2017年06月29日

ブラックリスト シーズン4 #22(終)

ミスター・キャプランの活躍でシーズン4後半は盛り上がって、
あっという間にシーズンフィナーレを迎えました。
いつもながら過去の問題をここでもってくるかと驚かされます。

ワシントンDCの司法省でキャプランとゲールはスタントン連邦検事に会い、
FBIは情報と引き換えにレディントンの犯罪を見逃し、クーパーのチームが
関与している証拠もあり、ゲールに渡した死体に関する詳細も言えると話し、
免責を認められると、身辺整理に警護なしで1日欲しいと条件を出した。

クーパーはチームにまもなく我々は逮捕されて、レッドにも阻止できない。
腹が立つのは彼がなぜ出頭したのか今もわからないことだと放置していた件を
処理すると出かけ、証拠保管所から証拠品の血染めのシャツの一部を切り取る。

リズはレッドに会い、頼むなら問題解決の達人、ヘンリー・プレスコットだ。
問題を抱えて途方に暮れた時に助けてくれ、大胆かつ冷静に難局を打開する。
彼なら大陪審をひっくり返せると、プレスコットを捜してくれと頼まれる。

プレスコットのフロント企業であるウォレン保険の顧客にアメフト選手の
JJ・ブリックマンがいるとわかり、レッドはデンベとブリックマンを訪ねて、
ラリッて発砲してベルギー人観光客をER送りにしたのをプレスコットが
尻拭いしてもらったと連絡先を聞くが、連絡はマジで困った時だけと言われ、
ブリックマンと一緒にいた男を撃ち、問題が起きたとプレスコットを呼ばせた。

レッドはプレスコットに2015年11月19日にデュポンサークルで引き揚げた
荷物は今どこにある?と、裏で活躍するプレスコットは有名人にするぞと言われ、
レッドを案内する。

レスラーはレッドに呼ばれ、たくさんのドラム缶の中から2015年11月19日の
ドラム缶を見つけ、レッドはレスラーに手袋とマスクを着けさせて開けると、
液体に手を突っ込めと言われたレスラーはレヴェン・ライトの死体を発見する。

アラムは免責を与えられても大陪審でチームを裏切らずに収監された。
ナヴァービーはジャネットがアラムのことを密告したと気付いたが、
ジャネットといて幸せそうなアラムに言えなかった。

クーパーはリズに海軍を出たてでペンタゴンの特別統合チームに最年少で抜擢され、
レッドは海軍で防諜任務に就いていた。レッドはソ連のスパイをマークしてたが
ソ連側に気付かれ、拉致して拷問された。10日後にレッドはFBIと海軍の
合同チームに救出されて、その時の証拠品が切り取ったシャツだった。
クーパーはレッドが現れた理由を調べるためにリズとのDNA分析に出したので
24時間以内にレッドがリズの父親なのかわかると告げる。

レスラーはライトの死体を検死してもらい、遺体から摘出した弾を手に入れた。
クーパーは殺人の物証を手に入れたので、ヒッチンなら大陪審を解散できると言い、
レッドはレスラーには気の毒だがこの証拠は取引に使わねばならないと話す。

レスラーはレッドとヒッチンに会いに行き、遺体から摘出した弾を見せて、
家から銃を押収する準備もできてると言うと、ヒッチンはハッタリで
ライトの遺体は見つかってないと言うが、ヘンリー・プレスコットが遺体を
保管していたと言われると、ヒッチンは話を聞くと。

ヒッチンに弾を渡して大陪審を解散させて、ヒッチンとレヴェンの名を
同じ文章の中で使わないことで取引した。
ヒッチンはレッドとFBIの取引は国の安全に関わり、最高機密であなた方が
扱えるような事案じゃないと、大陪審の解散と記録の破棄を命じた。

ゲールは何を握られたと詰め寄るが失職だけじゃ済まなくしてやると言われる。
ゲールはキャプランにヒッチンの命令で大陪審が解散し、この件は消滅したので
証言できないので免責も無効だと連絡する。

タンジ農場にやってきたキャプランは“K”と彫られた木から数えながら歩き、
“許して、カタリーナ”と言って、スーツケースを掘り出した。
そのスーツケースをコインロッカーに入れると、リズから2人だけで会いたい
と電話が入ったので会うことに。

リズはキャプランの手下に彼女の元に連れて行かれる。
ベンチに座ってたキャプランは隣に座ったリズの手を握り、あんたを守ると
お母さんに誓ったが無理かも行くところまで行って道に迷って疲れた。
どうすればあんたを守れるのかと言い、リズは私を守る必要はない。
終わらせればいいだけと言う。

キャプランは私は真実を教えられる。なぜ彼があんたの前に現れたか。
私があんたを守るよ。あんたが望むならとリズを車に乗せてどこかに向かう。

レッドはゲールから携帯電話を奪い、キャプランの使い捨て携帯から居場所を
特定すると、バズたちがキャプランとリズを乗った車を取り囲んだ。
キャプランは降りたらレッドを選んだことになると言うがリズは降りた。
するとキャプランはバズを撃って逃走してしまう。

逃走するキャプランの車を橋の上でレッドとデンベが待ち構えていた。
後ろからパトカーも到着し、挟まれたキャプランは車から降り、
レッドにヒッチンを使って大陪審を解散させるとはやられたよと言う。

