2017年08月21日

Major Crimes/重大犯罪課 シーズン5 #21(終)

シーズンフィナーレは前回から続くオーティズ元中尉による爆破事件。
オーティズは元妻リゼスの父親ルナを殺害し、葬儀にやって来たリゼスを狙い、
墓地に爆弾を仕掛け、それに気づいた重犯課が墓地に向かって避難させていると、
それを見ていたオーティズが爆弾を起爆したが全員避難して無事だった。

お墓に置かれた花瓶にC-4爆弾が仕掛けられたとわかり、メイソン警視から
オーティズはテロ組織とギャングとは無関係だと知らされる。
ルナの娘リゼスとソフィアはオーティズはリゼスをLAに呼び戻すために
父親を殺したと聞いて、リゼスは浮気相手のユーリーを刺殺したと言う。

指導者会議に出ていたフィッツが爆破事件で呼び戻されて、デイビスが送られ、
どうやらデイビスは副本部長候補から脱落したみたい。
フィッツが状況を大至急教えてほしいと言う。

オーティズはユーリー殺しで正当防衛を主張したが16回刺して、ナイフを
所持していたので懲役11年で取引した。
同房者のウィルクスはオーティズが無罪を主張し、元妻を責めていたと証言し、
元妻が狙いなら、なぜそんな工作をしたのか不明だった。

爆弾が仕掛けられた花瓶の内側からフランクリン・パールの指紋が見つかり、
働いているリサイクル店で爆弾を仕込んだラジオや花瓶を見つけたので、
パールを捕まえるが、指紋を売り物だから付いているし、オーティズが
2週間くらい前に大量の買い物をしたので覚えていた。

購入した商品をウィルクスに見せて、残りの刑期を3年に短縮する条件で
商品に“ボイド”と呼ぶ物を隠せる空間があり、俺なら麻薬を隠すが
オーティズは爆発物を隠すと、元妻が真犯人でヤツをハメたと、服役中に
自分で事件を調べて、警察のミスを見つけたと、ユーリーの母親から
“リゼスと別れたのになぜ殺した”と手紙が届き、武器や凶器にに触れた
人間はリゼスだけだったと、妻だけでなくロス市警も責めていたと言う。

モラレスはユーリーの検視報告を見ると、凶器はオーティズが軍務中に
使っていたもので刃は一方がノコギリ状で、最初に背後から首を刺して、
残り16回は胸を手当たり次第に浅く刺し、素人の犯行だとわかった。
陳述書は第一所見を基に作られ、検視報告書が完成する前に司法取引が
誤った仮定に基づいて成立していた。

リゼスを重犯課に残すために父親の家から荷物を警官に取りに行かせたが、
オーティズはその荷物にGPSを仕掛けていた。
サイクスは証拠品保管庫にユーリーの証拠品を取りに行くが、そこに
自転車爆弾があることに気付かなかった。

プロベンザとタオはリゼスに凶器のナイフは家になかったと警察に話したが
どこに隠してたのか、オーティズが見つかるかもしれないと言い、
オーティズが海兵隊から盗んだ物を置いていた倉庫の場所を聞き出した。

倉庫に突入するが、武器や爆弾はなく、壁に“俺は無実だった”と書かれ、
重犯課のメンバーの写真があり、ゴミ箱に分解した携帯が捨てられていて、
20の爆弾を組み立てたとわかった。

ラジオを警察に押収させるために血を付けて、証拠品保管庫で爆発させる
計画だったので、ロス市警には保管庫が21あった。
タオとバズは携帯番号のケースにはロット番号が付いてるので、その番号を
電話番号に置き換えて、携帯を妨害して起爆させない方法を思い付く。

全部署の証拠品保管庫から署員を退避させて、番号も分かれば着信も
確認できるので居場所を逆探知できる。
オーティズは市警の向かいにある市役所にいるとわかったが警官の姿を見れば
起爆されるが、フリンは内勤だったので顔がバレてないのでこっそり市役所へ。

バスは携帯20台の妨害を完了し、レイダーはオーティズの携帯に電話をかけて、
携帯を妨害して市役所は封鎖したと投降を勧め、ユーリーは元妻の犯行で
あなたはハメられたと言うが信じないので、プロベンザは逮捕するの証言しろと、
オーティズに聞こえるようにリゼスをユーリーへの第1級殺人で逮捕した。

