2017年01月17日

スキャンダル シーズン5 #13

フィッツの女性関係で忙しいアビーの元に大統領警護官たちが
ホテルに呼んだ売春婦が死亡したと連絡が入る。
アビーはオリヴィアにもみ消しを依頼する。

オリヴィアはクインたちとホテルに向かい、売春婦のミーガンはドラッグを
過剰摂取して倒れた時に頭を強打してで死亡したと説明される。
オリヴィアは事故だとクインたちに後始末を指示する。

マーカスはこんなことは間違いだと言いながら、ミーガンの携帯のデータを
消去しようとしたが、先に消去されてたのを不審に思い、解剖所見を入手すると、
頭部を打ってからドラッグを摂取したとわかった。

サイラスはフランキーを大統領選に出馬させるために、目立つことを嫌がる
彼に教育法案を通したいならサリーの番組に出るように仕向けた。
しかし、番組でフランキーは大統領選には出馬しないと言ったことで、
サイラスはトムにフランキーを調べさせ、ガンで闘病中の娘がいると判明。

サイラスは交通事故で体が不自由になった弟の後押しで今ここにいると
ウソをつくと、フランキーは感動して選挙参謀になってほしいと頼む。

メリーはオリヴィアに選挙参謀を頼むが、表立って仕切ることはできないが
裏から支えてもらうことになる。
オリヴィアにフィッツがスーザンを支持したら不利なので、中立な立場を
取ってもらうように言われ、幼い息子テディとフィッツを訪ねたら、
バスローブ姿の女性と鉢合わせしてしまう。

オリヴィアはメリーからフィッツのことを聞いて、ホワイトハウスに向かった。
フィッツに警護官たちの不祥事を隠ぺいしたことを告げて、フィッツのご乱行が
原因だと指摘すると、怒ってたフィッツだったけど、警護官たちを処分した。

オリヴィアはジェイクと恋人で弁護士のヴァネッサを監視するが
狙いがわからず、ジェイクもオリヴィアが監視してると気付いていた。
そして、オリヴィアはローガンの家に日曜の夕食を口実に訪ねると、
ジェイクがヴァネッサと婚約したことを知らされる。

フィッツはベッドに誘った記者からオリヴィアがメリーの選挙参謀だと
噂があると聞いて、スーザンに支持を約束し、同じ共和党のメリーと対決し、
勝ったどちらかが民主党のフランキーと対決するのかな?
サイラスは選挙参謀を引き受けたなら、首席補佐官を辞任すべきだけど。

サイラスのパートナーのマイケルがお人形遊びをしてるのかと思ったら、
エラの三つ編みの練習らしく、サイラスはそんなマイケルにウンザリみたい。
トムはローワン暗殺に手を貸したので、サイラスの手下に鞍替えかと思ったら、
サイラスのネクタイを直してあげてたので、そういう関係なのか?

スキャンダル シーズン3 Part1 [DVD] -

スキャンダル シーズン3 Part1

posted by Jasmine at 18:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | スキャンダル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月11日

スキャンダル シーズン5 #12

オリヴィアはフィッツの鳥かごから出たら、ローガンの鳥かごに迷い込み、
やっと脱出するみたいでここから盛り上がることに期待したいです。

フィッツはジャーナリストのリリアンと関係を持ったことで、
警護を無視して大胆な行動に出始めたのでアビーは困り果てる。
独身大統領のガイドラインはないし、緊急事態が発生したので
伝えようとしたら取り込み中で、アビーは激怒されてしまう。

サイラスはペンシルヴェニア州知事のフランキー・ヴァルガスの
身辺調査を命じるが、何も問題が見つからず、唯一の欠点と言えば、
知名度がないことだった。

サイラスはフランキーが元特殊部隊と聞き、トムにフランキーの
教育法案に文句をつけてたウェインにフランキーを襲わせろと命じた。
トムの手引きでウェインは州庁舎に侵入し、フランキーを人質に立てこもる。

立てこもり事件はテレビ中継され、ウェインはフランキーを撃てず、
今にもSWATが狙撃しそうなので、サイラスはトムに追い打ちをかけて、
トムはウェインが撃ったように見せかけて、フランキーの肩を撃ち、
元特殊部隊のフランキーがタックルしてウェインを取り押さえた。

クインはチャーリーとバカンスに行く予定だったが、チャーリーが
殺し屋仲間の子供マックスを預かることになり、3人で過ごすことに。
警察署の前でチャーリーはマックスに母親を捜してもらえと別れて、
なんでだろうと思ったら、マックスはウェインの息子で人質だった!
そうとは知らないクインはチャーリーが子供の扱いが上手いとご機嫌。