レッドは私を倒すことに夢中になりかつての仲間を傷つけたと言うと、
キャプランはそうだね。リズをあんたから遠ざけようとした。あの子に
真実を伝えるだけでよかったんだ。タンジ農場の秘密だよ。
農場へ行って掘り起こした。あの子に渡すと言う。

チームやリズも到着し、レッドは周りを見ろ、終わりだと言うが、
キャプランは捕まって刑務所に入る可能性も当然考えたさ。
私はリズの母親にあの子を守ると誓ったが刑務所にいては無理。
だから手は打ってある。あんたは私を仕留めるためにここにいるんだろ?
私が死んだら仲間がリズにタンジ農場の秘密を届けると言う。

レッドは君を殺さない。あの時撃ったのは過ちだ。二度としないと言うと、
キャプランは引き金を引いてあの子に真実を伝えなと言うが断られると、
“じゃ、自分で。愛してたよ、レイモンド”と言い、橋から飛び降りた。

釈放されたアラムにジャネットが検察に協力しないと免責特権をはく奪すると
脅されて、あなたの名前を出したと謝罪して、ジャネットの裏切りを知り、
ナヴァービーは彼女があなたを幸せにしてたと言うと、アラムはキスをした。

ヒッチンは直接レスラーにバッジを返そうと呼び、あなたは私の僕と言われて、
レスラーはあり得ないとヒッチンの手を振り払ったはずみで倒れたヒッチンが
頭をぶつけて死んでしまった。
キャプランはいないし、どうするの?と思ったらプレスコットが来た。

クーパーはDNA鑑定の結果をリズに渡し、中を見たリズは複雑な様子だった。
リズはレッドを訪ね、鑑定結果を渡すと私にウソをついたわねと言う。
初めて会った日、あなたは私の手の傷のことを尋ねた。答えを知ってるのに。

こう言ったわね。私の父親は犯罪者で母はそれを恥じながら死んだ。
自分が誰なのかをなぜ黙ってたの?私を守るために一文無しになったのに。
それでも父だと名乗らな気?ひどいじゃない。私が探し続けてきた答えを
隠してたのよ。自分に似るのが怖かった?残念ながらそっくりよねと言った。

レッドはもう会いたくなければと言うと、リズはそれ本気?頭がいいのに
鈍いのね。怒りや恐れに多少の憎しみって家族には付き物でしょ。
私たちは家族。それから逃げたりしないと言うとレッドにハグした。

レッドはデンベとタンジ農場に行くと、スーツケースはなくなっていた。
デンベはレッドにあなたがカタリーナにしたことをリズが知ったらと言い、
レッドはスーツケースを見つけると。
その頃、コインロッカーからスーツケースを取り出したのはトムだった!

“エリザベス・キーン”のネームタグがついたスーツケースに人骨が入っていた。
リズのピンチに現れなかったトムがこんなところで登場とは。
あの人骨はカタリーナってこと?それにしては少し小さい感じがしたけど。

リズとレッドは親子ってことで確定していいのかな?
キャプランに撃たれたバズは無事かしら?
ヒッチンは悪人なので同情しないが、レスラーが壊れないか心配だな。
キャプランはあの高さではやっぱり死んでしまったのかな?
といろいろ疑問が残ったフィナーレでした。

ブラックリスト シーズン3 DVD コンプリートBOX(初回生産限定) -

ブラックリスト シーズン3 DVD コンプリートBOX
posted by Jasmine at 00:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | ブラックリスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月23日

ブラックリスト シーズン4 #21

レッドはキャプランによって資金を奪われ、取引が相手が逃げ出し始めた。
銀行はまだキャプランがレッドの手下と思っているのか預金の送金に応じ、
次々と口座の金を奪っていた。

キャプランの運転手の名前を知ってる女を拷問してもらおうとブリムリーを
呼んだが、19年も組んだ彼でさえも死体が出て捜査されている噂を聞いて、
前の服役でアレルギーで死にかけて、今は低酸素血症なので手伝えないと
拷問用の蛇ヘビとエサのウサギを残して帰った。

ゲールはレスラーに死後に首を落とされた白骨遺体の首をレッドは友達に
贈ったと贈られた友人は目の前にいると、遺体はマコ・タニダだった。
FBIの人間を何人も殺し、レッドに殺された。お前に守られたお礼だと、
森まで尾行してお前らを観察したが間違ってた。リズは情報を渡してない。
レッドがFBIに渡していて取引したなと言う。

レスターは俺は取引などしてない!司法省がしたとSCIセブンを読め、
チームは有意義で俺たちが逮捕したのは重要な凶悪犯ばかりだと言うが、
ゲールはお前らが奴の犯罪を見逃してたと証明できればお前らを逮捕する。
お前らチーム全員だと言う。

レッドはドン・フリオに会いに行くが、キャプランのことを聞いているので
そっけない態度で、元運転手のフィリップ・ロークを見つけたいと言うと、
キャプランは金払いがいい。ロークはポルシェを買ったことしか教えてくれない。
ポルシェを売ったディーラーを脅すが、住所はわからなかったが代理人を通して
買ったことがわかり、代理人はレッドの会計士のエイブだった。

レッドはエイブの腕を撃ち、11年の付き合いで君のことは色々知ってる。
毎週水曜は中国料理店に行き、その上に住む愛人の部屋にしけこんでいて、
毎週1000ドルくすねて彼女に渡してるが、会計の才能に免じて見逃していたが
裏切りは見逃せない。キャプランに協力したな。フィリップ・ロークはどこだ?
と追及すると、12ページだと言い、12ページのマリオ・ディクソンの名前を
確認するとエイブを射殺した。

