2017年03月15日

シカゴ P.D. シーズン1 #6

今回はSVUとファイアーのメンバーが登場し、ちょっと嬉しかった。
リバーウォークで耳をそがれた女性の他殺体が発見されて、
同じ犯行が2日前にも発生していた。

リンジーがおとり捜査をして、ひったくり犯を発見して捕まえるが
犯人ではなく、早朝にランニング姿に高級時計をした男を見たと。

半年前にNYでも起きてたことでSVUからフィンとロリンズがやって来た。
NYで事件が起きた時に開催された代表者会議が今シカゴで開催され、
出席者が怪しく、犯人は“怒り報復型”の犯行で耳をそぎ落とすのは
記念品や戦利品の意味があると説明。

ジンがNYとシカゴの会議の参加者から45名に絞り込み、スリの男に
写真を見せてジェフリー・ベイカーが浮上する。
ベーカーをホテルから苦情が出てると連行するが何も話さない。

次の事件が発生し、被害者は顔を殴られながらも犯人の特徴を
覚えていて、抵抗した時に犯人の右目をひっかいて、犯人が叫んで
体を離した隙に逃げたと証言する。
ベイカーとは目の色が違い、勾留中に事件が発生していた。

バージェスはアントニオから特捜班で電話番を頼まれる。
犯人らしき男が薬局に来てないかバージェスは電話で問い合わせるが
本当に警察なのかと疑われ、バッチを見せに行き、ニール・バンスが浮上。
バンスはNYの事件の時に向こうにいたとわかり、バージェスお手柄だね。

バンスが泊まるホテルを張り込んでると、ベイカーがバンスの部屋番号を
尋ねてたことからベイカーを逮捕する。
2人はグルで一緒に計画や犯行を担ってると推測。

ベイカーを檻に入れて、2人きりになったボイトはベイカーを脅して、
バンスとの待ち合わせ場所を聞き出した。
ルゼックがバンスを発見するが、女性を人質に取られ、ルゼックは
説得しながら、チームに居場所のヒントを伝えた。

チームはルゼックの元に向かい、ボイトはオリンスキーに狙撃を許可し、
バンスは射殺された。
事件が解決し、フィンとロリンズはモリーズでお祝いをする。

エリンは高校の同級生と再会し、同窓会に誘われたので、
ハルステッドに婚約者役を頼んで参加しようとしたが、はしゃいでる
同級生たちの姿を見て、参加をやめてハルステッドと飲むことに。

エリンはハルステッドに16歳の時に情報屋をしていたがボイト夫妻が
引き取ってくれ、高校にも入れてくれたが麻薬常習者の母と囚人の父を
持つことを知られ、皆が遠ざけたと打ち明けた。

エリンが帰宅するとジャスティンがやって来たが、“仕方なかった。
こうするしかなかったんだ。”と彼の手は血だらけだった。
また問題を起こしたようだね。

Chicago P.D.: Season One [DVD] [Import] -

Chicago P.D.: Season One
posted by Jasmine at 00:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | シカゴ P.D. | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
海外ドラマDiary TOPへ