2018年01月22日

シカゴ P.D. シーズン3 #11

クリフォード家で強盗事件が発生するが、家族は目を覚まさなくて、
51分署のジミーが室内を調べると何かのガスが混在してるとわかり、
さらに14歳の娘キャロリンが性的暴行を受けていた。

シカゴメッドで検査すると亜酸化窒素を吸っていたとわかった。
リンジーはツテから亜酸化窒素の入手先がパーティドラッグの売人
ピート・デミアンだと突き止めた。

アントニオとアトウォーターがデミアンを自宅で発見し、亜酸化窒素も
見つけて連行する。デミアンはパーティに来た男から買ったが名前も
連絡先もわからず、次のパーティの日程と俺の番号を渡したと言う。

アイオワ州とウィスコンシン州でも同様の事件が発生してるとわかり、
ボイトはシカゴで最後にするとデミアンに今夜パーティを開かせる。
特捜班はパーティに潜入し、デミアンに男を確認させて、逃げようとした
男を逮捕して、キャメロン・スペンスを檻に入れて尋問するが犯行を否認し、
次の犯行が発生する。

宿泊施設で性的暴行を受けた被害者タウニーは犯人の顔を目撃していて、
スペンスの写真を見せると、この人は絶対に違うわと言う。
宿泊施設にいた学生のタウニーが標的になった理由がわからない。

クリフォード家と2つ目の事件で黒のSUVが事件前日に止まっていると判明。
所有者はアイオワ出身のタイ・ヘンリーで2度性的暴行の容疑をかけられた。
タウニーが退院したが電話に出ないので、マウスに現在地を特定してもらう。

特捜班ではヘンリーはスペンスと同じ大学にいて、ヘンリーはタウニーと
共同で家を借りてるとわかり、恋人を釈放させるために自作自演と判明。
その頃、リンジーはタウニーを訪ねて、ヘンリーの写真確認をしていたが
スペンスたちに薬で眠らされ、気が付くと拘束されていた。

スペンスとタウニーは逃走準備をするが、ヘンリーはリンジーに
手を出そうとするがそこにハルステッドが到着し、射殺して助かった。
アントニオはタウニーを捕まえるが、スペンスは隙をついて逃走し、
オリンスキーに車で跳ねられても逃げたスペンスだったがルゼックと
アトウォーターに捕まった。

3人はスリルとドラッグ代のために押し込み強盗をしていて
主犯はタウニーだったとはクソ女だわ。

ボイトのムショ仲間のエディが仮釈放になる。
エディは文通相手のオードリーとまともな生活をすると彼女の弟に
フロリダで働かないかと誘われてるそうで情報提供の10%を手にして
まともになるといいけど。

バージェスはルゼックとの結婚準備が進まず、プラットとマウチに
先を越されそうかと思ったら、プラットの父親は事業が倒産して
結婚式の費用は出してもらえないことなり、こちらも大変そう。

シカゴ P.D. DVD-BOX -

シカゴ P.D. DVD-BOX
posted by Jasmine at 00:09 | Comment(0) | シカゴ P.D. | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
海外ドラマDiary TOPへ