2017年05月06日

ブラックリスト シーズン4 #14

レッドは移送中のイザベラを拉致するが、彼女は雇い主を言わない。
クーパーは司法省からチームを潰すと脅されて、レッドに上が納得する
大物をよこせと言うと、レッドは“設計士”を差し出した。

“設計士”は発案から請け負い、完全犯罪を行っていた。
レッドによると“黒ミサ13”で“設計士”はハッカーをスカウトすると。
アラムは“黒ミサ”はハッカーの競技会で勝者は魂を失うような仕事に
雇われると、ネット上から集会への参加方法を突き止めた。

アラムが“黒ミサ”に潜入することになり、迎えの車に乗せられて
布を頭に被らされ、妨害ソフトのせいで通信機も使えなくなる。
会場で刑務所にいるはずのエリースと再会する。

ゲームが始まり、アラムが優勝したところに“設計士”が襲撃してきた。
エリースは政府側と知れたら殺されるとアラムを連れてその場を逃げると、
NSAに雇われていた。

“設計士”の完全犯罪に優勝したアラムが必要で手下に建物を捜索させる。
エリースは下水道から脱出すると行くが、アラムは屋上に出て、緊急通報し、
居場所を知らせたが見つかった。アラムはエリースのメガネを拾った。
FBIが突入すると“設計士”は手榴弾で爆発させた隙にアラムを連れて逃げた。

エリースの情報で“設計士”はある施設の制御システムを攻撃するために
アラムが必要で用が済んだら殺されるとわかる。
厳重警備のクリーンヴィル刑務所にいる白人至上主義の差別団体会長の
ロニー・パーキンズが処刑されるので、団体が“設計士”を雇ったと推測。

その頃、“設計士”はアラムを使って刑務所のシステムを乗っ取らせると、
刑務所の監視塔をふっ飛ばして、ロニー・パーキンズを解放しろと脅す。
アラムはエリースの暗号化装置を拾って、居場所を知らせてきたので、
レスラーたちが到着するが、“設計士”が車で逃げたのでアラムは
彼らが使ってた武器で車を爆破し、脱獄したパーキンスは警察に逮捕された。

トムは自分を誘拐した犯人のゲームが死んでたので彼の母親に会いに行くと、
母親はトムに息子は人殺しに違いないと言う。
ゲームが自白した時、彼は強力なウィルスに感染して隔離生活をしていて、
外部との接触は監視されてたが、母親だけ監視なしに接触できたとわかる。

トムに追及された母親は差出人はNYの私書箱で、息子が指示に従えば
10万ドル渡すと自白の台本が送られてきたと、その手紙を渡した。

レッドはイザベラを冷凍室に監禁して口を割らせようとする。
イザベラは夫ギャヴィンが殺されたのはレッドのせいだと思ってたが、
夫はFBIが訪ねて来て、レッドについての質問をしたが妻子の身の安全と
生活を守るために、レッドの知人に存在を消してもらっただけで生きていた。

それを聞いたイザベラは匿名でレッドの情報が入った荷物が届いたと、
報酬はクレジット・スティックで赤いドレスに隠してると自白すると、
夫はどこにいるのか聞くが、再婚して今の君を見せるのは酷というものだと
居場所を言わないと彼女をFBIに引き渡した。

レッドは雇い主が使ってる銀行が自分と同じだったので情報漏れがあると
デヴィッドに君の銀行の預金者を調べるように頼むが断られる。
彼は偉肖像画を描かない画家ポルペットに肖像画を描いてもらってたので、
レッドは彼を誘拐するが、ポルペットはレッドに創作意欲を刺激されて
デヴィッドの絵を塗り潰して、レッドを描き始めた。

それに慌てたデヴィッドは口座を調べると、レッドの口座の1つだったと言われ、
レッドは驚いてたが身内の犯行なの?

ソフトシェル ブラックリスト SEASON 2 BOX [DVD] -

ソフトシェル ブラックリスト SEASON 2

posted by Jasmine at 22:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | ブラックリスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449649298
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
海外ドラマDiary TOPへ