2018年11月29日

レジデント シーズン1 #13

幻覚を見た患者クローディアが病院から逃げ出そうとして交通事故に遭う。
オースティンが執刀するが、ベルが見学に来ると彼は執刀を続けると
ベルにメスを渡したが、薬のせいかベルは無事に手術を成功させた。

クローディアに会わせろと元ギャングのフェリックスがやってきた。
大騒ぎして彼は警官まで呼ぶがクローディアは前科者たちを雇っていて
警察にとっても大事な人だと頼まれる。
クローディアの幻覚の原因を調べようとすると発作を起こした。

肛門に異物を詰める常連患者のヨークが母親を病院に連れてきた。
ヨークは喘息で通院してると母親に嘘をついていた。
母親は散歩中に転んで足を骨折して手術は不要だったが、心臓の大動脈弁が
硬化して狭窄症の恐れがあると手術を勧めるが、友達が全身麻酔で認知症の
症状が出たと拒否するので、覚醒下手術をして成功した。

デヴォンはフェリックスたちから話を聞くとプールに行ってると聞いて、
“殺人アメーバー”を疑って検査すると殺人アメーバーが原因とわかる。
治療薬のミルテフォシンは高額で保管期間は短いので病院に在庫はなく、
クローディアは保険未加入で、コンラッドは心停止患者に使う低体温療法の
機械でアメーバーが生きられない体温にしてミルテフォシンを使うことに。

デヴォンはミルテフォシンを入手しろと指示され、フロリダの会社に
電話するが向こうは夜でアービングと電話をかけ続けて、やっと出ると
保険未加入なら4万8千ドルと言われたが、デヴォンは構わないと答えた。
デヴォンはフェリックスたちに話して、彼らは薬代を集めることに。

会社の代表が自ら薬を届けに来てくれて、4万8千ドルで利益はないと言う。
フェリックスは集めたお金を渡して、薬を投与されたクローディアは回復した。

コンラッドはニックを尾行する男を追跡し、男の車のナンバーを覚えた。
ニックは警察に通報するが何もしてもらえない。
コンラッドを病院に送る途中でニックは妹ジェシーから電話が入ったが
すぐに出ずに後から訪ねると薬物の過剰摂取で倒れていて、ERに搬送した。

ニックはクローディアのために金を持ってきたマンボからおじがニックに
世話になったとお礼を言われ、何かあったら恩返しすると言われる。
ニックはマンボに尾行する男に妹のニックからお礼だと食料品を返してもらう。

ニックはハンターの診療所で働くアリーから協力すると連絡をもらい、
出勤前の朝4時に診療所に来てと向かうと診療所は荒らされていて
パトカーが到着し、ニックははめられた。
拘置所からニックはコンラッドに電話し、ジェシーのことを頼む。
コンラッドはジェシーに治療施設でプログラムを受けるように言うが拒否される。

ニックはアリーのことを信用するなんて。ジェシーはニックもなかなかと
意味深なことを言ってたけど何だろう?
次回のシーズンフィナーレでニックを救い、ハンターの悪事を暴露できるかな?
posted by Jasmine at 22:08 | Comment(0) | レジデント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
海外ドラマDiary TOPへ