2017年04月16日

Law&Order:性犯罪特捜班 シーズン18 #9

アバロン社の社長ローレンス・ヘンドリクスの誕生日パーティーで、
バーテンダーをしていたサラはローレンスの孫エリックに誘われて、
テキーラを飲み、翌日、ソファーで目覚めると服が乱れていて、
レイプされたと思うとSVUにやって来た。

サラは昨夜の記憶がなくて、若い男性に話しかけられたと覚えていて、
エリックに話を聞くと合意の上だったと。
記憶がなかったのはクアールードという薬を盛られてたからで、
エリックの部屋を調べると薬が見つかった。

検査で2人分の精液が検出され、鑑定でエリックと血縁関係があると判明。
エリックの父親ラリーはローレンスとは不仲で慈善団体の運営をしていて、
ローレンスは娘のシンシアに継がせるつもりだった。

ラリーはDNA採取に応じ、ローレンスはあの子と寝たと認めた。
サラはエリックと合意の上だったと思い出すが、もう1人を思い出せず、
70代のローレンスだったと知ってショックを受ける。

誰が薬を盛ったのか知るためにサラに協力してもらう。
サラはローレンスを呼び出すとシンシアも付き添ってきて、謝罪を求めると
私に感謝するべきで楽しんでたと言われ、薬のことを言うとささいなことで
騒ぐな“モニカ”と言われ、SVUはローレンスを逮捕した。

シンシアが会社を守るために父親の心神喪失を訴えて認められた。
サラの事件の裁判が始まり、弁護人はローレンスの心神喪失を訴える。
ローレンスの恋人にエリックの部屋から見つかった薬の袋から指紋が
見つかったと言うと、彼女はローレンスの部屋にあった薬をエリックの
部屋に隠したことや薬入りのお酒を飲まされたことを証言した。

ローレンスの証言からエリックとサラと飲んだ時に薬を盛ったとわかり、
エリックは祖父はいい人間だと信じてるが、ラリーはローレンスの逮捕に
協力すると精神状態は正常と証言するが、会社を追放された恨みから
証言してると反論される。

ベンソンはローレンスがサラをモニカと呼び間違えたので何かあると
ラリーの元妻でエリックの母親がモニカだったので、エリックのために
ローレンスがどんな人間なのか真実を告げるべきと言う。

ラリーはエリックに妊娠中の母親がローレンスに特製ドリンクを飲まされ、
襲われたことを打ち明け、祖父の正体を教えたことで、エリックは祖父が
薬入りのお酒を飲ませたことを証言した。
これでローレンスの有罪は確定だな。

Law & Order 性犯罪特捜班 シーズン2 DVD-SET -

Law & Order 性犯罪特捜班 シーズン2
posted by Jasmine at 20:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | Law&Order:SVU | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
海外ドラマDiary TOPへ