2018年06月29日

グレイズ・アナトミー シーズン14 #13

今回は消防士となったベンが出演するスピンオフのお披露目エピだけど
なんか盛り上がりにかけたわ。
久々にメレディスの子供3人が揃ったところを見れたのは良かったし、
末っ子も大きくなったな。

メレディスはポリマーの使用許可をもらうためにマドリードからの
電話をエイプリルに知られないように待っていた。
ベイリーは復帰するが、リチャードはベイリーが無理をしないか心配する。

自宅で化学の実験中に爆発が起こり、14歳と10歳の兄弟をベンが搬送する。
兄のタイラーは意識があるが重症で弟のザックは腹部大動脈からの
出血が止まらずに消防隊員のアンディが腹部に手を入れて止血していた。

アンディの手が動いたら失血死すると慎重に救急車から降ろしていると
インターンのヘルマウスの携帯にマドリードから電話が入ったが
エイプリルもその場にいたので出られなかった。

オーウェンはインターンのカドリとタイラーの治療に当たるがオーウェンが
離れた時に脚に刺さってた金属をタイラーが抜いて大出血が起こり、
イスラム教徒のカドリは頭のヒジャブを取って止血する。

タイラーのオペにベイリーも入ることになり、リチャードも付き添うが
途中で病院に駆けつけた母親に状況を話して欲しいと言われ、リチャードは
カドリに対応させようとしたので、ベイリーは心臓発作を起こしたと
自ら暴露し、リチャードが話をすることに。

メレディスはザックのオペを担当し、その流れでアンディにポリマーの件を話す。
ザックの腹部に手を入れたままアンディもオペに入り、鉗子で止血したと
興奮気味にベンに話し、2人は見学室からオペの様子を見ていた。

オペ中にヘルマウスの携帯にポリマーの件でマドリードから電話が入ったが
エイプリルがいたので、アンディが代わりに電話に出て、スペイン語で交渉し、
セローン医師が来週こちらに来て話を聞いてくれることになった。
タイラーとザックのオペは成功して良かった。

アメリアとアレックスはキミーの脳腫瘍を除去する方法を研究するが
失敗続きでアメリアは自分の脳腫瘍をオペしてくれた恩師のトムを呼ぶ。
トムはアメリアを口説いたり、インターンのサムにも目をつけたりして
アレックスは気に入らなかった。

アメリアとトムは口論になるが、そのおかげで新たな方法を思いつき、
実験も上手く行きそうでキミーを助けられるかも。

ジャクソンはエイプリルが二日酔いで点滴してたので心配になり、
相談されたアリゾナは新しい出会いを求めてるだけと言う。
しかし、バーでエイプリルがインターンたちとバカ騒ぎしている姿を見て、
アリゾナは事態の深刻さに気付いたみたい。

ベンは搬送が終わったら消防署に帰るべきだと思うのに病院に居続けたり、
キミーは韓国系でタイラーとザックも中国系ぽいし、なんでアジア系の
患者ばかりなんだろうと疑問が残る。

グレイズ・アナトミー シーズン13 コレクターズ BOX Part1 [DVD]

グレイズ・アナトミー シーズン13 コレクターズ BOX Part1

posted by Jasmine at 01:07 | Comment(0) | グレイズ・アナトミー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
海外ドラマDiary TOPへ