立てこもり事件でフランキーは一躍時の人となった。
アビーはフィッツとリリアンのスキャンダル写真の対応をしてると、
サイラスはフランキーをホワイトハウスに招くことを提案。
とここまで順調に進み、ホワイトハウスでフランキーと握手した。

スーザンは次期大統領選への立候補を表明した。
デイヴィッドはエリザベスと関係を持ちながらも、スーザンとも寝て、
これがスーザンにバレたら大変だろうな。

オリヴィアはローワンからジェイクに付き合ってる人がいると言われる。
ジェイクとは体だけの関係と割り切ってたが、ハックからジェイクが
NSA長官になり、ローワンと一緒に住んでるのは未だにローワンに
支配されてるからと言われ、オリヴィアもやっと目覚めたようで
ジェイクのデート相手のヴァネッサ・モスを調べさせる。

スキャンダル シーズン2 コンパクト BOX [DVD] -

スキャンダル シーズン2 コンパクト
posted by Jasmine at 09:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | スキャンダル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月28日

スキャンダル シーズン5 #11

米国では大統領選挙が終わったが、こちらは次の大統領選挙へ始動。
オリヴィアはメリーの自伝の監修を引き受けた。
メリーはフィッツに愛人がいると気付きながら離婚せずに留まった理由を
みんなは知りたがってると言われてしまう。

メリーは愛人だったオリヴィアに言われるなんてと感情的になり、
“自分でもわからないのね”と指摘され、“あなたはなぜ逃げ出したの?”
と言うがオリヴィアも答えられない。

ホワイトハウスではアビーがフィッツにジャーナリストのリリアンの
取材を受けるように勧めていた。
フィッツも取材を受ける気になったが、サイラスは任期の最後まで
何か成し遂げるべきだと進言するが聞き入れてもらえない。

エリザベスはスーザンを次期大統領の候補者に出馬させようとするが、
スーザンにはその気はない。

エリザベスはデイヴィッドにスーザンに働きかけるように頼んで、
デイヴィッドはスーザンをデートに誘って、立候補するべきだと
熱く語ったかと思ったら、キスまでした。

キスの効果かスーザンは立候補する気になったが、デイヴィッドと
エリザベスの関係を知ったら、どうするかな?

落ち込むサイラスはバーでメリーと遭遇し、前に選挙参謀になってと
頼まれたので売り込むが、もういるからと断られる。
それでもサイラスはもう一花咲かせたいとフィッツを見限った。

フィッツはリリアンの取材を受けるが、始まっていきなりリリアンは
恋をしてしまったと言うなんて、ジャーナリストのやることかと呆れた。
寂しいフィッツは簡単に落ちてしまうが、オリヴィアはもういいのかな?

メリーが密造酒を片手にオリヴィアの部屋にやって来た。
離婚しなかったのはオリヴィアと3人で上手く回っていたからと言うが、
それはさすがに書けないので密造酒を飲みながらいろいろ話していく。

そして、オリヴィアは“独りでやっていく自信がなかったから留まったが
この間の議事妨害をやり通したことで男に力を与えてもらう必要はなかったと
気付くのに時間がかかった”と書けばいいと、すぐにメリーに書かせた。

出来上がった文章を読んだオリヴィアはすごくいい出来だと2ヵ月後は
遅すぎると一部をリークして世間をあっと言わせた。

サイラスはアビーにいとこの葬式だと嘘をつき、ペンシルベニアにいた。
若い州知事フランキー・ヴァルガスが州立大の無償化を熱く語っていた。
ヴァルガスはメキシコ移民を父に持つ苦労人みたい。

サイラスがヴァルガスを見つけたシーンは「ザ・ホワイトハウス」で
ジョシュが次期大統領候補にサントスを見つけたシーンを思い出した。

候補者3人が浮上し、この中の誰が予備選挙を経て、大統領になるのか?
それともフィッツが再選に挑むのか?
やっと政治が絡んできたが、また色恋沙汰に戻ってしまうのかな?