オーティズにリゼスは報いを受けると言うと、別の形でなと信号を送れる
スマホが2台必要だったと、手元に1台あり、もう1台はそっちに仕込んでると。
みんなが手分けして爆弾を探していると、フリンがオーティズに銃を向けた。

レイダーはリゼスのスーツケースに爆弾はあると退避を命じたところで
爆弾は爆発して、フリンはオーティズを殴って確保した。
重犯課は吹っ飛んだが全員無事で良かった。

ガスはラスティが引っ越したくないのでナパの仕事を断った。
ラスティはガスの勤める店に行き、オーナーのエイデンからラスティのせいで
ガスは自分の利益が見えてないと、妹のことで借りがあるから逆らえないと
自分の幸せを捨ててると言われ、ガスにナパに行けばキャリアを伸ばせると
遠距離を提案し、ガスは絆が深まると喜んだがラスティは終わりと思ってるみたい。

フィッツはレイダーに一緒に副本部長の部屋に来てくれと言われて行くと、
メイソンが副本部長に選ばれていた。これは最高の人事だとレイダーは喜び、
フィッツも警備部に残してもらえ、レイダーは警部から警視に昇進して
市警の幹部となり、メイソンから重大犯罪課をよりよく変えたいと相談された。

シーズン5は大変な事件の連続で見ごたえがあって面白かった。
次のシーズンではオフィスも模様替えするだろうし、重犯課としても
変化があるのかな?

MAJOR CRIMES ~重大犯罪課 〈セカンド〉 セット1(5枚組) [DVD] -

MAJOR CRIMES ~重大犯罪課 〈セカンド〉 セット1
posted by Jasmine at 00:19 | Comment(0) | Major Crimes | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月14日

Major Crimes/重大犯罪課 シーズン5 #20

深夜に男が楽器店のウインドウを石で割って、楽器を盗んだ。
翌朝、重犯課は自宅で遺体で発見された錠前師のアルバート・ルナの家にいた。
顔を2発撃たれて、腕にはギャングのタトゥーがあるが、足は洗っていた。
娘ソフィアが発見者で取り乱して、外で警官と一緒にいた。

血痕を調べていたタオはアンティークラジオに付着する血痕に不審な点があると、
科学捜査課のヘイリーに最優先で頼むと指示し、彼女が車に運ぶと
ラジオが爆発して、ヘイリーは死亡した。
近くにいたソフィアは脳震とうで入院し、一緒にいた警官は意識不明だった。

ラジオは殺害後に置かれ、血を塗りつけられてたようで、警官を狙ったなら
重犯課が家にいた時に爆発するはずで、血を塗ったのは注意を引くためと思われ、
警官を爆死させる目的ならルナを殺す必要はなく、マスコミに伏せることにする。

それなのにデイビスはマスコミに爆発があったことや警官が亡くなったことで、
これはテロだと警察は全力で戦いますと言ってしまう。
楽器店に強盗に入った男は貸倉庫に暮らし、そこで自転車爆弾を作っていた。

モラレスは検視でテロでは大勢を殺すため爆弾に破片を詰めるがヘイリーには
破片はついてなく、爆風で飛ばされて深刻な頭蓋内血腫で即死していた。
それでもデイビスはテロだと言い、フィッツが不在なのでポープから2つの課を
まとめるよう頼まれたと、ポープは本部長としてまだ健在だったとは。

ラスティはインターンが終わったら検事局に雇ってもらえることになり、
ガスはナパの新しい店に副シェフ長としてオファーされ、ラスティにバークリーの
ロースクールに移れると、2人で決めようと言うがラスティは喜ばなかった。

ソフィアは父親は隣人には愛されてたし、父は錠前のことだけは学んだけど、
新しい缶切りさえ使えない人で爆弾など作れないと、母親のことを尋ねると、
離婚後、母と姉はエルサルバドルに帰ったと葬儀には来るから話せると、
ケガした警官は気の毒だが全部話したので帰りたいと、彼は投げやりだったと
私が泣いてる間、ずっと無線で話してたと聞いたタオは爆弾処理班を呼んだ。

爆弾処理班のカプラ警部補からラジオの中からC-4があり、携帯で爆発できるが
なぜあのタイミングで?困惑すると言われ、タオは警官の無線で謝って
スイッチが入ったと爆発前の写真を見せるとその可能性はあると。

