2017年03月23日

ブラックリスト シーズン4 #8

エピソード後編。
陸軍病院にいるカークを手下たちが病院から脱出させようとする。
通気口から発煙筒の煙が病院内に充満し、火災報知機が鳴り、
病棟封鎖してリズとクーパーが警戒する中、手下たちが近づいてくる。

トムは消防士になりすました手下に気付くが爆風で飛ばされた隙に
カークはリズを連れて病院から脱出した。
その頃、レッドはショウに患者0号を捜させていた。

救急車に乗ったカークとリズをトムは必死に追跡し、救急車は途中で
車に追突して止まり、車を乗り換えたので、トムは近づこうとするが
弾切れになり、救急車の下に隠れるが見つかってもうダメかと思ったら、
レスラーたちに助けられたが、リズを見失ってしまう。

レスターは捕まえたカークの手下に行先を聞くが答えないので、
撃たれた傷口をほじって痛めつけると、乗り換えた車はシルバーの
パネルバンでアジトまで10分だが場所は知らされないと自供させた。

その頃、カークは医師にリズの血液検査をさせるが、親子ではないので
移植できないと言われ、カークは医師に銃を向け、いくらもらったと
激怒するが、いつも一緒にいる女オデットは娘じゃないと諭した。

ショウが患者0号のルシール・ボックスを見つけた。
レッドはカークの主治医だったライフラーをショウに会わせると、
ショウはルシール・ボックスをショウが診ていると言うと、ライフラーは
彼女は死んだと言うが、ショウは私の治療で症状がよくなり生きていると、
レッドはルシールは生きていて、今は検事になってると資料を見せた。

そこにカークから電話が入り、彼女は娘じゃないと言われると、
レッドは“ああ、違う。君に必要なのは彼女ではなくこの私だ”と言うと、
カークは私に必要なのは死ぬ前にお前を殺すことだと言ったので、
レッドはリズと自分を交換するように言い、交渉成立する。

デンベは行けばカークに殺されると止めるが、レッドはリズのためと。
カークの迎えの車に乗る前に、デンベに“許してくれ。ケイトのことや
すべてを”と言うと車に乗った。

カークはレッドが来ると、リズに恨みはないと安全を約束すると、
ずっと前に諦めるべきだったがお前は私の娘だと、オデットに
1時間後にどこか遠い場所で無事に解放しろと念押ししたが、
オデットはリズを埠頭に連れて行き銃を向けた。

そこにレスラーたちが到着し、オデットはリズに銃を奪われると、
刑務所には行かないと自分から海に落ちた。

レッドはイスに縛られ、電話番号と言うとそこに電話しろと、クリスパー
と呼ばれる治療法を教え、医師も確保してるので治療できると言う。
カークはクリーブという男に毒物などが入った注射をレッドに打たせると、
苦しそうなレッドにカークは娘だという証拠があったDNAリポートだと言うと、
レッドはそれはカタリーナが見せたもので、君にウソを言った。
KGBにそう訓練されたからで、私のことを愛人だと思ってるが実のところ
私も任務の対象で君と同じだと言うがカークは信じない。

カークはレッドに“お前が父親か?”と聞くがレッドは答えない。
さらに薬を打たれるがレッドは答えず、危険な状態になり、
カークは2本の注射器を見せ、苦痛、安らぎ。どちらを打つかお前次第と
迫ったところにカークの手下がトムとデンベが拉致したルシールと
ライフラーを連れてきた。

ライフラーがルシールは奇跡だと、昔私の患者だったと言い、
治療できる証拠だ、君を救えるとレッドが言うと、カークはお前を救えばと
レッドは2人とも死ぬか生きるか君次第だと言うと、検査を命じた。

検査を待つ間にカークはレッドに父親かと聞くと、質問には答えないと、
彼女は君の家で娘として育ったんだ、それは変わらないと言うと、
カークが注射しようとしたので、レッドはイエスが望みかと
“エリザベスは私の娘だ”と言ったが本当かは不明。

