2017年12月30日

スキャンダル シーズン6 #15

黒幕がオリヴィアの母マヤとわかり、NSA長官のジェイクが現場指揮を執り、
大統領のフィッツ、司法長官のデイヴィッドにローワンも見守る中、
潜伏先に突入するが姿はなく、メリーの大統領就任式を狙ってると判明。

メリーを大統領にするためにフランキーを殺したのにメリー暗殺を
計画してるとはどういうこと?
マヤが警護官と接触しているとわかり、部屋に突入してマヤを拘束した。
彼女にしては呆気ない捕まり方でそれは計画だったのかと疑う。

地下に監禁されたマヤはオリヴィアを守るためだと主張する。
ローワンはミラーガラス越しにマヤが勝手に話し出すのを待っていた。
オリヴィアはクインたちにマヤが誰を雇ってるのかを調べさせる。

アビーも一緒にマヤが雇った暗殺者探しをするが、マヤの口座には
誰かを雇った形跡がなく、マヤが黒幕でなく暗殺者だと判明。

オリヴィアはマヤを信じるフリをして誰に雇われたか聞き出そうとするが
演技しているとバレてしまい、話すように迫るが何も言わないので
マヤの首を絞め始め、ジェイクが止めに入った。

フィッツは撃たれた経験を持ち出し、オリヴィアは大統領就任式を
屋外で行うのは危険だと反対するが、メリーはアメリカ合衆国初の
女性大統領の就任式に参加するために全国の女性がワシントンを目指してる。
これはそういう歴史的瞬間と歴代の大統領と同じように就任式をしないと
侮辱になると言う。それでこそメリーだわ!

クインはやっとアビーを許そうと妊娠したことを打ち明ける。
チャーリーと自分は危ないことをしてきたので産むか悩んでいるみたい。

マヤが暗殺者なら拘束されたと知った黒幕が別の暗殺者を雇うことになるので、
追跡チップを埋め込んでマヤを釈放して、本当の黒幕と接触させることに。
それを知ったローワンはフィッツにB613のリーダーとなるように説得する。

やっと潰したB613を復活させるなんて。
アメリカでは2時間放送だったけど、日本では2話に分けての放送なので
中途半端に終わった。
シーズンフィナーレは年明けまで持ち越しとなり、年内に終わって欲しかった!

スキャンダル シーズン5 Part1 [DVD] -

スキャンダル シーズン5 Part1
posted by Jasmine at 20:42 | Comment(0) | スキャンダル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
海外ドラマDiary TOPへ