デイビスはC-4の出所がテロ組織という可能性は?と聞くと、爆弾の包みを残し、
考えにくとビニールの包みを見せると、サイクスは軍事用だと気付いて、
ツテで調べると言うと、デイビスはFBIの仕事だと言い、ノーランは
デイビスにFBIに言えば手柄を奪われますよとよく言ってやった。

公園のベンチにいた若い男女の周りを自転車爆弾を作ってた男が自転車で
グルグルと周りを走り、若い男がやめるように言うと、自転車男は男を殴って
逃走中にわざと自転車を乗り捨てた。その自転車を警官が証拠品保管庫に運んだ。
爆弾犯は葬儀場にルナの友人と名乗り、葬儀の時間と場所を電話で尋ねた。

C-4はペンデルトン基地が出所とわかり、2002年に使用された爆弾と一致し、
同じ爆弾は他にも9個持ち出されていた。
サイクスは令状を持って基地に行き、C-4のM112が10本、特殊部隊の砂漠での
訓練用に持ち出され、記録では全部使用済みになっていた。
持ち出した海兵隊員からオーティズ中尉が浮上する。

オーティズは名誉除隊後に故殺罪で有罪になり、刑期を満了して2か月前に出所。
被害者は妻の浮気相手ユーリで、同房者はオーティズは無実だとユーリの話ばかり
していて、あいつの妻リゼスは浮気してたとずっと妻を責め続けてたと。

リゼスを調べると免許の更新をしてなく、郵便物の転送先はエルサルバドルで、
写真を見たプロベンザはルナの家で見た家族写真に写っていた娘だと気付く。
オーティズが義父を殺したのは妻がLAに葬儀で来るからだと、あと25分後に
葬儀だったので、すぐに爆弾処理班と共に墓地に向かった。

ルナの家族や参列者を避難させている重犯課のメンバーをオーティズは
写真に撮っていて、警察犬が爆弾を発見したので撤退していると
オーティズは爆破スイッチを押して、爆発が起こって、次回に続く…。
重犯課のメンバーは大丈夫だと思うが、警察もターゲットにされてるみたい。

MAJOR CRIMES 〜重大犯罪課 〈ファースト〉 (5枚組) [DVD] -

MAJOR CRIMES 〜重大犯罪課 〈ファースト〉
posted by Jasmine at 23:41 | Comment(0) | Major Crimes | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月07日

Major Crimes/重大犯罪課 シーズン5 #19

ロースクールに通う青年ウィルが自転車で帰宅途中に車にはねられて、
道路を40メートルも引きづられて死亡する事件が発生。
LAでは車と自転車のひき逃げ事故が多発しており、フィッツは重大犯罪課に
ひき逃げ事故の捜査を命じる。

ウィルの最後のメールがクリスから“覚えてろ”で、車のタイヤ痕はなく、
自転車の塗装がはげてたので車についているとわかる。
犯罪情報課のメイソン警視が携帯を調べ、ウィルは帰宅途中にアプリの
アラートを受信してたので足取りがわかった。

ウィルは犯罪歴もなく、車の免許を持っていなかった。
SNSで同じロースクールのインドラと婚約中で一緒に暮らしているとわかり、
プロベンザとサンチェスがインドラに質問し、ウィルは親の基金で暮らし、
父親は製薬会社の役員で母親は株のブローカーで、インドラも医者の娘で
いい暮らしをしていて、ウィルを恨む人はないし、クリフは彼の親友で、
車につけられてる気がすると言ってたと話すとインドラは察して泣き出した。

車が落としたヘッドライトから2000〜06年製のシボレーかGMCのSVUとわかるが、
該当車両は20万台もあった。
ウィルは控訴裁判所の書記官に採用され、次点は親友クリフだったので、
クリフを聴取するが、メールはいつもの冗談でゴルフの話だったと、
書記官に選ばれたのは見事な小論文を書いたからと判事が言っていたと。

連邦判事に会うと、ウィルは非凡な青年で30年後は最高裁判事と言えると褒めて、
クリフは明るくていい子で才覚はあるが、興味の対象は主に自分だが
ウィルには奉仕の精神があり、小論文が素晴らしかったと、車の事故の加害者で
それが彼の人生を変えたと聞く。

ウィルは16歳の時に10代の少年を車でひいて死なせていた。
両親は息子の将来のために改名手続きを行い、事故のことがわからなかった。
運転中に駐車中の車の間から飛び出してきた18歳のケビンを駐車中の車に
激突させて、押しつぶされたケビンは救助されたがほぼ切断状態で死亡した。

