2016年10月18日

スキャンダル シーズン5 #3

オリヴィアはマスコミの前で大領領の愛人だと認めた。
その頃、ホワイトハウスではフィッツとメリーがインタビュー中で
アビーは警報が鳴ったとウソをついて、インタビューを中断させた。

収録した映像を回収しようとするが、インタビュワーのノアは
状況を知って拒否し、1時間後にインタビューを再開しないと
映像を流すと言われてしまう。

オリヴィアがホワイトハウスにやってきた。
フィッツは真実を話すと言うので、アビーはメリーの説得に行くと、
サイラスがメリーのアドバイザーとしてホワイトハウス入りしていた。

サイラスはメリーに何が欲しいと尋ねると、オリヴィアを破滅させてと
答えたが、歴史に名を残したいのだろうと言われ大統領の座が欲しいと。

サイラスはメリーが大統領になるまでフィッツはサポートするだけでなく、
在任中の再婚と同居にオリヴィアと公の場に出ることも禁止して、
代々受け継げられてるサンタバーバラの家まで要求し、交渉役に
エリザベスでなくアビーを指名する。

アビーはオリヴィアに事前に話してくれなかったことで赤っ恥をかいた、
話してくれなかったのはプロとして対処できないと思ったからと激怒する。

フィッツは要求を聞いて怒るが、オリヴィアに諭されて承諾するが、
メリーは納得しないので、サイラスはフィッツにメリーとヨリを戻して、
大統領の任期が終わってからオリヴィアと一緒になるべきと助言する。

オリヴィアは隠してた密造酒を探してるメリーと遭遇し、彼女の様子や
ファーストレディは大変だと色々言われたことで、任期が終わるまで
待つことを決意し、フィッツはメリーにこれまでの感謝と謝罪をして
メリーの怒りは収まった。

サイラスはここぞとばかりにフィッツに復職を懇願したが拒否され、
インタビュー再開直前のメリーにフィッツに丸め込まれたと言い、
メリーはこれまでのことを思い返し、騙されたとサイラスと
ホワイトハウスから出て行ってしまった。

この窮地にオリヴィアはアビーに任せるべきだとフィッツに言い、
アビーはオリヴィアは権力者好きでパーティーガールの噂があると
悪者にして大統領を守った。

事務所ではクイン、ハック、ジェイクが何もすることがなく、
酒盛りしてたが、ジェイクは“ルーヴル美術館で火災”のニュースが
流れると慌てて出ていき、刑務所にいるローワンと面会した。

不倫の泥沼だけで終わってしまったが、ローワンが出てきたので、
ここから面白い展開を期待したい。

スキャンダル シーズン1 コンパクト BOX [DVD] -

スキャンダル シーズン1 コンパクト
posted by Jasmine at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | スキャンダル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月10日

スキャンダル シーズン5 #2

サリーがホワイトハウスでの大統領とオリヴィアのスキャンダル写真を
番組で流したことで大騒ぎになる。
オリヴィアはホワイトハウスを抜け出し、フィッツはオリヴィアと一緒に
声明を出すと言い、アビーは記者の応対で大忙し。

メリーはあなたが謝れるように来てあげたとホワイトハウスに現れて、
夫婦円満をアピールしてあげると言うが、フィッツはメリーが
リークしたと思ってるので、さっさと帰れと追い出された。

オリヴィアはクインの家に逃げると、新規の依頼を受けると言い出す。
不動産王の父親を殺害した容疑で保釈中の息子ギャヴィンが逃亡したので、
バレる前に探し出して欲しいと若い継母ステファニーから依頼を受ける。

ジェイクがハックと応援に来て、ジェイクが修復してくれて治ったと言い、
内輪モメしてる場合でないと言われてクインはひとまず受け入れる。
しかし、ハックは事務所に侵入したパパラッチを殺そうとしたので、
クインは先に追い出し、ハックはまだ治ってないし。

オリヴィアはギャヴィンが父親の時計を売った店に行き、近くのカジノにいた
ギャヴィンを発見し、ジェイクも応援に来たが、ギャヴィンは父親と建築中の
家の資金を出してくれないことでケンカしたと認めたが、ステファニーには
ずっと不倫してる男がいて、父親を死ぬのを待ってると主張する。

