2017年09月09日

コード・ブラック シーズン1 #15

ゴードンに刺されたジーナをクリスタが発見したので、その続きから始まる
と思ったら、リアンも同席してハーバード院長たちよる内部調査が始まり、
1人づつ呼ばれて、話をする中で事件のその後が描かれる。

アンガスは何のために僕らを調べるんです?と言うと、ハーバードは
病院でも内部調査を行わねばと答える。
病院の防犯カメラの画像から事件当日犯人は休憩室のジーナとマラヤを見て、
数日前に廊下でマラヤの背後に、5週間前も、その4日前も尾行していた。
2ヶ月で17回も病院に現れていたことが明らかになる。

事件当日、仕事が終えたマラヤは駐車場に行こうとエレベーターに乗り
地下4階のボタンを押すと、ゴードンも乗って来て同じ階だと言われるが、
何かを感じたマラヤは今日は地下3階だったと降りるとゴードンが付いてきて、
飲みに誘われるが、マラヤは医者と患者は規則で付き合えないと断ると、
隠れた名店があると言うので、実は男性には興味がないと言うと、
ゴードンはウソだとキレてエレベーターに向かい、マラヤはエレベーターの
ドアが閉まる音がしたので次のエレベーターに乗ろうとすると背後にいた。

マイクも呼ばれて、弁護士を呼ぶべきですか?聞くと話を聞くだけと言われ、
マラヤの件は知らなかった。ジーナをクリスタが発見し、腹部を8回刺されて
脈がなく、センターステージに運ばれて、クリスタとマリオを処置を開始し、
ニールを呼んだが、リアンは帰った後だったと。

外科の指導医はオペ中で、マイクは両側血胸だったのでクラムシェルを指示。
そこに悲鳴が聞こえて刺されたマラヤが自力でERにやって来た。
ジェシーは警備員を呼べ!とニールたちとマラヤをセンターステージに運び、
犯人は院内にいる通報しろと指示する。

ヘザーやERにやって来て、オペ室に運ぶと言うがマイクはそんな猶予はないと
ここでオペすると言ったが、内部調査で規定違反だと指摘されるが、リアンは
瀕死の患者にはルール無用とかばい、ハーバードは休憩するとリアンを連れ出す。

リアンは命を救おうとした医師を犯罪者扱い?と言うと、ハーバードは
法廷でも同じように追及されると病院を守るのが私の仕事だと言うと、
リアンはどう守るんです?と聞くと、ジーナの後任を頼むと命令だと言われ、
退職は認められず、テイラーの復帰までの一時的な処置と言われた。

内部調査でジェシーはニールと休憩から戻る途中でマラヤを発見したと話す。
マラヤは患者のゴードンにやられ、階段の非常電話で警備員を呼んだと言い、
ニールがマラヤの処置をしていると、アンガスが手錠を繋がれたゴードンを
運んできたのでそばにいたくないとマラヤが暴れたし、傷口を塞いで移動する。

ニールはマイクの補助としてジーナのオペに入ると、外科医のキャンベルが
やって来て、あとを引き継ごうとしたが心停止が21分だと聞き、宣告しろ
と言われて、マイクはジーナの死亡を宣告する。
クリスタは泣きながらゴードンの心肺蘇生を続け、ER職員たちはショックを受ける。

キャンベルは内部調査でマイクたちの行動を責めたが、マリオはマイクと
ニールは全力で命を救おうとしたと擁護した。
ゴードンが病院に17回も来ていて、複数の偽名を使って治療も受けていて、
マリオとクリスタは2か月前に担当してたが覚えていなかった。

クリスタはロッカーで大声が聞こえたが中に入らず、1時間後に仕事が終わって
ロッカーに入ったと、あの日ジーナは不機嫌で私もマラヤも叱責されたと。
クリスタがジーナに怒られたのはニールとの関係に気づいて、規則違反だと
交際を続けるなら人事に報告するか処分されるか別れるかを迫られた。

ハーバードたちは入院中のマラヤにも話を聞き、ゴードンに襲われたマラヤは
ズボンを引き裂かれ、抵抗して腹部をナイフで刺された時、マラヤが休憩室に
携帯を忘れたので届けに来たアンガスがゴードンにタックルして押さえつけ
マラヤを逃がすとゴードンの首にナイフが突き刺さっていた。

止めようとしたがゴードンがナイフを抜いたので傷口を押さえていると
警備員が来たのでストレッチャーを頼み、応援が来たので心臓マッサージをして
センターステージに運んだと、もっと何かできたかも頭が真っ白でという
アンガスにリアンは誰でもそうなるわ。でもマラヤを救ったと言う。

マリオとジェシーはゴードンのカルテを見せられて、メキシコ製の殺鼠剤を
飲んだ患者だと思い出し、マラヤを希望してたが担当医は選べないと言った。
クリスタはまた内部調査に呼ばれ、ゴードンに心臓マッサージを行い、
アンガスが縫合して脈が戻ると救いたくなかったと言ったのを指摘される。

ニールはクリスタの発言を聞いたかと聞かれ、聞いてないと答えて、
大事なのは言葉よりも何をしたかですと言い、マイクのことも外科医に劣らぬ
仕事をして、ジーナを延命させてキャンベルによって助かるようにしたと。
ハーバードはニールに今後は許可がない限り、オペを控えるように言う。
そして、ニールはクリスタと交際していると書類を提出した。

リアンがジーナのお墓に行くと、デイジーの花束を持ったハーバードがいた。
ハーバードはジーナの好きな花だと花束を置くと、リアンは恋人だったのですね
と言うと、ハーバードはうなずいた。
2人とも葬儀に出席できずにジーナにお別れを言いに来たのだった。

ICUにいたゴードンは亡くなり、マラヤもアンガスも法廷に呼ばれることなく
良かったと思ったら、マイクはゴードンが死んだと聞いて、アンガスに
親友にも精神科医にも誰にも言うな。俺たちの秘密だと言ったのは
ナイフを抜いたゴードンが“あのクソ女め”と言ったので、アンガスは
傷口を押さえてた手を離して、助けてくれと腕を掴まれたので押さえつけ、
警備員が来たので傷口を押さえたのだった。

内部調査でアンガスとマイクが弁護士とか何か気にしてたのは事故でナイフが
刺さったからと思ってたが、そういうことだったのか。
ジーナは第一印象とは違って、意外と話が分かる人でいい上司だと思ったのに
こんな形で去ってしまうとは残念だ。

Code Black: Season One [DVD] [Import] -

Code Black: Season One
posted by Jasmine at 23:54 | Comment(0) | コード・ブラック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
海外ドラマDiary TOPへ