2017年12月24日

MURDER IN THE FIRST シーズン1 #7

シンディ殺人事件の重要証人の夫マークが急死した。
PCにシンディを殺害したと遺書の残していたが、ネットが繋がってなく、
手書きでないので殺人として捜査することに。

ペレス検事は裁判への影響を考えて、シレッティに遺書のことは教えず、
極秘にして裁判はそのまま続行されることに。

操縦士のビルが証言台でシンディの遺体を発見した経緯を話して、
シンディから夜9時にメールを受け取り、過去に不倫してたと証言した。
ハーツバーグはマークが死んだので今度はビルを容疑者に仕立てようと、
シンディの携帯は翌日発見されたので遺体から盗んで送信したとか
離婚調停でビルが妻を殴ったことを持ち出した。

ビルの妻バーバラが証言台でビルとシンディの卑猥な写真を見たが、
犯行時刻に自宅にいたと証言する。ずっと一緒にいたわけでなかったが
防犯システムを作動させてたのでドアが開いたり、解除したら音がすると
ビルが自宅を抜け出した可能性は低い。

ヒルディとテリーはビルにマークの死亡した時刻のアリバイを聞くと、
ブラントの家にずっといたと監視カメラ映像があると言う。
ソルターはテリーにブラントとビルがゲームをしていた映像を届けにきた。

ソルターは入院中の母親を見舞っていたと看護師が証明すると言うが、
テリーはソルターにブラントが無実だと思うのか?“偶然なんてない”
と俺に教えただろ?と痛いところを突く。

ブラントにレイプされた被害者のハンナが証言台に立つ。
言葉を選びながら慎重に証言し、ブラントが示談金を支払ったと話す。

ヒルディも証言台に立ち、ブラントのDNAはガムを噛んでキスして採取したと
DNA採取のためにキスをしたことやブラントがクラヴマガの黒帯で
首を折ることもできると証言した。

ハーツバーグはヒルディがブラント逮捕の時にDV夫を射殺したことで
自宅待機だったと追及するが、ヒルディは毅然と自分と市民2名を
守るためだったと主張した。

ヒルディとテリーはCEO代理のイヴァナ・ウェストにマークが死んだ夜の
アリバイを訪ねると、家で仕事をしていたとDNSサーバーでどこから
接続したかわかるとルート・ログをプリントアウトして渡される。

ルート・ログを書き換えるのに何日もかかるのでアリバイは証明された
と思ったが、テリーはイヴァナのメールにアポストロフィが2つ使っていて、
マークの遺書にもアポストロフィが2つを使っていたことに気づく。

ヒルディがイヴァナの背中から毛髪を手に入れ、マークのベッド下で
採取した毛髪と一致し、PCにあった指紋とイヴァナが薬物所持で
逮捕された時の指紋が一致し、近くの店の防犯カメラにマークと一緒に
アパートに入る映像も入手した追及するとイヴァナは弁護士を要求する。


テリーはマークが薬の過剰摂取で死亡したので、その場にいたイヴァナが
遺書を打っただけと、イヴァナにアポストロフィが2つの使い方は
80万人に1人で、マークの遺書でも使われていると、弁護士を呼んだら
マスコミは大騒ぎでシンディ殺しの疑いもかかるし、証拠改ざんで逮捕する。

真相を話したら無条件で解放すると言うと、イヴァナはマークを殺す予定で
バーで接触し、一緒に部屋に行ったら薬を摂取したマークが気を失い、
嘔吐物を詰まらせて死んだので遺書を打って帰ったと自白した。

マークのPCを破壊して、ハードドライブはゴミと一緒に捨てた。
これでマークの遺書は消えて、事故死だとペレスはマスコミに発表する。
ちょっと強引なやり方だが、過剰摂取で死んだのは間違いないし、
遺書が存在したら裁判に影響するからね。
イヴァナはブラントのためなら何でもしそうでシンディも殺してるかも。

Murder in the First: Complete First Season [DVD] [Import] -

Murder in the First: Complete First Season
posted by Jasmine at 09:00 | Comment(0) | MURDER IN THE FIRST | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
海外ドラマDiary TOPへ