スキャンダル シーズン1 コンパクト BOX [DVD] -

スキャンダル シーズン1 コンパクト
posted by Jasmine at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | スキャンダル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月13日

スキャンダル シーズン5 #10

前回から半年後、フィッツと別れたオリヴィアは事務所に復帰し、
ローワンとディナーをする関係に戻っていた。
そして、ローワンの息子に戻ったジェイクと体だけの関係も復活する。

フィッツの方は寂しさから、深夜に寝ているアビーに電話攻撃をして
レオは仕事で遠方にいるのに病気にして看病を口実に逃げようとするが
大統領にそんな言い訳は通用せず、サイラスに助けを求めるが
“職場妻”として支えるしかないと言われてしまう。

事務所にNSA長官ダイアン・ピーターズから依頼が入った。
自宅のPCから“マーキュリー計画”と呼ばれる機密ファイルが盗まれ、
各国首脳の電話、Eメール、携帯メールの傍受プロジェクトだった。

オリヴィアたちは家に出入りしてるダイアンの恋人ビリーが疑わしいと、
携帯を切って連絡がつかなくなっていた。
クインとマーカスがビリーの携帯の電波から突き止めた廃屋で
ジェイクと遭遇し、大統領命令でビリーを捜してたと言う。

ホワイトハウスでもポスト紙に“マーキュリー計画”がリークされたと、
フィッツはジェイクにNSAの内部告発者を見つけるように命じていた。
ビリーの携帯からポスト紙に電話が入ったことで、ビリーが犯人となり、
ダイアンは解任されると、オリヴィアにフィッツへの進言を頼まれる。
オリヴィアは覚悟を決めて電話したが、フィッツは居留守を使った。

クインはビリーが見事に足取りを消したことをチャーリーに話したことで
ポスト紙に電話したのはビリーでないと突き止めた。
それを聞いたオリヴィアはみんなで廃屋を調べに行くと、冷蔵庫から
ビリーの死体が発見され、ジェイクの仕業だと判明。

フィッツが新しいNSA長官に指名したのはジェイクだった。
オリヴィアはローワンの自宅に行き、一緒にいるジェイクに激怒するが
“世界は安全になった”と言われ、ローガンからも“ダイアンは無能だと、
我々を見習って、その手に権力をつかみ取れ”と言われてしまう。

事務所に戻ったオリヴィアはメリーを呼び出し、頼まれた自叙伝を読んで
つまらない、大統領になりたいと全面に出し過ぎと、世間が知りたいことが
何も書かれてないと、監修を引き受けることになった。
これってメリーが大統領になるのをサポートするってことかな?
大統領の元妻と元愛人がタッグを組んだら、面白いことになりそう。

スキャンダル シーズン4 Part3 [DVD] -

スキャンダル シーズン4 Part3
posted by Jasmine at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | スキャンダル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月05日

スキャンダル シーズン5 #9


オリヴィアはファーストレディーの役割をこなす日々を送っていた。
国政にも関与できず、仕事もできないので苛立っていた。

クリスマスの日に、議会は歳出法案の可決を目指していた。
メリーは家族計画連盟の補助が打ち切られる可能性があると賛成できず、
廃案にするために16時間も飲まず食わずでトイレにも行けずに
壇上に立ち続けることにした。

メリーが議事妨害をしていると報道され、サイラスはオムツをするなどの
準備がないので続かないと言うが、メリーは他の議員が持ち込んでた
食べ物を奪ったりと頑張っていた。

フィッツはメリーが自分を潰そうとしてると言うが、オリヴィアは
メリーはフィッツのことなど眼中にないと見抜いていた。

メリーはトイレに行きたくなり、誰か1人でも代わりに壇上に立ったら、
トイレに行けるので、オリヴィアは女性議員に協力を頼むが断れて、
議長の副大統領スーザンに協力を頼み、スーザンが議会に現れたことで
メリーはトイレに行くことができた。

メリーは深夜になり、議員やスタッフに謝罪やお礼を言って、
皆さんの犠牲によって、この国の何百万人もの女性が来年も今まで通りの
ヘルスケアを受けられると安心して休暇を過ごせると発言を終えた。
これによってメリーは議員として大勢の国民から支持された。

デイヴィッドはエリザベスにブレスレットのクリスマスプレゼントを渡すが、
受け取ってもらえず、スーザンからプレゼントをもらったデイヴィッドは
用意してなかったので、エリザベスに渡さなかったブレスレットを渡す。

エリザベスはスーザンからストールをプレゼントされるが、
彼女の手首にデイヴィッドからもらったブレスレットに気づいた。

ハックはローワンを殺さずに監禁していた。
トムは死んだと思ったら、倒されただけでジェイクはトムを尾行すると
元B613のラッセルと会っていて、トムはラザラス・ワンのメンバーで
ローワンの監視役だと判明。

ジェイクはラッセルにラザラス・ワンに加わってほしいと頼まれるが、
エリースを殺したラッセルを許せずはずもなく射殺した。
ハックはローワンを家に送り届け、ジェイクはローワンから
よく帰って来たと言われて家に入ったが手下には戻らないよね。

