2017年03月07日

シカゴ・ファイア シーズン2 #13

ケイティはボスからニューヨークに店を出すので手伝いを頼まれるが、
セブライドやオーチスと離れるのはベニーと同じみたいと悩んでたが、
チャンスだからとセブライドは賛成する。

飲酒運転の事故が発生し、署に来ていたドーソンも一緒に現場に行く。
車内に運転手が閉じ込められて、追突した電柱は今にも倒れそうだった。
車に轢かれた女性を搬送するが、ラファティは仕切るドーソンを嫌がり、
ドーソンは手伝ってあげてるのに睨んでくると上から目線だし。

運転手の救出中に電柱が倒れて、シカゴの広範囲で停電が発生する。
ボーデンは寒い中、停電で暖房も入らないし、強奪などの危険もあるので、
署には発電機があるので、不安な住民は51分署で来てほしいと呼び掛ける。

暖房の修理が必要になり、工具はケイシーのロッカーに入っていた。
緊張しながらダイヤルを回すと運よく鍵が開いたことで、セブライドから
ドーソンに話すように言われても快復してきてると言ってしまうし。

署に住民たちがやって来たので、ケイティやドナも手伝いにやって来た。
飲酒運転してた男の弟トミーが署にいて、車に轢かれた姪が昏睡状態だと
キーラーが襲い掛かり、セブライドが止めるとキッチンにあった包丁を持ち、
襲いかかってくるがセブライドが外に放り出した。

51分署に「シカゴP.D.」のエリンがやって来て、外は大混乱になっていて、
キーラーファミリーのビンス・キーラーが“今夜消防士を殺す”と言ってると
警官を署の前に配置すると警告し、トミーを署で保護すると連れて行く。

クラークは食材が足りないと近くの食料品店に買い出しを頼まれる。
店主ハウクにバッチを見せて入れてもらい、クラークが奥に食材を取りに
入ってる間に強盗が入り、ハウクは刺されて、クラークが何とか撃退した。

携帯は圏外で、クラークはその場にあったもので応急処置してると
強盗が仲間を連れて戻って来て、銃を向けられたクラークは戦おうとするが、
「シカゴP.D.」のバージェスとアトウォーターの乗ったパトカーの
サイレンが聞こえてきたので強盗たちは逃げ出した。

人が倒れてると通報が入り、暖炉の煙突掃除をしてなかったのか
一酸化炭素中毒で家族4人が倒れていた。
子供たちは意識があったが両親はすでに死亡していた。

ラファティはついにドーソンの口出しに怒り、ドーソンも自分の過ちに
気付いて謝ると、“あんたの後任はつらい。ここでパウチ以上に
愛されてるのはあなただけだもの。頑張ってるのにあなたが同行して
細かく見られたらやりにくい”と告げた。

51分署に避難してた老婦人が呼吸停止になり、消防署も停電してしまう。
ラファティとドーソンが協力して、老婦人の呼吸が戻った。

再度、エリンが署にやって来て、セブライドを襲うためにキーラーが
人を送ったと刺客の顔写真を見せてくれた。
ケイシーはレンチを持った男を発見して飛びかかるが壁に頭をぶつけ、
駆け付けたエリンたちが男を捕まえた。
ケイシーは耳から出血してるし、病院でちゃんと検査してほしい。

オーチスとケイティがシャワー室でいちゃついてると、ボーデンは
署に来てる娼婦が客をとってると思って、カーテンを開けてしまった。
オーチスはケイティとのことを説明しようとボーデンの部屋に行くと、
ボーデンはドナとキスしてたし。

電気が復旧し、夜も明けて避難してた人たちは帰宅した。
ケイティがキーラーに拉致されてしまい、これでシカゴP.D.と
話が繋がって来た。

シカゴ・ファイア DVD-BOX -

シカゴ・ファイア
posted by Jasmine at 00:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | シカゴ・ファイア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/447663148
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
海外ドラマDiary TOPへ