2018年01月28日

シカゴ P.D. シーズン3 #12

ボイトの刑務所仲間のエディが情報提供者となり、警察が追い続けてる
ローリー・ジェンセンがスポーツバーを経営しながら裏でヤクを
売人に流してると言う。

特捜班は売人から攻めて、足元から崩す作戦を開始する。
エディの情報で暴走族のクラブハウスに積み荷が届いたところに突入し、
4万ドルを押収したが、エディは報酬4000ドルじゃダイヤも買えんと言う。

エディから家にFBIが来てると電話が入り、ボイトが駆けつけると
偽FBIが射殺されていて、エディは銃所持でムショに戻されると言うと、
ボイトはオードリーが銃を撃ったことにして、娘トレイシーと署で保護した。

エディを襲ったディサイプルズはジェンセンとのつながりが見つからず、
次は売人の25ボーイズを追うことになり、エディはヘンリー・ユーに
金をやれば話すと言うので取引に行かせたが警察に協力してるとバレていて、
ムショにいる息子を始末すると脅して、25ボーイズのアジトを聞き出した。

アジトに踏み込んで、エディは全部で4万ドルをもらったがフロリダに行くには
7万5千ドル必要だと言い、ボイトは次はジェンセンに接触することにする。
ボイトはエディとジェンセンに会いに行き、押収したコカインを返す代わりに
80万ドルで取引した。

競馬場でエディはコカインと80万ドルをジェンセンと交換すると張り込んでた
特捜班はジェンセンを逮捕し、ボイトはエディと署に戻ろうと車に乗ると、
エディはボイトに銃を向けて、このカネを警察に渡す気はないと高架下に
移動させると、ボイトの車のタイヤを撃って、用意していた車で乗ろうとすると
アントニオが車に隠れていて、エディは逮捕された。

ボイトはエディが刑務所で守ってくれた恩を返そうとしてたのに裏切られたが
オードリーとトレイシーに報奨の8万ドルを渡してあげるとは優しいね。
エディを信じてたオードリーは利用されてたとは気の毒だった。

バージェスとローマンはクラブハウスで押収した盗難品を被害者に返す
仕事をしていたが、バージェスはブレスレットの持ち主と連絡が取れずに
会いに行くと老人の亡き妻の物で、彼がベトナムからの経由地の東京で買い、
プロポーズした大切な物だった。

バージェスとルゼックはお互いの両親を会せることになってたが、
ルゼック父が急にシフトが入ったと来れなくなったことで、バージェスは
母に会えば結婚が現実になり、縛られるのはイヤなんでしょと
解放してあげると指輪を返した。本当にこれで別れちゃうのかな?

シカゴ P.D. シーズン2 DVD-BOX -

シカゴ P.D. シーズン2 DVD-BOX
posted by Jasmine at 21:41 | Comment(0) | シカゴ P.D. | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
海外ドラマDiary TOPへ