オリヴィアは閣僚晩餐会をすっぽかし、中絶手術を受けていた。
ホワイトハウスに戻ったオリヴィアはメリーが隠してた密造酒を飲み、
中絶したことは話さなかった。

オリヴィアは父への罰で閉じ込められてると言い、鳥かごの中で息も
できずに暮らすのかと不満をぶちまけた。
フィッツは国政に口出ししたことでメリーよりたちが悪いと言うが、
オリヴィアはこの暮らしも終わりとケンカして自宅に戻った。

ハックはいないし、マーカスは叔母さんの家でクリスマスを過ごし、
クインはひとり寂しく自宅で飲んでると、クリスマスグッズを持った
チャーリーがやってきた。

フィッツはひとりでクリスマスを過ごすことになり、メリーは子供たちと
クリスマスを過ごし、オリヴィアは新しいソファとワインで過ごした。

スキャンダル シーズン3 Part3 [DVD] -

スキャンダル シーズン3 Part3
posted by Jasmine at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | スキャンダル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月22日

スキャンダル シーズン5 #8

フィッツはバンダル共和国のラザニ大統領をホワイトハウスに迎え、
和平協定に向けた最終調整を行っていた。

オリヴィアはフィッツのパートナーとして晩餐会に出席すると、
バンダルの通訳ナヴィドから亡命と引き替えに、アメリカが把握してない
核施設の情報を渡すと持ちかけられる。

サイラスは信じようとしないが、フィッツは本当なら亡命を認めると、
ナヴィドは体調不良のフリをして病院に入院させ、オリヴィアは
事務所のメンバーに調べさせることに。

オリヴィアは接触してきたローワンから、息子たちが背を向けて
命が狙われてると、これが別れかのように去っていた。
ハックに“ラザラス・ワン”のことを聞くが、知らないと嘘をつかれる。
ジェイクをホワイトハウスに呼び出し、ローワンが命を狙われていて
怯えてると言うが、味方になってくれない。

サイラスはフィッツに誰がローワンを逃がしたのか調べるべきと言うが
相手にされず、ローワンが釈放されたと知らなかったデイヴィッドを
そそのかし、捜査するように仕向けた。

デイヴィッドはホワイトハウスのクロークでエリザベスとお楽しみ。
恋する乙女の副大統領は偶然のフリをして、デイヴィッドを待ち伏せし、
話をしただけで嬉しそうで、2人の関係を知ったらショックだろうな。

オリヴィアはクインから核施設でなく、サイダー工場だったと報告され、
ナヴィドに亡命は拒否されたと冷たくあしらった。
しかし、事務所に戻ったハックは衛星写真を見比べると、何週間もトラックが
同じ場所に停まったままで、ハッキングで使用電力が半端でないとわかり、
何かを冷却してると判明する。

フィッツはラザニ大統領との協定調印直前で、オリヴィアから連絡を受けた
アビーが署名を止めた。
オリヴィアはナヴィドの病室に行くと、手首を切って自殺を図っていたが
ナヴィドは助かり、オリヴィアは情報は正しかったと謝った。
ナヴィドは同性愛者でバンダルでは死刑にされると亡命を希望したのだった。

病室を出たオリヴィアはFBIに逮捕された。
デイヴィッドがローワンを釈放したのはオリヴィアだと突き止めたのだった。
フィッツは逮捕されたオリヴィアに会いに行くが、この後は音楽が流れて、
映像だけで音声はなかったが、大体何を言ってるのか想像できた。

サイラスはフィッツとオリヴィアを引き離そうとするが、フィッツは
オリヴィアを釈放し、公邸に連れてくるように命じた。

バンダルの秘密施設はウランでなく、サーバーを冷却していて、
スーパーコンピューターで西側にサイバー攻撃を仕掛けようとしてたので、
フィッツはナヴィドの亡命を認め、調印後にラザニ大統領にサイダー工場を
5分後に攻撃すると告げた。

メリーはオリヴィアにローガンのことで取引したと助けを求めるが断られて、
フィッツに全部話すと言うが、もう話した後だった。
またメリーが何か問題を起こしそう。

ジェイクはハックからローワンの情報をもらって、潜伏場所に踏み込むが、
トムの死体があり、ローワンは連れ去られた後だった。
ローワンを連れ去ったのはハックで、彼の中の獣が目覚めないといいけど。

釈放されて公邸にいたオリヴィアの元に身の回りの物が運び込まれ、
フィッツは今日からここで守られて暮らすと告げられる。
これでオリヴィアはカゴの中の鳥となり、自由は奪われそうだな。

スキャンダル シーズン2 コンパクト BOX [DVD] -

スキャンダル シーズン2 コンパクト
posted by Jasmine at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | スキャンダル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
海外ドラマDiary TOPへ