アラムは大陪審に召喚された。
チームがレッドと取引していることを証言すれば、免責を与えると言われるが
友達は売れないと黙秘するが免責を与えられると黙秘権はなくなると言われる。

大陪審に召喚されたことはチームに話せないが、レスラーはゲールにバレたと
報告したので、大陪審という言葉を出してしまう。
そこにリズがゲールに対処するにはレッドに対する脅威を排除しないと
そのためにキャプランを止めると本名はキャサリン・ネメックだと
次のブラックリストにした。

クーパーはリズにレッドは異常者に薬を盛らせ、誘拐させたのにいいのか?
と確認すると、彼を守るのはチームのためで運命共同体ですと答えた。
手がかりは高額商品が専門の窃盗犯のマリオ・ディクソンで矯正センターにいる
弟と面会すると、サッカーで大学の奨学金も取ってたのに弟兄のせいで
こうなったと恨んでいて、ボルティモアの店にブツを隠してると教えた。

レッドとデンベはディクソンの店に行き、店員を脅してフィラデルフィアで
仕事をしているとわかった。
ディクソンは完全予約制の店から出てきた男を拉致し、キャプランは
男の目玉を取り出し、ディクソンはその目玉を持って、完全予約制の店に入り、
店員を殺すと、隠しドアの網膜スキャンに目玉をスキャンさせて入った。

レッドたちはフィラデルフィアで目玉を取られた男を見つけると、男は目玉は
網膜スキャナンのために取られ、職場はストーン・キャニオン保管倉庫で
そこは政府の機密が全部にあると言う。

ディクソンは保管倉庫から“司法省 53-01 レディントン”と書かれた紙を見つけ、
それを持って棚に保管されていた書類を持ち出した。

店から出てきてバンに乗ったディクソンをリズとナヴァービーが停めるが、
ディクソンは後部ドアからバイクで飛び出してきて逃走し、車が入れない
トンネルに入ってしまった。

トンネルは市内の半分に繋がり、どこから出てくるのかわからなかったが、
政府の機密が盗まれたのでFBI,ATF、DEAま、移民局も出動し、トンネルの
出口で待ち伏せしてディクソンを捕まえた。
ディクソンが盗んだのはレッドと司法省が結んだ免責契約書だった。

リズたちはディクソンをレッドに引渡し、ディクソンは殺されるなら
キャプランを売っても得はないが、交渉したいなら彼女を引き渡せると、
ディクソンはキャプランに電話して待ち合わせ場所を決めた。

レッドはリズの祖父ドムの家のガレージに埋めてた緊急用の箱を取り出す。
心配するドムに自分のためでなくマーシャのために必要で生きていたと話す。
死んだと聞いていたドムは怒り、レッドはあの時は出産で死んだと思っていた。
私から離れようとして死を偽装したと。

近い人間に裏切られて、マーシャの人生から私を消そうとしている。
その女性は私の周りの人間を殺していくが、唯一知らないのがあなただ。
私が戻らなかったらマーシャを見つけてくれ。自分が何者か話すんだと告げた。

レッドはディクソンに掘り出した箱を見せると、中には脱出に必要な
チケットやブルネイ沖にある島の権利書が入っていて、自給自足型の住居で
メイドや警備チームなども配備され、信託基金から永久に金が出ると言う。

島のオーナーは伝説で、顔も名前も誰も知らない。
彼らが知るのはいつか誰かが玄関に合う鍵を持って現れると言うことだと、
この鍵を持つものにスタッフは忠誠を誓って仕え、警備員は他の侵入者から
守ると言うと、ディクソンからキャプランと劇場で待ち合わせしてると聞くと、
彼の手下に発砲し、この箱を渡す相手は他にいるとディクソンを射殺した。

キャプランが劇場に到着すると手下が倒されて、レッドが現れた。
レッドは君にはやられ放題だ。残してくれたのは帽子とそれにこれと箱を出す。
島だねとキャプランは言い、レッドはお互いに殺しすぎた。これ以上殺したくない。
君もだろう。終わりにしたいと島を君にやる。

今のエリザベスはもうマーシャではない。私の影響がない環境で育っても
キーン特別捜査官になり、大学で研究したのも犯罪者だった。宿命からも
しれないがこれは彼女の意思で選んだ世界だ。私が距離を取ろうとも
彼女は彼女であり続けるし、私は彼女を見守り続ける。だから君が身を引いて
自分を守るかもうここで終わらせよう。今すぐにと言う。

しかし、キャプランは身を引くつもりはない。今度こそきちんと殺すのね。
お互いのためにと言うと、ゲールたちがやって来て、銃撃戦となり
レッドはデンベと逃走するが、キャプランは劇場に残った。

キャプランはゲールにレッドを引き渡そうと呼んでいて、免責契約書を
奪われたがそれはどうでもいいと言うと、ゲールはあれがないとリズや
レスラーたちがレッドに犯罪を続けさせていると証明できないと言うと、
キャプランは違うよ。私がいる。レイモンドは私の覚悟を甘くみてると、
30年間彼のそばにいて、すべてを見てきた。知りたいことは何でも話す。
法廷でね。それじゃ、逮捕してもらおうかと告げた。