ルシールが治ったと証明され、ショウ医師がラボで君を待ってると言われ、
カークは全員を外に出して、レッドに注射を打つが、その時、レッドが
何かをカークの耳元で言うとカークは動揺した。
リズがレスラーたちとレッドがいた場所に行くが誰もいなかった。

ミスター・キャプランは寝言でレイモンドと言ったことで男にレッドは
私の雇い主だと、ある女性と娘を救うつもりでかえって危険を招き、
その報復で撃たれたと、雇い主はとても危険で残酷な男なので、
生きてると知ったらとどめを刺しに来るから、あなたを守るために
黙ってたと話し、歩けるようになったキャプランは男の元を去った。

レッドがリズとトムの家に行き、生きて戻ったレッドにリズはハグをして、
カークは死んだの?と聞くと去ったとしか言わない。
レッドはアグネスを抱っこさせてもらって嬉しそうだった。

レッドが父親なのかは曖昧なままで、カークに何を言って黙らせたの?
スッキリしない後編でした。

ソフトシェル ブラックリスト シーズン1 BOX Vol.2(3枚組) [DVD] -

ソフトシェル ブラックリスト シーズン1 BOX Vol.2
posted by Jasmine at 01:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | ブラックリスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月17日

ブラックリスト シーズン4 #7

恒例の前後編エピソードです。
アグネスを取り戻したリズにレッドは次のブラックリストの人物を告げる。
別人のIDを犯罪者に売る“検視官”をチームに捜索させる。
レッドはカークが逃げた時に検視官が手を貸すと予測していた。

カルテルの娘のギザ・バレラは14歳の時に抗争回避のために父親に
40歳も年上のライバルのカルに嫁がされ、20年後、父親と夫を殺して
カルテルを統一したが、別組織と抗争が勃発し、6万人が死に彼女は消えたが
検視官からIDを買い、別人になりすましてたギザを逮捕した。

郵便局で拘束されてるカークは倒れてしまい、陸軍病院へ搬送された。
医師は重症の再生不良性貧血で、数時間で頭蓋内出血になるが
今の状態で輸血すればショック状態になり、血縁者からの幹細胞移植を
受けないと命は朝まで持たないと告げる。

病院にカークの弁護士だといつも一緒にいる女がやったきた。
手下なのに意見を言うなと思ったら、カークにキスして愛人だったとは。
女はカークの脱出計画を遂行するが、仲間にいた男が何か怪しい。

ギザから検視官との連絡方法を聞き出し、ナヴァービが客として接触するが、
そこにレッドが現れ、検視官はレッドのことを知っていた。
レッドは研究者のソニア・ブルームの新しいIDを聞き出そうとするが拒否され、
兄を殺された男が店にいて、犯人のIDを作ったと知ったらどうなるだろう?
と脅して、エイドリアン・ショウだと聞き出した。

ソニア・ブルームは次世代ゲノム研究者でDNA解析で免疫機能を見直し、
2001年特許を申請したがパートナーは死亡し、彼女は行方不明に。
パートナーのマシュー・ハジはリンドキスト財団に殺された。
レッドがヒッチンから手に入れた“申請者 ハジ&ブルーム”のデータが
ここにつながるんだね。

ブルームはショウとなり、今のパートナーのレイバーンの専門は血液学で
最先端の血液学者はカークの最後の希望で、レッドはすでにレイバーンを
捕まえてショウの居場所を聞き出そうとしていた。

ショウは船で研究してるとわかり、レスラーたちが船に向かうが
すでにレッドがヘリでショウを連れ去った後だったが船内には
被験者たちが残されていた。

レッドはショウをある建物に連れて行き、そこにはラボが用意されていた。
ショウの研究を何に利用するつもりなの?

