2006年09月12日

トゥルー・コーリング2 #26

ついに「トゥルー・コーリング」が予想通りに中途半端なままで
終わってしまった。

トゥルーはハリソンとクリスマスイブを過ごす予定だったが、
ハリソンは来なくて大学の解剖室にいた。
その頃、ハリソンは父親に愛人がいると思い、あるアパートに
入ったので、そこに踏み込むとそこにはジャックがいた。
ハリソンは父親に口封じの為に首を絞められて殺されそうになるが
なんとか逃げて、トゥルーに電話するが間の悪い事に解剖室の
死体が助けを求めて朝に逆戻りになった。
父親は息子にまで殺そうとするなんてホント最低な人だ。

しかし助けを求めてきた死体は半年前に不倫相手に殺害されたが
証拠不十分で無罪になっていた。
トゥルーは仕方なく、ジャックと組んで事件を調べるがジャックには
事件のことよりもハリソンを阻止する目的があった。

トゥルーはまたジャックたちの作戦に引っかかり、ハリソンは
ジャックと父親の関係を知らずに終わり、デイビスはキャリーに
トゥルーの秘密を打ち明けて、なぜか父親、ジャック、キャリーの
敵たちと共に自宅でクリスマスパーティーで終わってしまった。
ジェンセンが突然、トゥルーの元に現れているような気がしたので
命を救われたことで何か彼の中で起こっているのかと思ったけど、
真相は何も明らかにならないままで終了。

「トゥルー・コーリング」は1度キャンセルされたけど、製作済みの
6エピソードの放送が決定したが最後のエピソードは放送されて
いなかったと思う。
再開を望む声もあったらしいけど、「バフィー」のように他局での
放送続行も出来なかったのでこのまま中途半端に終了のようだ。
この間の「LAX」もそうだけど、打ち切り番組では無理やり結末を
作ってくれたほうがまだマシだと思う。
この終わり方が1番最悪なんだよね。

トゥルー・コーリング DVDコレクターズ・ボックス3

2006年09月05日

トゥルー・コーリング2 #25

トゥルーは大学の友人 ジェンセンといい感じで、ルークの死から立ち直り
そろそろデートをするべきかと思っていたら、ジェンセンが強盗事件に
遭って撃ち殺されたと聞き、モルグに駆けつける。
しかし、ジェンセンは助けを求めてこなくて、他のモルグを周り、
他の死者の助けを求めるという手段に出て、1日をやり直す。

助けを求めてきたのは脱獄囚でハリソンは脱獄を阻止しようとしたけど、
逆に人質になってしまう。
でもこの脱獄囚はいい人でハリソンをすぐに解放しようとしたけど、
ハリソンは行動を共にする。

今回のトゥルーの行動は正しいのだろうか?
前に弟 ハリソンが死んだ時は助けを求めてきたけど、今回は助けは
求められていないのに自分で勝手に助けてしまった。
助けたい気持ちはわかるけど、そこまでして助けてしまうと何かしらの
影響が出てきそうで、味方のデイヴィスでさえも心配していた。
トゥルーは2戦2勝でジャックを阻止したと大喜びだったけど。

デイヴィスはキャリーに秘密を持つのが嫌らしく、トゥルーの能力を
話そうと言ったけど、トゥルーは信用出来ないと反対した。
デイヴィスはキャリーを完全に信用してしまっているけど、キャリーが
ジャックの仲間だと知った時のショックは大きいだろうな。

ジェンセンは助けてもらった後にトゥルーに手首を見てもらった時に
前にもこの光景を見たとデジャ‐ビュだと言う。
やっぱり何か影響があるのかも知れない。

トゥルー・コーリング Vol.13

2006年09月01日

トゥルー・コーリング2 #24

オープニングからジャックの登場で何かちょっと違うなと思ったら、
トゥルーとジャックの役割が入れ替わってしまった。
いつもだったらトゥルーが助けを求められるのに、今回はジャックを
逆ナンしたメーガンがその後、飛び降り自殺をして、現場に居合わせた
ジャックに助けを求めて、朝に逆戻り。

その頃、トゥルーはジェンセンといい感じになりキスしそうになってた。
ジェンセンは前回、彼女が妊娠したと嘘をついて別れたばかりなのに
立ち直りが早過ぎると思うけど。

トゥルーは誰が助けを求めているのかもわからない状況で嫌な感じがすると
言ってたけど、それはいつもジャックが感じているのだろう。
ジャックはいつも時間が戻りながら見た断片的な映像とトゥルーの行動を
手がかりにしていたんだ。
ジャックにしてみれば、いつも突然に時間が戻ってしまうので、
最初は何が起こったのからわからなくて驚いて精神病の施設に
入っていたのも納得出来る。

