2018年06月10日

ブラインドスポット シーズン3 #11

パターソンがエイヴリーを調べると、ベルリンでロマンだけでなく
マックス・コーラーとも会ってたことがわかった。
コーラーの本名はデードリック・ヘーネでドイツのギャングとつながり
郊外にある農場に住んでいて、隣の敷地から緊急通報があった。

拉致されたと助けを求める音声を聞いたカートはエイヴリーだと気付く。
4日前の通報でジェーンにエイヴリーは生きていて、ロマンと会ってたので
ジェーンに使った薬で死を偽装したのかもと話す。

ジェーンは今も生きてるかわからないと動揺する。
リードはエイヴリーの救出を許可するが、ジェーンはカートを信用できず
人質救出の仕事で組んでたクレム・ハーンを連れていくと言うので、
リードはジェーンとカートとクレムで救出するように命じた。

カートはジェーンとクレムの様子から2人が付き合ってたと気付く。
クレムのコネでエイヴリーがいる工場が見つかり、カートは別々の入口から
入ろうと言うが、クレムは一緒に入って中で分かれようと言うと
ジェーンはクレムを支持する。
しかし、敵は侵入に気付くと壁を爆破してエイヴリーを連れ去った。

倒した手下の携帯からデードリックに電話すると、エイヴリーと引き換えに
緊急配備を解除してジェット機を用意しろと要求されたので
エイヴリーの生存確認を要求すると拘束されたエイヴリーが映し出され、
指で東ベルリンの住人が掘ったトンネル23にいると合図していた。

トンネルを捜索し、ジェーンはエイヴリーを発見するがエイヴリーは
ジェーンを恨んでいて銃口を向けた。ジェーンはロマンに操られてると
逃げるのが先と説得して脱出する。

その時、カートは防弾ガラス越しにロマンと遭遇していた。
ロマンはクロフォードが真の狙いで倒すにはFBIと俺の両方が必要になる
と言われるがカートは拒否し、エイヴリーを操る手口はシェパードが
お前の人生を操ったのと同じやり方だと言う。

一方、ニューヨーク支局ではパターソンが開発したアプリがバックドアから
個人情報を盗んで、ユーザーを恐喝する事件が発生していた。
パターソンはリッチに協力を頼み、アプリの立ち上げにリッチの元カレの
ボストンに協力を頼んだと打ち明ける。

そこにボストンが支局に現れた。
ボストンはバックドアで他人の生活をのぞき見してたが小児ガンの募金を
盗んでクルーズに行っていたので償わせたと認めたが、恋人のサンジェイが
盗んだ情報でジョニー・シェリダンを脅迫していると知ったと言う。

シェリダンは防衛産業の大手ギルロイのトップ技術者で経費を10年以上で
数百万ドル着服してたことを脅迫されていた。
シェリダンを追求すると、白リン弾をサンジェイに渡したと認め、
CIA情報からダバー・ザンがこの手の爆弾を使ってると判明。

ボストンが盗聴器を付け、取引に立ち会うとサンジェイと暮らす部屋に帰ると
自宅で取引すると爆弾もここにあるとわかる。
サンジェイはおとり捜査を警戒し、盗聴器の発見器を用意してたので
ボストンは盗聴器を止めるが携帯も使えなくされてしまう。

取引相手が部屋に来て、ボストンの合図で突入したチームは敵を制圧して
サンジェイは逮捕されて、協力したボストンは罪に問わないが無期限の
自宅拘禁となり、リッチはボストンに愛してると一緒に暮らそうと言うが、
2年前に聞きたかったとボストンは去ってしまった。

ザパタはリードのことが好きだと告白しようと思ってたら、リードから
メーガンにプロポーズすると指輪を見せられた。
ザパタの想いはリードに届かないの?
ロマンは娘と再会したジェーンに電話し、浮かれるのも今のうちだと告げた。
また何か仕掛けてきそうだな。

ブラインドスポット 1stシーズン 前半セット(1~12話/3枚組) [DVD]

ブラインドスポット 1stシーズン 前半セット
posted by Jasmine at 13:32 | Comment(0) | ブラインドスポット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
海外ドラマDiary TOPへ