2018年01月04日

シカゴ P.D. シーズン3 #9

切断された女性の頭部がミシガン湖から見つかった。
GPS付きの船で捜索して川底から胴体を発見し、女性は20代前半で
死因は絞殺とわかり、遺体が浮いてこないように体にドリルで穴を
開けられて手慣れていた。

指紋から被害者は麻薬所持の犯罪歴があるビクトリア・ワッソンと判明。
ストリップクラブのダンサーでアウトフィットの店だった。
ビクトリアの大学生の妹ローレンは両親が亡くなり、姉が働いて
大学に通わせてくれたとショックを受けていた。

クラブのビクトリアのロッカーから発見した多数のIDは小切手詐欺に
使用してたとわかり、アウトフィットが関係してる可能性があると
ボイトは社交クラブでカルロに質問しようとするとフランクが詳しいと
言われて、フランクにビクトリアと詐欺のことで情報をもらう。

アウトフィットの用心棒をしてたチャーリー・コズロウがビクトリアが
失踪した日に口論してたと連行するが弁護士のジム・ショルティが来て、
コズロウはビクトリアが小切手を盗んだので衝動的に殺したと自白するが
遺体を捨てた時に使ったというボートから血液反応は出なかった。

コズロウの携帯を調べるとビクトリアの妹ローレンに連絡を取っていた。
ローレンはコズロウの恋人で姉が失踪した夜に一緒にいたと言い、
目撃証言のアリバイもあり、ビクトリアは妊娠してると判明して
コズロウは脅されて自白したと認め、ビクトリアはカルロの愛人だと話す。

カルロはアウトフィットのブリッジポート地区のボスでボイトは彼を
署に呼んで、ビクトリアが妊娠したや中絶費用を渡したと証拠を見せるが
カルロは5年前にパイプカットしてたので父親でないと帰る。

弁護士のショルティもカルロの口座から送金できるので財政状況を調べると
収入以上の暮らしでボートを所有し、元妻に追い出されて以来ずっと
ホテルで贅沢三昧をしていて、マウスがホテルの防犯カメラにアクセスして
ショルティがビクトリアにキスをして部屋に入れる姿が映っていた。

ショルティに証拠を突きつけるが状況証拠にすぎないと言うので
ボイトは今すぐ殺人容疑で逮捕し取引はしないかここから出て行くの
選択肢を提示するとショルティは出て行った。

リンジーは納得できずにショルティを追いかけると署を出たショルティを
フランクが迎えに来たのを目撃し、特捜班に戻るとボイトがカルロと
握手して見送ったので身内で処理するみたいだね。

リンジーはアウトフィットは無実の人間を刑務所に送ると言ってたが
ボイトの家にリンジーが越してきた夏にトミー・ポサトが小児性愛者と
アウトフィットが気づいて、奴に頭を撃つか身代わりで刑務所に行くか
選ばせたと誤解を解く。

ローマンたちはキャリーから接近禁止命令を無視した元夫リッチーが
酔って家に来て暴れたと言われ、リッチーを見つけたローマンたちは
シカゴを出るように2度目の接近禁止命令を突きつけて警告する。

しかし、リッチーはキャリーに暴力を振るって、駆けつけたローマンが
リッチーを追いかけて、銃を向けられたと発砲したが携帯だった。
バージェスはボイトに連絡したがどうするの?

シカゴ P.D. DVD-BOX -

シカゴ P.D. DVD-BOX
posted by Jasmine at 22:48 | Comment(0) | シカゴ P.D. | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
海外ドラマDiary TOPへ