ステファニーに不倫男性がいるとわかり、父親の遺言書をハッキングすると、
ギャヴィンを遺言書から外そうとしていて、父親の小切手を偽造して家を
建ててたのがバレて、警察に通報しようとしたので父親を殺害したとわかるが、
ギャヴィンがダイナーにいた客にマスコミが騒いでるオリヴィアがいると言い、
大騒ぎになってる隙にギャヴィンが逃走した。

アビーの記者会見を見たサイラスは“大人になれば、大統領は子供になる。
メリーをホワイトハウスに連れ戻せ。”とアドバイスすると、アビーは
“ファーストレディはホワイトハウスにいて、ご夫婦がチームになって
内々に解決する。”と会見で言ってしまう。

それを見たフィッツは激怒し、エリザベスから余計な混乱を招きたくないからと
解雇されずに済んだ。

副大統領はフィッツとオリヴィアが不倫が事実だと知ってショックを受け、
“お心に国民のことがあります?大統領は普通の人間であることは許されない”
とキツイ一言を突きつけた。

アビーは再びサイラスのアドバイスに従って、フィッツにオリヴィアが
ジェイクと一緒にいて、いつもの行動に出て、嵐から避難したと公表するのを
望んでないと告げ、フィッツはメリーに謝るから戻ってくれと電話した。

フィッツは写真がホワイトハウスから流出したと聞き、デイヴィッドに
誰がリークしたが調べさせるが結果報告を聞かず、デヴィッドはアビーに
調査報告書を渡した。

それを見たアビーはエリザベスがリークしたと気付き、対等の立場を要求した。
エリザベスはオリヴィアを追い払いたかったのに、メリーが戻って来て、
もっと厄介なことになってるし。

オリヴィアとジェイクはギャヴィンを発見し、“情けないひねくれ坊主”と
ずっと言われ続けて、殺すなんてやっぱり情けと思うけど。

オリヴィアはフィッツから関係を否定し、メリーに戻ってきてもらったと
留守電を聞き、マスコミが待ち構えてる自宅に戻り、大統領の愛人かと聞かれ、
“はい”って答えちゃった。

スキャンダル シーズン4 Part1 [DVD] -

スキャンダル シーズン4 Part1

posted by Jasmine at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | スキャンダル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月02日

スキャンダル シーズン5 #1

フィッツはメリーとサイラスをホワイトハウスから追い出して、
オリヴィアと2人の時間を楽しんでいた。

ホワイトハウスでカレドニアのイザベル女王と皇太子夫妻を迎えた晩餐会が
行われるが、サリーはカレドニアに軍事基地を建設するためにイザベル女王に
取り入るために晩餐会を開いたと自分の番組で批判する。

その後、アメリカ人でアイオワの一般家庭で育ちでプリンセスとなった
エミリー皇太子妃が自動車事故で死亡する。
この事故はダイアナ妃を思い出させてしまうな。

オリヴィアが現場に駆け付けると車外に飛び出したエミリー妃の遺体を
パパラッチが写真を撮っていて、イザベル女王に雇われたオリヴィアは
皇太子の希望で遺体写真を出回らないように回収を依頼される。

写真を買い取り交渉するが1社だけ応じなかったので、皇太子がエミリー妃の
遺体と対面する写真を撮らせることで取引した。

クインはパパラッチの1人だけ身元が特定できず、写真をよく見ると
男はカメラマンのフリしたをハッカーだと気付き、事故を装って
エミリー妃は殺害されたとオリヴィアはデイヴィッドに調査を頼む。

メリーは晩餐会に出席するつもりだったが、アビーがインフルエンザで
欠席すると発表して出席できず、首席補佐官になったエリザベスは
メリーに呼びつけられて、恩知らずとなじられるが、今のボスはフィッツで、
上院議員就任式にフィッツは立ち会えないと告げられる。