キャプランは免責を得て、法廷でレッドとの取引を暴露しようとしているが、
大切なリズが刑務所に入ってもいいのかな?
次回がシーズンフィナーレ、キャプランとの戦いが円満に解決してほしい。

ソフトシェル ブラックリスト SEASON 2 BOX [DVD] -

ソフトシェル ブラックリスト SEASON 2

posted by Jasmine at 00:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | ブラックリスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月16日

ブラックリスト シーズン4 #20

ヴェルナーを殺害したレッドはヨーロッパからの脱出方法を失う。
レッドはバルダーを訪ねると、自分のことを殺そうとしたレッドが
突然現れたので歓迎するはずもなく、脱出に手を貸せと言われても、
君の弱体化が噂されてる。今や格好の標的だと答えたが、ビジネスを
持ちかけられると、バルダーは下級船室なら空いてると乗った。

船室からレッドはリズに電話して通称“取り立て屋”の復讐代行人が
リズを狙ってると言い、キャプランがリズを狙うとは考えられないので
黒幕は他にいるが私は助けに行けないのでクーパーに話すようにと、
30年かけて愛国者や売国奴の情報網を基盤とする帝国を築き上げた。
その目的は二つ。私の自由と君の安全だ。取り立て屋はブラックリストの
悪党だと言い、チームは取り立て屋の捜査をすることに。

15年前、上院議員の娘が浜辺でヤクをやって体が麻痺して満潮時に溺死し、
議員は取り立て屋を雇い、ヤクを売ったタイラーに復讐したが議員は
昨年死去し、タイラーの遺体は未発見で、娘と同じように殺されたので、
娘の死亡場所の浜辺からドラム缶に入ったタイラーの白骨遺体を発見する。

タイラーの遺体の検死に10日はかかると言われ、リズはレッドに相談すると、
レッドは死体や解剖にかけて誰よりも優れた技術者をに知ってると言うが
それはキャプランだった。

レッドはキャプランにリズのために死体を調べてほしいと頼み、
キャプランはチームとネット通話して、死体を調べるが自由を確約してと、
遺体を指定された倉庫に運び、部下が遺体を検査して問題がなければ
移送するから尾行はしないようにと言われたが、リズたちは尾行して、
遺体を乗せたトラックが到着した場所にキャプランの替え玉が待っていて、
乗せたはずの遺体も棺の底が抜けていて、遺体は倉庫を出てなかった。

遺体を調べたキャプランから犯人はエドガー・グラントだと連絡が入り、
ドラム缶に入ってた脱臭効果のあるゼオライトが病院や学校でも
臭い対策によく使われていて、グラントは用務係だと。

リズはレッドの部下がアグネスを隠れ家に連れてったので、合流しようと
部屋で準備してるとグラントに誘拐されてしまった。

ナヴァービがグラントの家に行くと、車イス姿の妻がいたが何も知らず、
鍵がかかっていたグラントの集めてる骨とう品の部屋に入ると、
これまでの記念品が説明つきで並べられていた。
書類からリズの誘拐を依頼したのはタイソン・プライヤーと判明する。

プライヤーは2012年に大学8校の学長宛てに致死量の炭疽菌を送ったが、
リズのプロファイルで事件が解決し、刑務所で顔に大やけどを負い、
末期がんだとわかり、2週間前にホスピスに移っていた。

レスラーはゲールとの捜査に戻り、洗脳されて大変だったというが
信じてもらえず、一緒に逮捕されたマーヴィンと面会する。
マーヴィンはレスラーがレッドとリズが逃亡中に2人を追い詰めたと
裏社会では有名人なので取引ならレスラーとするとゲールを退出させると、
ここから出さないとゲールに我々の関係をぶちまけると迫る。

キャプランはレッドに電話して、要望通りにFBIに協力したと言うと、
リズが家に侵入されて誘拐された。まさか君がやらせたのではと疑われ、
するわけないと言うと、レッドは君のせいで私はここにいる。
もし彼女に何かあったら助けるのが先決だ。我々の問題はひとまず
忘れようと言うとキャプランはさよならと電話を切った。

レッドはデンベに彼女の裏切りはつらいが本当につらいのは報復しなければ
ならないことだ。彼女は私がエリザベスに災いの招くと考えたのは間違いだが、
彼女の行動は愛ゆえだと言うと、デンベは俺の胸は張り裂けた。あの日森で。
銃声が響き彼女を残して去った。何が正しいかはあなたたちの問題だ。
だがケイトが始めた戦争は止めなければならない。

レッドはその通りだ。ただその方法に自信がない。止めるのが私でいいのかも…
会って私の知る彼女かを確かめたい。
デンベはケイトはやり過ぎた。すなわちあなたもやり過ぎた。
彼女は自分を見失ってる。なぜFBIに出頭したか思い出すんだ。今さらやめたり
ケイトに邪魔させるわけにはいかない。まだすべきことがある。
俺もケイトを愛した。でも終わらせる時だ。彼女を止めねばと告げる。

ナヴァービーはホスピスにいるプライヤーを訪ねると、証拠の書類を見せても
知らないと、ヒットマンを雇う金などあるものかと言う。

キャプランはグラントが勤務する学校に侵入し、用務員室を調べると、
“トループ#14441”と書かれた鍵を見つけ、レッドにリズの居場所が
わかったと連絡し、レッドが部下を行かせると言うが、キャプランは私を
殺すでしょうと、危害は加えないと言われるがもうすぐ現場だから対処すると。