リズはカークのドナーになると決意し、心配するトムも病院に駆けつける。
血液を採取されたが医師から移植に十分な幹細胞が採れなかったと
適合するドナーなら外科的処置で腸骨から骨髄液を採取できると言われるが、
トムはリスクが伴うと反対する。

適合するかの結果がもうすぐ出ると、すぐ移植できるようにリズは準備する。
病室で目覚めたカークはリズに命を救ってくれたと言うが、
リズは救おうとしたが不適合だけじゃなく、あなたの娘じゃないと言う。
カークは検査結果はねつ造だ、レッドの仕業と反論する。

リズはレッドに電話して、結果を操作した?親子じゃないと出て
カークがあなただと言うと、レッドはすぐに病院を出ろと、娘だと
信じてきたから今までは無事だったと、奴は病院では死なない。
計画は始まってる。脱出部隊が突入するぞと言う。

その時、陸軍病院には事故でバスの乗客が多数搬送されていて、
その中に患者や医者になりすましたカークの手下たちがいた。
とここで後編に続く…。

ブラックリスト シーズン3 ブルーレイ コンプリートBOX(初回生産限定) [Blu-ray] -

ブラックリスト シーズン3 ブルーレイ
posted by Jasmine at 00:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | ブラックリスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月10日

ブラックリスト シーズン4 #6

ベラルーシで資金を凍結された犯罪者たちに金を貸し、手数料と金利で
利益を得てるルブロンがエレベーターで観光客に扮したオスカーたちに
拉致されるが、オスカーの依頼人はレッドだった。

レッドはルブロンのことをチームに話し、レッドは自分がこの方法を
思い付かなかったことを悔しがり、リズは逮捕されて後釜に?と嫌味を言い、
カークはルブロンの顧客で、米政府に資産を凍結されて金を借りたと、
ルブロンは確保したが、協力と引き替えに米政府の免責が条件だと。

クーパーは証人保護についてはパナベイカーに相談すると電話したら、
盗聴してる男がカークの側近の女に連絡をしたことで、ルブロンが
レッドに拉致されたことを知られ、カークに対処すると報告する。

レスラーたちがルブロンを引き取りに行くが、狙撃されて死亡すると、
レッドは“ルブロンが死んだ。予定通りだな。招待状を送ってくれ”と言う。

アラム、レスター、ナヴァービ、クーパーの自宅に配達人がピザと
招待状を届け、“迎えの車は朝7時30分に到着 R”と書かれていた。
みんなはある場所に集められ、電子機器を預け、ボディチェックを受け、
チェスターにアナログの部屋へ案内された。

レッドとリズがいて情報が漏れてると、不仲を装いカークに罠を仕掛けたと。
郵便局のシステムがハッキングされてると言われ、アラムは絶対ありえない、
毎朝自分がチェックしてると反論する。

レッドはおかげでわかった。“つぐみ”と言う犯罪組織だと。
1982年に結成、創設者はブルガリア人の天才プレマン・ラドコフで、
1986年KGBに逮捕され7か月後シベリアの収容所で死亡し、組織は地下へ潜った。
つぐみが仕事を選ぶ条件は2つ。現金払いと技術的な挑戦で、カークが
彼らを使い“郵便局”での音声や通信をすべて傍受してると。

レッドはそれを利用してカークに偽情報を与えようとするが、
郵便局のシステムはNSAやホワイトハウスともつながってるので機密情報を
盗まれ続けるわけにいかないとパナベイカーに相談する。

ナヴァービ―は英大使館の友人からつぐみが関与したインドの事件の
資料を見せてもらうと、死亡者の中にアラムの恋人エリースを発見。
クーパーとレスラーはアラムはすぐに顔に出るから黙ってることにすると。

そこへアラムがシステムの侵入方法がわかったと、ラバーダッキーを
直接挿してシステムのセキュリティをすり抜けたと、可能なのはレベル4の
機密権限を持つFBI局員で、ログインしていた局員を調査し、ハッカーを
突き止めたと言うと、ナヴァービ―はあなたねと言う。

