2017年09月03日

ブラインドスポット シーズン2 #22(終)

シーズンフィナーレは面白かったが、少しモヤモヤが残った。
同時テロを受けてデフコン・ワンとトルーマン・プロトコルが発動。
“上位の者 死亡の場合はCOGSが政府の機能を引き継ぐ”正式命令が下る。
カートはシェパードがCOGSに俺たちを加え、今の政府を破滅させる気だと
キートンと地下シェルターを出て、ニューヨークに戻ろうとする。

FBIではペリントンの後任としてエレノア・ハースト長官代理がやって来た。
ハーストはジェーンにサンドストーム問題が解決したら解放するので、
新しいIDでどこにでも行けると告げる。

ジェーンはパターソンにハーストから提案されたが残る選択を話すと
一生ここにはいられないと、リードは教官の道をカートはあと数か月で
パパになるのでコロラドに行くかもしれないと言われる。

カートはキートンと電話を見つけて、パターソンに電話すると第2段階は
終わってないと伝えたところで、COGSでみんなの前で話をしていた男が
撃ってきて、男は“この国をイチから作り変える。シェパードが腐敗を一掃し、
国家を再建する”と言い、カートたちは男を倒し、セキュリティーカードを奪う。

前回負傷したザパタは入院中でリードが付き添っていた。
目覚めたザパタはシェパードが逃げたと聞いて、まだ終わってないと。
リードはFBIに戻り、ジェーンたちとサンドストームの次の標的を突き止めると。

ジェーンはテロ以外にシェパードの狙いは?と言い、大規模テロの後、恒例の
ホワイトハウスに全閣僚が集まるので、昨日のテロで一カ所にトップを集めて、
政府を一掃するのが狙いだと気付く。

パターソンは使用された爆弾がCL20とわかり、14話で登場したライリーの会社の
ロケット燃料と成分が一致したので追及しているとカートとキーンが戻って来た。
ダイナミクス社で盗んだ誘導チップはまだ使われていない。
ハーストがシェパードの旅先を聞くと、バンコクにいたが目的は不明と答えると、
キートンはタイのギャングをCIAが監視してたが、ボスが放射性物資の取引で
殺されたと言い、シェパードが手に入れたと推測。

カートは放射性物質でワシントンが攻撃されると言うと、驚いたライリーは
シェパードに人口衛星を飛ばしたいと言われたと。それを聞いたパターソンは
“運動エネルギー爆弾”衛星が兵器でワシントンを攻撃すると気付く。
ライリーは衛星からグライダーを極超音速で発射し、停止できないが官邸だけを
狙うはずでグライダーは誘導チップに従うと。

パターソンは放射性物質が大量なら官邸から逃げても意味ないと東部沿岸地帯が
壊滅すると告げる。
勝手に病院から抜け出したザパタはキートンとドローンで放射性物質を捜し、
カートはジェーンとワシントンに飛んだ。

ハートリーはNASAから助っ人を呼び、パターソンは衛星はハッキングできないが、
宇宙なら可能だと、ISS(国際宇宙ステーション)からソユーズ・カプセルを飛ばし、
シェパードの衛星にハッキングする方法を思い付たが間に合わない。

カートとジェーンはザパタから放射性物質を見つけたと、救急車で内部を鉛で
補強してあると座標をもらって現場に向かう。
シェパードとロマンが乗った救急車の近くに警官がやって来たので、ロマンは
警官を始末するために下りて、シェパードは発射準備のために救急車を動かすと、
カートたちに囲まれてしまう。

そこにサンドストームのメンバーが襲撃するが、ジェーンたちに倒されてしまい、
シェパードはジェーンと争ってるところをカートに脚を撃たれて確保された。

パターソンはソユーズで衛星をブロックして時間稼ぎをするが、グライダーが
発射されたので、首都直撃まで30分となり、グライダーが誘導ビーコンとつながり、
おとりのビーコンに海への誘導を試みる。

カートとジェーンはシェパードを連れて、救急車を被害が最小限にできる
廃線の鉄道トンネルに移動させることになるが、避難の時間はなかった。
ジェーンが運転し、カートはビーコンを探すと、シェパードが飲み込んでいた。

パトカーに乗ったロマンが車を止めようとするが、ジェーンはそのまま突っ込んで
衝突で意識を失い、カートは脚を負傷してしまう。意識が戻ったジェーンは
カートが無事か確認しようと下りるとロマンに襲われた。

その頃、車内ではカートが除細動器でシェパードの体内にあるビーコンを無効にして、
おとりのビーコンに繋がったグライダーは大西洋に向かった。

ジェーンはロマンと争いの末に銃を手にして銃口を向けたが撃てなくて逃がした。
カートは車から下りると倒れて、ジェーンに“カリフォルニアに行くな。
こっちで俺のそばにいてくれ。愛してる、ジェーン”と言うと意識を失う。

24時間後、FBIに戻ったカートは局員から拍手で迎えられた。
カートはやり遂げたのは俺たち全員だ。この場にいる全員が成功に導いたと
みんなにスピーチする。
シェパードはCIAのブラック・サイトに送られたと思ったら、尋問するのは
キートンではなくナズだった!この展開は嬉しいな。

カートが家でみんなで飲んでいると、ジェーンがやって来て、外に連れ出され、
“もう自由だって、でも残りたいの。愛してる、カート”と言われると
カートはジェーンにキスして部屋に戻ると、みんなは気を利かせて帰った。
そして、カートとジェーンはベッドインする。

2年後、断崖絶壁を髪が伸びたジェーンが登り終えると、女性の僧侶から
まだ恋しがっていますね。家に帰りなさいと言われるが、ジェーンは帰れないと。
そして、ジェーンを捜してたカートがやって来て、ジェーンは全部私が悪いの。
説明すると言うと、カートにまだその指輪をと言い、2人は結婚したの!?

カートはパターソンとリードとザパタが拉致されたらしいので戻ってほしいと言い、
驚いたジェーンはまさかロマンが?と言うとわからないとカートは犯人は
これを置いてったと“FBI ジェーン・ドウ”の名前入りのシルバーのボックスを出し
どうにも開けられない、君へのメッセージだと一緒に持つと開いた。

プレートみたいなのが出てきて、2人が何だろうと持つと鳥が浮かび上がり、
それはジェーンの首にあるタトゥーと同じ絵柄でかざすとジェーンの
全身タトゥーが光り出した。

シェパードを捕まえたので終わりかと思ったけど、ロマンが逃げたままだし、
まだジェーンのタトゥーは解決してないってことらしい。
シーズン3はWOWOWで来年放送決定しているので良かったです。

ブラインドスポット〈ファースト・シーズン〉 コンプリート・ボックス [Blu-ray] -

ブラインドスポット〈ファースト・シーズン〉 [Blu-ray]
posted by Jasmine at 19:39 | Comment(0) | ブラインドスポット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
海外ドラマDiary TOPへ