2018年09月08日

Law&Order:性犯罪特捜班 シーズン19 #22

施設の入居者でアルツハイマーを患うマデリン・トーマスがレイプを訴え、
医師は妄想だと思ったが通報し、SVUが捜査することに。
レイプ検査で何も見つからなかったが、マデリンの娘クリスティーンは
母親の様子から捜査を希望する。

マデリンと話すと昔の事件のようで、マジパン・クッキーに反応して
マックスを拒んだと言う。マデリンは5年前に営んでたベーカリーを
売却していて、今も働いている従業員にマックスのことを尋ねると、
大学教授のマックスウェルが常連だったが突然店に来なくなったと言う。

ロリンズが老人のマックスを聴取すると、マデリンを愛していたが
彼女は結婚していて、マジパンを作っていたイベントの日に1度だけ
愛し合ったが、マデリンが悔やんだので店に行かなくなったと話す。

マデリンに面通しをさせるがマックスと確認できず、帰り際にマックスは
すれ違ったマデリンに声をかけたが知らないと言われてしまう。

別の施設でも高齢者のレイプ事件が発生する。
被害者のパトリスは記憶があり、職員のダン・ハーマンが犯人だと証言する。
ダンは1年前に死亡していて、IDは盗まれたもので、短期の臨時職員として
犯人はあちこちの施設で働いてたとわかる。

マデリンは厨房スタッフのダンからマジパンの匂いがして記憶を呼び起こし、
マックスとの情事と混同したと推測。
従業員の聞き込みから犯人はブロードウェー女優のトゥルーディ・モリスの
歌をよく口笛で吹いていて、知り合いだとわかる。

トゥルーディを訪ねると偽ダンは息子のヘンリー・フィリップスと判明。
そこにヘンリーが帰ってきたので逮捕した。
ヘンリーは偽IDを使ったのは母親のキャリアに差し支えて面倒だからと
レイプについては否定し、弁護士を要求する。

パトリスが動脈血栓で急死するが、カリシの言う通りでパトリスは18歳で
結婚して、夫一筋だとかなりショックを受けてたので影響してると思う。
パトリスからヘンリーのDNAが見つかるが、ヘンリーは同意だと主張すると
ベンソンはマデリンにヘンリーの写真を見せると“クッキーよ!”と怯え、
マデリンも被害者とわかる。

ストーンはマデリンを証言させようとするが、判事はストーンを亡き夫と
勘違いしてるマデリンの証言を認めなかったので、ストーンはベンソンに
マスコミを使うようにアドバイスする。

“ブロードウェーの悪い種子”とヘンリーのレイプ事件が一面記事になると
他の被害者たちも名乗り出た。
ヘンリーを逮捕すると、母親はヘンリーにあなたも父親も同類だと言い、
それにヘンリーはキレて、愛してたんだ。少しぐらい僕を愛してと責める。

ベンソンがマデリンとクリスティーンに逮捕したことを報告に行くと、
マデリンはベンソンにあなたが大好きとネックレスを渡す。
そこにマックスがマデリンの好きな白い菊の花束を持って会いに来ると
マデリンはマックスだと認識した。
ベンソンはクリスティーンにあなたと錯覚してるネックレスを返そうとするが、
クリスティーンは理解してると受け取らなかった。

一方、フィンは巡査部長に昇進し、21分署への異動が決まったが、
どんな手を使ったのかわからないがSVUに残ることになった。
「Law&Order」に新しいヘイトクライムのスピンオフが製作されるので
フィンのスピンオフとかも面白い気がするけど。

Law & Order - Special Victims Unit: Year Ten [DVD] [Import]

Law & Order - Special Victims Unit: Year Ten
posted by Jasmine at 23:53 | Comment(0) | Law&Order:SVU | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
海外ドラマDiary TOPへ