2006年09月16日

怪傑春香 最終話

チュンヒャンが自分の写真や新聞記事を大切に持っているのを
知ったモンリョンは、チュンヒャンが今も自分と同じ気持ちで
あることを知る。

ハドクは部下の裏切りによって、デバク企画にモンリョンの
婦女暴行事件のビデオの存在を知られ、映画の共同制作の
記者会見で公表を迫られるが、ハドクはモンリョンの無実を
証明するマスターテープを公開する。
それによって、モンリョンとチュンヒャンの障害が消えた。

ハドクはチュンヒャンから前のハドクに戻ってほしいと
言われたのが堪えたのかな?
モンリョンはハドクの会社を調査していたけど、ハドクは
不正なことはしていなくて、根はいい人なんだけど、
チュンヒャンだけは思い通りにならなく道を外してしまったのかな。

「怪傑春香」は古典文学を現代風にアレンジしたドラマで
毎回ラストにキャストによる古典のパロディーが放送されている。
今回は最後の方に過去と現代をオーバーラップさせていて、
過去に生まれ変わってもまた一緒だという誓いを現代で誓いを
成し遂げたということかな。

「怪傑春香」は2005年に韓国で放送され、最終回は30%の視聴率を
とった人気ドラマでチュンヒャンとモンリョンは何かとケンカばかり
しているけど、2人のやり取りは面白かった。
チュンヒャンとモンリョンは出会ってから10年が経って、
再び結婚することになり、やっと2人は本当の夫婦に慣れてよかった。

快傑春香 DVD-BOX

posted by Jasmine at 13:34 | Comment(3) | TrackBack(1) | 快傑春香(終) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月08日

怪傑春香 #15・16

チュンヒャンとモンリョンの親友 ジヒョクとダンヒが結婚することになった。
ダンヒは女優志望だったのにいつの間にかジヒョクがスターになっていた。
ハドクはチュンヒャンに逃げられたことを秘密にして日本留学中と嘘をつき、
チュンヒャンは姿を隠してプサンでアクセサリーの会社を経営していた。

モンリョンはもちろん結婚式に出席するが、チュンヒャンに逃げられた
ハドクもチュンヒャンがやって来るかもと出席する。
こっそりお祝いだけを置きに来たチュンヒャンはハドクに見つかり、
慌てて逃げようとして車にぶつけてしまうが、それはモンリョンの車だった。

予想はしていたけど、チュンヒャンとモンリョンはすれ違いばかりで
その間にハドクに捕まってしまったけど、チュンヒャンはハドクの
脅しには屈しなかった。
でもハドクは3年前の婦女暴行事件の証拠ビデオを持っていて、
そのビデオには今ではスターになったトド企画(ハドクの芸能プロ)の
タレントが出ている。

モンリョンも婦女暴行事件、トド企画について密かに再捜査をさせて
いているので何か展開がありそうだ。
ハドクの部下は映画の共同制作を持ちかけていたデバク企画に
買収されそうなので、このおバカな部下が何か失敗をしてくれそう。


春香伝
posted by Jasmine at 22:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 快傑春香(終) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月28日

怪傑春香 #13・14

チュンヒャンはハドクへの借金返済する為に会いに行く。
ハドクは自分の誕生日を祝ってくれるのかと期待していたのに、
そんなことを知らないチュンヒャンに借金返済したので
もう会うことはないと言われて、プライドを傷つけられる。

チュンヒャンとモンリョンの結婚式が決まり、準備に大忙し。
しかしハドクの策略でモンリョンは婦女暴行犯として警察に
追われることになり、モンリョンを逃がした責任でモンリョンの父親は
責任を取り、辞職することになる。
 
ハドクが仕業だと気づいたチュンヒャンはモンリョンを助けて欲しいと
懇願するとハドクはチュンヒャンに自分の所に来る条件を出す。
モンリョンは無実だと証明されるがチュンヒャンの態度が豹変し、
結婚式も中止になる。
チュンヒャンはモンリョンをこれ以上傷つけたくなくてハドクと婚約する。
モンリョンとの離婚も成立し、ハドクと日本留学に出発しようとした時に
チュンヒャンは逃げ出してしまう…。

ハドクはプライドを傷つけられて、卑怯な手段に出てきた。
モンリョンを罠にはめるだけでなく、モンリョンの父親は本当にいい人
なのにモンリョンの家族まで巻き込むなって酷すぎる。
これまではチュンヒャンを助けようとしていたけど、この1件で
ハドクが嫌いになった。
3年後、モンリョンは立派な検事になっていた所で終わったけど、
チュンヒャンはどうしてるのかな?

