが、ブルックスはルースも妹さんと一緒で子供のために
何でもするのではと言われ、パーカーは養子縁組を知らなかったニールは
養子縁組に異を唱えられるのに、ルースは彼を有罪にしようとするのは
自らが犯人とする証拠を隠ぺいしてると推測。

法廷でパーカーはルースがニールに薬物使用を教えてなく、妊娠も隠して、
逮捕された時サイズが合わない靴を履いていて、現場の監視カメラに映ってる
靴とは違うことを指摘し、友人の靴を交換し、被害者のDNAを隠したと追及する。

陪審員はニールへの謀殺罪は無罪、ルースは有罪と判決を下した。
ブルックスはパーカーに妹ベスの住所が書いたメモを渡した。
今回はブルックスが影の功労者だったね。

Law & Order UK: Season Two [DVD] [Import] -

Law & Order UK: Season Two
posted by Jasmine at 18:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | Law&Order:UK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
海外ドラマDiary TOPへ