アビーは大統領はファーストレディの上院議員就任式に出席しないと発表すると、
今、出席してると言われて、赤っ恥をかいてしまう。
オリヴィアはフィッツを説得して出席させたが、アビーに伝えないとはひどい。
メリーはフィッツが出席したので、やり直したいと言うが離婚届を渡され、
サイラスを訪ねて、復帰するように説得するが拒否される。

オリヴィアはデイヴィッドから自動車事故を装った暗殺だと報告される。
皇太子夫妻は一緒にいる時間が少なく、いつも一緒にいるボディーガードとの
浮気に気付き、フィッツ、エリザベス、デイヴィッドに皇太子を訴追するように
説得するが、海軍基地の件があるのでフィッツは反対する。

フィッツと対立したオリヴィアは久々に自分の家に戻るとハックがいて、
壊れた自分を直してほしいと頼むが、私には人の修復はできないと
他に助けになる人をあたってと言われ、ジェイクに助けを求めた。

デイヴィッドは内密にエミリー妃が妊娠してたと書類をオリヴィアに見せた。
イザベル女王に皇太子が暗殺を企てたと話すと、女王はエミリー妃が
ボディーガードの子を妊娠してると知って、暗殺させたとわかった。

オリヴィアは皇太子に暴露して、皇太子は女王に帰国したら退位して頂き、
余生を静かに1人で送ると今度あなたの姿を何とか見られる日は葬儀の日だと
従わないと公表すると告げた。

リチャード皇太子が即位したことで、海軍基地の件は白紙になったので
フィッツはオリヴィアを責め、2人の関係を公にするのはまだ早いと
オリヴィアは現実を突きつけて、フィッツも待つと納得した。

しかし、大統領とオリヴィアの不倫がサリーの番組で暴露された。
リークしたのはメリーとサイラスが怪しいけど、意外な人かもしれない。

スキャンダル シーズン3 Part1 [DVD] -

スキャンダル シーズン3 Part1
posted by Jasmine at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | スキャンダル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月14日

(終)スキャンダル シーズン4 #22

シーズン前半は話すが進まなかったが、やっと面白くなったと思ったら
もうファイナルで、オリヴィアとローワンの親子対決の結末が描かれた。

ローワンは大口献金者を装い、メリーに接近して、アンドリューとの不倫写真に
フィッツのレミントン作戦の資料を見せて脅迫し、リストを要求した。
メリーはエリザベスに頼んでリストを入手し、ローワンに渡してしまう。

デイヴィッドは極秘で大陪審を開き、ジェイクはB613について証言したので、
ローワンを起訴できると思ったら、陪審員全員が殺害されてしまう。
そして、法廷速記官もひき逃げに見せかけて殺害され、デイヴィッドは
B613の摘発から降りてしまった。

メリーとエリザベスは渡したリストで陪審員たちが殺害されたと知って動揺し、
サイラスに助けを求めた。
レミントンの資料があると知ったサイラスはメリーに後は任せろと告げて、
ローワンに会いに行くが、貸しができたと言われてしまう。

オリヴィアも一生、父の囚人だと動揺し、マヤに面会に行き、助けを求めると、
誰もあの人の存在を知らないので憎むべき人間がいると気付いてないと言われる。
オリヴィアはジェイクとB613の資料を持って、CIA長官に一緒に手を打たないかと
持ち掛けて、長官は乗り気になったが、サイラスが下手に突くと、殺されると
脅された長官はオリヴィアとジェイクを牢屋に入れてしまう。

サイラスはデイヴィッドにアビーを殺すと脅して、言いなりにするために
クビにしないと告げ、デイヴィッドはオリヴィアとジェイクを脅迫し、
B613についての発言はすべて撤回するという書類にサインさせた。

ローワンは前回の偽JAGに自分が司令官だと知ってるメンバーを始末させて、
B613の書類を処分させると、偽JAGを始末した。
マヤもB613の存在を一緒認めない書類にサインして、釈放されてしまう。

メリーはヴァージニア州の上院議員に当選した。
フィッツはエリザベスからローワンに脅迫され、リストを渡したことを知る。
メリーとサイラスは次は大統領選と浮かれてると、フィッツはメリーに家から
出ていけと、サイラスにクビを告げた。