快傑春香 DVD-BOX
posted by Jasmine at 23:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 快傑春香(終) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月05日

快傑春香 #11

チュンヒャンとモンリョンはやっとお互いの気持ちに
素直になったけど、ハドクとチェリンは大人しく
引き下がるわけもない。

チェリンはモンリョンを連れ出して酔っ払ったうえに
ホテルに送らせたところを偶然、チュンヒャンは見つける。
いつもなら黙って落ち込みながら帰るところだけど、
今のチュンヒャンはちょっと違う。
チュンヒャンがモンリョンを捕まえて引っ張って帰ろうとすると
チェインはまだ話が終わっていないとモンリョンに言う、
するとチュンヒャンはモンリョンの携帯を壊してしまった。
チュンヒャンは強くなったなと思った。
でもハドクの方もチュンヒャンの店の商品の権利を極秘に
取得したりとこちらもまだ諦めない様子だ。

チェリンはモンリョンの母親に取入り作戦も実行中だったが
モンリョンの父親にモンリョンとチュンヒャンが家に
戻るから来ないようにと言い渡される。
そしてモンリョンの父親は母親にモンリョンとチェリンが
浮気していたことを話したのでこちらの作戦は失敗する。

やっと2人は帰りを待ちわびているモンリョンの実家に
戻れるようになったと思ったら、チュンヒャンの母親が
詐欺をしたと被害者が江南警察署に訴えてきた。
そう、ここはモンリョンの父親が署長を勤めているところ。
やっと夫婦としてやり直せるかと思ったら、また大問題と
まだまだ本当の夫婦にはなれないみたいだな。

快傑春香 オリジナルサウンドトラック (韓国盤)
posted by Jasmine at 22:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 快傑春香(終) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月20日

快傑春香 #8

チュンヒャンを助けるために父親の大事な刀を質に入れてしまった
モンリョンは家に帰れずに、チュンヒャンの家に居候中。
2人はケンカしながらも楽しい日々を過ごしている。

モンリョンはチュンヒャンの事が気になるのは負い目を
感じているからではなく愛しているからだと気づき、
チェリンに気持ちを伝える。
でもチュンヒャンはモンリョンの気持ちに気づかない。

モンリョンの父親は露店でアクセサリー売りをしている
チュンヒャンを不憫に思い、内緒でお店の出資金を出す。
そして、モンリョンにチュンヒャンと一緒に家に戻ってきたら
許してやると言う。
その父の言葉もあり、モンリョンはチュンヒャンに想いを
伝えようとするけど、チュンヒャンに好意を持っている
ハドクに阻まれる。

チュンヒャンはモンリョンが自分の事が好きだとは知らないので
モンリョンの優しさに期待してはいけないと思っている。
ラストになんとか想いを告げたけど、タイミングが悪かった。
チュンヒャンはモンリョンのあの涙にちゃんと気づいていたかな?

ハドクとしては早くチュンヒャンにモンリョンと縁を切って
自分の所に来て欲しいし、チェリンも簡単にモンリョンを
諦めないだろうし、逆襲が始まりそうだ。

快傑春香 オリジナルサウンドトラック (韓国盤)

posted by Jasmine at 22:12 | Comment(2) | TrackBack(0) | 快傑春香(終) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月06日

快傑春香 #5・6

チュンヒャン、モンリョンは揃って韓国大学に合格する。
チュンヒャンは義理の父母が学費の話しているのを偶然聞いてしまい、
義父に入学金は自分で出したいと伝える。
ところがチュンヒャンの母親は詐欺にあって貯金を失い、失踪していた。
失意のチュンヒャンはハクドの招待でみんなでスキーに行くことになり、
そこでモンリョンに相談に乗ってもらおうと決める。

ところがモンリョンはチェリンも誘い、チェリンはモンリョンを
独占してチュンヒャンと接触させないようにして感じが悪い。
チェリンはチュンヒャンに「モンリョンを自分のものにしていい?」
と宣戦布告する。
チュンヒャンは自分の想いをモンリョンに告白しようとモンリョンを
探しに行くと、モンリョンとチェリンのキスシーンを目撃してしまう。

ショックのチュンヒャンは高熱を出して自宅前で倒れていたのを
義父が発見して徹夜で看病した。義父がモンリョンの携帯に電話すると
チェリンが出て、モンリョンとチェリンの関係に気づいたようだ。
チュンヒャンは義父にモンリョンのことが好きだけど、これ以上、
彼を見ていられないので家を出たいと言う。
籍も抜いて離婚すると言うチュンヒャンに義父はそれだけはやめて欲しいと
懇願して、チュンヒャンは誰もいない実家に戻ることになった。

春になり、モンリョンはチュンヒャンに会いに学校に行くが
チュンヒャンはいなかった。
チュンヒャンが入学金を払えずに大学を断念したことを知る。
今は得意のアクセサリーを露天で売ったりしてソウルで生活をしていた。
そんなチュンヒャンをハドクが気づかいサポートしていた。

義父はチュンヒャンを一生懸命看病して本当にいい人だな。
モンリョンはチェリンに振り回されてばかりでしっかりして欲しい。
ハドクはチュンヒャンを大学に行かせようと奨学金を出すけど、
酔いつぶれたモンリョンを看病するチュンヒャンを見て嫉妬し、
奨学金を取り消すなんて酷すぎる。
いずれこの1件も暴露されるんだろうな。

快傑春香 DVD-BOX
posted by Jasmine at 13:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 快傑春香(終) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
海外ドラマDiary TOPへ