2017年11月14日

クワンティコ シーズン2 #7

11か月前、シェルビーは偽名のジェーンでレオンと密会を続けていた。
アレックスとシェルビーはFBIの面会場所に早めに着くと、
ミランダとニマとアレックスが密かに打ち合わせしていた。

ミランダはアレックスとライアンが何も情報を得られてないと言い、
オーウェンが家をリフォームした時の図面を入手し、怪しい壁をあると
自宅に侵入して調べるように指示する。

ファームでは敵から情報を聞き出すために肉体と精神に苦痛を与える
“強化尋問”の訓練が行われるが、要するに拷問の訓練です。
オーウェンを尋問して任務で使った偽名を聞き出すことになり、
入れ替わりで尋問するがオーウェンはそう簡単には自白しない。

アレックスはオーウェンを氷水で拷問する際に服を脱がせた時に
家の鍵を手に入れて、自宅に侵入すると壁からノートパソコンや
携帯6台が隠されているのを発見する。

リディアが父親の着替えを取りに家に戻ってきて、ハリーは部屋の窓から
アレックスがオーウェンの家にいるのを目撃し、電話でリディアのことを
知らせたおかげでアレックスは見つからずに済んだ。
訓練生たちはオーウェンの弱みは娘のリディアだと彼女を水攻めにして
偽名が“ジム・ダウド”だと吐かせることに成功した。

ライアンは質問ゲームでダイアナはジンバブエ生まれで9歳で養子になった
と聞き出したが、それにしては拷問方法に詳しかった。
セバスチャンはハリーに自殺した友人の名前はエリオットだと聞き出して、
ゲイだと否定していたのにセバスチャンはハリーのベッドに飛び乗って
キスするが我に返って立ち去る。

ライアンは薬を打たれて連れて行かれ、携帯が鳴ったので目が覚めて出ると
“君は選ばれた、誰にも言うな。”とAICに選ばれたみたい。

現在、リディアはハードドライブを奪い、アレックスを縛り付けて
警報を鳴らして逃げた。残されたアレックスは肩を外して拘束を解いて
逃げる途中で携帯からミランダに電話するが無視され、シェルビーに
電話して内通者がいると番号を教えている途中で回線が切られてしまう。
そして、アレックスは敵に捕まってしまう。

シェルビーはアレックスが教えた内通者の番号の割り出しを始めるが、
ミランダがそのことを知って、自分だとバレるので部屋に来た
恋人ポールのカバンに衛星電話を隠し、彼を身代わりにした。

捕まったアレックスの元に人質の男性が連れてこられ、アレックスは
連中の仲間かもしれないとハードドライブのことを言わなかったが、
男性は本当に人質で殺されてしまう。

次に連れてこられたのはダイアナで彼女は絶対に渡してはいけないと
覚悟をしていたのでアレックスはダイアナが拷問されても言わなかったが、
脊髄を叩こうとしたので、ついにCIA諜報員のリディアがハードドライブを
持っていることを自白する。

リディアは携帯電話を持ってるので通信妨害を解除すれば居場所がわかると
教えたのはアレックスの作戦だろうな。
敵はそれを聞いて出ていくと、ハリー、レオン、セバスチャンが助けに来て、
全員でテロリストに立ち向かうと決意するが信用してもいいのかな?

解放されたトッド大統領は修正第25条を発動し、ハース副大統領に
権限を委譲したが、これはAICの作戦だと思ってしまう。

クワンティコ/FBIアカデミーの真実 シーズン1 コレクターズ BOX Part1 [DVD] -

クワンティコ/FBIアカデミーの真実 シーズン1 コレクターズ BOX Part1

posted by Jasmine at 22:12 | Comment(0) | クワンティコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
海外ドラマDiary TOPへ