目撃者もいて、ケビンの過失が認められ、ウィルは罪に問われなかった。
ケビンの母ジョアンがシボレーを所有してたので、追跡調査だと会いに行くが、
車庫前にオイルのシミがあるが、車はトヨタの新車だった。

深夜にジョアンの車の側に用意した車を停車して窓を割り、ジョアンの車も
窓を割って、発信機をつけて、翌朝、ジョアンが修理工場に行ったので尾行し、
工場にあったシボレーに塗装が付いていると確認し、ジョアンを逮捕した。

ジョアンを息子の事故現場に連れて行き、ウィルが手紙を送ったことで名前を知り、
フェイスブックを見て、ウィルに明るい未来があり、ケビンのことに一言も
触れてなかったので、息子のことを毎日考えていると書いてたのはウソだと、
公平にしなきゃと正義だと犯行を認めた。

レイダーはフィッツからストローの報告書をもらい、それには6年生の時の科学の
先生が感電死、高校時代の彼女が水死体で発見、ミシガン出身の元教授が拳銃自殺
と関係者が死んでいたので、恨みを晴らしに戻るとフィッツは心配していると
フリンに打ち明けた。

メイソン警視はレイダーに面接の引っかけの質問を教えて、同じミスはしないでと
アドバイスし、デイビスを止めるために副本部長の面接を受けることにしたみたい。

プロベンザは今回の事件で引退しようと考えていて、事件が解決したので
レイダーに話そうとしたら、副本部長になったらプロベンザが警部に昇進し、
このオフィスを任せたいと言われ、続ける理由ができたみたいだね。

MAJOR CRIMES ~重大犯罪課 <フィフス・シーズン>DVDコンプリート・ボックス(11枚組) -

MAJOR CRIMES ~重大犯罪課 フィフス・シーズン
posted by Jasmine at 00:39 | Comment(0) | Major Crimes | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月31日

Major Crimes/重大犯罪課 シーズン5 #18

72歳の元ロス市警詐欺課の刑事メアリー・コンラッドが自宅で遺体で発見された。
姪のトーリが病院に連れて行くために来て、遺体を発見し、メアリーは
プロベンザと警察学校の同期らしいが覚えていないし。

尾行強盗殺人に思われ、昔のバッジのガラス立てで殴られていた。
メアリーの部屋にはアパートの隣人から盗んだ郵便物や宅配便が見つかり、
昨夜8時頃にはスーパーで万引きしていたとわかる。

隣人がメアリーに宅配便を盗まれたので問い詰めたら殴られたと目のアザを見せ、
それでプロベンザはあのメアリーかと思い出し、もっと詳しい人がいると言い、
元内務調査のレイダーのことで任務から外したら殴られたと。

詐欺師を逮捕したメアリーは被害者側の銀行等から“お礼”をもらっていて、
FBIもしてると正当化しようとして、レイダーのことを“クソ女”と呼んだと。
復活の機会があるからと降格を勧めたが辞職したと。

万引きを担当した警官たちはメアリーは月に一度は万引きで捕まっていて、
年寄りだから毎回盗品を店に返して終わりにして、丁寧に対応して送ると
申し出たが迎えの車が来ていたと。

トーリと夫はおばは時間に厳しく、しょちゅう不満を言われていたが
怒ってる様子も見せず、トーリは20年前に刑務所に送った人が出所して
人生を台無しにされたと怒られたと聞いていた。
トーリからおばはいい刑事だったのよね?と聞かれたレイダーは
彼女のことは忘れられないと上手く答えた。

メアリーは犬を飼ってないのに犬用ビスケットを持ってたので調べると
殺鼠剤が塗られていて、家主の犬が殺されたとわかり、メアリーが原因で
6人も退居したりと動機があったが、うろついていた男のことを覚えていて、
ダスティン・オブライエンと判明して捕まえた。

ダスティンはメアリーを尾行し、万引きしたのを見て店主に伝えたら
警察が来たが解放されたので自宅まで尾行したら男が彼女の部屋から
出てきたと言い、タオは巨体のダスティンが押し入ったら壁に傷ができるが
何もなかったので犯人は中で待ち伏せしてたとわかった。

