2018年01月23日

ベター・コール・ソウル シーズン1 #6

今回はマイクのメインエピソード。
マイクはアルバカーキーの駅に着き、トイレで肩を撃たれた傷をナプキンで
押さえて、迎えに来た息子の嫁ステイシーと孫娘のケイリーと暮らす家に行く。

ステイシーはマイクの息子マティが亡くなる数週間前から様子が変だったと
夜中に電話で怒ってた相手はマイクだったのかと聞かれるが否定する。
マイクはタクシー運転手の紹介で動物病院で傷口を縫合してもらい、
仕事を紹介すると言われるが断った。

現在、マイクは自宅に来たフィラデルフィアの刑事サンダースとアバシから
聴取されることになり、弁護士を要求してジミーの名刺を出した。
ジミーはコーヒー片手に取調室に行くと、マイクから若い刑事が聴取の後
メモ帳を上着に入れたら上着にコーヒーをかけてくれと頼まれる。

刑事たちは警官のホフマンとフェンスキーが殺された件を調べていた。
マイクの息子マティも警官で相棒のホフマンとフェンスキーと一緒に
待ち伏せに遭ってマティが殉職し、3か月後にホフマンたちが殺害されたので
ホフマンたちが不正に関わり、マティは殺されたと思っていた。

マイクはホフマンたちが死ぬ前にバーで会ったと認め、事件の翌日に
アルバカーキーに来たことを話して聴取は終わり、マイクはアバシに
コーヒーをかけると、マイクはメモ帳を盗んだ。

マイクはメモ帳を読んで、ステイシーが警察に電話していたことを知る。
ステイシーはマイクにマティが隠してた6000ドルを見つけたので
夫の不正を疑っていたが、マイクはマティは潔白だと激怒する。

3か月前、マイクはバーでホフマンとフェンスキーに会った時
“やっぱりお前らだったか”と告げて、閉店まで飲んだマイクは歩いて
帰ろうとしているとパトカーに乗ったホフマンたちが近づいてきて送ると
車に乗せられたマイクはマティを何もしてないのに殺したと言う。
人けのない場所でマイクは降ろされるが、マイクは酔ったフリをしていて
逆に2人を撃ち殺すが反撃された時に肩を撃たれてしまう。

マイクはステイシーに売人を逮捕した際に証拠品の大金をくすねることは
皆がやるがマティは違った。俺はやってた。他の連中も同様だ。
ホフマンが先に取り込まれて、ホフマンは相棒のマティを誘った。

マイクは不正を報告したいと相談されたが、密告は仲間への脅しで
お前の身が危ないと家族もいて責任がある。金を受け取って有効に使え
と何度も言ったが聞かなかった。そのせいで殺されたと。
あの夜の電話で俺も不正をしてると話すと、マティはショックを受けて
泣きわめき怒った。俺を尊敬してたのに息子を傷つけた。

マティは金を受け取って、うまく立ち回って見せたがあの2人には
信用されなかった。俺が金を受け取らせ、2日後に殺されたと語った。
ステイシーは2人を誰が殺したの?と聞くと、マイクは分かってるだろ。
問題は受け入れられるか?と言う。

マイクにそんな過去があったとは驚いた。
息子を守れなかったマイクが復讐した気持ちもわかるが、翌日街を出たりと
ちょっとわかりやすい感じもしたし、犯人だとバレないか心配。

ソフトシェル ベター・コール・ソウル シーズン2 BOX [DVD] -

ソフトシェル ベター・コール・ソウル シーズン2

posted by Jasmine at 00:32 | Comment(0) | ベター・コール・ソウル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
海外ドラマDiary TOPへ