アラムは資料を見せられ、今夜彼女と食事の約束をしてるので、
自分のラバーダッキーでつぐみのサーバーにアクセスすると言い出した。
ナヴァービは銃をアラムに渡し、突入の合言葉を決めて送り出した。

アラムはワインをわざとこぼして着替えに行くと寝室に行き、
エリースのPCにラバーダッキ―を挿したが、エリースも寝室に来たので
ソースが焦げると向こうに行かせようとするがダメで、迫ってくる
彼女を突き放してしまう。

アラムが他に好きな人がいると言うと、エリースはサマルだと言い出し、
エリースはカークの側近から電話が入り、FBIの盗聴がバレてると言われ、
自分のPCにラバーダッキーが挿しこまれてると気付いた。

アラムは銃を突きつけるが、エリースが襲い掛かってきたので、
合言葉を言って、駆け付けたレスラーたちにエリースは捕まった。
カーク側が盗聴のことを怪しんでたので、ナヴァービはエリースに
問題ないと報告させてたが、それでもリズは心配になる。

リズはカークから会う場所のメールを受け取り、カークに電話して
あなたのスパイはFBIが逮捕し、会うのも筒抜けでレッドも知ってると言い、
カークは場所を変えるので、私の指示に従ってくれと。

リズは指定されたビルの屋上に行くと、カークは手下を連れてきた。
3人で会うはずと言うと、レッドを始末したらすぐに会える。
5分もすれば彼は死ぬと言い、リズは話が違うとカークに銃を向け、
カークはロミーナにアグネスを連れて来させたが、リズがアグネスを
受け取ろうとした時、レッドたちが屋上にやって来た。

カークはアグネスを抱いたまま、ビルの屋上から飛び降りようとするが、
リズは“私を愛してるなら、愛したことがあるなら娘を返して。
お願い、お父さん”と説得し、カークは銃を捨てて、アグネスをリズに渡し、
カークは郵便局に連れて行かれた。

何だかあったりとカークが捕まって、これは作戦なのかと疑ってしまう。
ミスター・キャプランは男に自殺したと嘘をついたが、監視カメラが
あちこちに仕掛けてたことで嘘がバレてしまった。
アグネスが無事に救出されて良かったです。

ブラックリスト SEASON 2 ブルーレイ コンプリートパック [Blu-ray] -

ブラックリスト SEASON 2 ブルーレイ
posted by Jasmine at 00:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | ブラックリスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月03日

ブラックリスト シーズン4 #5

特許商標庁に勤務するサイラスは弁理士を装い、発明者に近づき、
発明品を確認するとマヒ薬を入れたお酒で乾杯し、発明品を奪うと
感電死に見せかけて置き去りにした。

レッドはカークの主治医ライフラーを拷問し、主治医は月イチで
カークに輸血してるが連絡があるまで居場所はわからないと。

リズはカークに会いに行く時は一緒に行くと言うが、レッドは返事せず、
“リンドキスト財団”がアグネスを取り戻すカギになると言う。
企業が持ち寄りで金を出し彼らの商売を阻害する発明を潰すために
リンドキスト財団は発明者を殺してるとチームが捜査することに。

画期的な発見をした後に死亡してる人物が何人もいるとわかる。
直近の被害者オマール・ナザールを調べるためにレスラーとナヴァービは
勤務先に行くと、ある発明をしたと言ってたが、誰も内容を知らないので
妻を訪ねるが、妻は遺書を偽造されて自殺に見せかけて殺害されていた。

ナヴァービは本の中からオマールが同僚の女性と撮った写真を見つけ、
彼女を聴取すると、オマールとは不倫関係で海水から塩を抜く方法を考え、
費用も安くて町の浄水施設で使えることや、発明家エキスポで出会った
弁理士から知的財産の売り方を習い、助言もくれたことを話す。