リズはグラントに小屋に連れて行かれ、グラントはプライヤーを呼ぶと
現れたのはレッドだった!
グラントは驚いて銃を向けると、プライヤーは?と聞くと、レッドは
雇い主は私だと言い、デンベがグラントの銃を奪った。

レッドの狙いはキャプランでリズへの愛を利用し、彼女の怒りを一時
抑えるにはそれしかなかったと言うとグラントを殺した。
バルカン半島の貨物ルートと引き替えにジェットに乗って戻っていた。

キャプランが手下と小屋に向かっていて、リズはやめてと止めるが、
レッドは狙撃手に1発で仕留めろ。標的は傷つけるなと指示した。
リズはキャプランに逃げてと叫び、それを聞いたキャプランはレッドに
ハメられたと気付き、キャプランの手下とレッドの狙撃手が一触即発となり、
キャプランはレッドに電話する。

レッドは小屋から出てきて、君がやったことこそ証明してると思わないか?
君がどんな怪物に成り果てたかをと言い、キャプランはあんたはリズを
心理的に拘束してきた。とうとう物理的にも拘束するとはねと言い、
証人にするためだ。つらい思いをさせたのは認めるが真実を知るためだと言われ、
キャプランはこれが真実だ。とんでもなく高い代償を払ったよと頭の傷を見せた。

そこにリズが現れ、彼の仕打ちはひどいけど過ぎたことは変えられない。
大切なのは今日の真実よ。彼は私にあなたと共存すると約束したので、
彼と共存するとあなたも約束してと言うが、キャプランはできないと言う。

レスラーたちもFBIも到着し、レッドやキャプランたちを取り囲んだが、
その様子をレスラーを尾行したゲールが双眼鏡で見ていた。
ゲールはライフルでレッドに発砲するが外れてしまい、その銃声で
銃撃戦が始まってしまい、その隙にレッドとキャプランは逃げてしまった。

リズがキャプランを説得できたかもしれないのに、ゲールのせいで台無し!
レッドは新たな役者の登場かと部外者がいたことに気づいていた。
あと2話でどう完結するのかな?

ソフトシェル ブラックリスト シーズン1 BOX Vol.1(3枚組) [DVD] -

ソフトシェル ブラックリスト シーズン1 BOX Vol.1
posted by Jasmine at 23:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | ブラックリスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月10日

ブラックリスト シーズン4 #19

ウィーンのカフェで18時間前に撮られた写真にミスター・キャプランと
リズの記憶を消した記憶操作の専門家ボグダン・クリロフ医師が映っていた。
なぜ今会ってるのか調べるために次のブラックリストはクリオフとなる。

キャプランに雇われたクリオフはニューヨークのホテルにいるとわかるが、
チェックイン後に外出してから戻ってないと、フロントに手紙が届いてると
聞いたリズは家賃の請求書をすり替えて手紙を盗んだ。

手紙は配送会社からの送り状で到着した荷物を確認に行くと、コンテナに
クリロフの医療機器が入っていて、その様子を遠くから見ていたクリロフは
キャプランにFBIに道具を差し押さえられたと電話すると、キャプランは
用意すると、同業者がいるので名前を言うからメモしてと言う。

アラムは防犯カメラからクリロフを見つけるが、誰かを見張っているようで
映像を見たリズは記憶を戻してくれたセルマ・オーチャード博士だと気付く。
彼女の機器はクリロフのと似てたので、代わりが必要なのではと
オーチャードに電話するが一足遅かった。

リズたちが駆け付けると機器は盗まれたが、オーチャードはケガだけで無事で、
オーチャードの機器はアップデートするとワイヤレスでメインサーバーと
接続するので、電源が入れば居場所を特定できると。

レッドとデンベはウィーンに向かい、カフェの店員にキャプランの写真を
見せると列車に乗ったのではないかと言われて列車に乗り込んだ。
車掌を脅して乗客名簿を見せろと要求し、キャプランの偽名を見つけて
座席に向かうと女性がいた。

女性はキャプランがさっきの駅で降りたと、あなたが来たらこれを渡せと
携帯電話を渡され、レッドが電話すると、キャプランはルツェルンに行く。
目的は分かるね?と電話を切った。

レッドがジェット機で向かっていると、キャプランから電話が入り、
“理由がわかった?物語の刻まれた遺体があんたを滅ぼすの。したことは
消せないし、結果からも逃げられない。あんたのしたことよ。”と言われる。

キャプランは裏社会の大物で武器商人で密輸業者のヴェルナーを訪ねると
彼の息子ハンスのことで話があると言う。
25年前、レッドは自分の帝国を築き上げようと必死で、ヴェルナーと組めれば
怖いものなしとある計画を立てた。

ハンスを誘拐し身代金を要求し、レッドは仲介役となり誘拐犯と交渉して
解放させるはずが、誘拐したタディケン兄弟が指示に従わずにハンスを
窒息死させてしまい、怒ったレッドはタディケン兄弟を惨殺して、
ハンスの遺体処理をキャプランに頼んだ。
キャプランはハンスの遺体をお返しできます。きちんと埋葬できると告げた。

そして、レッドがヴェルナーの所に行くと、ボディチェックで銃を取られ、
激怒するヴェルナーは命で償えと言い、部下たちに銃を向けられたが、
部下のニコラウスが仲間を射殺した。

