2017年03月12日

ナイトシフト シーズン3 #10


今回は患者が子供ばかりでちょっと見ていて辛かった。
TCとポールは採石場の事故現場に出動し、シーズン2 8話での
ビル倒壊現場で知り合ったベネットと再会。
医療スタッフとして働くベネットに倒れたクレーンで負傷した
青年ジェイレンの元に案内されるがすでに脳死状態だった。

そこに採石場で遊んでた青年が助けを求めてきたのでTCが駆け付けると、
ロビーが砂利のくぼみに落ちて、飲み込まれそうになっていた。
みんなで協力して何とか救出するが、砂利で気道が塞がれて呼吸できず、
TCは喉を切開して気道を確保してヘリで搬送した。

ジェイレンがブリアナのドナーになれるかもと検査のために
血液をドリューに届けさせると6つの抗原のうち5つが一致した。
ポールは現場に駆け付けたジェイレンの母親に入院中の女の子が
肺移植を必要としてると臓器提供の話をするが、肺を回収するには
時間がないと、“回収”と失言したことで母親は拒否した。

シングルマザーの母親にとってジェイレンは一人息子で家族で
初めて大学に入る期待の息子だった。
ポールはジェイレンの財布からドナーカードを見つけたと母親に見せて、
心からお悔やみを言い、母親は臓器提供に同意した。

ERではシーズン2 11話でスコットの飲酒運転で車イス生活になった
マリクがシャントが閉塞して透析不能になり搬送されてきた。
付き添う父親のブランドンはこの病院は嫌だと拒否するが、
外科医はスコットしかいなくて、一刻も争う状況なのでジョーダンも
一緒だと条件付きで治療を許可する。

ブランドンはマリクのために仕事をやめて付きっきりで世話をしていた。
そして、ブランドンが急に苦しみだし、腹部に動脈瘤が見つかり、
解離したことでスコットとジョーダンが緊急オペすることに。

オペ中に大動脈が破裂したが、スコットはジョーダンのサポートで
乗り切ることができ、2人はいい雰囲気になりキスをした。

ブランドンはスコットをまた責めるが、マリクはスコットを許すと
スコットが調べてくれた治療を試したいと言う。
ジョーダンはマリクにスコットの治療方法を教えていたのだった。

スコットは全財産を渡しただけで終わりではないと、医師として
マリクに何かできないかとずっと考えていたんだね。

ロビーが搬送中に化学熱傷を起こし、心室性頻拍となり、TCとトファーが
処置して一命を取り留めたが、砂利の中から救助したTCも腕に火傷を負う。
採掘場の責任者が訴えたことで、ロビーは逮捕されそう。

ポールはクレーンに挟まれたジェイレンの脚を切断して搬送する。
移植チームが病院に到着し、ジェイレンの臓器の摘出が始まるが、
ブリアナは1つの抗原が一致せず、全部一致する患者に移植されることに。

ブリアナは移植がダメだったと聞いて、最悪のシナリオを考えてたから
大丈夫だと気丈に振る舞い、ドリューは移植が終わったら、養子にしたいと
家族になるシナリオを話すとブリアナは大喜び。

ER閉鎖の危機を何とかしようとトファーは予算見直しをしてると、
ジェシカが手伝いを申し出てくれて、母親と同居し、育ち盛りの
子供3人がいるトファーを心配し、ヘッドハンターの名刺を渡す。

トファーはジェシカに名刺を返し、郡にERを買い取ってもらおうとするが、
ジェシカは買収側のホバートの人間で、ホバートは新たな責任者を雇うと、
トファーは真っ先にクビになると名刺をポケットに無理に入れた。

TCはジェシカのことを聞いて、終わりだと告げた。
これがトファーのラストシーズンとは聞いてたけど、消えていく方向に
話が進んでいきそうだね。

ナイトシフト 真夜中の救命医 DVD-BOX -

ナイトシフト 真夜中の救命医
posted by Jasmine at 16:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | ナイトシフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/447842877
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
海外ドラマDiary TOPへ