エキスポの防犯映像から犯人の顔はわからなかったが、渡した名刺から
特許専門の法律事務所のゲルナーが浮上するが別人だった。
アラムは名刺に書かれた携帯番号の数字を割り出し、アパートを特定し、
特許庁の職員サイラス・グルーズベリーが浮上する。

サイラスはアパートにいなかったが偽IDや被害者のファイルが見つかった。
その頃、サイラスはエキスポで出会ったライリーを訪ね、発明を確認すると、
薬入りの酒を飲ませて、マヒさせて自殺に見せかけようとしてると、
レスラーたちがやって来たの逃走するが、ライリーは救出された。

トムはレスラーからカークの件で大使館関係者に接触したが情報は得られず、
お前のやり方の方が効果的かもと資料をもらう。
SVR(ロシア情報庁)の活動をする文化技官のコマロフに接触すると、
トムはマッサージ師をFBIの情報屋に仕立てて、コマロフにFBIに情報を
渡してると、カークの情報と引き換えに黙ってると脅す。

情報を持ってきたコマロフは証拠が破壊される保証が欲しいと言い、
トムは俺は捜査官でもスパイでもないとカークに娘をさらわれた父親だ。
何としても奪い返すと、カークの情報を渡してくれれば娘の命にかけて
あんたの情報を握りつぶすと言い、情報をもらった。

カークの主治医に連絡が入り、レッドたちは指定されたジュネーブに向かう。
レッドは部下たちと戦闘態勢に入り、一緒に行くと言うリズにレッドは
“複雑な感情を持ったまま行くべきではない”と拒否した。
倉庫にいた見張りを始末するが、主治医から医療従事者たちは傷つけるなと
頼まれたので助けると、主治医にカークからもうすぐ到着すると連絡が入る。

置いてかれたリズはトムと電話して、ジュネーブにいることを話すと、
トムはカークの情報からロシアにいると言い、リズはレッドに電話するが
カークの車が到着したので出てくれず、デンベに罠だと電話するが、
レッドはデンベから電話を受け取ると切ったら車が爆破する。
レッドとデンベは無事だったが部下たちに死傷者が出た。

ナヴァービは特許庁でサイラスのIDカードを無効にしようとすると
すでに中にいると言われ、サイラスは自分の部署に入ると上司を撃ち、
同僚たちを人質にサーバー室に立てこもる。
ナヴァービはサイラスに要求を聞くと、30分以内に2000万ドルを要求した。

クーパーの元にヒッチンがやってきた。
盗んだ発明データーはどこ?と国家安全保障担当補佐官なので
国の安全にかかわる情報は入ると、まだ失脚してなかったことに驚き。

サイモンはサーバー室から盗んだ発明をアップロードしていて、
盗んだデータをみんなで使えるように公開しようとしていた。
ヒッチンは国家安全の危機だと、発明が敵国に渡ると突入しろと言うが、
クーパーは人質が危険にさらされると反対する。

アラムはレスラーに消火システムを手動で動かしてもらう。
サーバー室の消火剤が吹き出して視界が悪くなった隙にナヴァービが
サイモンを射殺し、データのアップロードを中止することができた。

ヒッチンはナヴァービが持ち帰ったデータ入りのUSBを受け取ると、
レッドに会い“申請者 ハジ&ブルーム”のデータを渡した。
それが今回の狙いだったらしい。

トムはカークの情報の中にリズのDNAレポートを見つけた。
リスはそのレポートを持ってレッドを訪ね、“カークが私の父だと言う
証拠だと、父は死んで私が殺したと、あなたが言ったことは最初から
すべてウソだった”と告げると去った。

アラムの恋人エリースは突然、ナヴァービに電話してきたりと怪しく、
予告から何か起こりそうな感じ。

ブラックリスト シーズン1 ブルーレイ コンプリートパック Vol.1(3枚組) [Blu-ray] -

ブラックリスト シーズン1 ブルーレイ Vol.1
posted by Jasmine at 00:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | ブラックリスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月23日

