2018年01月29日

ベター・コール・ソウル シーズン1 #7

マイクが刑事のメモ帳を盗んだ件で署に呼ばれたのでジミーも同行して
泥棒だと非難する留守電が入ってたと連絡があり、早いうちに誤解を
解くべきだと駐車場からここに来る時にメモ帳を拾ったと作り話をする。

マイクはサンダースと2人だけで話をして、義娘が警察に何を話すのかは
彼女に委ねると言い、サンダースはフェンスキーもホフマンも自業自得
と考えてる仲間は多く、署は腐ってると事情を察してるみたい。

ジミーはキムと事業拡大のために新しいオフィスの内覧に行き、
キムにパートナーになって欲しくて、オフィスを見せたがキムはあと2年で
パートナーになれそうでロースクールを卒業させてもらった借りがあると
HHMを辞める気はないと言われた。

キムはケトルマン夫妻に裁判で負ければクレイグの刑期は30年なるが
お金を返したら16か月の服役で取引できると提案するが、ベッツィは
お金はないので取引できないと勝てないならクビだとHHMを出て行った。

ジミーはケトルマン夫妻に弁護を依頼されるが高齢者法に変えたと断ると
“報酬”を支払ったと言われたので、キムに電話するとHHMに戻るよう
説得してほしいと頼まれ、取引の内容を聞いたジミーは夫妻にスケジュールが
一杯でHHMに戻ったほうがいいと言うと、もしお金があったら全額ないと
おかしいわよねと運命共同体だと言われた。

ジミーはHHMにケトルマンの資料を取りに行くとキムは窓際に移動になり、
キムから証拠がたくさんあるので裁判に持ち込んだら負けると言われた。
ジミーは抜け道を探したが取引しかなかった。

ジミーはケトルマンからもらった札束をマイクに渡し、マイクは札束に
特殊染料を吹き付け、ケトルマンの子供のおもちゃにつけて庭に置くと、
ゴミ捨てに出たクレイグが札束を見つけて家に持って入った。

ジミーは寝静まるのを待って、家に侵入すると染料の痕跡を追跡して
隠してあった大金を見つけるとジミーの元に持って行った。
ジミーは大金を見て、増えてる気がするともらった金を返して、
マイクに検察に届けてもらった。

ジミーはケトルマン家を訪ねて、状況が変わったと盗んでないと主張してる
金の確認を2階の浴室の洗面台の下と言うと、夫婦は浴室に行くと金はなく、
検察の机の上に届いた頃かなともう降りてるのでキムの所に戻り、
軽率な決断を謝罪して取引に応じろと言う。

ベッツィは賄賂のことをキムに話すと言うが、今はクレイグだけが横領
罪を負っているが賄賂の話を持ち出せば君も関与していたことになる
と言われて、クレイグは子供たちのために夫婦で刑務所入りは避けようと
ジミーに付き添われてケトルマン夫妻はキムの元に戻った。
正しいことをしたジミーの新しいオフィスの夢も消えてしまった。

ソフトシェル ベター・コール・ソウル SEASON 1 BOX [DVD] -

ソフトシェル ベター・コール・ソウル SEASON 1
posted by Jasmine at 00:07 | Comment(0) | ベター・コール・ソウル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
海外ドラマDiary TOPへ