2017年06月19日

Law&Order:性犯罪特捜班 シーズン18 #18

アビー・クラークはデクラン・トラスクのヒーリングの集会に参加し、
レイプされたと恋人に付き添われてSVUに訴えた。
ペルーの麻薬アヤワスカを使い、幻覚を引き起こし、人生の本質を見抜くと
されてる“アヤワスカ療法”を受けたと言う。

アビーは怖くなってアヤワスカを飲まなくて、抜け出して1人でいると
デクランがやって来て、水を飲まされると目が回る感じがして、
頭もぼんやりとして、手足が重くなり、彼はずっと話しかけていて、
気付いた時には中に入れられてたと、合意はしてないし、叫びたかったが
声が出なかったと言う。

デクランはアヤワスカは宗教儀式に限っては使用の免許を持っていると、
アビーが性的暴行と受けたと聞くと、アビーとはセックスしたが誤解だと、
心が通じ合ったと思ったと合意の上だったと、薬は入れてないと否定する。

参加者に話を聞くと、デクランがアビーに夢中になってたとヒーリングを
絶賛する女性や薬の飲んだ男性は吐くハメになったと、シャーマンは
美人の治療を優先すると詐欺師だと言い、別の女性はアビーが泣いていたが
参加者の半分が涙を流す浄化の涙かと思ったと、アビーは帰る時に動揺して
怒ってるようだったと証言する。

アビーは病院で検査したが薬物もアルコールも検出されなかった。
レイチェル・サイクスもデクランにレイプされたと訴えたが取り下げていて、
所在がわからないので弁護士を訪ねると、レイチェルの薬物検査は陰性で
精神的なダメージからうつ状態になり、仕事を辞めてオハイオへ行き、
すい臓がんになり、3ヵ月後に亡くなったと。

弁護士はデクランがまた同じことをしたと聞いて、レイチェルの証言映像を
見せてくれて、水を飲まされると頭がぼんやりして、彼は私の頭をなで
“リラックスしろ。悟りの次元階に導く”と言い、彼が話すごとに体が
フワフワしてきて気持ちよかった。彼は何度も“君は美しい人形だ”と
アビーと同じことを言っていて、抵抗できずにレイプされたと。

その映像を見たバーバは検出不可能な“言葉”を使ったと、催眠術を
かけられたことに気づく。

デクランが通ってた大学の教授から薬物に依存して退学したことを聞き、
更生施設の担当医は催眠術を使って、ヘロインを想像しただけで吐き気を
催すように治療していて、催眠術を使い女性をレイプしたと聞いて、
アヤワスカを使っての商売は麻薬ディーラーと何も変わらないと、
社会に恩返ししたいと言うから催眠術を教えたとおとり捜査に協力した。

おとり捜査でデクランは催眠術を使いセックスしたことを話したので逮捕した。
裁判でデクラン側はアビーが同棲中の恋人のことで悩み、精神的にも性的にも
つながりを感じないと書かされた文章を読まされ、恋人は退出してしまう。
さらにデクランがアビーに睡眠状態で僕とセックスしたいかい?と聞き、
したいと答えた会話を提出する。

カリシがデクランが過去に自動車事故を起こしたことを突き止めた。
逮捕した警部補はデクランが事故を起こした車からヘロインが見つかり、
家で友人とヘロインを使用し、家を捜索すると過剰摂取した友人を発見し、
警部補の腕の中で亡くなったと、デクランが友人を見捨てたと証言した。

この証言で陪審員に利己的で信頼できないと印象付け、有罪判決が下された。
アビーは裁判で勝ったが恋人と仲直りは難しそう。

Law & Order: Special Victims Unit - Eleventh Year [DVD] [Import] -

Law & Order: Special Victims Unit - Eleventh Year
posted by Jasmine at 00:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | Law&Order:SVU | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
海外ドラマDiary TOPへ