ブラックリスト シーズン4 #4

スクールバス暮らしをする男が鼻血を出し、鼻に詰めていた止血用の
長いガーゼを取り出し、マヤに“次のターゲットを決めた。すぐにげろ。
2人とも車に荷物を積んで極力遠くに行け”と電話で指示した。

男はバーで行われているウォルトの送迎会で整備士のマーティンに
薬入りのお酒を飲ませて殺害殺した。

リズのPCにカークからビデオチャットが入り、カークはベッドにいる
アグネスの姿を見せると、アグネスに傷でもつけたら許さないと言うと、
カークはリンクを切らないからいつでも見られてると。
トムはリズにどこからアクセスしてるのか探ろうと言うが、探ってるのが
バレたらリンクを切られるとリズは止める。

レッドはリズに会い、エコテロリストの“ガイア”を追うように指示し、
ガイアからカークの居場所を探ると、リズはカークからの連絡は?
と聞かれ、ないとウソをつく。

リズはクーパーたちにガイアが2011年、石炭を洗う薬品MCHMが化学工場から
1万ガロン流出し、地元の飲み水に混入して被害者は数百名、子供2名
高齢者3名が死亡し、危険性の指摘は無視されたが、この事故がきっかけで
環境保護庁が動いたと説明する。

流出事故を調べ直すと、検査は月1回なのに抜き打ち検査があったとわかる。
その頃、ガイヤは検査官の飲み物に薬を入れて殺害し、ヘルメットや
仕事道具を盗んだ。

3つの工場で“事故”の前に抜き打ち検査があり、施設に侵入ではなく
正面から入ると、防犯カメラの映像にガイアの姿が映っていた。
ガイアの写真をガスや石油の工場に回すと、ガスパイプラインの
検査官が車内で死んでいたとの情報が入る。

ウエストチェスター郡で検査の予定があったとわかり、レスラーたちは
ガイアを発見するが、パトカーの封鎖を突破して逃げられる。

偽IDがあった場所はガスの圧力が一番高く、攻撃に弱い所を調べていたと、
現行の安全規程は古い施設には適用されず、危険性を訴えるのが目的だが、
今回は都市部で何百世帯の家庭や学校、病院だけでなく、東海岸で最大の
原子力発電所“ストーンパーク”にも被害が出ることが判明。

レッドは偽IDに入手先をボーリング中のグレンから情報を入手し、
リズも一緒にガイアが暮らすスクールバスに行く。
バスには妊婦の写真があるが子供の写真はなく、潮見表や地図などがあった。
レッドはグレンに写真の妊婦を捜すように頼むと、デンベのアドバイスで
大会に勝ったのグレンは調べてくれた。

ガイアの正体は元海軍士官のオーウェン・エアーズと判明。
ヘリの操縦士で航空機の整備もでき、イラクに3度出従し受勲されるが、
2012年メルトダウン作戦後、病気により退役していた。
作戦中に放射性物質にさらされた可能性があり、潮見表からハドソン川の
水位が最も低い時を狙ってると推測。

ストーンパークは川の水で反応炉を冷やし、パイプラインの爆発で反応炉に
被害が出た時、冷却水を確保できないと起こるメルトダウンが狙いだった。
パイプラインの工場は閉鎖されてるが、空から近づけるとヘリ会社に
飛行中の2機を呼び戻させるが、整備中の1機をベテラン整備士が急死し、
新入りが整備してると聞いたところでそのヘリが飛び立った。

ガイアがヘリを操縦してるとレスラーたちは発砲するがダメで無線で
呼びかけるがガイアは戦闘機は間に合わないし、パイプラインを
遮断するにも3日かかると言い、アラムはハッキングを試みる。

