2017年12月25日

シカゴ P.D. シーズン3 #8

アントニオはハルステッドとNSAのドミニクに会いに行く。
匿名情報として“重いブツを動かす”と盗聴した電話で言ってたと
電話番号と車のナンバーを渡された。

特捜班は麻薬取引が行われると張り込んで、男が乗った車を停めると
男は銃を出したので射殺し、車の荷台から麻薬でなく死体を発見する。
運転手はイグナシオ・ペレスで遺体の身元は不明で手首を切断されて、
銃で撃たれたのが死因だがぺレスの銃とは一致しなかった。

被害者はロジャー・ハリントンでノミック・システムの社員と判明。
国防総省の暗号化装置を作っていて、妻のノラも同じ社員だった。
ノラは夫が会社のやり方に不満を持ち、行動を起こすと言ってたので
会社か国防総省のどちらかに殺されたの?と言う。

会社を訪ねると顧問弁護士が作業場は機密事項で見せられない言うが、
同僚が内緒で衛星電話の暗号化チップが消えて、テロ組織がチップを
狙ってるのでロジャーの件に関係してるかもと教えてくれた。

アントニオはドミニクと連絡が取れずにいると、彼が会いに来て
手を引くように言われるが、殺人事件なのでそういうわけにもいかず、
ドミニクは許可を得ずにアントニオに情報を流したことでNSAで
マズい立場になっていた。

アントニオはこうなったら一緒に事件を解決して疑いを晴らせと言い、
ボイトは運転手の携帯データが何者かに消去されたと復元を頼む。
ドミニクがMEMEXで調べると、携帯から約12件の連絡先が浮上して、
全員がノラに電話しているとわかった。

ノラがチップに関与しいると、留守中に自宅に監視カメラを仕掛けた。
監視していると男が訪ねて来てが、ノラが音楽をかけたので会話は
聞こえなかったが、男は会社の警備主任アーロン・フランクールと判明。

アーロンがチップを保有し、ロジャーを殺した可能性があると
自宅とオフィスを捜索することに。
アーロンを連行するが、顧問弁護士がやって来て、アーロンを連れて帰る。

ノアがカメラのない2階に行くと、消防車がガス漏れ通報でやって来た。
安全確認をするまで入れないと言われ、ノラが消えてしまった。
MEMEXでノラの過去半年の位置情報を調べると、貸倉庫が浮上したが
倉庫の中は空で建物にいた怪しい2人組を捕まえるとチップを持っていた。

逃げた男を追跡すると、アーロンで大金入りのバッグを持っていた。
アーロンはノラと浮気していて、ノラがロジャーにチップを盗ませたが
ロジャーがノラとの関係に気づいて、チップを独占しようとしたので
殺害してぺレスに遺体を処理させるはずだった。

アーロンからノラの居場所を聞き出し、ノラを逮捕した。
ボイトはチップが回収され、テロを防いだのはドミニクのおかげだと
ドミニクの上司と話をしてもらう条件でチップを渡した。

バージェスはマウチからプラットの指輪のサイズを知りたいと頼まれて、
トイレでハンドクリームが出過ぎたとプラットの手につけながら
指のサイズを図るとはすごいな。

アトウォーターはウィタカー警部からローマンたちが息子を麻薬所持で
逮捕したので救ってほしいと頼まれて、ローマンたちも釈放に同意する。
しかし、ローマンたちが麻薬の過剰摂取者のバッグから合成麻薬が見つかり、
誰からもらったか聞くとベースだと言い、男が空き家に逃げ込んだので
追跡するとそこにはウィタカーの息子がいて、彼がベースだった。

ローマンとバージェスは正しいことをするべきだと反対したが、
アトウォーターは責任を持つと連れ帰ったが大丈夫かな?
アンドリューの母親キャリーがローマンを頼って来たが大丈夫かな?

シカゴ P.D. シーズン2 DVD-BOX -

シカゴ P.D. シーズン2 DVD-BOX
posted by Jasmine at 00:17 | Comment(0) | シカゴ P.D. | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
海外ドラマDiary TOPへ