ニコラウスは25年前にヴェルナーに紹介した時からレッドの部下だった。
レッドはハンスの死については言葉にならないほど悔いている。
すまなかった、本当にすまないとヴェルナーを射殺した。
ニコラウスに忠誠心をありがとう。また連絡すると言った。

ゲールと捜査中のレスラーはフィラデルフィア警察のベルからリンダと言う
女性からレヴェン・ライト失踪に関する話を聞いたと連絡が入り、
リンダに会いに行くと、妹の家に隠れて怯えてるリンダはヒッチンの家から
遺体らしきものを運び出したと聞いていると、閃光弾が投げ込まれて、
リンダが連れ去られ、レスラーは意識を失ってしまう。

目覚めて外に出たレスラーの元にヒッチンの車が近づき、そろそろきちんと
話をしましょうとレスラーを車に乗せて、リンダをどこへやった?と言う
レスラーにヒッチンはライトの件は諦めて、その気になれば存在を消すことも
できるとレスラーを降ろしたが、レスラーは携帯を車に置いてきた。
それはクリロフがレスラーの記憶を操作したものでリンダは存在しない。

リズたちが機材を場所を特定し、クリロフを捕まえるとモニターに
レスラーの写真があり、クリロフを追及するが何も話さないので、
近くにあった記憶を消す薬を注射をしようとすると、クリロフは自白する。

レスラーが気が付くとヒッチンの家の前にいて、見張りを倒して侵入し、
ヒッチンにリンダはどこだと銃口を向けるが、ヒッチンは何も知らないと。
そこへリズたちがやって来て、記憶を操作されたと説明するがレスラーは
混乱して信じないので、手に注射の痕があり、あなたは被害者なのと言うと
ヒッチンは“彼が被害者?”と言い、リズは“あなたは殺人犯、いずれ必ず
証明する”と言った。

レスラーは理解したが、ヒッチンに銃を向けたので手錠をかけられてしまう。
郵便局でリズはクリロフにレスラーの無実の証明になることを話すように言うと、
クリロフは私を覚えてないな?と言い、25年前の火事のことではなく、
2年前に共通の知人から君のある記憶を消すように頼まれたと、レッドの隠していた
ある真実を知るに至ったが彼には不都合だったと、無罪放免と引き替えに
その記憶を返そうと持ちかけてきた。

リズは避けていたゲールに会いに行くが、レッドがFBIも知らない凶悪犯罪者たちの
情報提供者でリズに情報を渡してると気付いていた。

ブラックリスト シーズン3 DVD コンプリートBOX(初回生産限定) -

ブラックリスト シーズン3
posted by Jasmine at 22:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | ブラックリスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月03日

ブラックリスト シーズン4 #18

ジョーはバーでフィロミナという女性と出会うが、連れ去られた場所で
待っていたのは死んだはずのミスター・キャプランだったので驚く。
ジョーはレッドの金庫番のペラッキオで、キャプランはチャンスをあげると
レッドと決別しなと言われるが、裏切れないと拒否すると、
レッドと関係のある書類と共に警察に突き出された。

郵便局ではパナベイカーがやってきて、アイスリンクに匿名の情報で
遺体が86体。全員レッドの仲間か敵だったと、チームの存在がバレたら
大ごとになり、その場合司法省は一切の関与を否定すると、司法長官は
遺体の捜査を命じ、担当捜査官は猪突猛進のイノシシ男らしいと言う。

そのイノシシ男はレスターとレッドを追っていたジュリアン・ゲールで
レスラーはゲールにアイスリンクに来いと言われた。
クーパーは協力して捜査状況を探るようにとレスラーを行かせた。

レッドは森で監視カメラを発見し、キャプランがヒッチハイクした男から
降ろしたモーテルを聞き、部屋に管理人が仕掛けた盗聴マイクを発見し、
“フィロミナ”を雇ったことを知る。

レッドはチームに“フィロミナ”は標的を観察して仕事に必要なスキルを
身に着けて、偶然や事故を装って標的の生活に入り込むと、金庫番の
ペラッキオを捕まえたので他の仲間も狙うはずと告げる。

レッドはリズと過去にフィロミナを雇った下院議員から連絡方法を聞いて、
連絡先のブーツ店に向かい、動きを待つことになり、リズは帰宅すると、
ミスター・キャプランがアグネスを抱っこしていた。

リズは私のためだったのにレッドはあなたを撃った。でもこれから先は
あなたを守れる。身柄を拘束するけどと言うと、キャプランはアグネスに
“あなたは安全、あなたは愛されてる、あなたは賢い”と言った言葉を
リズは聞き覚えがあり、キャプランは幼いあんたに毎日何度も聞かせた言葉。
色々あって覚えてないのも無理はない。あんたとは仲良しで私はカーチャと
呼ばれて、子守だったと言うと、リズは信じないと言う。

キャプランはあんたの母親に命がけであんたを守ると誓った。今になって
話すのは頼みがあるからと手を引いて、私は当局に彼の情報を渡した。
あんたのチームは存在しないはずで、私はあんたを守れなかったから
アグネスのため。お母さんは決心が遅すぎて悲劇を招いた。
レッドから離れてと言うと出て行った。

ゲールはファウラーの遺留品から殺害現場を再現して検証していた。
現場は清掃されていたと言われ、レスラーは女の掃除人がいると言ってしまい、
レッドのプロファイルで周りに女性を置きたがるとごまかした。

