2017年11月13日

シカゴ P.D. シーズン3 #2


バージェスとローマンは黒人居住区で発砲した男を追跡して逮捕すると、
血痕に気づいたバージェスが冷蔵庫を開け、幼い少年の遺体を発見する。
被害者は8歳のジェレミーで自転車で公園に出かけて行方不明になり、
首を折られ、腹部を3ヵ所刺されて殺害されていた。

近隣住民は結束が固く、地域に問題はないと口が堅かった。
登録性犯罪者を調べると去年引っ越してきたウッドハルが未登録とわかり、
ウッドハルに会いに行くと、登録はしているし首にある傷はボートで
ケガをしたと言うが、ボートハウスで確認するとケガ人は出てないし、
登録も嘘だったのでウッドハルの自宅に行くと用心棒だと言う
ベッシュが銃を向けてきたので逮捕する。

ベッシュ犯罪者でジェレミーのことは知らないと、ウッドハルの
首の傷は僕とケンカしたと救急車を呼んだら一緒に住めなくなると
お互いが必要だと言い、ウッドハルは誰かに連れ去られたと言う。

ホリスターの修理工場にあるウッドハルの車を調べるとトランクから
血痕が見つかった。
ジェレミーの両親を呼ぶと母親だけが来て、ウッドハルが性犯罪者だと
みんな知っていたと言い、夫の居場所を聞き出して駆けつけると
父親リチャードが友人のダミアンとウッドハルを拷問していた。

ダミアンを連行するとダミアンの7歳の息子コナーが行方不明だとわかる。
ウッドハルは拘束されていたので犯人ではないが、車にあった血痕は
2日前のジェレミーのものだとわかり、車は6日前から修理に出されてたので
ホリスターに会いに行くと出かけていて、冷凍された遺体を発見する。

冷凍庫の遺体はレイ・マローンと判明し、リチャードとダミアンの
同級生だったのでダミアンにレイのことを聞くと、リンパ腫で余命2か月で
ガキの頃からつるんでいて、18年前にレイとリチャードがレイの家の裏で
レイの父親の銃を触ってたら暴発し、少年に弾が当たったので2人は
家の床下に少年を移動させ、俺に相談にきたので俺が銃を隠したと、
少年はホリスターの息子だったと自白する。

余命を知ったレイがホリスターに打ち明け、復讐しているとわかった。
バージェスたちがホリスターの車を発見して、コナーを連れたホリスターを
発見して追跡すると、ホリスターはコナーに銃を突きつける。

アントニオがホリスターにダミアンは現場にいなくて、コナーは無関係と説得し、
無事にコナーを保護すると、ホリスターは銃を向けたので射殺された。

オリンスキーはミシェルに会い、80ドル欲しいと言うが断り、明日昼飯でも
食べながら今後の計画を話し合おうと言うと断られる。
しかし、ミシェルはお金を盗まれ、オリンスキーに父親になれるチャンスと
100ドルを要求するが、やっぱり父親の助けが必要みたい。

バージェスはローマンのカバンに注射器があり、足がもたついたり、
よく汗をかいてるのでルゼックにローマンのロッカーをこじ開けてと頼むが
手遅れになる前に話すべきだと言われ、ローマンに注射器を見たと話す。
ローマンは急性骨髄性白血病の少年アンドリューのドナーになるために
準備段階の注射を打っていると打ち明ける。

リンジーはボイトの家で暮らし、薬もやめて、母親からの電話を無視してたが、
何度もかけてくるので、バニーにしばらく距離を置きたいと告げた。
バニーはシカゴ警察本部に行き、ボイトが2001年5月6日に偽証を犯して、
ある男を殺人犯に仕立て上げたと告発した。
このピンチをボイトはどう対処するのかな?

シカゴ P.D. DVD-BOX -
posted by Jasmine at 00:22 | Comment(0) | シカゴ P.D. | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
海外ドラマDiary TOPへ