アラムは安全装置に侵入し、クーパーは回転翼を止めろと言うが、
2度も人を殺せないとアラムが躊躇するのでクーパーがキーを押した。
ヘリの回転翼が止まり、ガイアの操縦するヘリは森に墜落した。

トムは昔の仲間に協力してもらいアグネスのビデオチャットを逆探知し、
屋敷に突入するがそこはサーバーの中継地だった。
カークはすぐにアグネスとのリンクを切断した。

レッドはダイナーにいるマヤと息子スカイラーの席に座ると
元夫はもう君たちを煩わせないよ。逃げる必要は亡くなったと言い、
スカイラーの主治医の血液学者の名前を教えて欲しいと頼む。

レッドはリズにガイアと息子スカイラ―は珍しい血液の病気で、
ライフラー博士は血液に関する権威でスカイラ―とカークの主治医だ。
主治医からカークを見つける。もう少しの辛抱だと告げる。
リズはカークから連絡が来たことを打ち明け、トムが逆探知したのが
バレてリンクがキレたと話す。

ライフラー博士を捕まえたレッドは次にカークを往診する時は
私を連れて行くんだと告げた。

カークは主治医から余命半年と言われ、カークと一緒にいる女は
アグネスを治療に使うように勧めるが赤ちゃんのアグネスには
危険だとカークは躊躇する。

ミスターキャプランは犬を連れたおやじに助けられ、食事をさせたりと
世話するおやじはキャプランの足に鎖をつけてるなんて危険人物みたい。
早く、誰か救出してあげて!

ブラックリスト シーズン3 DVD コンプリートBOX(初回生産限定) -

ブラックリスト シーズン3 DVD コンプリートBOX
posted by Jasmine at 00:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | ブラックリスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月16日

ブラックリスト シーズン4 #3

変電所に川から侵入した潜水士4人が大規模停電を起こした。
レッドはリズを彼女の墓地に呼び出し、“マイルズ・マグラス”と言う男に
カークが接触してると話し、リズは“その人からカークにつながるの?”
と言うとレッドは“君たちは関わるな。私がやる。”と言う。

しかし、リズはレスラーたちに“マイルズ・マグラス”が手掛かりと話す。
マグラスはソーシャルメディアの創業者だったが役員会で社会病室者と
断定されて解雇され、提訴して1億ドルを得ると、今は犯罪者に
犯罪計画をプレゼンさせ、気に入れば出資して成功報酬を得ていた。

マグラスはロンドンのホテルに泊まってるのでレッドが向かってると、
クーパーは現地のFBI連絡員に見張りを指示し、怪しい男の写真を撮った
連絡員たちは写真の送信中に射殺され、駐車場係も射殺された。

レッドはリズに手を出すなと言ったのに、3家族が葬式を出すハメになり、
マグラスが姿を消し、カークの手掛かりも消えたとクーパーに激怒する。

リズとトムはカークの捜査が司法省に移ったと聞き、2人で乗り込むが
情報を渡してもらえず、リズとトムは一芝居をして、別荘で押収された
母親の日記を盗み出すことに成功する。

アラムは送信中で止まったデータから該当者を6人に絞り込むが、
マグラスは写真のブラッドリーを始末していた。
ブラッドリーは元ネイビーシールズでジョギング中に撃たれ、
車の中にダイビングの道具があり、おととい変電所が潜水士たちに
襲われた話を聞いたレッドに心当たりがあるらしい。

レッドはヨハンに会いに行き、仕事を依頼するが今日は無理だと断られ、
向こうの2倍を払うを言うが、パートナーがいるから無理だと言われ、
それでもレッドがねばると、ヨハンの相手はイカレ野郎で相棒を殺された
と聞いたレッドは早く手を切れと、誰か紹介して助けてやりたいがと
思わせぶりな態度をすると、ヨハンは誰か紹介できるのか?と乗って来た。