部屋の鍵を持ってる家主を疑うが、部屋の借り主はトーリで夫婦が払って、
家族3人も鍵を持ってるとわかる。
トーリ夫婦はメアリーの家賃など月に4000ドル以上の出費を支払っていて、
おばさんには悩まされたが立派な刑事だったので路上生活はさせられないと、
メアリーは年金を一括で受け取り投資に失敗してなくしたと。

年金の一括受け取りはなく、年金は隔週で姪の知らない口座に振り込まれていた。
トーリと息子は大学の体験セミナーに出席したアリバイがあり、夫を聴取して
メアリーは住所変更をしてなかったので、消防警察年金基金からの電話が
姪の家にかかって来て、年間5万ドルの年金をもらっていると知ったと。

15年間も犠牲を払い、優秀な息子の将来を奪ったメアリーに息子を志望大学に
入れたくて金を返せと頼んだが出ていけと言われて、1番重そうな物で殴ったと。
過失致死罪に問われるが陪審は同情するだろうね。

サンチェスはマークの後見人になる手続きが終わり、マークはサンチェスが
パパになると思ってたが、法律上は被後見人になるらしい。

レイダーの息子リッキーは重犯課にやって来て、おめでとう、婚約した気分は?
と聞いたことでレイダーとフリンが婚約したことをみんなが知ることに。
レイダーはカトリックなので結婚式を挙げるには問題があるとリッキーに言うと、
リッキーはすでに神父から父さんの酒癖やギャンブル癖に失踪癖を考慮すれば
婚姻の無効は簡単だと聞いて、エミリーと父親に会って、親子関係を続けたいなら
同意するように言い、書類にサインすることを約束させていた。

フリンもカトリックで元妻は再婚したけど、レイダーは最初の結婚については
彼の意志でやってほしいと思っていた。
リッキーは精神的に未熟だったとフリンが言えば、婚姻の無効は可能だと、
レイダーが子育て中に教会を支えにして、夜勤の時は子守もしてくれたし、
教会は人生の核だと大事に思っていた。

ラスティたちはフリンから結婚には精神的に未熟で早すぎたと思ってる言わせたが、
婚姻の無効に気づかないので、元妻から婚姻の無効について話してもらった。
これで教会で結婚式が挙げられるね。

MAJOR CRIMES ~重大犯罪課 〈フォース・シーズン〉 コンプリート・ボックス (12枚組) [DVD] -

MAJOR CRIMES ~重大犯罪課 〈フォース・シーズン〉
posted by Jasmine at 00:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | Major Crimes | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月24日

Major Crimes/重大犯罪課 シーズン5 #17

木の上で男性の死体が発見され、近くでマリファナが坂の下へ点々と続いていて、
大きな物を引きずった跡が見つかった。
そこへモラレスがウルグアイの元刑事の父親を現場に連れてきた。
モラレスは父親に“重犯課と緊密に働いてる”と話してしまい、息子5人のうち
自分だけが警官じゃないので、プロベンザに指揮官っぽく見せて欲しいと頼む。

はしご車が山火事で現場に来れないので、プロベンザはモラレスが木に登ると言い、
意外と木登りが上手なモラレスが男性の胸を枝が貫通し、壊れた腕時計から
死亡時刻がわかり、木の状態から高所から落下したとわかった。

男は高校生にマリファナを売って服役していたフィリックス・ハンソンと判明。
ロレックスをしてたので出世したらしく、左手の指関節が3ヵ所折れていて、
靴底のブランドロゴの痕があり、しがみついた手を踏みつけたことで殺人と断定。

元妻を聴取していると、モラレス父は“夫を殺すのは元妻だ”とプロベンザの
いつものセリフを言っていて考え方が似ているみたい。
元妻はハンソンが2週間前に現れ、1万5000ドルを現金で返してくれて、
副業で稼いでるのでヨリを戻そうと言われ、極上のマリファナをくれたと供述。

そこにデイビスがやって来て、タオがジオフェンス・ソフトを使わせろと
順番を飛び越して要求してるとレイダーに苦情を言う。
レイダーはフィッツに頼むと譲らず、ジオフェンス・ソフトを使えることに。

ソフトで遺体の発見場所付近からアップされたSNSの投稿を調べると流星群を見に
大勢が天文台に来ていて、多数の投稿があったので徹夜することに。
フリンはレイダーとナパへサプライズ旅行に行くつもりが事件で行けなくなり、
ラスティに初デートしたサーブに明日予約を取ってほしいと頼む。
どうやらフリンのプロポーズ大作戦らしい。

