2018年04月12日

祝100話!ブラックリスト シーズン5 #11

通算100話目はレッドのお宝探しエピソードで面白かった!
レッドは希少な“リンカーン・セント”を手に入れてご機嫌だったが
乗ってた車が横から車に激突されて横転し、エイブラハム・スターンに
“リンカーン・セント”を奪われてしまう。

レッドはクーパーに1943年製の希少なコインでブレイズから解放した物で
奪い返す手伝いを頼む。
犯人はブラックリストの人物で彼は宝探しのためなら殺しを繰り返すと。

1930年代に発行された連邦準備券がマニラとシンガポールで発見された。
これを持参した者に合衆国は10万ドル支払いと書かれていたが
政府は券の発行自体を否定し見つかったのは偽造品だと言う。
コインを集めればあの紙幣もそれを狙う犯人も見つかる。

コインは1943年製のブロンズの物が4枚でコレクターが欲しがる理由は
誤ってブロンズで造られたと信じていて、真の価値はそこに刻まれた
暗号にあり、コインを鋳造した者がお宝の隠し場所を刻んだと言うと、
アラムはお宝って連邦準備券?と話に乗ってきた。

失われた連邦準備券は金融界の聖杯伝説で何億ドルがどこかに眠っている。
コインを持ってた者は殺害されていて犯人は3枚のコインを持っていて、
4枚目のコインを犯人より先に見つけることに。

ナヴァーロを殺したリズは遺体をバッグに入れて痕跡を消したが、
警察が来た時に止血してた布を排水管に入れたままにしてしまい、
トムの事件を担当するシングルトンが鑑識を呼んで布を回収した。
リズは郵便局に行くとシチューメイカーのファイルを写真に撮って、
モーテルにナヴァーロの死体を運ぶと調理を始めた。

4枚目のコインは持ち主の死後に大学に寄贈し、博物館に貸し出し中と判明。
銀行の貸付係のスターンは債務者に協力させて博物館でコインは複製の
疑いがあると見せてもらっているとレスラーたちがやって来た。

スターンは非常ベルを鳴らして騒ぎに紛れて博物館から脱出する。
警察も匿名通報で博物館にやってきて、コインは証拠品として
押収されてしまい、FBIにはどうすることもできない。

レッドはリズにコインを手に入れられないかと相談に行くと留守で
電話をすると、リズはナヴァーロの調理中で証拠を保管しに行けば
コインを取り出せるかもと言う。

リズはシングルトンにトムの上着から見つけたと携帯を渡し、
それをパケット・モニターにして保管所のコードを入手した。
リズはグレンに協力してもらい薬で発作を起こさせ、警官たちがグレンを
介抱している隙に保管署に入って、コインと布を盗むことに成功する。

レッドはスターンと会い、お互いのコインを見せ合うことにする。
取り分の交渉でもめながらも専門家にコインの暗号を解読してもらう。
コインに暗号を刻んだのはデンバーの造幣局に勤めていたスターン父で
連邦準備券が行方不明になり容疑者扱いされ、メンテ係に降格されて
ボイラー室がオフィスになった。

1943年にクビになり生涯犯罪者と言われ続けた父親はコイン4枚だけ
残して亡くなった。スターンはそのコインでアメを買い、翌日遺言を見て
コインが宝の地図だと知って探し続けていたと。

4枚のコインを組み合わせるとロッキー山脈のパイクス・ピークから
スコー山の地形図になり、単なる陰影ではなく全部の線に意味があり
4枚を重ね合わせるとデンバーの“ボイラー・ルーム”を差していた。
スターン父は盗んだが持ち出せず奴らの目の前に隠したのかと、
レッドとスターンは協力して造幣局から盗む方法を考える。

レッドはヘディに全財産を持ってきてもらい、レッドとスターンは
現金を運ぶフリをして造幣局に入るが、スターンは裏切ってレッドを
トラックの荷台に閉じ込めた。

スターンは仲間と古いボイラー室の入り口を塞いでいる金庫室の壁を破り、
大金を見つけるが、レッドは裏切りを予想してトラックから脱出すると
ヘディやデンベたちとダクトから強力バキュームでスターンたちが
見つけた札を吸い込み始め、クーパーにスターンの居場所を連絡する。

リズはナヴァーロの遺体を調理すると義眼が残り、中に最先端技術の
何かが入っていたのでレッドに見せる。
レッドは300万ドルのコインと交換にチャーチルの帽子を手に入れるとは。
やっぱりレッドは帽子を被ってる方がしっくりくるね。

100話記念ということでパーティの様子やキャストインタビューのおまけ付き。
ミスター・キャプランの姿を見られたのが嬉しかった。
これからもドラマが続くことを期待してます。

ソフトシェル ブラックリスト シーズン3 BOX [DVD] -

ソフトシェル ブラックリスト シーズン3 BOX



posted by Jasmine at 00:40 | Comment(0) | ブラックリスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
海外ドラマDiary TOPへ