レッドはリズとトムに“マグラスの投資先がヨハン・ハルベックだと、
ヨハンの作戦に君のような専門家が必要だと”トムに資料を渡す。
トムはオランダ海軍特殊部隊のウィレムとしてヨハンに会うと
質問詰めにされ、殴って来た男から首を絞められるとパーカーのひもで
男の首を絞めて倒すと、ヨハンに気に入られた。

翌朝、トムは通信機を付けて、ヨハンの計画に参加するが詳細は教えられず、
乗った車が橋で停車すると、下を通過する列車に飛び乗った。
アラムが積み荷を調べるが、列車は運行予定すらなかった。

トムたちは車内にいた警備員を倒し、“CDC”と書かれた積み荷を見つけ、
CDCからの情報で感染力がクラスAのウイルス全種類の50種類だと判明。
変電所の襲撃はウイルスを移動させるためで、予備電源でクラスAウイルスを
管理できるのは72時間まで、それ以上は別のラボに移すことになっていた。

ヨハンたちはシグナルを消し、列車の姿が消え、トムとの通信も途絶えた。
レスラーたちは新しい線路を発見し、後を辿って倉庫を発見した。
その頃、ヨハンはマグラスに連絡し、FBIの連絡員を殺害した男に
サンプル17番を渡し、残りはもらうと告げた。

レッドがやって来て、ウイルス全種類の買い手と交渉したので、
どのサンプルを渡したと、買い戻すのでパートナーと話をさせろと言い、
ヨハンからマグラスがロッジというバーにいると聞き出した。

レスラーたちは部隊と共に突入し、ヨハンたちを捕まえた。
レッドはロッジでマグラスとサンプルを受け取った男の席に行くと、
“相席していいかな?レディントンだ。”と名乗るとマグラスは
“あのレディントン?”と嬉しそうに笑う。

レッドはマグラスといた男を射殺し、ビビったマグラスはカークに電話して、
サンプルの受渡し場所を聞き出させると、レッドは“ご協力に感謝する。
そろそろFBIが来る頃かな”とマグラスと射殺した男を手錠で繋いだ。

レッドがカークを待ってるとリズから盗まれたのはリボウスキ・ウイルスで
致死率が高く、1900年初頭アジアとヨーロッパで流行したと知らされる。
近くにある公衆電話が鳴り、レッドが出るとカークからだった。
レッドはウイルスとアグネスの引き換えを提案するが、カークは断り、
“お前が孫に触れる前に私は死ぬだろう”と告げた。

リズは母親の日記を読み、浮気したレッドから離婚を迫られたと書いてたが、
母親は任務でレッドに近づいて愛してしまったと知る。
カークは家に伝わる遺伝する血液の病気でずっと輸血が必要になり、
病気は男性のみに受け継がれると書かれていた。

それを聞いたレッドはリボウスキ・ウイルスは薬になり得た。
再生不良性貧血は骨髄内の造血幹細胞が壊れる病気でロストフ家の男は
代々この病気で死んだ。例外が彼の遠い親戚でリボウスキ・ウイルスに
感染して、他のロストフ家の男よりかなり長生きしたと。

必死になる理由は君が去ったからで、彼が必死に君を捜した理由と
君を近くにおく必要性がこれで分かった。彼は治療のため血のつながる
子供が必要だった。娘だと信じる人物から遺伝子の提供を受けるためで、
彼にとって君は細胞の固まりで、君を私から救うんじゃない。
自分を救おうとしただけだと告げた。

やっぱり病気の治療目的でリズとアグネスが必要だったんだ。
レッドに撃たれたミスター・キャプランは生きていて、倒れているのを
誰かに発見されたみたい。
ナヴァービは転属願を書いてる途中でアラムに電話すると大胆な彼女に
誘われてたが、アラムに悪いけど嫌な予感がする。

ソフトシェル ブラックリスト SEASON 2 BOX [DVD] -

ソフトシェル ブラックリスト SEASON2
posted by Jasmine at 00:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | ブラックリスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
海外ドラマDiary TOPへ