2018年02月14日

ベター・コール・ソウル シーズン1 #9

チャックは外出できるようにジミーと外のベンチに座って訓練をする。
ジミーはサンドパイパーの施設への立入を禁止されたので
判事の前でシュワイカートと対決し、接近禁止命令を解除させた。

シュワイカートから裁判に関する質問状など大量の書類が送られてきた。
チャックは2人だと書類仕事に追われて対応できないとHHMに案件を
持ち込もうと提案するがチャックは拒否する。

しかし、集団訴訟になれば何年もかかり、それだけの資金もないので
ジミーはHHMに案件を持ち込むと決めた。
チャックは深夜に郵便受けにあるジミーの携帯から誰かに電話する。

チャックはスーツの裏地にサバイバルシートを仕込んで家を出ると
HHMでは電子機器を止めて、チャックの復帰を全員で出迎えた。

ハムリンは最終和解金額の20%とこれまで案件に費やした時間に対して
2万ドルを提示するが、ジミーはチャックの隣のオフィスも要求する。
大きな案件を持ち込んだのでジミーはHHMに迎えられると思ってたが
案件のみと言われ、ジミーは案件は渡さないと交渉は決裂する。

キムはハムリンにジミーを雇わない理由を聞くと、パートナーで決めたと
君には関係ないと言われるが、ハムリンはキムに内密に理由を話した。
キムはジミーに条件をのんだ方がいいと説得する。

チャックはHHMに行けたことでご機嫌で、ジミーはHHMに案件を渡すと言い、
HHMに行く前にハムリンに電話して雇うなと言ったと激怒すると
チャックは通信教育の弁護士なんて本物の弁護士じゃないと、
今も滑りのジミーだと言われたジミーは当分の食料などはあるので
後は自分でしてと出て行った。

一方、マイクは孫のケイリーに犬をプレゼントして、裏の仕事を受ける。
指定の駐車場にいくと大男と銃を持った男がやってきて、マイクが銃でなく
ピメントのサンドイッチを持ってきたと聞いて男はバカにする。

依頼人がやって来ると男はマイクは銃を持ってないので大男と2人で
750ドルずつで仕事をすると言うが、マイクは銃が必要なら彼のを使うと
男を倒して銃をすべて取り上げると、大男はビビッて逃げ出してしまう。
マイクは依頼人に1人でやるから1500ドルは全部頂くと告げた。

マイクは依頼人と取引場所に行くとナチョが手下とやって来た。
依頼人はマイクの指示通りに金を受け取って数えると20ドル足りなくて、
マイクは全額か取引中止かと言うとナチョは20ドルを支払い
薬を持って帰っていった。

マイクは来る前に聞き込みをして、ナチョが普段、密売組織と取引してるが
組織外との取引がバレたら困るのでモメ事は避けたかったはずなので
銃が必要でないと思ったと。
マイクとナチョはここで出会い、トゥコに繋がっていくのかな?

ハムリンがチャックはHHMに入れなかったのはチャックのせいだったとは。
チャックはジミーを応援してくれてると思ってたが見下してたとはガッカリ。
まっとうに生きようとしてたジミーがこれで変な方向に行かないといいけど。

ソフトシェル ベター・コール・ソウル SEASON 1 BOX [DVD] -

ソフトシェル ベター・コール・ソウル SEASON 1

posted by Jasmine at 00:16 | Comment(0) | ベター・コール・ソウル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
海外ドラマDiary TOPへ