しかし、ゲールはレコードクリーナを掃除してないと気付いたので、
レスラーはそれを持ち帰り、ナヴァービに相談する。
レコードクリーナの指紋は不一致で登録のない指紋だった。
ゲールはレッドが手を回したと内通者がいると、リズに会いに行くと。

アラムはブーツ店からの電話を追跡し、その場所に向かうとフィロミナの
姿はなかったが、“アレクサ・ファイスト”と書かれたメモを見つけた。
フィロミナはわざとアレクサの車にぶつかり、心配するアレクサにつけこんで
夫と養育権で揉めてると打ち明けると、兄が弁護士だから紹介すると言われた。

リズたちはアレクサを調べると、兄がマーヴィン・ジェラードと判明。
レッドに連絡してマーヴィンの元に向かったが拉致された後だった。
フィロミナの車を追跡して停めたが、マーヴィンは乗っていなかった。
逮捕されたフィロミナはキャプランがウィーンへ向かったと供述する。

その頃、キャプランはマーヴィンにレッドを裏切るように説得するが、
マーヴィンはレッドを売ったりしないと言うと、電柱にくくりつけられ
放置されてるのを警官に発見された。

ナヴァービーはカタイ・フェローシップに選ばれたが、アラムが推薦したと
知って断ってしまう。アラムは仲直りのつもりで推薦したと思うのに。

レッドは静養中のデンベに別れの贈り物を渡す。
私の商売仲間は恩義があるから生涯私に仕えるものだと思っているようだが、
結局はだたのビジネスで、私の友人は1人だけ、それが君だ。
なのに私は君を疑った。そのことは詫びようもなく、自分を恥じてると、
その箱は君が私から離れる時に理由は聞かないし、友情が壊れることもない。
我々は新たな関係を築こうと、その時が来たら箱を開けてくれと告げた。

逮捕されたペラッキオは証人保護と引き換えにレッドを売るつもりかな?
デンベはキャプランを見つけるとレッドの側に戻った。

ソフトシェル ブラックリスト SEASON 2 BOX [DVD] -

ソフトシェル ブラックリスト SEASON 2


posted by Jasmine at 14:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | ブラックリスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月26日

ブラックリスト シーズン4 #17

今回はミスター・キャプランの過去と現在が描かれました。
謎だったことがわかったり、ミスター・キャプランの悲しい過去に、
復讐する理由がわかった気がします。

トレーラーを引いたトラックを運転してたミスター・キャプランは
痛むのか薬を飲むと“面倒なことに、途中で切り上げて戻る。
あと1ヶ所行く。”とスケートリンクにいた男に電話した。
ミスター・キャプランが髪を触ると大きな傷痕が見えた。

ミスター・キャプランがケイトと呼ばれていた若い頃、子守の面接で
4か国語に堪能でノースウェスタン大の医学部を中退し、児童発達学の
修士号を持つケイトの経歴を褒めたのはリズの母親カタリーナだった。

カタリーナは家にいる時はマーシャ(リズ)の世話は私がするので、
私たちのやりとりを観察し、不在の時は私と同じように娘を世話して、
でも娘を愛さないでと言い、ケイトはマーシャの子守となった。

ケイトはカタリーナが男と言い争う声を聞いて向かうと、カタリーナは
男と戦っていて、コードで首を締め上げるがなかなか倒れないので、
ケイトは落ちていたナイフをカタリーナに投げると、カタリーナは
ナイフで男の首を切って殺害する。

じきにアレグザンダーが戻るので、ケイトはカタリーナに2階へ行って、
シャワーを浴びて、掃除をしますと言い、ケイトはゴム手袋をして
掃除を始めたのが掃除屋の始まりかな。

翌日、カタリーナはケイトにあなたを殺そうとも思った。あなたが見たのは
アレグザンダーも知らない私で、雇い主だけが知る姿と言うと、ケイトは
“ソビエト情報部?あの男の資料に…”と言いかけると、カタリーナは
死体は?と話をそらし、キャプランは腐敗を早めるために血を抜いて
ビニールに包み、森の凍結線より下に埋めたので隆起してはこないと。
私とマーシャには協定がある。何としても彼女を守ります。その母親もと言う。

ケイトははマーシャと森の中を散歩してると、車の中でカタリーナが
男と浮気してるのを目撃する。
見られたと気付いたはカタリーナはケイトに気まずい思いをさせたと謝り、
ケイトは彼はアメリカ人?と聞くと、任務で会った人で何者かは知らない。
既婚者で愛しているかわからないが確実に娘のことは愛してると言うと、
ケイトはアメリカ人と別れてと言う。

ある日、ケイトが帰宅すると家には警察が来ていて、慌てて家に入ると
カタリーナが娘が誘拐された。別れようとしたら彼が怒って、自分の子だと
思ってるが、検査してないのでわからない。レイモンドとは一緒になれない。
行き先はアメリカの家だと捜しに行こうとするカタリーナにケイトは同行する。

モーテルでケイトが待ってると、カタリーナがマーシャを連れて戻るが、
2人とも煤で汚れていて、カタリーナは“人が多すぎたの。ケンカになって、
マーシャが…”とカタリーナはケイトに電話にもノックにも電話にも応じず、
必要な時以外は外に出ないで、ここでマーシャと待って、安全になったら
電話するので、一度鳴らして切ってかけ直すと言うと出て行った。

