2017年08月07日

Major Crimes/重大犯罪課 シーズン5 #19

ロースクールに通う青年ウィルが自転車で帰宅途中に車にはねられて、
道路を40メートルも引きづられて死亡する事件が発生。
LAでは車と自転車のひき逃げ事故が多発しており、フィッツは重大犯罪課に
ひき逃げ事故の捜査を命じる。

ウィルの最後のメールがクリスから“覚えてろ”で、車のタイヤ痕はなく、
自転車の塗装がはげてたので車についているとわかる。
犯罪情報課のメイソン警視が携帯を調べ、ウィルは帰宅途中にアプリの
アラートを受信してたので足取りがわかった。

ウィルは犯罪歴もなく、車の免許を持っていなかった。
SNSで同じロースクールのインドラと婚約中で一緒に暮らしているとわかり、
プロベンザとサンチェスがインドラに質問し、ウィルは親の基金で暮らし、
父親は製薬会社の役員で母親は株のブローカーで、インドラも医者の娘で
いい暮らしをしていて、ウィルを恨む人はないし、クリフは彼の親友で、
車につけられてる気がすると言ってたと話すとインドラは察して泣き出した。

車が落としたヘッドライトから2000〜06年製のシボレーかGMCのSVUとわかるが、
該当車両は20万台もあった。
ウィルは控訴裁判所の書記官に採用され、次点は親友クリフだったので、
クリフを聴取するが、メールはいつもの冗談でゴルフの話だったと、
書記官に選ばれたのは見事な小論文を書いたからと判事が言っていたと。

連邦判事に会うと、ウィルは非凡な青年で30年後は最高裁判事と言えると褒めて、
クリフは明るくていい子で才覚はあるが、興味の対象は主に自分だが
ウィルには奉仕の精神があり、小論文が素晴らしかったと、車の事故の加害者で
それが彼の人生を変えたと聞く。

ウィルは16歳の時に10代の少年を車でひいて死なせていた。
両親は息子の将来のために改名手続きを行い、事故のことがわからなかった。
運転中に駐車中の車の間から飛び出してきた18歳のケビンを駐車中の車に
激突させて、押しつぶされたケビンは救助されたがほぼ切断状態で死亡した。

目撃者もいて、ケビンの過失が認められ、ウィルは罪に問われなかった。
ケビンの母ジョアンがシボレーを所有してたので、追跡調査だと会いに行くが、
車庫前にオイルのシミがあるが、車はトヨタの新車だった。

深夜にジョアンの車の側に用意した車を停車して窓を割り、ジョアンの車も
窓を割って、発信機をつけて、翌朝、ジョアンが修理工場に行ったので尾行し、
工場にあったシボレーに塗装が付いていると確認し、ジョアンを逮捕した。

ジョアンを息子の事故現場に連れて行き、ウィルが手紙を送ったことで名前を知り、
フェイスブックを見て、ウィルに明るい未来があり、ケビンのことに一言も
触れてなかったので、息子のことを毎日考えていると書いてたのはウソだと、
公平にしなきゃと正義だと犯行を認めた。

レイダーはフィッツからストローの報告書をもらい、それには6年生の時の科学の
先生が感電死、高校時代の彼女が水死体で発見、ミシガン出身の元教授が拳銃自殺
と関係者が死んでいたので、恨みを晴らしに戻るとフィッツは心配していると
フリンに打ち明けた。

メイソン警視はレイダーに面接の引っかけの質問を教えて、同じミスはしないでと
アドバイスし、デイビスを止めるために副本部長の面接を受けることにしたみたい。

プロベンザは今回の事件で引退しようと考えていて、事件が解決したので
レイダーに話そうとしたら、副本部長になったらプロベンザが警部に昇進し、
このオフィスを任せたいと言われ、続ける理由ができたみたいだね。

MAJOR CRIMES ~重大犯罪課 <フィフス・シーズン>DVDコンプリート・ボックス(11枚組) -

MAJOR CRIMES ~重大犯罪課 フィフス・シーズン
posted by Jasmine at 00:39 | Comment(0) | Major Crimes | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
海外ドラマDiary TOPへ