2017年06月16日

ブラックリスト シーズン4 #20

ヴェルナーを殺害したレッドはヨーロッパからの脱出方法を失う。
レッドはバルダーを訪ねると、自分のことを殺そうとしたレッドが
突然現れたので歓迎するはずもなく、脱出に手を貸せと言われても、
君の弱体化が噂されてる。今や格好の標的だと答えたが、ビジネスを
持ちかけられると、バルダーは下級船室なら空いてると乗った。

船室からレッドはリズに電話して通称“取り立て屋”の復讐代行人が
リズを狙ってると言い、キャプランがリズを狙うとは考えられないので
黒幕は他にいるが私は助けに行けないのでクーパーに話すようにと、
30年かけて愛国者や売国奴の情報網を基盤とする帝国を築き上げた。
その目的は二つ。私の自由と君の安全だ。取り立て屋はブラックリストの
悪党だと言い、チームは取り立て屋の捜査をすることに。

15年前、上院議員の娘が浜辺でヤクをやって体が麻痺して満潮時に溺死し、
議員は取り立て屋を雇い、ヤクを売ったタイラーに復讐したが議員は
昨年死去し、タイラーの遺体は未発見で、娘と同じように殺されたので、
娘の死亡場所の浜辺からドラム缶に入ったタイラーの白骨遺体を発見する。

タイラーの遺体の検死に10日はかかると言われ、リズはレッドに相談すると、
レッドは死体や解剖にかけて誰よりも優れた技術者をに知ってると言うが
それはキャプランだった。

レッドはキャプランにリズのために死体を調べてほしいと頼み、
キャプランはチームとネット通話して、死体を調べるが自由を確約してと、
遺体を指定された倉庫に運び、部下が遺体を検査して問題がなければ
移送するから尾行はしないようにと言われたが、リズたちは尾行して、
遺体を乗せたトラックが到着した場所にキャプランの替え玉が待っていて、
乗せたはずの遺体も棺の底が抜けていて、遺体は倉庫を出てなかった。

遺体を調べたキャプランから犯人はエドガー・グラントだと連絡が入り、
ドラム缶に入ってた脱臭効果のあるゼオライトが病院や学校でも
臭い対策によく使われていて、グラントは用務係だと。

リズはレッドの部下がアグネスを隠れ家に連れてったので、合流しようと
部屋で準備してるとグラントに誘拐されてしまった。

ナヴァービがグラントの家に行くと、車イス姿の妻がいたが何も知らず、
鍵がかかっていたグラントの集めてる骨とう品の部屋に入ると、
これまでの記念品が説明つきで並べられていた。
書類からリズの誘拐を依頼したのはタイソン・プライヤーと判明する。

プライヤーは2012年に大学8校の学長宛てに致死量の炭疽菌を送ったが、
リズのプロファイルで事件が解決し、刑務所で顔に大やけどを負い、
末期がんだとわかり、2週間前にホスピスに移っていた。

レスラーはゲールとの捜査に戻り、洗脳されて大変だったというが
信じてもらえず、一緒に逮捕されたマーヴィンと面会する。
マーヴィンはレスラーがレッドとリズが逃亡中に2人を追い詰めたと
裏社会では有名人なので取引ならレスラーとするとゲールを退出させると、
ここから出さないとゲールに我々の関係をぶちまけると迫る。

キャプランはレッドに電話して、要望通りにFBIに協力したと言うと、
リズが家に侵入されて誘拐された。まさか君がやらせたのではと疑われ、
するわけないと言うと、レッドは君のせいで私はここにいる。
もし彼女に何かあったら助けるのが先決だ。我々の問題はひとまず
忘れようと言うとキャプランはさよならと電話を切った。

レッドはデンベに彼女の裏切りはつらいが本当につらいのは報復しなければ
ならないことだ。彼女は私がエリザベスに災いの招くと考えたのは間違いだが、
彼女の行動は愛ゆえだと言うと、デンベは俺の胸は張り裂けた。あの日森で。
銃声が響き彼女を残して去った。何が正しいかはあなたたちの問題だ。
だがケイトが始めた戦争は止めなければならない。

レッドはその通りだ。ただその方法に自信がない。止めるのが私でいいのかも…
会って私の知る彼女かを確かめたい。
デンベはケイトはやり過ぎた。すなわちあなたもやり過ぎた。
彼女は自分を見失ってる。なぜFBIに出頭したか思い出すんだ。今さらやめたり
ケイトに邪魔させるわけにはいかない。まだすべきことがある。
俺もケイトを愛した。でも終わらせる時だ。彼女を止めねばと告げる。

ナヴァービーはホスピスにいるプライヤーを訪ねると、証拠の書類を見せても
知らないと、ヒットマンを雇う金などあるものかと言う。

キャプランはグラントが勤務する学校に侵入し、用務員室を調べると、
“トループ#14441”と書かれた鍵を見つけ、レッドにリズの居場所が
わかったと連絡し、レッドが部下を行かせると言うが、キャプランは私を
殺すでしょうと、危害は加えないと言われるがもうすぐ現場だから対処すると。

リズはグラントに小屋に連れて行かれ、グラントはプライヤーを呼ぶと
現れたのはレッドだった!
グラントは驚いて銃を向けると、プライヤーは?と聞くと、レッドは
雇い主は私だと言い、デンベがグラントの銃を奪った。

レッドの狙いはキャプランでリズへの愛を利用し、彼女の怒りを一時
抑えるにはそれしかなかったと言うとグラントを殺した。
バルカン半島の貨物ルートと引き替えにジェットに乗って戻っていた。

キャプランが手下と小屋に向かっていて、リズはやめてと止めるが、
レッドは狙撃手に1発で仕留めろ。標的は傷つけるなと指示した。
リズはキャプランに逃げてと叫び、それを聞いたキャプランはレッドに
ハメられたと気付き、キャプランの手下とレッドの狙撃手が一触即発となり、
キャプランはレッドに電話する。

レッドは小屋から出てきて、君がやったことこそ証明してると思わないか?
君がどんな怪物に成り果てたかをと言い、キャプランはあんたはリズを
心理的に拘束してきた。とうとう物理的にも拘束するとはねと言い、
証人にするためだ。つらい思いをさせたのは認めるが真実を知るためだと言われ、
キャプランはこれが真実だ。とんでもなく高い代償を払ったよと頭の傷を見せた。

そこにリズが現れ、彼の仕打ちはひどいけど過ぎたことは変えられない。
大切なのは今日の真実よ。彼は私にあなたと共存すると約束したので、
彼と共存するとあなたも約束してと言うが、キャプランはできないと言う。

レスラーたちもFBIも到着し、レッドやキャプランたちを取り囲んだが、
その様子をレスラーを尾行したゲールが双眼鏡で見ていた。
ゲールはライフルでレッドに発砲するが外れてしまい、その銃声で
銃撃戦が始まってしまい、その隙にレッドとキャプランは逃げてしまった。

リズがキャプランを説得できたかもしれないのに、ゲールのせいで台無し!
レッドは新たな役者の登場かと部外者がいたことに気づいていた。
あと2話でどう完結するのかな?

ソフトシェル ブラックリスト シーズン1 BOX Vol.1(3枚組) [DVD] -

ソフトシェル ブラックリスト シーズン1 BOX Vol.1
posted by Jasmine at 23:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | ブラックリスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/450936170
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
海外ドラマDiary TOPへ