2017年07月15日

コード・ブラック シーズン1 #7

「ビバヒル」のアンドレアが看護師のエイミー役で出演してるのを発見。
コールも「ビバヒル」にちょっと出てたよね。

LAのダウンタウンで祭りの見物客に車が突っ込み4人が死亡して10人以上が
負傷して次々と搬送されてコード・ブラックが発生する。

32歳女性が片足を切断されて状態で搬送されるが、大量出血で死亡する。
アンガスはエアバックで顔面を損傷し、放心状態で歩いてたナンシーを担当し、
彼女が事故の加害者で警察はてんかんで免停になってたのに運転してたので
聴取したいと言うが、検査があると断った。

アンガスは精神医学を専攻してたので心因性の記憶喪失を起こしてると
精神科医を呼んだが今夜は来ないのでアンガスがケアをすることに。
ナンシーは事故なんてウソと、ずっと家にいたと言うが、4人死亡して
12歳の女の子も死んだと聞いてショックを受けるが、ソファーで寝ていたのに
車に乗れると記憶がないので認めない。

50歳男性のハリスは若い女性に付き添われて搬送されるが、帰ると勝手に
ネックカラーを外すが、首の骨が折れてるので動くと麻痺で寝たきりになると
ベッドに戻したが、骨折で脊髄が腫れて圧迫されて緊急オペが必要になる。

付き添う女性に手術の同意書を頼むが、彼の妻スーザンを呼んでと言われる。
妻は仕事でサンタバーバラに行ってるはずの夫がダウンタウンで事故に遭い、
愛人と会ったスーザンは同意を拒んだら、二度と歩行や自発呼吸ができない
可能性があると聞き、愛人に食事や入浴にシモの世話もするのよと言う。

ニールが妻と話して、同意書にサインをもらった。
手術は成功したが歩けるかは五分五分でハリスは妻が同意書にサインしたと聞いて
泣き出し、着替えを持ってきた妻にやり直せるのか?と聞くと、考えてると言われ、
バカなことをして天罰が下ったんだなと言うと、こんなひどい天罰はないわと。

被害者がナンシーのことを覚えていて、あの女に殺されかけたと騒ぎ出し、
ナンシーは人を殺したと聞いてショックを受け、アンガスに1人してと頼む。
アンガスが別の人を処置してると、ナンシーが飛び降り自殺してしまう。
必死でアンガスが蘇生を試みるが亡くなってしまった。

クリスタは受付でスタッフに頼めずに困ってる親子に声をかけた。
母親は息苦しい息子のパブロを連れてきて、クリスタは肺炎だと薬を投与する。
以前にも肺炎で喘息を起こしたと言うが、体重が増えないことや腹部の痛みに
汗をなめると塩分が多かったので嚢胞線維症だとわかった。

母親は不法滞在だがパブロは家政婦をしてた家のご主人との子供で妊娠したと
伝えたらクビになったが、ご主人の母親は彼の子供だと知ってるが頼れないと。
病院では応急処置しかできないが、パブロは敗血症で入院することになり、
リアンはジェシーのアドバイスでパブロの祖母に連絡した。
これでパブロも治療を受けられそうで良かった。

仕事を終えたクリスタは朝食を食べに入った店でニールと偶然会う。
一緒にお酒を飲んだりと、この2人はそういうことになるのかな?

Code Black: Season One [DVD] [Import] -

Code Black: Season One
posted by Jasmine at 23:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | コード・ブラック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/451836494
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
海外ドラマDiary TOPへ