トゥルーはメーガンの問題を解決して自殺する必要もなくなったけど、
ジャックとしては死んでもらわないと困るので彼女を自殺した
展望台に連れ出して、彼女が落ちたリストの紙を拾おうとしたはずみで
展望台からすべり落ちそうになり、ジャックは思わず手を掴んだけど、
「そこまで強くなれない。」と言ってメーガンの手を離してしまった。

助けることよりも殺すことの方が強くないと出来ないと思うけど。
ジャックは死ぬべき人の運命を変えてはいけないと偉そうなことを
言ってるけど、これって殺人だと思うけど。
ジャックは立場が入れ替わったことに動揺はしていたけど、
助けたいという気持ちはあまり感じなかった。
もうちょっと良心が芽生えてくれたらよかったのに。
それにしてもトゥルーはまた助けることが出来なかった。

トゥルー・コーリング Vol.12

2006年08月24日

トゥルー・コーリング #23

トゥルーの誕生日にハリソンとデイビスはモルグで
サプライズ・パーティーを企画する。
しかし、突然の停電中にどこからか「助けて」の声がして
朝に逆戻りする。
停電直前に大学の友人 エイヴリーとジェンセンの婚約者の
言い争いを目撃したトゥルーは2人に何があったのか
調べようとするが、キャリーにジャックが近づいたのを
目撃したデイビスはキャリーを調べるべきだと主張。
2人の間に険悪なムードが漂いはじめる。

ジャックは次から次へと作戦を考えて来るな〜
エイヴリーたちもキャリーも関係ないのに、彼女たちの
周りに出現することでトゥルーが怪しむことを利用した。
そしてトゥルーはまんまと罠に引っかかってしまい、
助けるべき人を目前で死なせてしまった。

キャリーに恋するデイビスはキャリーと守ろうとしていい感じ
だったのに、実はジャックとグルだったというオチ付き。
ジャックはまた新たな仲間を加えたようだ。

トゥルー・コーリング Vol.12

2006年08月18日

トゥルー・コーリング2 #22

昼は学生、夜はモルグで仕事の生活でトゥルーは疲れ気味。
モルグに運ばれてきたバレル医師の死体に助けを求められると、
いつもはベットで目が覚めた所に戻るが、今回は授業中の
居眠り中に逆戻り。

バレル医師が殺害された現場に向かい、話をしている所で
バレル医師は殺害されてしまった。
現場にジャックが現れて、トゥルーが殺すのを見たと証言する。
その場に居合わせた刑事によってトゥルーは逮捕されるが
隙を見て逃亡する。

今回はちょっとスリリングな展開で面白かった。
ジャックとパパは事件現場に現れたトゥルーを犯人にするという
非情な手段に出てきた。
しばらく檻の中で過ごせば大人しくなると思ったらしいが
そうはいかなかった。
ラッキーなことにもう1度、1日をやり直すチャンスが巡ってくる。
今度はバレル医師を救うことに成功するが、逆に犯人に命を狙われる。
以外にもジャックがトゥルーを助けた。
ジャックの考えでは予定外の人を死なすこともルール違反になるらしい。

トゥルー・コーリング Vol.11

2006年08月11日

トゥルーコーリング2 #21

トゥルーはデイビスのコネで大学の聴講生になる。
教授からのキツイ洗礼を受けて、前途多難な上に
姿を消していたジャックが再び現れる。
そしてモルグで湾岸パトロールの女性の死体から
「助けて」の声で時間が朝に戻る。
女性は突然現れた嵐“ホワイトスコール”に
巻き込まれ死んでいた。
トゥルーは彼女を助けようとするが、ジャックが行く先々で
先手を打ち、トゥルーの行く手を阻む。

今回からシーズン2の放送に入った。
シーズン1で必要のないキャラクターを整理して
トゥルーパパがレギュラー登場になった。
トゥルーパパはジャックと協力してトゥルーを阻止するようだ。
何もしらないハリソンはパパの仕事を手伝うことになるが
パパはハリソンをトゥルーに協力させない為に自分の目の
届く所に置いておこうって考えだろう。

これまでは地上波放送で観た感想を書いていたけど、
度重なる放送休止でついにFOXの放送が追い越したので
ラスト6話はFOXでの放送を観ての感想になります。
地上波放送では次回予告があったけど、FOXはないのかな?
予告はある意味ネタバレになるのでなくてもいいけどね。

トゥルー・コーリング Vol.11
海外ドラマDiary TOPへ