2017年12月28日

ブラックリスト リデンプション #3

ロシアの山中に飛行機が墜落した。
スコティーはフィリップス大将に呼ばれ、“ノーススター作戦”が完了し、
小包を配達したと言われたがわからなかった。

この墜落事故はハワードが軍と計画し、墜落現場近くにロシアの秘密基地
と思われる施設を探るためで、難民救済スタッフの乗る飛行機が墜落したと
遺体を乗せた飛行機を墜落させて、国家運輸安全委員会に加わるのが目的。

トムとソロモンが国家運輸安全委員会に紛れて現地入りして、ソロモンが
燃料が漏れてると騒ぎを起こす間にトムが施設の写真を撮ってきた。
そこは軍事基地ではなく、アメリカの田舎町を再現していた。

インディペンデンスと言う人口216人の町の写真を見たスコティーは
冷戦当時ソ連がスパイの訓練用にアメリカに似せた町を作った噂があったと。
ソロモンは冷戦時代ならわかるが、ビザは取得できる時代になぜと言う。

スコティーはツテから潜入用の人物と自分を融合させる次世代のプログラムで
スパイ候補の推薦依頼が来ると聞き、トムとネズを送り込む。
そこでは住民が与えられた人物になりきって生活をしていた。

トムは妻がいる夫として家に入ると、妻から誕生日パーティに行くと言われ、
住民たちが集まる中、1人の女性が誰かのフリは嫌、帰りたいと騒ぎ出すが、
他の人たちは何もなかったように続け、騒いだ女性は連れ去られた。

ネズは兄と暮らす設定でジョギングから戻ると兄はアメリカに異動すると
もう戻れないとネズに耳打ちした。

そして、ネズは銀行で面接を受けるが、面接官にセクハラされて男を倒すと
それが気に入られて次の段階に進んでもらうと言われた。
ネズが演じていたリサは実在の人物でネズをリサにするために整形して、
ロシアに命を捧げアメリカ人になると言われた。

夜中にトムとネズが家を抜け出して、司令部がある市庁舎に侵入し、
デュモントに入れ替わろうとしているアメリカ人の情報を送ったが、
トムの妻が抜け出したことに気づき、通信が切られて兵士に囲まれた。

スコティーは入れ替わる3名の情報を受け取り、トムたちに救出チームを送る。
ソロモンは1人の自宅に行くと、首つり自殺に見せかけて殺されていた。
他の2名も死んでいて、遺書には20分後に攻撃を起こすと書かれて、
大量の爆弾を購入していたので、アメリカ人による攻撃を偽装すると推測。

一方、トムたちも扉に爆弾を仕掛けられて突破されそうで、逆に電流で
扉を吹っ飛ばして脱出をした。
トムは妻役の女に銃を突きつけられるがネズが車で女を撥ねて助けた。

デュモントは州の最高裁を攻撃するとわかり、ソロモンが待ち伏せして
爆弾を積んだバンに乗ってきたスパイを説得するがダメだったので
狙撃手が3人同時に射殺した。

これは本当に怒ったら怖いなと思った。
スコティーは夫を失った悲しみをトレバーで紛らわし、ハワードが他にも
何か隠してないか秘書に調べさせると、元諜報員に送金してるとわかった。

ネズはPTSDでいろんな薬に手を出したが、ハワードが仕事をくれて
断薬の手助けをして希望をくれたと言ってたのにまた薬に手を出した。

スコティーはハワードが息子を捜してたと知り、トムは自分のことが
バレてしまうと心配してハワードに話すと、ハワードはスコティーも
入れ替わってるのではと疑っていた。

3話まで見た感じだとスコティーに怪しいところはなく、ハワードの方が
怪しい感じがするんだけど。

Blacklist: Ssn Four / Blacklist Redemption: Ssn 1 [DVD] [Import] -

Blacklist: Ssn Four / Blacklist Redemption: Ssn 1
posted by Jasmine at 00:30 | Comment(0) | ブラックリスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
海外ドラマDiary TOPへ