2017年07月11日

Major Crimes/重大犯罪課 シーズン5 #15

閑静な住宅街に住む電子機器を修理する26歳のギャビン・ジェイコブスが
喉をかき切られて殺害される事件が発生。
玄関にAKVセキュリティの看板があり、防犯カメラがあったがダミーで
パソコンが盗まれていたが押し入った形跡はなかった。

サンチェスは発見者である同居人ジャック・クローニンの部屋から
金髪のカツラを発見し、ドアには南京錠がかかっていた。
ジャックは昨夜は引っ越し先の壁塗りをしていて、今朝帰宅して通報したと、
部屋を借りてたが、ギャビンがスペースを侵略し始めたから南京錠をつけたと。

ギャビンは何かに怯えて、セキュリティの看板は本物と同じ効果があると
盗んだもので、カツラは小学校で音楽を教えているので長髪禁止だが
バンドをしてるので切れないから学校で使っていると。

そこにタオの叫びが聞こえてきて、バスルームに向かうとバスタブに
パソコンなどの通信機器が沈められて、凶器のカッターナイフもあった。

ジャックのPCから発見後に削除した携帯メールのバックアップを見つけて、
ギャビンと揉めてたとわかるが、衣類から血液は見つからなかった。
揉めてたのはバーニングマンでヤンチャして教職をクビになりそうな写真があり、
ギャビンに脅されて家賃を上げたがってたが一人暮らしができる金額なので
引っ越しすることにしたと、犯人なら通報しないだろうと推測。

ギャビンはAKVセキュリティの仕事をしていて、バスタブにあったノートPCが
防犯装置を設置した家から盗んだとわかった。
他のPCを調べると中から20万ドルが隠してあり、違法の無線信号妨害装置や
鍵の束もあり、同居人が犯人なら金は盗んだはずと推測。

ノートPCを盗まれたケリー・コイルはAKVの無線警報装置をつけていたのに
盗まれていて、数日後PCを返してほしければ現金を渡せとメールを受け取るが
新品が3台も買える額なので無視したと言う。

鍵の束の1つがケリーの家の鍵だったので、AKVの上司を追及すると知りながら
放置していて、ギャビンはAKVの責任問題を利用して脅し、5万ドルを手に入れて
辞めていたとわかり、他にも脅迫された人がいると思われ、上司にマスコミに
情報を流すと脅し、ギャビンの顧客リストを入手した。

リストの11人を聴取するとほとんどがPCや携帯などを盗まれていた。
女優は彼氏との写真、バスケ選手はコカイン使用の証拠、小児科医は自分の薬を
処方していること、宝石商は紛争ダイヤを取り扱ってることで脅迫メールを
受け取って、それぞれ1万ドルを払ってPCを取り戻した。

被害者たちとAKVから受け取ったのは9万ドルでまだ11万ドルの入手先が不明。
ギャビンのPCの暗号が解読できたが、そのPCに児童ポルノのデータが見つかり、
FBIも絡んでくる事件へと発展する。

データにギャビンとジャックに関するものは写ってなかったが、FBIによると
10年以上前のものや市場に5年以上出回っているものもあった。

児童ポルノの所有者はPCを盗まれても通報しないだろうと、盗まれてないと
言ってた小説家と夫婦が怪しく、新品のPCを買ったことを隠してた小説家の
ディーン・ルイスを聴取する。

ディーンは防犯装置を入れた2週間後にノートPCを買っていて、古くなったから
と言うが購入する2日前に古いマックブックのソフトを解除し、何度も現金を
引き出してることを突きつけると、盗まれて金を要求されて支払ったと認めた。

レイダーはディーンに家宅捜索をしてるので、取り戻したマックブックは
削除していてもデータを見つけ出すと言い、サンチェスは児童性的虐待者は
刑務所で悲惨だと言うと、ディーンは子供に触れたこともないとキレた。

ディーンは撮ってない、すべて見つけたと言うが、支払っても返さないので
殺害してPCを持ち去ったと追及すると弁護士を要求する。
重犯課はディーンと取引するつもりはなかったが、ホッブスは児童ポルノ市場を
潰すための取引だと言う。

家宅捜索で血液反応が出て、カッターを購入したこともわかったので
計画的犯行で、ホッブスは児童から搾取してないことが立証できればと言うと、
ディーンは自分も被害者だから子供を虐待するはずないと言い出した。
弁護士は別問題だと黙らせようとすると、ディーンはそうやっていつも
誰も聞いてくれなかったと言う。

データの集めた方法、接触した相手、連絡の手段などを話すことを条件に
25年から終身刑で児童ポルノの容疑は除外すると提示するが断ったので、
弁護士に陪審員に見せる児童ポルノの映像を見せると取引に応じた。
またディーンが被害者だと言い出し、弁護士は刑務所では黙ってろと言う。

バズは父親を殺した犯人の息子ゲイブや母親と交流していて、彼らのために
車を売って、自転車通勤をするなんてバズらしいな。

ラスティはガスに学生でロースクールに通うので一緒に住めないと断ると、
ガスは生活費は出すからと笑顔で言うがそれでも断ってフラれて落ち込む。
自分でもどうして嫌なのかわからず、頭の中で違うと感じたと言うと、
レイダーからそれは直感で感覚を無視しちゃダメと、どこから来たのか
突き止めなさい。ガスにちゃんと説明できるかもと言われた。

事件のこともあってラスティは直感の理由がわかった。
仕事終わりのガスを待って、ラスティは男たちの金で暮らしていたから
交際が苦手で、自分を好きでいるには自分で金を出さなきゃダメなんだと、
少なくとも半分は出すと話すとガスは理解してくれた。

ディーンの供述で31人の名前を入手し、フリンは1000人以上につながるかも
と言うが、プロベンザは励みになるのか吐き気がするのか分からんと言い、
サンチェスはその両方ともですよと言う。

MAJOR CRIMES 〜重大犯罪課 〈ファースト〉 (5枚組) [DVD] -

MAJOR CRIMES 〜重大犯罪課 〈ファースト>

posted by Jasmine at 00:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | Major Crimes | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
海外ドラマDiary TOPへ