しばらくしてカタリーナから連絡が入り、レイモンドとの浮気にKGBが気づいた。
アメリカもで両国から追われてる。国を出なくきゃ、子守のあなたも捜されると
マーシャを家族と関係のない信頼するサム・ミルホーンに預けてと命令する。

ケイトはサムにマーシャを預けに行くと、俺はペテン師だと子供を預かれない
とサムは言うが断れなくてほとぼりが冷めるまで預かることに。
モーテルに戻ったケイトにカタリーナから連絡が入り、“ケイトごめんなさい。
戻れない、遠くへ行くの。あなたも姿を消して、もうできることはないの。
お願い姿を消して、愛してるわ、ケイト”と言われた。

ケイトはバーで新聞の求人欄を見てると、カタリーナの死亡記事を見つけた。
悲しむケイトにテキサスに行く途中のアニー・キャプランが声をかけてきて、
一緒に踊り、これまでのことを打ち明けた。

アニーは保釈保証人をしているおじニコスがいるアマリロに行くと言うので、
一緒に行ったケイトは遺体安置所で働き、アニーと付き合っていた。
ニコスの事務所で働くアニーに会いに行くと、銃を持った男が入って来た。

男は出廷しなかったのは親父が死んだからなのにニコスはマトをよこして、
兄貴のアゴの骨を折ったと激怒し、アニーは金を渡そうとするが
金目当てじゃねえ!と名前を聞かれたアニーは“アニー・キャプラン”と答えると、
男は“じゃあお前はミスター・キャプラン?”とケイトに言うと受話器を
持ってたのでアニーに発砲し、ケイトも頭に銃弾をうけた。

ケイトはアニーを連れて外に出たところで倒れて、目覚めると病院だった。
弾は貫通してダメージは少なく、脳の腫れが引くまで3週間ほど薬で
眠らされていたと。そして、ニコスからアニーは亡くなったと聞かされて、
大泣きするケイトにニコスはアニーは姪だ。君への気持ちは知ってる。
もちろん君の気持ちもだから君は家族だ。一緒に乗り越えようと言われた。

回復したケイトはニコスの事務所で働いてると、サムが訪ねてきた。
サムはレディントンが会いたいと言ってると言われたケイトはその男が
私の愛する人すべてを奪った元凶よ。その男は自分の家族や国も捨てたの。
彼は裏切り者で彼に言うことはないし、何も聞きたくないと言うが、
リズは今は無事だが危険が迫ると言われ、レッドと会うことに。

レッドから雇いたいと“お互いカタリーナを愛し、エリザベスを愛している。
あの子への愛は残っているはず。カタリーナが突然旅立った後、彼女の娘を
遠くから見守る責任を感じた。サムには経済的支援をしてきた。
私がどんな人間かを謝るつもりはない。カタリーナは2つの超大国を裏切り、
上手くいけば彼女の娘は静かな人生を送れるだろう。だが素性が知られた時に
脅威を止めるためにはそれを上回る力で立ちはだかることだ言う。

キャプランは“彼女を守るため?私の持つ力の何が欲しいの?”と聞くと
レッドは“信頼できる声、冷静な判断、どんな状況にもひるまない行動力。
エリザベスの母親に提供したすべてだ。”と答えた。
キャプランは“もしもあんたのためかあの子のためかを選ぶ状況になったら
必ずエリザベスを選ぶ”と言い、レッドは同意した。

レッドがFBIに出頭した日、キャプランとデンベも一緒にFBIの前まで
車で来ていて、キャプランは今さらあの子の人生に関わるなんて間違いと言うが、
レッドはカタリーナの過去の亡霊がオオカミのようにリズを囲んでいる。
見張り役として潜入させたトムは結婚した!とリズの危険を支配するために
強大な力を持つ犯罪組織を築き上げた。その使命を遂げる時だとFBIに出頭する。

現在、キャプランはモーテルの壁に隠したエヴェレット・オールドフィールドの
バラバラ遺体を記録しながらクーラーボックスに入れて運び出したが、
運転中に片頭痛になり、トレーラーで薬を飲んで寝ていると、女性保安官に
駐車違反と免許証の提示を言われ、偽造免許を2つ見せてしまった。

車内を捜索しようとする保安官に判事の恋人からDVを受けて逃げてると
頭の傷を見せると、保安官は銃を持ってる?自己防衛が認めらえてる州へ、
現れたら躊躇しないでと見逃してくれた。

キャプランはスケートリンクの男に最後の荷物を持っていくと電話する。
リンクに到着したキャプランにレッドから電話が入り、頭を打たれて父の言葉を
思い出した。“人生の物語は体に刻まれる”それを使ってあんたの力を奪うと、
掃除屋として遺体を埋葬してきた。埋葬されてたけど今からそれを使う。
刻まれた物語があんたを滅ぼすと、リンク上には多数の遺体が並べられていた。

キャプランはリズの子守だったとはビックリ!
だからリズのためにレッドも裏切ったのかと納得したし、今までもリズが
レッドとの繋がりだったが、殺されそうになったので本来の自分に戻って、
全てを奪ったレッドに復讐するってことらしい。
リズがレッドの子供なのかはカタリーナも知らなかったとは。
まだその謎は明かしてくれないらしい。

ソフトシェル ブラックリスト シーズン1 BOX Vol.2(3枚組) [DVD] -

ソフトシェル ブラックリスト シーズン1 BOX Vol.2
posted by Jasmine at 00:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | ブラックリスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
海外ドラマDiary TOPへ