2017年03月18日

ナイトシフト シーズン3 #11

ジョーダンはスーパーで知り合ったマットとシャノン、ポールと
ダブルデートするが、具合が悪いマットがガラスに倒れ込んでしまい、
お尻の動脈を切れて、ジョーダンは指で動脈を押えて病院に搬送する。

TCとドリューはスポーツバーで酔っぱらいと乱闘になり留置場送りに。
ドリューは毎晩、ブリアナに本を読む約束をしてるのにTCのせいで
ブリアナに会いに行けないと怒るのも無理ないよ。

病院ではブリアナの肺移植手術が行われるが、ドリューと連絡が取れず、
ソーシャルワーカーのニーナはドリューの養子縁組は無理かもと言う。

トファーは自転車で転倒して舌を噛んで大出血してる女性を担当。
食べ物が飲みにくい症状でエナジーバーを食べようとして転倒したと、
何人もの医者にかかったが摂食障害だと、食べたくでも食べれないと。

保険が適用せず、内視鏡検査ができないので緊急と言うことにして
内視鏡をするが問題はなく不整脈が起こり、心因性でないとわかり、
さらに検査して食道アカラシアと判明した。
ペルーで虫に刺されて感染症になり、それが原因で炎症が起きて
食道や心筋が弱ったと原因がわかって良かったね。

マットはドラッグを使用してたとわかり、連絡を受けた彼の妻が病院に
やって来たが、複数の人と性的で愛情ある関係を持つ“ポリモアリー”で
ジョーダンのことを聞いていて、SNSもチェックしてたと言われる。

マットがけいれんを起こし、薬を投与するが効かず、ジョーダンは店で
水をがぶ飲みしてたから低ナトリウム血症を疑うが検査機器が修理中で
結果が1時間後になり、このままだと脳障害が起きるとジョーダンは
経験からナトリウム濃度を予測して投与し、けいれんは止まった。

除隊手続きに来たシドはドリューの養子縁組の推薦状を届けに病院に行くと、
ブリアナの移植が始まるのにドリューと連絡が取れないことを知る。
ドリューからケニーに連絡が入り、留置場にいるとわかった。
ケニーは釈放させるためにジェシカに助けを求めた。

ブリアナはドリューが来るまで手術しないと取り乱し、ポールがドリューから
メールが来たと安心させると心停止になり、オペ室に運ばれた。
ジェシカに保釈してもらったドリューは病院に駆けつけると
オペ中のスコットから五分五分だと言われる。

リックも駆けつけてブリアナの移植オペは無事に終わった。
数値もいいみたいで早く家族になれるといいね。

ジェシカはTCと話し合おうと彼と同じバスに乗るが、頭に来てるTCに
何を言ってもダメだった。
TCが怒るのもわかるけど、あの性格は何とかしないとね。
ところでTCのフルネームはトーマス・チャールズ・キャラハンだったのね。

シドはいきなり普通の生活には戻れないと、ライリーがサマーキャンプに
行ってる間に国連のトルコ国境でのシリア難民を救援に行くことに。
TCは環境を変えたいとシドと一緒に行くことに。

ナイトシフト 真夜中の救命医 DVD-BOX -

ナイトシフト 真夜中の救命医
posted by Jasmine at 22:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | ナイトシフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/448101555
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
海外ドラマDiary TOPへ