2017年06月17日

コード・ブラック シーズン1 #5

ニックはイギリスにいる両親がシンポジムでLAに来るので、マラヤから
タンドリーチキンの店を勧められるが、母親は2歳でインドを出たので、
インド料理は好きでなく、誇り高き英国人で着信音はイギリス国歌だと話す。

夫ローレンスが呼吸困難の妻スーザンを病院に連れてきた。
午後から具合が悪くて風邪かと思ったが、夕食後に急に咳が出始めたと、
ニール、マヤラが挿管し、心臓マッサージをするが、肺が広がりにくいので
夫に奥さんは喘息か喫煙をするかと聞くと、妻は医師だと答えた。

心停止となり、ニールはみんなに異論はあるかと尋ね、死亡宣告する。
マヤラはローレンスに誰かを呼ぼうかと聞くと、よそから来てホテルに
泊まってると言い、ニールはお悔やみを言う。

そこに呼吸困難の患者が次々と搬送され、同じホテルだと聞いたニールは
感染症ならすぐに隔離する必要があると一か所に運ばせてたら、患者たちは
脳外科フォーラムの会場にいたとわかり、ニールは母親に電話すると、
イギリス国歌の着信音が聞こえて、母親はすでに搬送されていた。

リアンはアンガス、マリオと屋根から後向きに転落し、鉄筋が脚に刺さった
建設作業員のゲーブルを担当。
リアンはゲーブルに事故のことを覚えているかと尋ねると、気付いたら
救急車で最後に覚えているのは今朝娘とケンカしたことだと。

容体は安定していて、長く突き出た鉄筋を切断して、全身CTをすることになり、
準備をしているアンガスにマリオは口出しするが、自分の順番で調べると
言うとおりにしたら酷い目にあったから二度と君の指図は受けないと言う。

ゲーブルは早く抜いてくれと言うが、CTで確認しないと出来ないので、
麻酔してから抜くと言うと、娘が飛行機でニューヨークに向かってるので
着くのは夜中で娘と話をするまで死なせないでと言う。

マリオはカッターを持ってきて、アンガスがゲーブルの鉄筋を切断しようと
するが切断できず、マリオからジムでも言ったらどうだと言われ、
君がセラピーを受けるなねと言い返し、リアンに過去は忘れてと言われる。
アンガスとマリオは協力して鉄筋を切断した。

ゲーブルの娘は芸術者で、NYで初めてデカい個展を開くので行きたかったが
元妻が結婚生活を壊した再婚相手の男を連れてくることでケンカになって、
娘に“パパなんて大嫌い”と言われたので助かったらちゃんと話したいと
アンガスに携帯を渡した。

ゲーブルが突然心停止し、嘔吐していて、除細動器で心拍が戻った。
アンガスは傷口に熱傷の痕を見つけ、患者は電気技師なので感電したと気付き、
不整脈や健忘の理由がわかった。

ニールはフォーラムの患者たちを隔離して治療するが、原因はわからず、
韓国人の一団がホテルにいたのでMERSの可能性も浮上する。
患者が増えて、隔離病棟は人手不足となり、マークは志願者を募ると、
やっぱりクリスタが志願した。

母親が頻脈と不整脈を起こし、ニールがマラヤに質問しながら治療してると、
父親はこんな時に指導を?正気なのか?と激怒するがニールの処置で安定した。
脳外科医の父親が学生時代の友人が呼吸器科医でビバリーヒルズにいるので
移すと言うが、医者なら隔離患者は動かせないことはわかるだろうに。

クリスタは一緒に隔離されてるローレンスが胸の痛みを訴えたので診察する。
妻は脳外科医で会議で臨床教育における生涯功労賞を受賞する予定だったと聞き、
名前を聞くと、スーザン・エヴァンスと聞いて、奥様の研究を調べたが
本当にすばらしい先生でしたと言う。

ホテルの配膳係が急変して死亡する。
ニールはもう限界だと母親に人工呼吸器を付けることを決断する。
父親は反対するが、母親に一生チューブが外せない可能性もあり、原因不明なので
最悪の場合、死ぬこともあると説明すると、母親はあなたを信じてると言い、
ニールは母親にキスして、心から愛してると言うと人工呼吸器をつけた。

ローレンスはストレスから胸の痛みを訴えるが対処療法しか治療はない。
クリスタは消沈するニール父にローレンスを紹介する。ニール父はスーザンと
昔オックスフォードの病院で仕事をしたことがあり、一緒にスーザンの話をする。

ゲーブルはCT検査後に鉄筋が動脈を貫いて大出血起こした。
血管チームの到着は5分後で間に合わないので、リアンは鉄筋を引き抜いて、
抜いた鉄筋を利用してテコの原理で止血して、血管チームに託した。

隔離室の患者は肺に空気が入らなく、何をしても効果はなかった。
ニールは若くて健康な配膳係の女性が最も症状が重かったことに注目し、
カルテを見直すと、プールサイドにいて、母親も毎日泳いでたので、
塩素ガスが漏れて会食用テントに充満したと推測する。

母親の気管を確認すると粘膜が大量に脱落してたので熱傷が原因で呼気が
肺から出られないとわかり、隔離を解除するとみんなに胸部を圧迫して
肺から空気を出すように指示し、患者はICUに移動した。

アンガスはマリオと協力して患者を救い、誤診した時、なぜ裏切った?と聞くと、
2人とも追い出されると思ったが、アンガス、マラヤ、クリスタはどの専門分野に
移ってもやっていけるが俺は違う。豪華な病院で白衣を着て働くなんてムリだ。
俺が医者だと言っても人は信じない。ERで失敗したら他に行く場所はない。
怖かったんだと謝った。

アンガスはクリスタとマラヤに一緒に帰ろうと言われるが、マリオと一杯飲むと
やっとわだかまりが消えたみたい。

ニールは父親から一流の環境で学ぶためにここに来たと言ってたが、一流の医者に
なったと、やっとそれに気づいたよ。お前が誇らしい言われ、ハグして
こちらも和解できたみたい。
ゲーブルはオペが成功し、娘から電話がかかってきて、仲直りできてよかった。

Code Black: Season One [DVD] [Import] -

Code Black: Season One
posted by Jasmine at 22:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | コード・ブラック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
海外ドラマDiary TOPへ