2018年02月06日

ベター・コール・ソウル シーズン1 #8

ジミーはHHMで郵便係として働きながら、コミュニティ・カレッジで
不足の単位を取り、アメリカ領サモア大学のロースクールを
通信教育で学んで、司法試験に合格したことをチャックに報告し、
HHMで雇ってほしいと頼むとパートナーに相談すると言われた。
ケーキでお祝いしているとハムリンから雇えないと告げられた。

ジミーは高齢者向け施設で暮らすご婦人の遺言書の作成で訪ねると、
運営しているサンドパイパー・クロッシングが入居者の年金と
社会保障小切手から経費を過剰請求して、残りを小遣いとして
渡してることがわかった。

ジミーの動きに気付いたサンドパイパーはジミーの出入りを禁じて、
書類をシュレッダーしていたので、ジミーは警告状を書いて渡したが、
サンドパイパーの代理人リッチ・シュワイカートから警告される。

ジミーは施設のゴミ箱からシュレッダーされた紙を持ち帰って
つなぎ合わせるが徹夜作業に疲れて眠ってしまったジミーが起きると、
チャックが証拠を繋ぎ合わせてくれていた。

ネブラスカ州から注射器を購入しているとわかり、集団訴訟になると
チャックが手伝ってくれることに。
ジミーはチャックに言われた判例をキムの協力で入手する。

注射器の購入記録をシュワイカートにFAXすると自宅にやって来た。
サンドパイパーは全額払い戻しと経費として4万6千ドルを提示するが
州を越えて貨物を受領しているのでRICO法が適用されると
過剰請求でなく詐欺行為に思えるとチャックは2000万ドルを要求した。

一方、マイクは義娘ステイシーから孫のケイリーの子守を頼まれた。
ステイシーはマティが隠してたお金を使っていいかマイクに相談する。
シングルマザーの生活は大変だと聞いたマイクは動物病院に行き、
仕事を紹介してもらうことに。これで裏家業に足を踏み入れるのかな?

チャックはジミーが寝てしまったので昼間なのに外に停めてある車の
トランクに書類を取りに行くとは仕事がいい治療になるかも。
ジミーがどうやって弁護士になったのかと思ったら、通信教育で地道に
勉強してたとは意外だった。

ソフトシェル ベター・コール・ソウル シーズン2 BOX [DVD] -

ソフトシェル ベター・コール・ソウル シーズン2
posted by Jasmine at 21:30 | Comment(0) | ベター・コール・ソウル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
海外ドラマDiary TOPへ