徹夜のお蔭で遺体の近くで写真を撮ったカリーナ・ボルスキーが見つかり、
カリーナの自宅に行くと、彼女はハイで大量のマリファナが見つかった。
空から降ってきたマリファナを持って帰り、ヘリコプターの音がしたと。

マリファナからGPSが見つかり、タオのツテで“正義のバッジ”の小道具係に
偽のマリファナを作ってもらってGPSで誰かが来るのを待つことになり、
せっかくサーブのディナーを予約したのにレイダーは連絡が来るかもしれないと
フリンは無理と断られてしまう。

アリゾナナンバーの2人組が偽大麻を奪いに現れたので逮捕した。
犯人逮捕と聞いて、デイビスもやって来て、ホッブスは協力すれば殺人も
他の罪もカリフォルニア州は問わないと言うと、2人はヘリがハバス湖近くに
荷物を落としたのをGPSで拾ったが、雇い主から1つないと言われたので
GPSを辿って取りに来たと、ボスが“植木屋”と仕入れ先の番号を言い、
造園業者の番号とわかったので取り調べを終了すると、DEAが入って来た。

デイビスはDEAの引き渡しに納得するが、今夜植木屋の所有地を強制捜査すると聞き、
上空支援とSWATと麻薬犬が時間外になると、重犯課は経費を気にしないと非難する。
強制捜査を行い、植木屋と従業員の靴を調べたが、被害者の指と一致しなかった。

植木屋はハンソンの友達がヘリを持ち、配達中にくすねてさばいてると言うので、
飛び続けたければハンソンを捨てろと言ったが、飛んでる最中にって意味じゃないと
連中は誤解した、俺は麻薬王じゃない植物学者で支払ったのは輸送代と燃料代だけと、
”飛行兄弟”に支払ったと供述する。

飛行兄弟にハンソンの遺体が見つかり、植木屋の大麻をアリゾナへ運ぶのに使った
ヘリから彼の指紋が出たと言うと、乱気流でドアが開いて事故だったと言うが、
兄の靴底が一致し、弟のタブレットに入ってたアプリから燃料計算が行きよりも
帰りが軽くなってることで計画殺人だと証明された。

モラレス父は実は英語を話せて、重犯課のみんなが協力してくれたことに気づいてた。
異国で暮らす息子に友達がたくさんいるとわかって安心したみたい。

マークの祖父母は年なので小学生の孫の世話は大変らしく、サンチェスに
後見人になってほしいと申し出た。
サンチェスはマークにおばあさんが来たら、敬って優しくするように言い、
おばあさんはお前の家族で高齢で不安になってるので許してあげなさいと話す。

おばあさんはマークに私たちが若ければと謝ると、マークはおばあちゃん、
謝らないで、おばあちゃんはファミリアで大好きだよ。いつでも会えると言い、
おばあさんは安心して、後見人放棄の書類にサインした。
サンチェスはいい父親になるだろうし、会いたい時に会わせてくれるだろう。

事件が解決してレイダーとフリンが帰ると、ラスティが部屋中にキャンドルを飾り、
サーブのディナーをテラスに用意してくれていた。
フリンは僕たちの同居は始まりに過ぎないのかもと膝をついて指輪を差し出した。
レイダーは何と答えたのかな?

MAJOR CRIMES ~重大犯罪課 〈サード〉 セット1(5枚組) [DVD] -

MAJOR CRIMES ~重大犯罪課 〈サード〉 セット1

posted by Jasmine at 00:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | Major Crimes | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月17日

Major Crimes/重大犯罪課 シーズン5 #16

自宅で射殺されたトム・チャンドラーをサンタバーバラから戻った妻が発見した。
チャンドラーは世界的な防衛技術会社の技術者で政府の機密情報を扱っていた。

自宅は再婚した妻ブルックが元夫と住んでいた家で、妻によると“オフ・キー”という
家の防犯アプリでドアはロックされ、パスワードを知るのは家族と清掃の女性だけで、
元夫が“オフ・キー”に出資してたと、サイクスがIDとパスワードを聞いて入力すると、
妻の携帯に“デバイス検出”のメッセージが届いた。

15歳の息子ダニーは父親である妻の前夫リチャード・ブルームとカタリナ島で
キャンプしていた。
妻は犯人はリチャードでダニーの成績が落ちたので、部活を辞めさせようとして
リチャードは怒ってトムを殴ったと、携帯を誰かに渡すことはできたと言う。

