2018年02月13日

クワンティコ シーズン2 #19

ライアンはサーシャが殺されたので彼女の部屋から資料などを盗み出した。
チームは協力者の家に盗聴器を仕掛けて、弱点を探ろうとするが失敗する。

クレイのメールに不正アクセスがあり、マキシンによるとフェリックスが
酔って自宅まで帰れないと来たと、ロアークの差し金でハッキング目的で
訪ねてきたとわかり、ロアークはニマの移送願も出していた。

マグレガー・ワイアット社の株をジェネロン社が買い占めて乗っ取りを計画し、
経営者はピーター・テオだった。
ライアンはサーシャがテオに探りを入れて殺されたので捜査を続ければ
俺たち全員殺されるかもと言い、個別でなく一網打尽にするしかないと
1ヵ所に集めるためにクレイとマキシンの婚約パーティを開いて
協力者6人を招待し、それぞれ説得することに。

シェルビーとケイレブはクレイとマキシンのパーティの準備を手伝う。
協力者たちをバラバラに席に座らせて、エサを用意して寝返らせることに。

大統領がロアークを引きとめてる間にそれぞれ協力者を説得するが失敗し、
アレックスはフレッチャーに私を待ってたんだろうとダンスに誘われ、
新たな政権が誕生し、旧体制は処刑台へ送られる。我々もその変化を
避けられない。再生を導くにはふさわしい人々が必要だ。私や君のように
と言われたが、アレックスは国を裏切るつもりはないと断った。

ライアンはアリス・ウィンターに接触するが相手にされず、盗聴器を見せて
味方だと信用させて、ファームの図面を書いて安心させるとアリスがレオンと
サーシャを殺したと認めた会話を録音し、全面的協力と引き換えに
免責の書類を渡すと、アリスは時間をくれれば2人引き込むと言う。

クレイはシェルビーに惹かれ始めていて、パーティ後にマキシンに今すぐ
結婚しようと言うが、マキシンはクレイが結婚を急ぐのは私から
引き離されないためだと見抜いていて、私があなたの人生で最高の存在
だから結婚するの。不安だからじゃないと言われてしまう。

クレイはシェルビーに絶対に僕を受け止めないと約束してほしいと言い、
シェルビーはケイレブと寝たフリをして、ケイレブはロースクールに戻った。

ライアンはチームにアリスのことを報告するとアレックスはワナを疑うが
みんな試してみるべきと賛成するが、ライアンがアリスに会いに行くと
新聞記者がいて、CIAが国内で活動していると情報があったとワナだった。
ライアンのことが報道されて、ハース大統領は弾劾されることに。

アレックスはオーウェンからもう1つ勝つ方法があるがリスクは大きいと言われ
オーウェンはチームにある全ての情報を盗んだ。
その情報を持ったアレックスはフレッチャーに会いに行く。
敵に飛び込んでスパイとなり、内から叩き潰す作戦かな?

ライアンは記者に見つかったのにクレイたちにすぐに報告しないのは変だと思う。
すぐに対応してたら、ここまで大事にならなかったのでは?
敵に情報が筒抜けなのでどっちにしてもダメだったかな。

クワンティコ/FBIアカデミーの真実 シーズン1 コレクターズ BOX Part1 [DVD] -

クワンティコ/FBIアカデミーの真実 シーズン1 コレクターズ BOX Part1
posted by Jasmine at 00:12 | Comment(0) | クワンティコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
海外ドラマDiary TOPへ