クインはB613の口座から盗んだ20億ドルの出所をさかのぼればと提案するが、
ハックはどこだって出所になり得ると言ったことで、オリヴィアはローワンが
スミソニアンから私腹を肥やしてたことにして、NYPDがローワンを逮捕する。

もう助けてくれるB613はいないと思ったら、クインは陪審員たちを殺害したのは
ハックだと気付き、彼を殺そうと銃を突きつけるが撃てなかった。
ジェイクはここが終着地点でローワンとフィッツからの任務を完了したと、
身を引いたのは残念。

フィッツはオリヴィアの部屋に行くと留守で、ホワイトハウスに戻ると
テラスにオリヴィアがいた。
自由になった2人はこのまま突き進んでしまうのかな?
今シーズンはあまりに残虐過ぎたので、シーズン5は路線変更してほしいな。

スキャンダル シーズン2 Part1 [DVD] -

スキャンダル シーズン2 Part1
posted by Jasmine at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | スキャンダル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月07日

スキャンダル シーズン4 #21

ジェイクはオリヴィアの部屋で療養中で、オリヴィアは捕まえたラッセルを
向かいの部屋に監禁し、ハックとクインが“フォックス・テイル”のこと
聞き出そうと拷問していた。

副大統領のスーザンは海軍の艦隊を視察中に女性士官マーティン少尉の手首に
アザを見つけて、彼女がレイプされたと気付いて、ホワイトハウスに
連れて来るが、大統領は軍の司法制度に介入できないと拒否する。

スーザンはオリヴィアに助けを求め、マーティンを説得し、レイプしたのは
司令官であるホーリー海軍大将だとわかった。
オリヴィアは相手が海軍の大物なので、軍事法廷で公平な扱いを受けられないと
マスコミに訴えて、ホワイトハウスはマスコミから攻撃を受ける。

ラッセルは話すと嘘をつき、猿ぐつわを外させると、自決薬を使おうとするが、
ハックがそれに気づいて阻止するが、オリヴィアは監禁された時を思い出す。

JAGで非公開の証言録取が行われることになり、マーティンを弁護するのは
頼りない法務官のヴァージルで、オリヴィアが横から手助けすることになり、
ホーリー大将は問題の時間に船にいなかったと主張する。

アビーも協力したいと事務所にやってきて、オリヴィアはマーティンから
妊娠したので中絶したいと、船から降ろしてと頼まれる。
危篤の親戚がいることにしてマーティンを下船させ、中絶させた。

ジェイクは向かいの部屋でラッセルを拷問してると気付き、歩けるようになると、
ビールを飲みながらラッセルとローワンの思い出話をすると、ジェイクは
捕まることもプランの一部だったと告げる。

オリヴィアはホーリー大将のセキュリティーログを明らかにできないと言われ、
フィッツに苦情の電話をかけると、アビーがセキュリティーログを届けに来た。
ホーリーは作戦本部にいたとわかるが、大佐がどこにいたのかわからないので、
オリヴィアは大佐が代わりにホーリーのIDを使ったと告げた。

そして、ホーリーがマーティンを部屋に引きずり込む監視映像がネットに流れ、
ホーリーは罪を認めて、マーティンはすべての権限を取り戻した。
クインはJAGにあったヴァージルの写真で偽物だと気付く。
その頃、ヴァージルはハックの隙をついて注射すると、ラッセルを連れ去った。

メリーはジェリーが亡くなったスプリングフィールドに行くことを拒否するが、
エリザベスは女性票を獲得するために不可欠だと説得する。
フィッツはスプリングフィールドの件で悩んでるメリーに寄り添いながら
ジェリーが生きてたらどうなってただろうと話し、オリヴィアなら旦那を
悪者にしろと言うだろうとアドバイスする。

メリーはスプリングフィールドで息子のことを話す代わりにアメリカの自慢の
子供たちについて話すと、マーティンの件で大統領に怒っていると訴えて、
見事なスピーチだった。

大口献金者に会いに行くと、待ってたのはローワンで、ホックステイルとは
SPが使ってるメリーのコードネームだった。
次回はシーズンファイナル、オリヴィアはローワンを倒すことができるのかな?