そこに副本部長候補の犯罪情報課のメイソン警視がやって来た。
チャンドラーのパソコンが警察の建物内にあると会社から連絡が入り、
犯罪情報課は市警の新たな監視技術の開発で彼に協力してたので、
極秘ファイルを抜き出したら、あとはレイダーに任せると申し出た。

メイソンはデイビスがレイダーを見張ってるので、あなたをコースから外したくないと
現状でいいので、課を維持するにはレイダーに副本部長になって欲しいと、
デイビスが副本部長になれば、署の再編を図るので、2人は左遷になるらしい。

ダニーにカタリナ島のことを聞くと、レストランで父親の携帯が電池切れになり、
僕のも電波が届かなくて、父親が僕のを持って外に出たがやっぱりダメで
父親は店員に固定電話を借りてたと証言する。
息子の携帯を持ち外に出た時にアプリを開いてユーザー名を見て、店から電話で
誰かに知らせた可能性が浮上する。

店主に電話を貸したことを確認し、リチャードに電話したことを聞くが否定し、
息子の携帯を借りたことも否定するが、電話は元妻の家から約2キロの公衆電話に
かけていて、誰かを雇って元妻の夫を殺させたと疑われると弁護士を要求した。

裁判でサイクスはリチャードの弁護人ロスマンに発見したものは開示しましたか?
と質問されて、全部と答えたが、ロスマンがサイクスの携帯を見たいと言い出し、
グローブ判事が許可すると、開示されてない写真や“オフ・キー”のアプリの
コピーが見つかり、証拠を隠したと思われて問題となる。

ロスマンはどこから情報を入手したのかと思ったら、元警官のヒックマンだった。
ヒックマンはサイクスを待ち伏せし、被告側の調査員として雇われていて、
現場に行ったらオフ・キーは片付けられてたので証拠品を見せるように
科学捜査課に言ってくれと頼まれ、スマホの写真を見せたからだった。

グローブ判事はロスマンの審理無効の申し立てを却下した。
リチャードが雇った殺し屋は見つからず、公衆電話を付近に監視カメラはなかったが、
バスが信号待ちしてたので、バスのカメラを調べると電話中の男の姿が映っていた。

サイクスはミスを挽回しようと夜の公衆電話に行くとヒックマンがいた。
ヒックマンが警察がくれた映像の電話の男は猫背でバスの音を聞いて身をかがめ、
録画に気づき身長をごまかした。リチャードは賭けに出ない男だと言ったのを
サイクスは録音してレイダーとプロベンザに報告する。

レイダーはリチャードを調べ直すと、完璧主義で投資は次々に成功していたが、
事件の1か月前にワイナリーへの投資で100万ドルを失っていて、着手してたのは
ソムリエの兄ポールだった。

ポールが土地を買ったのはチャンドラーが死ぬ数日前で、すぐに利益を得る
通常の投資バターンと違い、リチャードは過去にポールに投資したことはない。
賭けに出ないリチャードが投資に失敗ばかりしてるポールに投資したことで、
ポールを取り調べて追及し、メイソンがポールのスマホから削除したアプリを
復元するフリをして、ポールは第2級殺人罪で懲役20年の取引に応じた。

裁判でホッブスはポールがチャンドラー殺害を100万ドルでリチャードに
頼まれたと銃のありかも白状したと明らかにして事件解決。
息子のことが気になるなら引き取ればいいのに、結局は妻を奪った男に
復讐したかったのかもしれない。

グローブ判事はラスティがロースクールを目指し、家族法で人を助けたいと言われ、
期待どおりで以前にも同じ立場の子が家族法を学ぶと言った。どうなるかな。
証言台以外で君を見られてうれしいと、これからも頑張れ、君は立派だと告げた。

マークは祖父母の家が嫌で、勝手にサンチェスの家に戻ってきてしまう。
一緒に暮らすことは無理なんだろうな。

副本部長候補のメイソン警視が登場したが、彼はスマートだし副本部長にピッタリ!
フィッツがなるのがいいが、メイソンも彼は代理だと言ってるしダメなのかな?

MAJOR CRIMES ~重大犯罪課 〈セカンド〉 セット2(5枚組) [DVD] -

MAJOR CRIMES ~重大犯罪課 〈セカンド〉 セット2
posted by Jasmine at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | Major Crimes | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
海外ドラマDiary TOPへ