スキャンダル シーズン1 [DVD] -

スキャンダル シーズン1
posted by Jasmine at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | スキャンダル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月28日

スキャンダル シーズン4 #20

事務所に戻ったクインが瀕死のジェイクを発見する。
クインはローガンはジェイクを殺させたと思ったが、ハックはまだ温かいと
ジェイクの心臓に刺激を与えて、一命を取り留め、オリヴィアとデイヴィッドも
事務所に駆けつけた。

ハックは医者を捜すが見つからず、チャーリーのコネで廃工場にジェイクを運び、
もぐりのロシア人医師イリヤに治療を頼むが、イリヤは治療費の代わりに
オリヴィアに元KGBの伝説の工作員ブラックセーブルを助けてほしいと頼まれる。

オリヴィアとハックがブラックセーブルに会いに行くと、上品な老婦人メアリーと
幼い孫2人が出迎えた。
メアリーはソ連が崩壊し、KGBもなくなって、暗殺指令もないので、結婚して
子供もいたので、そのままメアリーとして暮らしたが、昨日、指令を取りに来いと
連絡が来たが、連絡官はわからないと。

メアリーが指令を受け取ると、スパイだった合衆国の国防副次官の暗殺だった。
ハックが連絡官を尾行し、精肉店を隠れ蓑にしてるコスチャと判明。
オリヴィアはコスチャに取引を持ち掛けるが、メアリーから手を引こうとせず、
メアリーは夫の影響で教会に通うようになり、夫と娘は飲酒運転の犠牲となり、
もう人殺しはできないとオリヴィアに訴える。

ラッセルはローガンにジェイクを始末したと報告するが、オリヴィアから
電話がないので、ジェイクはまだ生きてると止めを刺せと命じられる。
ラッセルはジェイクは地下に潜り、オリヴィアにもかわされたと報告すると、
ローガンはラッセルの腕を撃った。

ラッセルは病院からオリヴィアに連絡し、ラッセルもローワンに襲われたと
思ったオリヴィアはラッセルをジェイクがいる廃工場に運んだ。
オペを終えたジェイクは隣にラッセルがいると気付き、殺されそうになって
抵抗しようとして、瀕死の状態に陥る。

出馬表明したメリーはサリーから上院議員という立法府のメンバーが大統領と
ベッドを共にするのは利益相反になると攻撃する。
デイヴィッドはジェイクの側に付き添ってるので、電話でテレビ出演して
ファーストレディが出馬するのは合法だと訴えるが効果はなかった。

サイラスは大統領命令で不服ながらサリーの番組に出演し、援護するがダメで、
フィッツはオリヴィアに相談し、国民ではなく、ヴァージニアの支持が重要で
利益相反になるなら、それを利用すればいいとアドバイスする。

メリーは上院議員になれたら、その日にあったことを大統領に話し、彼も話して、
夫婦だからお互いにできることは協力し合うとアピールした。
メリーが当選したら、大統領は妻の尻に引かれた男になってしまうのかな?

オリヴィアはコスチャにB613の司令官と引き換えにメアリーを解放させたが、
ラッセルはオリヴィアがローガンをロシアに引き渡したと盗み聞きして、
知らせたことで、コスチャにメアリーと孫たちまで殺害された。

オリヴィアはデイヴィッドたちにB613の摘発は終わらせると告げるのを
聞いていたラッセルはローガンに報告し、“フォックステイル”が始動された。

オリヴィアはラッセルをベッドに誘い、彼の頭に銃を突きつけると、
ジェイクを殺そうとして、ローガンに情報を流したことに気づいたと言い、
“フォックステイル”が何かと質問する。
やっとオリヴィアはラッセルがローガンの手下と気づいたが遅すぎるよ。

スキャンダル シーズン3 Part3 [DVD] -

スキャンダル シーズン3 Part3
posted by Jasmine at 16:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | スキャンダル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
海外ドラマDiary TOPへ